2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« 初1か月分の電気代(オール電化じゃないパターン) | トップページ | 【手話通訳】人生ではじめて、パーマをかけてみた。 ツーブロックパーマ »

2014年4月21日 (月)

JR京都線の併走

Heisou

職場から自宅へ帰るのはJR京都線。自分が乗っているのは普通電車京都行き。残念ながら新型の321系ではなく207系(オタクですみません)。

琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線は、草津駅~西明石駅までは複々線(同じ方向に2本ずつ線路がある)です。日本最長の複々線かな?これを最大限活用しています。写真は外側(列車線と言います)の線路を同じ京都方面に向かって走っているサンダーバード号です。

列車線を使うのは特急と貨物列車と最強の通勤電車「新快速」です。快速と普通電車は内側の電車線を使います。なので、駅で待避などをせず、併走して(まぁ追い抜かれたんですけど)運行することができるんです。

これが関西圏の鉄道では最大の強み。大阪~京都間ではJR・阪急・京阪、大阪~神戸間ではJR・阪急・阪神と、競合区間が多いですが、やはり速さとダイヤではJRにはかないません。ダイヤ通りに動けば、の話ですけどね汗

朝ラッシュ時は特急もあまり走っていないので、快速と新快速が同時発車、何て光景も見られます。というか、毎朝最寄り駅で電車を待っていると、同じタイミングで(京都駅を発車したであろう)快速電車(朝は京都を出ると長岡京・高槻の順に停車)、新快速電車が同時にホームを通過するので風がなかなか恐ろしいです。その後まったり普通電車がやってくるわけですね。

電車が併走するってなかなかない機会ですからね。うん、気持ちの良い瞬間です。

« 初1か月分の電気代(オール電化じゃないパターン) | トップページ | 【手話通訳】人生ではじめて、パーマをかけてみた。 ツーブロックパーマ »

好きなもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初1か月分の電気代(オール電化じゃないパターン) | トップページ | 【手話通訳】人生ではじめて、パーマをかけてみた。 ツーブロックパーマ »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告