2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

カテゴリー「家電製品」の記事

2021年1月18日 (月)

ストレージ2つ購入

特に必要ではないけどほしいなぁと思って購入したものを2つご紹介いたします。ちなみに購入したのはウメが愛用している中古ショップ「じゃんぱら」さんです。

Usb256
最初は256GBのUSBメモリでございます。データ持ち歩き用に購入いたしました。今までは128GBのものを使っていたのですが、ちょっと挙動がおかしくなってきたのでデータ消失前にデータ移行のために、どうせなら大容量のものを…ということでゲット。お値段は3,500円くらいです。

あと最近はポータブルSSDも気になっています。USBメモリよりも読み書き速度がだいぶ速いのですが、まだお値段がちょっと高いです。最近ではUSBメモリみたいなスティック型の物も出てきているので、お値段が下がってきたら手に入れたいなぁ(何をそんなにデータを入れるのか…)。クラウドだけではなくてきっちりバックアップしないと、です。

Hdd
こちらは中古の外付けHDD、2TBです。普通のHDDですが、中古で3,980円で手に入れました。これを今愛用している全録のレコーダーに繋いで、全録が録画できる期間を延ばしました。今までは内蔵HDDだけで、8チャンネルを10日間だったのですが、録画先を分散させることで、18日間録画できるようにしました。だから何?と言われればそれまでなのですが、お安く売っていたので思わず購入した次第でございます。

全録レコーダー、本当に便利です。さらにスマホのアプリを使って録画したものも含めて外から見られるというが便利。今はスマホのデータ通信量無制限ということも相まって利便性が向上しております。

レコーダー自体も中古で購入しているので、いつ壊れるかビクビクしておりますが、その時はその時です。また買います!って、そんなに言うほどテレビ見ていないんですけどね。最近はもっぱらYouTubeばかりです汗

2021年1月 3日 (日)

リモコン発注

昨年に購入したソニーのBluetooth対応ステレオ(CMT-X7CD)ですが、音質は良く、radikoやYouTube Musicも聴けて良いのですが、ハードオフで中古で購入したのでリモコンが付いておらず、Bluetoothのペアリング等ができなかったのです…(本体だけではその操作ができず)。スマホだけはNFCを使ってペアリングができたので使っていたのですが、やはりリモコンがあった方がいろいろ便利だと言うことで、SONYさんに付属品追加発注を致しました。

Rimokon
ちなみに2,860円(代引きのみ、手数料含む)でした。メルカリやらヤフオクではなかなか買えなさそうだったので、まだ部品のあるメーカーから買うのが一番ですね。

そしてリモコンがあった方がとても使い勝手が良いです。パソコンとペアリングさせて音質をアップ、iPadともペアリングさせました。ちなみにスピーカーはこれ以外に「Google Nest Audio」が2台セットであるのですが、そちらは声で簡単に操作できる分このSONYのオーディオよりは音質が落ちますね…。

このスピーカーの置き場所もベッドの近くに買えて、快適な音楽環境を整えております。本格的に音楽を聴くときにはこちらを使用しています。パソコンのスピーカーとしても十分使えますね。動画の遅延もほとんど感じられないですし。

こういう付属品だけない中古品、結構お買い得で掘り出し物が多いんですよね。結果的に15,000円しないで高音質なスピーカーが手に入っていますし(そもそもCD再生できるかどうかも確かめていません⇒CD再生をすることがほとんどない)、これだから掘り出し物探しはやめられません(^^)/

2020年12月30日 (水)

またモバイルバッテリー購入(ケーブル付き30,000mAh)

先日、ブラックフライデーでAnkerのモバイルバッテリーを購入したと書きましたが、実際にその数日後にAmazonで目玉商品のモバイルバッテリーを見つけてしまったので、またポチしてしまいました。何台モバイルバッテリーを買えば気が済むのでしょうか(さすがにもう買わないと思いますが)。


どん!Amazonで3,580円と表示されているかと思いますが、タイムセールとポイントを組み合わせて2,864円で購入できました。

Batteri1
容量はなんと30,000mAhです。変換効率を考えてもスマホ6~7回分は充電できます。じゃあ20,000mAhのものたくさん持っているしそんなに変わらないから良いじゃないか、と思うかも知れません。そうなのですが、このモバイルバッテリー…

Batteri2
テカテカです…。いやそこはいいのですが、何とLEDライトが内蔵。懐中電灯替わりになります。さらに袋も付いています。ちなみに重さは400g弱でそこそこずっしりきます。で、言いたいのはここではなく…

Batteri3
なんと、USBType-A、MicroUSB、USBType-C、Lightningのケーブルが直に付いていて、4つ同時給電可能です(さすがに急速充電等には対応しませんが)。さらにこれ以外にUSBケーブルを繋げられるUSBType-A端子もありますので、独自規格(Walkmanとか)などの充電も可能。そしてバッテリーへの給電はMicroUSBとUSBType-Cの両方に対応。残量は数値(%)で表示されるところも良い点ですね。

