2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« 枕チェンジ! ニトリのホテルスタイルまくら | トップページ | 丸八青果 ややリニューアル »

2018年10月 9日 (火)

差し支えなし(怒られたけど)

先日、頸肩腕検診に行ってきたんですよ。埼玉県の登録通訳者は年に2回検診を受けることになっておりまして、その1回目に行ってきたんです。

検診の機会が設けられているのはいいんですけど、なんだろう、医者の愛想が悪い。っていうか、ウメの場合、健康診断だとだいたい緊張して血圧が高くなるのですが、このときも案の定…。そしたら担当の人が異常に反応して「こんなんじゃだめです。検査を一部中止します。こんな血圧じゃできません」ってなぜか怒られました。いや、タッピングとか握力測定とかエキスパンダーとか普通にできますけど…。その後の医師の診察でも「何かやってるの?ダメだよこんなのじゃ…」とかなり愛想が悪くてちょっとイラッとしてしまいました。

同時期に睡眠時無呼吸症候群の診察でも血圧の高さについては指摘されていて、家で測ってみてダメだったら専門の医者を紹介しましょうと(穏やかに)言われていたのですが、同じことを指摘されるのでも言い方一つでこんなに受け取り方が変わるのだと実感。

確かに異常な数値なのはわかっているのですが、じゃあ簡単に降圧剤飲みます!という治療にもならないわけで、測るときに緊張する、という原因があるのにああいう言い方しなくても…と憤慨しております。

で、結果が「差し支えなし」。

検査中止したのになんで差し支えないんだろう…もうやだこの検査。「報告書の作成当事務作業も多いため」…って何だろう…。

で、今年から登録になったのになぜか昨年の結果が…あれ、と思って調べてみたら職場でやった検診結果でした。同じ病院なのはわかっていたのですが、しれっと情報共有されているのはいいんだろうかと疑問に…。

もう、怒ると血圧上がるじゃないの奥様!プンプン!ということで、通訳には問題無いそうなので適度に活動します。

« 枕チェンジ! ニトリのホテルスタイルまくら | トップページ | 丸八青果 ややリニューアル »

ウメのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 枕チェンジ! ニトリのホテルスタイルまくら | トップページ | 丸八青果 ややリニューアル »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

Google広告


手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング