2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

カテゴリー「パソコン」の記事

2021年3月17日 (水)

モバイルディスプレイ 15.6インチ!

昨日うっすら匂わせた商品紹介です。

最近ちょっと流行っている「モバイルディスプレイ」です。これは持ち運べるディスプレイです…そのままですね。タブレットみたいな感じですがソフトなどは入っておらずあくまで「モニター」です。HDMIまたはUSB Type-Cで映像を入力します。


最近楽天よりAmazonでのお買い物が増えています。ってかセールが安い(5,000円オフクーポンがあるかと思います)のと、配送が早いんですよね。

「MISEDI」という聞いたこともないメーカーですが、ネット上の評判も良く、お値段も安くてクーポン適用で2万円。極細ベゼルでスタイリッシュ、しかもタッチパネル対応!というのが良いですね。前の日の夜にポチったのですが翌日の午後には届きましたからね…Amazon、怖い。

Lcd1
箱はこんな感じです。シンプルです。

Lcd2
付属品はこんな感じです。スタンドになるカバー、USB充電器(なんとPD出力対応)、HDMI-Mini HDMIケーブル、USB Type-Cケーブルが2本(充電・映像出力用)あとUSB Type-A to Type-Cケーブルが1つ入っていました。

パソコンがType-Cの電力供給と映像出力両方に対応していればケーブル1本で映像が映ります…が、ウメのパソコンは対応していないのでType-Cで電源供給をしてHDMIケーブルで映像出力しました。それで、画質なのですが…

Lcd3
良い!ちなみにこれはパソコンの画面ではなく、ウメのスマホ「Galaxy S20+」の機能で、ディスプレイに繋ぐとパソコンライクに使える「Samson Dex」というもの。この状態でもタッチできるので便利ですね。もちろん、スマホからは電源供給はできないので、USB Type-C端子で電源を供給しながら(Type-C入力は2系統あるので)使っていますが、これは便利です。もちろん、スマホの画面をそのままミラーリング表示をすることもできます。

パソコンにも繋いで使ってみましたが、画質が綺麗ですね。モバイルディスプレイにしては珍しく光沢で写りこみはしますが、広視野角で鮮やかです。パソコンと繋いだときはパソコン本体の液晶にタッチ機能がないと無効化されるようです(たぶん、だってできないですもん)。昨日ご紹介したように、23.8インチモニターの隣にこの15.6インチモニターを置いてデュアルディスプレイで作業をすることができます。

毎日持ち運ぶにはちょっと大きくて重いですが、それでも800gくらいでしょうか。っていうかあまり小さすぎると文字が小さくて見えないので、15.6インチにして良かったと思います。ちなみにスピーカーも一応内蔵していますが、しょぼいのでイヤホンかパソコン本体から鳴らしたほうがいいです。

ですが鮮やかでどの角度からみても綺麗なのはいいですね。何に使うのか…と聞かれると…なのですが、良い買い物をしました。手軽に2画面を実現するのは良いと思います。ウメの場合はスマホ対応なのもデカかったですね。

2021年3月 9日 (火)

Amazonの中華Webカメラ

Webカメラと言えばロジクール!これは皆さまにずっとお勧めしてきて、今でも揺るがない自信はあるのですが、なぜかとち狂ってAmazonで販売されている中華Webカメラを購入いたしました。

実は自宅のWebカメラってロジクールの超高級タイプのものしかなくて、それ以外に予備がなかったんですよ。予備がいるのかどうか、という話はおいといて、広角で安くてそこそこ画質が良くて三脚穴が付いているタイプがほしかったんですけど、残念ながらロジクールではその価格帯の商品は三脚穴無し、視野角が狭いタイプしかないんです。

なので購入。
Webcam1
Webcam2


お値段2,999円なり。やたら横に長いのですがAmazonでのレビュー評価(これもあまり盲信してはいけないのですが)が高くて視野角が90度と広かったのでポチりました。

はい、実はまだ使っていません。だって予備ですもの。開けるだけ開けて使わないというね…。まぁ機会があれば使います。Webカメラはある程度広角のものがいいですね。かといって100度を超えると逆に使いづらい部分もありますので、適度な視野角のものを購入するのがよろしいかと思います。

2021年2月28日 (日)

ロジクールのマウスとキーボードは素晴らしい

マウスとキーボードといえばロジクール(あとWebカメラも)。

先日、追加購入いたしました。

Mausukibodo

マウス単品とマウス/キーボードセットでございます。

まずマウス。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロジクール Logicool M585GP マルチデバイスマウス [Bluetooth /無線(ワイヤレス)][M585GP]
価格:2770円(税込、送料別) (2021/2/7時点)

楽天で購入

M585でマルチデバイスの無線タイプ。ユニファイングというロジクールの規格か、Bluetooth両方使えるタイプのマウスです。これが3,000円以下で購入できるのは素晴らしい。さらに電池持ちが2年間。戻る・進むボタンもしっかり付いており、今のウメのスタンダードマウスでございます。遅延もほとんど無く、持ちやすいですね。

そしてキーボード。

K275という格安無線キーボードとマウスがセットになった物。実はほしかったのはキーボードだけだったのですが、無線マウス(こちらはスタンダードな3ボタンタイプ)を付けても800円くらいしか上がらないのでどうせならとセットモデルを購入いたしました。

このキーボードも電池持ちが1年以上もって、スタンダードな押し心地で使いやすいんですよね。そりゃー2,000円以下なのですが、気軽に使えるのが良くてウメは自宅も職場もこのキーボードでございます。安いので壊れてもダメージが少ないのがよいですし、何気に上部にあるショートカットキーが便利でございます。

セットのマウスは何かの予備に使いたいと思います。いやーコスパが素晴らしいですね。ワイヤレスキーボードやマウス(ワイヤレスじゃなくても)、Webカメラは絶対にロジクール(緑の箱)がお勧めですよ。回し者ではないですが、もう長年愛用しています。

2021年2月19日 (金)

パソコン版ATOKアップデート

JustSystemsより発売されている日本語入力ソフト「ATOK」。ウメは数年前から「サブスク」(月額制)で使用しています。ATOKの場合は月550円でパソコン・スマホ(Androidのみ)で10台まで利用できるという結構太っ腹なものなので、スマホもパソコンもATOKを愛用しています。辞書やユーザー登録した単語を共用できるので、これが地味に便利なのです。

ATOK Passport / ATOK for Windows | ジャストシステム

毎年2月にJustSystemsのオフィスソフト「一太郎」シリーズを購入していたのですが、あまりにアップデートがされない&ATOKしか使わないので、ここ3年は購入していませんが、ATOKだけは最新版を使い続けています。

この記事も新しいATOKで書いていますが、長年のウメの入力ワードの癖を覚えてしまっているのもありますが、予測変換が恐ろしく便利でございます。パソコンでもスマホでも無料で使える物が多い中、日本語入力ソフトにお金を払うというのは抵抗があるかもしれませんが、月500円(税別)でこのサービスが使えるならウメはお安いと感じます。他の日本語入力ソフトになると格段に入力ソフトが落ちるのです。

ちなみに今回のバージョンアップは基本的に「さらに賢くなった」ということなのですが、今のところ前のバージョンとの違いはあまり感じておりません。「神奈川県町田市」を”実在しない地名”と指摘してくれるようになりましたが、それは必要な機能なのだろうか…という感じです。あとは引き続き使い込んでいくしかないんだろうなと思っています。

辞書もたくさん使えるようになっていますしね、何よりパソコンとスマホで同じ辞書が使えるのが強い。ATOK、お勧めでございます。

2021年2月 8日 (月)

360度カメラ サンワサプライ版(400-CAM084)を購入(開封だけ)

先月末に360度カメラを発注した、という記事を書きましたが、納期が未定でだいぶかかるというお知らせが届いていました。

そんな中、パソコンサプライメーカー大手の「サンワサプライ」から、発注していたのとそっくりな360度カメラ「400-CAM084」が発売されており、納期も即納だったので、お値段は数千円高かったのですが、そちらにチェンジ!して発注しました。

360度Webカメラ(200万画素・ノイズリダクションマイク付き・三脚対応・レンズカバー付き・ケーブル長3m・会議用) 400-CAM084の販売商品

メーカーさんによる使い方はこちら。



これ、どう考えても先日ご紹介したカメラのOEM製品ですよね。色が白から黒になった&丁寧な日本語マニュアルが付いただけで、機能は全く同じ…で、サンワサプライさんから出ているなら抑えるしかないでしょう!ということでポチッとしてしまいました。楽天の公式ストアでも同じ値段なのでこちらの方がポイントが付く分オトクです。

400cam084_03
パソコンに繋げて使うWebカメラなのですが、360度撮影ができます。しかもカメラが90度回転するので普通のWebカメラとしても使うことができます。三脚穴も付いており、マイクもそこそこの性能があるようです。

360do1
箱はこんな感じ。とってもシンプルなパッケージでございます。

360do2
同梱物はこちら。カメラ本体、長めのUSBケーブル、スタンド(三脚穴にもなる)、説明書が2種類です。カメラには画角切り替えボタンとマイクON/OFFボタンが付いています。

360do3
こんな感じです。左側にあるのがレンズ保護キャップです。これがないとすぐにやられてしまいそうですね。

ちなみにウメのパソコンでも試してみましたが、ガッツリウメの部屋が360度映りました。または360度映しつつ任意のところを大きくできるモードもあり、またカメラを横に倒して視野角90度又は120度の広角Webカメラとしても使うことができます。

パンフォーカスのCMOSカメラですが、画質はそこそこ(色味はイマイチですね)で、フレームレートも30フレーム/秒はでている感じ。手話も読み取れそうですね。まだ本格的にビデオ会議や手話の会議などで使ったわけではありませんので、どういう使い道があるのか模索したいと思います。何か良い使い道や、「こういうことに使える?」という質問があればお知らせ下さい。またレビューしたいと思います。

しかし自分が絶対必要!というわけではないのに買ってしまいたくなるWebカメラ…もう控えます…。たぶん…。

2021年1月30日 (土)

スティック型SSD

うっかり購入してしまったパソコン部品のご紹介。

Ssd2
え、この前256GBのUSBメモリを購入したばかりではないか…またUSBメモリか?

違うんです。これはですね。ポータブルSSDです。何が違うかって?読み書き速度が全然違います。最近では持ち運びのできるSSDが増えてきていますが、USBメモリみたいなポータブルタイプがちらほら発売されてきましたが、思わず購入してしまいました。

Ssd1
(なんだか写真の向きが変ですね…すいません)

ウメが購入したのは黒ですが、楽天の公式ショップではシルバーが売られています。500GBで9,000円弱。だいぶ安くなりました。これをUSBメモリのように使うのですが、どちらかといえば頻繁に動画など大容量データをやり取りする場合はUSBメモリだと書き込み速度が遅いのですが、SSDだと(USB3.0を使えば)速い速い。

なら先日紹介したUSBメモリは要らなかったんじゃないかと…まぁおっしゃる通りなのでございますが…。あれはデータ持ち歩き用、ということにしておきます!こういう無駄遣いを減らしていかないと…トホホ。

2021年1月24日 (日)

実家PC 入れ替え

定期的なメンテナンス作業をしている実家のパソコンでございましたが、購入して10年くらいたったので、入れ替えをすることにしました。とはいえ、そんなに重たい作業をするはない実家なので、最新のパソコン!ではなく、こちらを購入いたしました。

Jikkapc1_20210102150401
写真が横向きになってしまいましたが、ASUSのベアボーンキット「VivoMini VC65R」を近くのハードオフで見つけて、23,000円くらいで購入。スペックがCore i5からなぜかCeleronにダウングレードされたタイプですが、メモリも8GBありますし、パソコンの世代としてはだいぶ新しくなりました。何より小さい!

