2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« ワイシャツ 5枚買い足しの巻 | トップページ | ディスカバリー山陰 その6 »

2019年1月17日 (木)

阪神・淡路大震災から24年

未曾有の被災者を出した阪神・淡路大震災から今日で24年が経ちました。都市の直下型地震として大きな被害を出しました。神戸には地震が来ない、なんて言われていましたが、今では日本のどこでも地震が起こる、そして南海トラフの地震への備えも叫ばれています。

地震が来ることは止められませんし、地球の活動から見たらちっぽけなのかも知れませんが、私たちへの生活への影響は計り知れません。2011年の東日本大震災はこれまでに無い津波、そして福島原発事故を引き起こし、昨年の北海道胆振東部地震ではブラックアウトという新しい災害も体験しました。

地震だけの話では無いですが、いつどこで何が起こるか分からない時代。過去の災害を忘れてはいけないことと、災害への備え、そして情報を得る手段を確保することは守らないといけないと思います。

災害時の情報は生死に関わることが多いですし、聴覚障害・視覚障害の人に伝わりにくいものになってしまう(平常時でも万全ではないので)ことがよくあります。障害者だけでなく、高齢者や病気の人に対してどう安全に避難させるか、自治体に頼るのではなく、自分や近所の人たちとどう助け合うのか、考えていかないといけないと思います。

昨年、2018年は災害が多く起きた年でしたが、「多い」の基準を変えていかないといけないかもしれません。災害の前に自分ができること、しなければいけないこと、そして「いざ」というときにできること…人間は無力なのかもしれませんが、一人一人が考えていかないといけませんね。

阪神・淡路大震災の日、ウメは中学3年生。被害はなかったですが本当に怖かったです。その気持ちを忘れないようにします。怖がる事って大事だと思います。

« ワイシャツ 5枚買い足しの巻 | トップページ | ディスカバリー山陰 その6 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワイシャツ 5枚買い足しの巻 | トップページ | ディスカバリー山陰 その6 »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告