2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« 全通研N-Action合宿inしずおか 前編 | トップページ | 今年もグランド・マザー・カレー »

2018年2月24日 (土)

全通研N-Action合宿inしずおか 後編

前編はただの静岡紹介になってしまいました。

Sizuchokyo

1日目の会場は「静岡県聴覚障害者協会」も入っている「シズウェル」で開催されました。ウメは総合司会。司会業が得意なウメにはぴったりな役どころございます。全国各地から35名程度が参加してくれました。

最初は全日本ろうあ連盟70周年記念ドキュメンタリー映画「段また段を成して」の監督をされた方の講演。ウメは1度映画(DVDでですが)を見たことがありましたが、全然知らなかった裏話を聞かせていただいて、とても面白かったです。

その後はグループディスカッション。ここは運営側の委員も一緒に参加して意見交換。委員としては進行のお手伝いをする役目だったのですがついうっかりしゃべりすぎるといういつものパターン。そして発表。

夜はホテルに移動して交流会。講師の方も来て下さってもうお喋り。久しぶりの人もいれば、それなりに会っている人もいますし、初対面の人もいて、でも皆志は同じなので楽しく交流ができました。交流会は12時過ぎまで続いたでしょうか…。

Sizuokasake

ここで話は1日前に戻るんですけど、金曜日にも交流会に参加していました。こちらは韓国のろう青年協会の皆さんが静岡に来られていたということで、ここの居酒屋で交流会。静岡って餃子に男と女があるんですね。静岡だけじゃないのかな?日本の手話、韓国の手話、国際手話が入り乱れる中、ウメは日本の手話しかできないので、結構圧倒されておりました。

Oden

名物静岡おでんはちゃんといただきましたよ。でも「さわやか」ハンバーグを食べる機会がなかったのが大変残念です。食べたかった…。

Dekopon

お土産でいただいたデコポン。韓国の名産品?なのかな。これをわざわざ箱で持ってきてくださったそうで…。「ザ!デコポン!」という感じがします。

時系列が一日戻りました。2日目は昨日紹介した「パルシェ」に移動して、全通研理事より「手話通訳ってどんなこと?」について、本音も交えた講演。N-Actionの皆さんは全員が手話通訳を目指しているわけではないのですが、組織の中で活動するためのヒントがたくさんちりばめられていました。

そして一番盛り上がったのが午後の「ディベート」です。自分の意見を言うだけ、ではなく、与えられたお題に対して賛成か反対かを指定して相手討論するもの。自分の気持ちを抑えて、決められた時間内に進める、相手に伝わるように発表をする、皆さん新鮮だったようです。

(ウメではない)進行役の委員がとても上手く進めてくれて良い企画となりました。

そして別れを惜しみながら解散。中身の濃い合宿になったと思います。総合司会は相変わらずよくしゃべるパターンだったのですが、なんだろう、同世代の集まりってこんなに楽しいんだな、と。同世代と言っても自分はもう経験も長い方になっていますが、やっぱり気軽に話せる機会は重要ですし、それを元に地元でもN-Action活動を盛り上げていければいいなぁと思っています。

とはいえ、ウメももう40間近。いつまでも若いグループにいられる訳じゃない(講師の名言「若さは永遠ではない」)ので、しっかりと組織でいろんな役割を担えるように今後も成長していきたいと思っています。

参加された皆様、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。ここで得た繋がりは大事にしていきたいと思います。

« 全通研N-Action合宿inしずおか 前編 | トップページ | 今年もグランド・マザー・カレー »

手話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 全通研N-Action合宿inしずおか 前編 | トップページ | 今年もグランド・マザー・カレー »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告