Jikkapc2_20210102150401
こんな感じです。実は液晶の後ろにも付けられるようになっています。ベアボーンキットなのでカバーを開けるのも簡単。今までのパソコンからSSDを抜き出して入れ替えたら終了。基本的にデータはそのままで(Windows10のライセンス認証も不要でした)、ドライバを少し更新するだけで無事に使えるようになりました。

そして先日紹介したWebカメラもセッティング。結局Webカメラは何に使うのでしょうか…。まぁこの時代あった方がいいでしょうね。

Jikkapc3
設置場所はこんな感じになりました。左にあるのがポータブルDVDドライブです。もうほとんど使わないようですが、一応使えるようにしておきました。小型PCで省電力(実家のPC、デスクトップパソコンなのに結構付けっぱなしにしていることが多いので)、音もすごく静かです。で、今までのパソコンではSSDの性能が発揮できなかったのですが、載せ替えたあとは本来の速度が出せるようになったので、パソコン自体はかなりサクサクになりました。

ちなみに家族はその違いがあまり分かっていなかった様子。そして先日紹介した「新型Chromecast」もセッティング。弟が「おぉ!テレビで簡単にYouTubeが見られる!」とかなり喜んでいました。ちなみにモニターは以前の物を流用しています(なんかいろんなサービスのパスワードとか貼ってありましたが(笑))。

そんなわけで、これでまたしばらくは順調に使えることでしょう。そして実家のネット環境も整備したのですが、それはまた後日の記事で。

2021年1月 4日 (月)

一太郎2021にがっかり

毎年2月に発売されるJustSystemsのオフィスソフト「一太郎」シリーズの最新作「一太郎2021」が今年の2月5日に発売されます。ラインナップは一太郎2021(ワープロ)とATOK機能限定版がついたものと、色々付いた「一太郎2021 プラチナ」です。

2018年までは毎年色々付いていた「一太郎プレミアム」版を買っていたのですが、ATOKをサブスクリプションサービスに変更したことと、その他のソフトをほとんど使っていなかったこともあり、ジャストシステムさんへのお布施を止めていました。さらに昨年から「プラチナ」になって、余計なソフトがついて価格が上がってしまい、さらに買う気が失せ…。

そして今回の2021年版。「一太郎2021 プラチナ」ですが、一太郎の機能向上はそれほどなく、ATOKはサブスクでバージョンアップができる…そこは買う意味がなく、フォントが17種類付いてくるのもわざわざ買う気は起きず、ATOK用の変換辞書は「新明解国語辞典」の最新版(いらない)、読み上げソフト「詠太」もバージョンアップ(使わない)、イラストがちょっと増えた「花子2021」…、PDF編集ソフトもバージョンアップがない(そもそも別で単体で購入しました)。

そして一番がっかりしたのが、メインで使用している愛用のメールソフト「Shuriken」のバージョンアップがない!ということでした。「プラチナ」パッケージに付かないのはまぁいいのですが、2018からソフトが新しくならない、というのはどうなのでしょうか。まぁ基本的には軽くて使い勝手には満足しているのですが、数少ない有料で国産のメールソフトなので、HTMLメールの表示精度を上げ、IMAPアカウントの送受信速度を上げたりする基本機能を上げたバージョンアップ版を切に希望します。これは単体で良いので出たら絶対に買います。

ジャストシステムさん、ATOKとShurikenは使いますので、なんとか頑張って下さい。そういえばAndroid版のATOKは先月バージョンアップして使い勝手が良くなりました。この新商品発売とあわせてATOKサブスク版もバージョンアップするそうですが、もう日本語変換入力ソフトはATOKと決めているので、是非ともよろしくお願いいたします。

2020年12月12日 (土)

