2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« 大戸屋の「豚の生姜焼き定食」 | トップページ | デイリーウメダス17年目に突入 »

2021年4月 2日 (金)

ニチアサ、大河ドラマ新シリーズを語る

最近話題にすることが減りましたが、ウメは相変わらず日曜日はテレビのお世話になることが多いです。逆にそれ以外の日はラジオ(NACK5)を聞いてテレビは見たい録画番組以外はリアルタイムで見ることがだいぶ減りました。土曜日なんかは一日家にいれば一日NACK5です。

そんな中、日曜日の朝のシリーズ「ニチアサ」が新シリーズになりました。
8:30 「トロピカル~ジュ!プリキュア」(2021年2月から)
9:00 「仮面ライダーセイバー」(2020年9月から継続)
9:30 「機界戦隊ゼンカイジャー」(2021年3月から)
でございます。これだけは用事がないかぎりリアルタイムでずっと見ています。

プリキュアは『ハピネスチャージプリキュア!』からふとしたきっかけで見始めて、『Go!プリンセスプリキュア』(一番のお気に入り)、『魔法つかいプリキュア!』、『キラキラ☆プリキュアアラモード』、『HUGっと!プリキュア』、『スター☆トゥインクルプリキュア』、『ヒーリングっど!プリキュア』で8作目になりますね。40歳超えたおっさんがプリキュアを見ているわけですよ。あ、映画とかはさすがに見ていません。

仮面ライダーセイバーは物語中盤ですが、今作はちょっとイマイチですね。ライダー同士が喧嘩ばかりしていて、主人公も今ひとつパッとしない印象です。「本」がテーマで主題歌はオシャレなのですが、うーん…狙いすぎかな、という感じ。ちなみに仮面ライダーは「仮面ライダードライブ」から見ています(竹内涼真出世作)。ベルトさんがよかった。

機界戦隊ゼンカイジャーは…コロナ対策とはいえ、人間が1人というのがどうなのでしょうか。ですが、伝説の榊原郁恵大先生が出演されるので拝見いたします。前作の「魔進戦隊キラメイジャー」は分かりやすくて子ども受けは良かったのではないでしょうか。実は戦隊モノが(大人になってから)一番長く見ていて、

2000年 未来戦隊タイムレンジャー
(2001年 百獣戦隊ガオレンジャー)(2002年 忍風戦隊ハリケンジャー)(2003年 爆竜戦隊アバレンジャー)
2004年 特捜戦隊デカレンジャー
2005年 魔法戦隊マジレンジャー
2006年 轟轟戦隊ボウケンジャー
2007年 獣拳戦隊ゲキレンジャー
2008年 炎神戦隊ゴーオンジャー
2009年 侍戦隊シンケンジャー
2010年 天装戦隊ゴセイジャー
2011年 海賊戦隊ゴーカイジャー
2012年 特命戦隊ゴーバスターズ
2013年 獣電戦隊キョウリュウジャー
2014年 烈車戦隊トッキュウジャー
2015年 手裏剣戦隊ニンニンジャー
2016年 動物戦隊ジュウオウジャー
2017年 宇宙戦隊キュウレンジャー
2018年 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
2019年 騎士竜戦隊リュウソウジャー
2020年 魔進戦隊キラメイジャー

20年見ていますね。()内の3作は見ていませんが、特捜戦隊デカレンジャーにハマって以来、ずっと見ています。何だろう、一番気軽に見られる感じですね。よく考えたらヒーロー・ヒロインが複数で敵と戦って敵が巨大化して(おもちゃの販促タイムとして)巨大ロボットに乗って倒す、というものの繰り返しなのですが、この単純なのがいいのだと思います。

仮面ライダーや戦隊シリーズはすっかりイケメン排出枠になりましたね。全員が売れた訳ではありませんが…個人的にはデカレンジャーのジャスミン推しです。

そして昨年ハマった大河ドラマ「麒麟がくる」。1年間こんなに楽しみだった大河は初めてでした。コロナの影響で話数が減ってしまったのは残念ですが、長谷川博己さん演じる明智光秀や、その他の演者さんが素晴らしかったです。特に正親町天皇を演じた坂東玉三郎さんの神々しさ…。(ところで「麒麟はきた」のでしょうか…)

で、2月に終わってしまって「麒麟ロス」になったのですが、その次の今の「青天を衝け」もとても面白いです。近現代の大河は人気がないと言われる中、様々工夫がしてあったり、ちょっとポップな演出だったり、でも美しい音色の主題歌や壮大な畑の映像が綺麗だったり…そして「こんばんは、徳川家康です」から始まる解説コーナーが面白くためになったり…埼玉県出身の「渋沢栄一」さんがモデルなので、親近感も湧きますし、名前だけ知ってはいますが、何をされたかの詳細は知らない方が多いので、そういう意味でも楽しめるのではないでしょうか。主役の吉沢亮さんをはじめとする豪華なキャスト。

江戸・明治・大正・昭和を生きた実業家としての彼の生き様を、勉強させてもらいながら楽しみたいと思います。

なにで日曜の朝と夜は必ずテレビの前にいますね。テレビもネットコンテンツに押されていますが、良質なものを作っていただければ見られるんだと思います。YouTuberでもできることではダメですね。ってエラそうにすいません。お世話になります。
(見る時間が減っているのに有機ELテレビがほしくなったり…買いませんけど)

« 大戸屋の「豚の生姜焼き定食」 | トップページ | デイリーウメダス17年目に突入 »

テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大戸屋の「豚の生姜焼き定食」 | トップページ | デイリーウメダス17年目に突入 »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告