2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

カテゴリー「携帯・スマホ」の記事

2021年1月13日 (水)

ドコモ 5Gギガホ プレミア(4月1日から)

ドコモの新料金プラン「アハモ」が発表されましたが、それに合わせて既存のプランの改定も発表されました。

アハモについては、ウメダスでも取り上げていますのでそちらをご覧下さい(文字・手話)。
ドコモ新料金プラン「アハモ(ahamo)」について(12/6現在)
【手話636】ドコモの携帯新プラン(アハモ(ahamo))について

新プランは「ドコモ 5Gギガホ プレミア」です。4月1日提供開始で、現在の「5Gギガホ」から自動移行はされません。申込が必要ですが、ネットでちょちょいとできます。で、何が変わったかというと、既存のプランから1,000円値下げされたことです。あとはキャンペーンではなく正式に「データ通信量無制限」が謳われました。

当然、ウメはこちらの方がありがたい(データ量はともかく、1,000円値下がる)ので、プランが始まったらこちらにプラン変更いたします。

ドコモは今まで積極的な料金プラン展開はしてこなかったですが、アハモ以来主導権を握った感じですね。回線品質はドコモがやっぱり安定していますし、ウメはドコモ光・ファミリー割引も効いているので当分ドコモにお世話になります。

こうやって競争原理が働いてスマホの料金が安くなればいいのですが、結局横並びになりそうですねぇ…。

2021年1月 9日 (土)

Galaxy20+がAndroid11に

ウメがメインで使っている「Galaxy S20+ 5G SC-52A」にソフトウェアアップデートがあり、Android11にバージョンアップしました。

アップデートに1時間弱ほどかかりましたが、無事に終了しました。で、Android10から11にしたところで大きな変化はありませんが、通知機能が強化されたりしているようです。個人的には唯一スマホでゲームをしている「ディズニーツムツム」の動きが滑らかになった、というところでしょうか。

今やAndroidもだいぶスムーズに動く端末が増えてきて、iPhoneと遜色ないものになりました。ウメはスマホはずっとAndroidで、もう何機種買い換えたか覚えていません(とはいえ、このブログの過去記事をたどれば追えますね)。

今のスマホは5G対応ですが、まだ5Gの恩恵を受けるエリアに行ったことが無いのですが、性能はハイスペックなので十分です。次にスペックが向上したモデルがでるのはいつ頃になりますかねぇ。本当はSIMフリーモデルでは結構そそられるものがあるのですが、「おサイフケータイ」機能とドコモの「スゴ得コンテンツ」を愛用しているので、ドコモから発売される端末じゃないとダメなんですよねー(おサイフケータイはSIMフリーモデルでもありますが…)。

ということで、2021年はしばらくはGalaxy S20+ 5G SC-52Aで頑張っていきたいと思います。うん。

2020年12月25日 (金)

Type-Cイヤホンには2種類あるので気を付けて

(Androidの)スマホの場合は、今はイヤホンジャックがないものが増えてきています。で、その代わりに充電端子も兼ねるUSBType-Cポートから音声を出力する場合があるのですが、前にも書いたかもしれませんが、スマホのType-Cポートって2種類あるんです。

Type-Cポートからアナログ音声が出力できるタイプと出来ないタイプ。最近はGoogle Pixelの他、ウメが使っているGalaxys20+も含めて、Type-Cポートからアナログ音声出力が出来ないタイプが増えており、この場合、普通の「Type-Cイヤホン」や「Type-Cポート→イヤホンジャック変換アダプタ」を買っても使えません。