というわけで、容量よし、使い勝手良し、ライトも付いて良しで、お値段が4,000円しないって素敵!です。これでもうちょっと軽ければ言う事無しだったのですが、30,000mAhなので仕方ないですね。

これを毎日持ち歩くメインのモバイルバッテリーにして、今まで使っていたものを予備にします…って予備の20,000mAhのモバイルバッテリーがもう4つあるのですが…どうしましょうか(笑)これだけで(上記のものも合わせて)合計110,000mAhになってしまいます。さすがに多すぎるので、どなたかに差し上げましょう…ウメと会う方、お使いになる方がいらっしゃったら2つくらいまでは放出します。
(そう、ポータブル電源も買ってありますしね)

いやーでもこれはお勧めですよ。まぁ普段使いであれば10,000mAhのものが軽くてお値段が安い物が増えてきたのでそこから選ぶのが良いかもしれませんが、ことモバイルバッテリーについては(容量が)大きいのが正義ですね。

2020年12月22日 (火)

Google Nest Audioを2つほど購入

やってしまいました。

ムシャクシャした時のうっかり家電購入。

Google純正のスマートスピーカーの新機種「Google Nest Audio」を購入しました。

Nest1
しかも2個。同じ物を2つです。どうしてこんなことをしたのか…決して重複ではございません。

Nest2

箱を空けても同じ物が2つでございます。ちなみにチャコールとチョークがありますが、黒っぽくで汚れが目立たないチャコールを2つにしました。これまでGoogleアシスタントスピーカーは「JBL LINK 300」というものを使っていたのですが、音質はいいものの「モノラル」だったのです。

最近はラジオや音楽を聴くのでスマートスピーカーを使う機会がだいぶ増えていたのでステレオ再生できるものが欲しいなと思っていたんですよ。で、一番安いのがソニーのもの。ただ大きさがあまり変わらないということと、お値段がそこそこする…、そして泣く子も黙るBOSEのスマートスピーカーも考えたのですが、とにかく高い!音質は良いと評判ですがさすがに5万円弱は出せません。そして使いにくいというレビューも見たので、どうせならGoogle純正を買おう!…と考えたら…。

2台購入してペア設定するとステレオ再生ができるそうな。しかも設定はアプリから簡単に。ということで、Google Nest Audioを2第購入。2台で23,100円です。どうせもう少ししたらセールしそうな感じですが、もう店員に「これ2台ください」と言ってしまいました。設定は簡単。そして音質も調整できるようになりました。形は丸っこい感じになり、先代のGoogle Homeより音質はかなり上がっていました。

で、

Nest3 Nest4
とこんな感じでテレビの両脇において、ステレオ再生環境を構築しました!NACK5やYouTube Musicがステレオで聞けます!さすがに高音質スピーカーの音質にはかないませんが、そこそこ聴ける音にはなります。ステレオはやっぱり臨場感が出て良いですね。

あとは最近では寝る前に「OKGoogle、おやすみ」と声をかけるとヒーリングミュージックをかける設定にして入眠環境もアップさせることにしました。これに2万円もかける価値があったのかというと、必要!という訳ではなかったのですが、結構使用頻度が高い家電だったのでウメ的には満足。音楽も全てサブスクですし、いやはや、時代は変わりましたね。

ちなみにこれ以外にGoogleの新商品も購入しています。また後日ご紹介します。

2020年12月 5日 (土)

GEOで売っているBluetoothのヘッドホン

Headphone
レンタルDVD店の「GEO」で販売されている「グラモラックス」というメーカーのヘッドホンやイヤホン。安いのですが音質などが怖くて手を出していなかったのですが、この耳当て式ヘッドセットがお安かったので試しに購入してみました。Bluetoothで連続使用最大12時間、USBで充電できて有線で使えるというのもいいですね。ただ、開放式とこのサイズ(重くはないです)なので、自宅用がメインになりますかね。

メインのパソコンとペアリングさせて視聴してみましたが、うーん、お値段相応の音質という感じですね。悪くはないですが、やはり価格が高い方がいい感じです。本格的に音楽を聴くなら別のイヤホン・ヘッドホンの方が良いかと思いますが、Web会議などには十分な音質でしょう。なによりがばっと頭にかぶせるだけでいいのは便利ですね。

ちなみに製品情報はこちら。Amazonや楽天では買えないようです。ですが、2,000円ちょっとならコスパはかなり良いですね。ちなみに赤にしたのは赤しか在庫がなかったからです。深い意味はありません。パソコンの音楽は有線で聞いて、Web会議やビデオチャットメインで使おうと思っています。