Googleフォト 2021年5月で無制限終了

ネット界に衝撃が走ったニュースです。

「Googleフォトが現在提供している高画質の写真アップロード無制限サービスを2021年5月末で終了」というニュース

それ以降は無料ユーザーは15GBの容量を消費する(GmailやGoogleドライブと共用)ということになります。Google Pixelの一部のスマホだけは無制限サービスは提供され続けるらしいのですが、基本的にこれは止むを得ないことだと思っています。「改悪だ!」と叫びたい気持ちは分かるのですが、(多少圧縮されるとはいえ)容量無制限でアップロードでき、広告もさほど目立たない、顔や場所でグルーピングまでしてくれるサービスなんて他にありません。


今すぐではなく、来年5月までは今まで通り使えます。で、代替サービスをどうするか、という議論になるかと思いますが、Amazonプライム会員なら「Amazon Photo」で写真なら容量無制限で使えるそうなのですが、使い勝手がどうかわかりません。(さほど悪くないとは聞いていますが)。

が、結果的には恐らくGoogleの有料サービスに加入して容量追加が一番早いと思います。100GBで年2,500円(ウメ加入中)、200GBで年3,800円くらいなら妥当な値段です。これでGoogleのサービスの恩恵を受けるのが一番良いのかな、と。ちなみに2TBで年間13,000円という容量もありますが、さすがにここまで必要な方はあまりいないでしょう。

自動アップロード、サムネイルがサクサク表示される、グルーピング、日付整理機能、豊富な検索機能、そして簡単にできる写真共有機能…Google先生は本当に素晴らしい機能を提供してくれていると思います(回し者ではありません)。なので、本当に必要なら少しくらいお金を払ってもいいと思うんですよね。あとはクラウドだけでは無く、自宅のHDD(できればNAS)にバックアップを取っておく…これ大事です。ウメ家にもNASはあって、大事なデータはバックアップを取っています(RAID機能は活用しておりませんが(笑))。

ウメにもGoogleからのお知らせが来ました。
「お客様の数々の思い出も含めて 4 兆以上の写真や動画が保存されており、毎週 280 億もの写真と動画が新たにアップロードされています。」…容量も何百ペタバイト(1PB=1024TB)になっているそうで、こりゃすごいですわ。逆にこれだけの情報をGoogleが集められている、サーバー容量もエライことになっていそうですけどね。

まぁ時間があるので、どうするかはじっくり考えられそうです。いずれマップも有料になったりするのでしょうか…あれも恐ろしく便林なサービスですが…。

2020年9月17日 (木)

Wi-Fiだと結構速度が落ちます

前にウメ家のネット速度をご紹介しましたが、これはメインのデスクトップパソコン(有線接続)で測定したものでございます。

で、同じく家のネット速度を、持ち運んで使うために持っている「Surface pro(2017)」のWi-Fi接続で測ってみました。

Surfacespeedtest
測定時間が違うので何とも言えないのですが、下り速度がだいぶ落ちていますね。およそ5分の1になっています。まぁ、ウメ家のWi-Fiルーターは最上位モデルではないですし、最新規格のWi-Fi6でもないのですが、そこそこの速度が出るモデルです。なぜかアップロードはあんまり落ちていないという不思議。

この速度でも実用上何の問題もなく使えるのですが、無線にするだけでこんなに速度が違うんですよね。安定的な接続を求めるならやっぱり有線接続ですね。まぁWi-Fiの方が手軽ですが。なので、Wi-Fiルーターってちゃんと選んだ方がいいですよ。そこそこ良い物を買いましょう。個人的にお勧めはNECの中くらいのモデルです。高けりゃもっといいのですが、普通にネットするくらいなら8,000円弱くらいのモデルで十分ですね。

広いお家の方は最近流行の「メッシュWi-Fi」という複数のルーター(アクセスポイント:AP)を組み合わせてひとつのネットワークを構成し、電波が届きにくいところにも電波を行きわたらせることができる、というものを使ったら良いと思います(Wi-Fi中継器とは違います)。

より以前の記事一覧

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告