必ず「デジタル出力対応」か「DAC内蔵」のものを買わなくてはいけないのです。これが意外と売っていないんですよ。ほとんどがアナログ対応のものです。

で、池袋のヤマダ電機LABI日本総本店でやっとこさ見つけました(ビックカメラでは見つけられませんでした)。

Typecearphone
2,000円くらいだったでしょうか。DAC内蔵のイヤホン。マイク付きなので通話もできます。アダプタを介さない&有線なので安定的な出力が可能…なのですが、まぁ安物のイヤホンなので音がスッカスカでした…。特に重低音が全然ダメでしたね。まぁ「外で何かしながら音楽やラジオ」を聞くくらいなら使えますが、これなら変換アダプタを介したそこそこのイヤホンの方が全然音質が上でした。

今のスマホはまた画面が大型化しているので、イヤホンジャックをまた装備して欲しいんですけどね…。ワイヤレスはどうも充電がめんどくさい…(持ってはいますけど)。

2020年12月14日 (月)

Galaxyのカバー

S20kaba
今使っているスマホ「GalaxyS20+」のカバーです。Amazonで大変お安く売っておりました。

お値段は驚きの799円でございます。ウメは手帳型のケースは好きではなく、画面は露出していて欲しいタイプ。今はガラスフィルムではなくガラスコーティングをしています。相変わらず快適でございます。スマホゲームはほとんどしませんが、基本的にウメがスマホでやる内容はサクサクです。ただ、もう一息バッテリーの容量が持つとありがたいですね。

こちらのケースは透明ではなく淡いラベンダー色。今回のGalaxyはブラックと普通の色なので、シリコンっぽくなっています。そしてウメがスマホケースをする一番の理由は「ストラップを付けたいから」です。今のスマホはストラップを通す穴が付いていないので、ケースに付けるしか無いんですよね。

スマホを落とさないのにはストラップが一番。皆さん意外と付けていない人が多いのですが、落としたりしないのでしょうか。ポケットから取り出すのにも便利でございます。持つときは必ずストラップを手首に回しています。質も肌触りも良さそうなので、もう1つ色違いを購入しましょうかね。

皆さんはスマホにどんなケースを付けていますか?手帳型ですか?それとも裸ですか???

2020年12月 6日 (日)

ドコモ新料金プラン「アハモ(ahamo)」について(12/6現在)

NTTドコモが12月3日に発表した2021年3月から適用される新料金プラン(というか本当はサブブランドとして発表する予定だったのがありありと見えるのですが)が想像より思い切ったものでした。

「アハモ(ahamo)」
03_001
ドコモさんはネーミングセンスはないのでしょうか…LTEサービスの「Xi(クロッシィ)」もどうかと思いますが、「アハモ」て…。しかもブランドサイト(https://www.ahamobile.jp/)まで立ち上げている(ちなみに若者向けだそうですが、年齢制限は無し)ので、完全にドコモのサブブランド(au⇒UQモバイル、ソフトバンク⇒Y!mobile、的な)ものにするつもりだったところが、総務大臣のお言葉でひっくり返った感じがします。

まぁ、プラン名はともかく、その内容はなかなか素晴らしい。
・月額2,980円(税抜)
・国内5分通話無料(SMS、0570や海外は別途)、+1,000円でかけ放題に変更可能
・月額データ容量 20GB(超過時は1Mbps)、データ容量1GB追加は500円
・5Gも同じ料金
・追加料金無しで海外82の国や地域でも20GBデータをそのまま利用可能(15日間を超えると速度制限)
・定期契約(○年縛り)や解約金なし
・テザリングも可能
・ドコモのエリアと同じ、回線品質も同様(とされています)
・ドコモのメール(@docomo.ne.jp)の提供はなし
・受付は緊急性のあるものを除いて全てオンライン
・事務手数料無料
・オンラインでの本人書類確認に対応
・契約者は20歳以上

という感じです。これは他社もびっくりのプランでございますね。確かに余計な条件が無く、シンプルです。使えるサービスもシンプルですが、月20GB、5分かけ放題付、ドコモの回線品質でこの値段ならインパクトは重大です。