でも悪くはない商品なのでお近くのGEOでお買い求め下さい。ちなみに充電はMicroUSB端子です。そこは仕方ないですね…。

2020年10月25日 (日)

SONYのステレオ CMT-X7CD購入

こちらも「掘り出し物の旅」のハードオフで見つけた逸品です。

最近は音楽を聴くのはもっぱらスマートスピーカーで、決して音質は悪くない(むしろ良い方)なのですが、ステレオじゃなくモノラルスピーカーなのが気になっていたのです。ラジオ(NACK5)を聞くにはとても適しているのですが、音楽はやはりステレオで聞きたいなぁ~と思って、ステレオのスマートスピーカーなどを探していたのですが、どうしても高い。

なので、せめてネットワークに対応しているステレオでコンパクトでオサレな商品があればうれしいなぁ…と思っていました。持っていたコンポはビクターさんのやつで、もう全然使っておらず、場所だけとっていたので、近くのリサイクルショップに電話して550円を”払って”引き取っていただきました。音楽もストリーミングサービスの時代ですね…。

で、見つけたものがこちら!

Sonyaudio
SONYさんのシステムステレオ「CMT-X7CD」です。2014年に発売されたモデルです。

現行モデルはこちら。CMT-X3CD | システムステレオ | ソニー 

ですが、現行モデルより高性能なんです。これはBluetoothに対応してスマホの音楽を飛ばして聴けるのはもちろんなのですが、Wi-Fiに対応しているのでネットワークのDLNA対応のサーバーに入っている音楽データ(ちなみに全録レコーダーに入れてみました)やネットラジオ(radikoやTuneIn)にも対応しています。そしてUSB接続でウォークマンやUSBメモリ内の音楽も再生可能(曲名表示などはされませんが)。さらにYouTube Music等のストリーミングサービス再生にも対応しているので、スマホからWi-Fiで飛ばす(飛ばすというか指示を与える感じですかね)ことで音質の劣化もなくそこそこの高音質で音楽を聴くことができます。しかもその辺りの操作はスマホの専用アプリで全部操作できるんです。便利です。

コンパクトで場所を取らないのも良いですよね。場所を取らないといっても横幅が結構ありますが汗。CDも入りますがウメは使わない気がします汗。

これを11,000円で購入いたしました。安い!ですが、リモコンが欠品をしているのでちょっとした設定ができないのが難点です。リモコンだけをどこかで調達したいのですが、オークションやフリマアプリになかなか出てこない…。スリープ設定とかバージョンアップとかはリモコンでしかできないようで…まぁ今もあまり困っていないので当分はそのまま使います。

予算に余裕があれば「chromecast built-in」でスマートスピーカーから操作できるステレオシステムが欲しかったのですが、さすがに予算オーバーでございました。

ということで、音楽生活もさらに快適に。

2020年10月18日 (日)

Wi-Fiルーターを新しくしました!

今の家の回線は光回線とCATV(J:COM)回線の2つがありますが、メインは光回線(ドコモ光)です。その回線で家のWi-Fi環境を構築しております。ルーターは別途購入して、今までずっとNEC製のルーターを愛用しています。何といっても安定性が違います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NEC エヌイーシー PA-WG1800HP4 wifiルーター Aterm(エーターム) [ac/n/a/g/b][PAWG1800HP4]
価格:7120円(税込、送料別) (2020/9/26時点)

楽天で購入

で、これまで使っていたのが「WG1800HP4」というミドルハイエンドの製品で、これでも何の問題もなく安定していたのですが、9月の連休の「掘り出し物探しの旅」で見つけてしまいました!

Wifi1

次世代規格Wi-Fi6対応のNECルーター「WX3000HP」でございます。

見たとおり、市販の価格は1万2千円~1万5千円前後なのですが、ハードオフで「開封済みですが新品です」ということで、税込み9,900円!となっていたので思わず即購入してしまいました!

まだ発展途上の製品で、使えない機能もあったりしますが、Wi-Fi6対応になって電波環境が安定した…気がします。もともと安定をしていたのであまり変わらない気もしますが。ちなみにWi-Fi6対応の子機は最近購入したスマホ「Galaxy S20+」のみでございます。速度的にはこれまでのもので十分だったのですが、はい、Wi-Fi6を体験してみたかっただけなのです(笑)

ちなみに以前の機種に比べると一回り大きくなっていて、NECの旧型ルーターの形に戻った印象です。なんだかこういうお弁当箱型のルーターって安心します。特に意味は無いのですが。

Wifi2
というわけでNECのWi-Fiルーターがこんなに並んでしまいました。そのうち一番後ろにあるのは不要なので寄付いたしました(これでも市販でac対応なのでそこそこの機能です)。でこれまでのルーターは今のが壊れてしまったときの予備用に保管。

