2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« ジャニタレ露出 | トップページ | コミュニケーションに優劣なし »

2010年4月26日 (月)

メラビアンの法則

人との情報交換で伝わる情報の法則。

見た目・表情・しぐさ・視線→視覚情報=55%

声の質・速さ・大きさ・口調→聴覚情報=38%

言葉そのものの意味→言語情報=7%

という割合だそうです。

しかし、最近では「言語情報が7%ってことはないやろ~」ということで、この法則を否定する考え方が一般的。実際にメラビアンさんは「たぶん(Maybe)」という言葉だけを様々な声で録音し、被験者に聞かせる。また、表情の顔写真を見ながら「たぶん」の録音を聞かせる、といった実験で上記の割合をはじき出したとのことで、日常のコミュニケーションそのものに当てはまるものではない、としています。

この数字の割合はともかく、言語そのものの情報だけではなく、視覚情報や聴覚情報は重要な要素をもっているということですね。

手話の場合では、聴覚情報の代わりには、手話の大きさや速さ、テンポなどが当てはまるかと思います(正確かどうかは自信がないですが)。これも含めて上2つの割合が、93%まではいかなくても、結構重要な要素になるんですよね。

手話でのコミュニケーションをするとき、ろう者に比べて手話学習者・手話通訳者の場合は、これ(上2つ)が足りないケースが多いんじゃないかと思うんですよ。つまり言語的な情報は間違っていなくても、上2つの情報量が足りない=コミュニケーションが成立しにくい、と。手話の単語や文法にこだわりすぎるよりも(もちろん、間違っていないことが前提なのですが)、(ここで言う)視覚情報&聴覚情報の大切さも知っておきたい&忘れないでおきたいと、思うのでありました。

ろう者は本当にこの情報量が豊かですよね。見習いたいものです。

« ジャニタレ露出 | トップページ | コミュニケーションに優劣なし »

勉強します!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャニタレ露出 | トップページ | コミュニケーションに優劣なし »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告