さらにドコモさんはこのahamo発表に合わせて今月中に既存プランの「ギガホ」「ギガライト」のプラン内容改定を予定しています。恐らく値段を下げるか条件を緩めるかどちらかになります。特にギガライトは存在価値がほとんどなくなってしまいますので…。

ただ、現時点で分かっている懸念点(人によっては影響がないのかもしれませんが)は下記の通りです。

・2021年3月から5月まではドコモ回線から移行するにも「MNP」扱い(手数料は無し)
・ドコモショップで受付はしない(サポートは全てオンライン)
・FOMA(3G)のエリアは使えない(山間部や離島などはFOMAのみのエリアがまだあります)
・みんなドコモ割、ドコモ光セット割、dカードお支払割、ファミリー割引などは一切無し。
 ⇒特にみんなドコモ割・ファミリー割引を組んでいるグループの内の回線がahamoに変更されると回線数が減るので他の家族の割引額が減る
・これまでのドコモとの契約年数はリセットされる(解約金は無し)
・データシェア系のプランは併用できない
・法人契約不可
・保証パックや留守番電話サービス、追加コンテンツの加入ができるかが不明

というところでしょうか。
気にならない人は全然気にならないですね。まぁ大きなデメリットは全てオンラインになるのと(どのくらい優しいのか)、ドコモの端末及びSIMフリー(SIMロック解除された)端末が全て対応されるのかと、キャリアメールを捨てられるか、というところでしょうか。

今、格安SIMを使っている方、または楽天モバイルを使っていてエリアに困っている方は確実にこちらに移行した方が良さそうでしょう。ただ、現状大手3大キャリアを使っている人は、適用されている割引などを確認して乗換を検討した方が良いかもしれません。ドコモの既存プランもだいぶシンプルになりました。

今はウメは「5Gギガホ」でデータ利用無制限(キャンペーン)、みんなドコモ割、ドコモ光割、5G割などを適用させて、7,000円ちょっとです。さらにAmazonプライム無料やら何やらついています。だいぶ高いですが、「データ無制限」の安心感があります。あとは「@docomo.ne.jp」が完全に捨てきれないのと、ノートパソコン用にデータシェアを組んでいるので、それも外せません…。ということで、現状様子見、今月のギガホの改定内容に期待します。

結構スマホのプランって一度申し込むと古いままで、未だに上限が「7GB」の固定のものだったりする方が結構いますが、それを変更するだけで安くなったり、月に使える上限量が変わったりしますので、ahamoにするかどうかはともかく、まずは自分の契約を見直してみて下さい。今はどこのキャリアもオンラインですぐ変更ができます。

そのうえで、今回のドコモの新プラン「ahamo」は…ほとんどの方には良いと思います(ショップのサポートに頼りきりではない場合)。母に勧めたいですが、キャリアメールの知り合いがどのくらい残っているか、ですかね…。やはりドコモ回線品質の20GBの安心感でこの料金はインパクトが大きいです。

あとは3月までに他社(特に楽天モバイル)がどれだけ対抗してくるか、ですね…。現在、楽天モバイルをiPadで使用している(現在無料期間)ウメにとって、ahamoに変更するか楽天に残るか、大きく変わってくるので…。

国の圧力はけしからんという声がありますが、今まで公共の電波を使いながら横並びすぎた携帯電話(スマホ)の料金、これを機会に値下げが進むと良いですよね。あとは端末も安い物からハイエンドなものまでバリエーションを付けていただければ、良い方向にいくのではないかと思います。

2020年11月13日 (金)

Type-C イヤホン変換アダプタ

ウメが今使っているスマホ、Galaxys20+にはイヤホンジャックがありません。前のHUAWEIのスマホも同じで、個人的にはイヤホンジャックは残して欲しいタイプなのですが、スマホ選びにあたって必須条件ではありません。無ければ変換すれば良いだけの話!

