2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« Google日本語入力 | トップページ | 【手話312】字幕をつけてみました »

2009年12月16日 (水)

ICOCAとPiTaPa連絡定期

ICOCAを発行しているJR西日本と、PiTaPaを発行しているスルッとKANSAI協議会が、それぞれのICカード乗車券の連携サービスを始めると発表しました。

その例が、2つの会社をまたがって連絡する定期券が、1枚のIC定期券で発券できるというもの。具体的にはJR西日本と京阪電車が、再来年から連絡IC定期券を発売するそうです。たとえば、京阪電車の枚方市駅から、京橋駅を経由してJR西日本の天王寺駅に行くとき、今までは磁気式の連絡定期券を発行するか、ICOCA・PiTaPaそれぞれの定期券を別に発行する必要がありましたが、それが1枚のICカードにできるそうです。

うん、これはかなり便利なサービスでございますねぇ。発表されたのは京阪電車だけですが、今後はほかの鉄道会社でもIC連絡定期券サービスが開始されるとのこと。関東やそのほか複数のICカードが発行されている地域では、連絡定期券って発行できるのでしょうか。

でも、せっかく使い捨てないICカードなのですから、本人を登録して障害者用のICカード(条件に応じて運賃が自動的に半額)になるもの、作りませんかねぇ。福岡ではそういうICカードがあるそうですし、関西でもスルッとKANSAIの磁気カードでは発売しているんです(リンク先は神戸市営地下鉄のページ)よ。

毎日乗ることもある電車なので、少しでも便利になってほしいですよね。

« Google日本語入力 | トップページ | 【手話312】字幕をつけてみました »

好きなもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Google日本語入力 | トップページ | 【手話312】字幕をつけてみました »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告