2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« ガストもタッチパネル式になりました | トップページ | 幸楽苑の中華そば 大盛 »

2020年8月13日 (木)

コロナ禍で手話(通訳)をどう上達させるか

コロナ禍で新しい生活様式を送る中、手話、また手話通訳の技術をどう向上させるか…簡単に言うとどうやって勉強するかが問題になっています。いつも人に勧めている「ろう者と会って」というのがカンタンにはできなくなっており、手話講座やサークル活動もなかなかうまいことできなくなっていますよね。

基本的に手話は本で覚えるものではないと思っていますが、まぁ独学の一環として1冊何かを持っておくのは良いと思います。ただ、辞書に載っている単語表現を妄信するのは止めていただきたいなぁ、と思います。もちろん、辞書に載っていることが間違いではないのですが、ろう者の中にはそうではない手話を使う方もたくさんいらっしゃいますし、形や動きも微妙に違うことだってありますしね。

あとは単語レベルではなく、短文でも良いので文章レベルでの学習をお願いしたいです。そういう意味では初心者の方なら
『DVDで楽しく学べる はじめて出会う手話』がお勧めです。ってか買ってください。初心者の方に勧めてください。お近くのろう協はもちろん本屋さんでの取り寄せや、実はAmazonでも買えたりします(基本在庫があるはずです)。
B0511cov_20200724160201

ウメこの本の作成に結構関わりまして、想いがあったりします。周りの方も頑張ってくれました。どうやったら分かりやすい内容になるかなど、結構大変でしたが、良い本になったと思います。まぁ裏方のウメの想いはどうでもいいんですが、手前味噌ですが初心者向けの手話学習本としてはコンパクトにまとまっていると思います。DVDも付いて動画でみられますしね(この動画のろう者の手話を手だけではない全身を是非見ていただきたい!それくらいこだわりがあります)

あとはネットですよね。今はネットにも手話動画や手話通訳動画がたくさんあります。ろう者が手軽に手話で発信できる時代というのは良いですよね。いろんな手話をみるのが勉強なのですが、やっぱり画面上だと奥行きがわかりにくい、という面があります。ですが、静止画よりは断然わかりやすいですし、奥行きとか言い出すともう実物しかない(いや、今の時代はVR手話学習とかしちゃうんでしょうか)ですよね。

どうしても自分だけの学習になりがちですが、ウメも何回かブログでいっていますが、聞こえて来たものを頭の中で手話にする、語源や由来はあまり考えない、あと単語にこだわりすぎない(翻訳というか、意味をつかむようにする)ことを日頃から心がけています。ただ、日常生活の中で「ろう者の手話を目にする」機会は、きこえる人に取って(手話学習者とは言え)あまりないですから、そこは能動的に動画を探したりするしかないのかもしれません。この辺りが初心者の方は難しいかも知れませんね。そういう意味で上の本はおすすめです(さらにプッシュ)。

今だとオンライン手話講座とかもあったりするんですかね。オンライン手話通訳講座とかやったら喜んでくれるのかしら。ウメが何かを教えるというわけではなく、お互いに研鑽し合うという意味で。まだまだ「集まる」というのは難しいですからね…。

« ガストもタッチパネル式になりました | トップページ | 幸楽苑の中華そば 大盛 »

手話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガストもタッチパネル式になりました | トップページ | 幸楽苑の中華そば 大盛 »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在:

Google広告