ですが、HUAWEIのスマホと違ってGalaxyシリーズやGoogleのPixelはUSBType-Cポートからのアナログ音声出力に対応しておらず、差し込み口だけ変換するタイプのものは使えないということをつい先日知りました…むむむ…。ということで購入したのがこれ。

Cear
DAC内蔵タイプの変換アダプタ。右がイヤホンジャック、右が充電用のType-Cポートです。



Amazonで1,600円ちょっとでございます。なんだかこういう商品、結構たくさんあるのですが、何がいいのかわかりません。とりあえず安くて評判が良さそうなのを買いました。実際にはまだ使っていません(笑)。

普段はBluetoothのヘッドセットにしているのですが、音質にこだわったり充電しながら聞くにはやっぱり有線が一番です。ちなみに耳穴にいれる「完全ワイヤレスイヤホン」は苦手です。ワイヤレスBluetoothイヤホンでも左右が繋がっている方が安心します。これは好みだと思いますが。

2020年10月14日 (水)

最近ストラップってしないのですか皆様

ウメはスマホにストラップは欠かせない派なのですが、最近結構していない人の方が多いですよね。

落下防止だと「スマホリング」なのでしょうか。でもリングだとスマホを机に置いたときにグラグラするのでウメは好きではありません。落下防止はやっぱり安定のストラップ。

Sutorappu
だいぶ前から売っているんでしょうね。パッケージイメージがガラケーです(笑)

このシンプルな感じのストラップを付けています。ウメは普段ズボンのポケットにスマホを入れていますが、取り出すのにも便利ですし、もちろん持っているときに手に通して落下防止で使いますし、ウメとしては必須なんです。なのでスマホケースも必ずストラップホールがあるものを選んでいます。

かつてガラケー全盛時代はすんごい量のストラップを付けるギャルがいましたが、今は普通に画面がバキバキに割れたiPhoneを使っている人が多いですね。画面割れたのって気にならないんでしょうか…ウメなら即買い換え対象になってしまうのですが…。

あと手帳型ケースもウメは苦手です。一度開く動作がめんどくさい…画面保護には良いかもしれないんですけどね。最近購入したGalaxy S20+はガラスコーティングにしてみました。ヤマダ電機の店員のお勧めだったので。周囲が湾曲しているのでフィルムだと上手く貼れなかったりするのでコーティングもありかな、と。でもこれ、一度やると取れないんですね。まぁいいんですけど。

そんなわけで、ストラップを愛用しているウメでございました。

2020年10月10日 (土)

スマホを…買い換えました

実はですね、一月前ほどに、メインのスマホを買い換えました。

これまでは「HUAWEI P30Pro」でして、使い勝手には何の不満も無かったのですが、Androidのバージョンも9のまま上がらない、さらに今後HUAWEIスマホ新機種にはGoogleのサービスが載せられないことがほぼ確定になってしまったこと、このスマホに変えてから1年近く経つこと、そしてdocomoのポイントやらが貯まっていたこと…あとストレス解消(笑)で、機種変更!

S201
購入したのは全くエリアに入っていない5G対応のGalaxy S20+のdocomo版「SC-52A」です。今までGalaxyシリーズはちょっとした理由があって避けてきたのですが、今発売されているdocomoのスマホのラインナップで最もハイスペックなもの、また今後も使い続けるに当たってある程度のシェアが確保されているもの、と考えるとこれになりました。

ちなみにこれよりも少し画面の小さいGalaxy S20もありますが、バッテリー容量が少し小さいので、使っていたP30Proとあまりサイズの変わらないこちらに。

販売価格は11万を超えていたのですが、2つ前に使っていたSH-04L(AQUOS R3)が34,000円で売れ、さらにdocomoのポイントが6,000ポイントほどあり、そしてさらにビックカメラのポイントが25,000ポイントほどあったので、実質…5万弱ぐらいで手に入れることができました。ビックカメラ池袋本店の気さくなdocomoのお兄さんと気さくにお喋りしながら機種変更。平日だったこともあってか40分くらいでできました。今はドコモショップは予約を取らないと手続きできないですからね…。