もはやWi-Fiは無くてはならない環境ですね。今はスマホはdocomoの5Gプランになり、キャンペーンでデータ使用量無制限ですが、5Gの速度が和光市で出るのはいつになるでしょうか…。あとはスマートスピーカーやノートパソコンなど…様々な機器がWi-Fiで繋がっております。

で、その速度は…次の記事で紹介します。

2020年10月17日 (土)

片耳Bluetoothヘッドセット

先日、Amazonのタイムセールで片耳Bluetoothのヘッドセットが格安で売っていたので、思わずポチりました。

Bluetooth_katamimi_20200926091801



今は899円と表示されているかと思いますが、購入した時は499円(税込)・送料無料でした。さらに早ければ399円だったそうです。Bluetoothのヘッドセットは持っていますが、500円ならもう一つ持って持ち歩きするのもよいかな、という感じ。

今にも中国製!という感じですが、機能としては必要十分ですね。車に乗せておくのもいいかもしれませんが…車はカーナビのBluetooth接続機能でハンズフリー通話ができる設定をしているはず…です。実際にまだしたことはありませんが。

いやしかし安いとは言えこんなガツガツ購入しちゃいけないですよね。この積み重ねが貯金を減らしていくのです…。でもこの値段ならアリでしょ。

2020年8月15日 (土)

モバイルバッテリーが膨らんでいました

普段から持ち歩いているスマホなどを充電できる「モバイルバッテリー」。ウメも時々充電をしているものでございますが、その中で数年前に神戸のソフマップで購入した中国製のモバイルバッテリーで、ちょっとしたお出かけの時に持つ用のバッテリーが…。

Battery_20200725141601
膨らんでおりました。カバンの中身を改めた時に気が付いたのですが、右側の部分が膨らんでいていかにも怪しい感じになっています。10,000mAhのタイプで軽いのですが、この状態で充電とか放電とかしちゃいけない状態になっていました…。

危ない…。というか、これかなり危ないじゃないですか。っていうか、いつこんな状態になったのでしょうか。持ち歩いているとはいえこれで充電をすることはほとんどなかったのですが、気が付いて良かった…。これはもう使えない状態だと思うので、処分いたしました。

モバイルバッテリーはかなり便利ではございますが、使い方には気をつけましょう。様子がおかしい場合はすぐに使うのを止めて、適切な方法で処理しましょうね。

2020年8月 7日 (金)

空気清浄器のセンサーを直しました

ウメが部屋で愛用しているのはダイキンの加湿も除湿もできる空気清浄器「クリアフォース」でございます。最新モデルだと12万程度する空気清浄器の超ハイエンドモデルでございます。

で、梅雨の時期は部屋がジメジメするので除湿機能を愛用しておりました。これは結構なパワーがあって、70%くらいだった部屋の湿度を50%くらいまで下げてくれるんですよね。冬は逆に30%くらいまで乾燥した部屋を50%くらいまで加湿してくれる、年中大活躍の空気清浄器です。

なのですが、7月の上旬頃から「ホコリセンサー」がずっと赤ランプで、自動運転にしていると常に「ブォーーーー!」と強風が吹くようになってしまいました。掃除機などでほこりを取ってみても全然改善せず、仕方ないので省エネモードにしたり自動運転を解除したりして使っていたんです。まぁもともと中古で買ったので仕方がないのかな…と思っていました。

でもー気になるので、ネットで調べてみたら、どうもセンサーの周りにホコリが溜まってしまうとこういうことになるらしい。ダイキンの場合は(自己責任ですよ)ネジを数個外すだけでホコリセンサーの部分にアクセスできるのでちょっと分解してみました。分解中の写真を撮るのを忘れたのですが、ネジを3つとるだけでホコリセンサーの部分にアクセスでき、そこにはホコリさんがびっしりと…こりゃー真っ赤になるはずだわ…。ということでダイソンの掃除機と綿棒でぐいぐい掃除した結果…。

Kukiseijou
ワーイ。緑色のボタン(ハウスダストランプでしたね)になりましたー!そして除湿空気清浄の自動運転も無事できるようになりました。やっぱりしっかり湿度をコントロールしてくれています。写真では69%ですが、数十分で50%まで除湿してくれました。温度が同じでも湿度が20%も違うと快適さが全然違います。

にしても、ダイキンの空気清浄器はすごいですね。まぁ8畳の部屋に最上位モデルということもあるのでしょうが、パワーが違いますし、匂いセンサーも部屋にファブリーズしたり晩ご飯を食べているだけでも感知して風量を上げてくれたりしているのでね…素晴らしい効果です。ただ、かなりデカイので、置き場所には相変わらず困っておりますが、まぁしまうことがないのでこれからも活躍していただきます。

より以前の記事一覧

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告