S202
一通り設定が終了。
目玉のリフレッシュレート(画面書き換え速度)120MHzはすごくヌルヌルして良いのですが、バッテリーの減りが半端じゃないので元に戻しました。で、ホームアプリは前から使っているものをそのまま使っているので、画面の見た目はそんなに変わらないんですね。ですが、Galaxyシリーズを始めて使ったのですが、うん、使い勝手が良いです。いろんな細かい設定機能が豊富に用意されていて、ユーザビリティに配慮されているなと思いました。

HUAWEIシリーズも結構良くて、こちらの方がカメラの画質と電池持ちは絶対良いとは思うのですが、先がない…というのがやっぱり厳しかったですね。
簡単なレビューをすると
・Snapdragon865,メモリ12GBは圧巻(ゲームしないけど)
・バッテリーは意外と持たない
・画面占有率の高さは圧倒的、有機ELの発色も鮮やか
・動きはサクサクすぎてこれ以上のものはない
・画面内指紋認証が意外と遅い
・エッジ何とか機能はかなり便利
・ステレオスピーカーだけど上下(左右)の音の出方が違うのが惜しい
・MicroSDカードが入れられる幸せ
・オリジナル壁紙やフォントもダウンロードできる
・フォントが中国っぽく無くて良い

という感じでしょうか。いや、良いスマホです。バッテリーは使い始めなのでなんとも言えないですが、60MHzで運用するなら以前のスマホとほぼ同様で使えそうです。そして5Gのエリアが狭い!というかまだ一度も体験していない!というか5Gの電波を切って節電しています。なぜならLTE(4G)の速度で十分だから。

基本的にAndroidなのでできることは同じなのですが、先日発表されたAndroid11はこの機種にはアップグレードが来るかと思うので、最新機能も使えるのが楽しみです。あとカメラもまぁ普通にブログに載せるくらいのものなら十分すぎるくらい綺麗です。少し鮮やかすぎる印象はありますが(というかP30Proが綺麗すぎた)。

あと、SIMフリー版をなぜ買わないか、ということなのですが、実はdocomoのサブスクリプション「スゴ得コンテンツ」というのに入っていまして、毎月380円(税別)で、乗換案内プラスとかNAVITIMEの有料版など、数多くのアプリの高性能版が使えるようになるんですよ。docomoのサービスって…って馬鹿にしてはいけません。これは個別で有料サービスに入るよりお得なのです。ですが、これに対応しているのはdocomoから発売されるスマホだけなので、こういう選択肢になった訳なんですね。

ということで、またスマホを変えてしまいました。本当は日本のメーカー(シャープとか富士通とか)のものにしたかったのですが、どうも機能やバッテリーが今ひとつなようで…。もうハイスペックで行きますよ!

2020年10月 3日 (土)

定期をモバイルPASMOに変えました

ウメのスマホはAndroidなので、モバイルPASMOを一応使っていたのですが、結局チャージもせず、定期券も移すことが今まではできなかったので、ただアプリを入れているだけでしたが、2020年8月下旬から、モバイルPASMO新規発行時に限り、記名式カードタイプのPASMOのチャージ残高や定期券情報を移すことができるようになりました。

モバイルPASMOをはじめる(移行)|モバイルPASMO -

というわけで、ウメもカード型PASMOからスマホに完全移行してみることに。まずは何も入っていないPASMOを退会します。退会はすぐにできますが、新しいPASMOを入れ直すのに1日待つ必要があります。その後、カード型のPASMOを用意し、新たにモバイルPASMOアプリを入れて、移行を選択。カード番号を入力すると簡単に情報が移行されます。

Mobilepasmo1
こないな感じ。これは画面をスクショしたものです。ウメのPASMO定期券は再印刷しても表示が見えにくくなっていたので、スマホの画面で見られるのは良いですね。で、定期券の場合は定期券情報はすぐ移るのですが、チャージ残高はもう1日待つ必要があります。たぶんシステムの都合なんでしょうけど。翌日に簡単な手続きをしたらチャージ残高も移りました。

Mobilepasmo2
こんな感じで購入した日も移っています。

モバイルPASMOの場合、クレジットカードを登録しておけばそこからチャージもできますし、駅まで行かなくても定期券を買えるようになりました。ちょっと前までSMBCデビットカードはエラーではじかれたのですが、今では登録できるようになったのが移行しよう!と思った最大のポイントですね。

券売機でカードを入れるタイプでしかチャージできないのもありますが、最近ではカードやスマホを置いたりしてチャージするタイプも増えてきましたので、日常使いには困らないと思います。これで定期入れも持ち歩くことが無くなり便利になりました(しかも履歴もスマホで確認できて便利)が、益々スマホをなくしたり落としたりしたら困るようになりました汗。

何でも感でもスマホにしてしまうのはどうかと思いますが、まぁ今のところ便利でございます。

2020年9月12日 (土)

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT に加入しました

携帯電話第4のキャリア(MNO)、楽天モバイル。まだまだエリアが狭いですが、1年間完全無料(事務手数料を除く)というのに惹かれつつ、どうしようか迷っていたのですが、先日iPadのセルラーモデルを購入したので、これで使うために買ってみました!しかもキャンペーンをやっていて、オンラインで申し込み、SIMを使って専用アプリで通話・SMSをすると特別にポイントが付与されるということでもうこれは申し込むしかないでしょう!という感じです。当然、iPadで通話はできませんので、使っているメインスマホのSIMを入れ替えて1回だけ通話とSMSをやって、SIMをiPadに戻しました。

Rakutenmobile

今回契約したのは「楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT」です。こんな感じでSIMカードが届きました。オンラインで申し込んでから2日で届きましたよ。早い!噂の1年間無料で通話し放題(専用アプリ)、データ通信し放題(狭い楽天エリアのみ、その他はauローミングエリアで月5GBまで)でございます。サブ回線なら十分でございます。まぁ無料!っていうのは大きいですよね。しかも違約金などはありませんし。

で、ウメの家は…楽天エリアではありませんでした!ぐぬぬ。まぁ家ではWi-Fiで使うからいいのですが、サービスエリアマップではエリアになっているはずなのに…。まだまだエリア的には(特に地方では)厳しい物がありますね。でもauローミングエリアでも月5GBまで使えれば十分です。それを越しても1Mbpsの速度は確保できますし。

SIMが届いて、購入したiPadに入れて設定…と思ったら、使用しているApple IDが前に使っていたサブ回線(解約済み)の電話番号で二段階認証するようになってしまっていて、電話番号変更をするにはAppleさんの確認を受けないといけない、ということで結局実質まだ家で寝ています。先日やっとこさ二段階認証の電話番号の変更ができましたので、これから設定をしようと思います。

知り合いに楽天モバイルのSIMを使っている方がいて、その方曰く、「23区内ならまぁだいたい大丈夫」だそうです。これからエリア拡大を視するようですし、まぁ無料ですし1年間は使ってみましょう。その後の月額2,980円をどう考えるかですね。iPadで使うならデータ専用なので高いかな…。それは1年後に考えます。

あともう一つ、楽天モバイルを契約すると、楽天市場のSPU(ポイントアップ)が効いて楽天市場のお買い物が基本+1%アップするんですよ。ウメは楽天ゴールドカードで+4%になっているので、今楽天でお買い物をする場合、6%になるんです。もうね、ポイントが貯まる貯まる!こうやって見事に楽天に囲い込まれているわけですが、少しでもオトクに使いたいですよね。あとは買い物し過ぎないように気を付けます。

楽天モバイルのエリアや速度などのレビューはもうちょっと使ってからやりたいと思います。

より以前の記事一覧

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告