2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« まさか携帯を | トップページ | 開けっ放しが気になる »

2009年9月 2日 (水)

生き残るパタパタ

生き残るパタパタ
今ではめずらしくなってしまったパタパタ式の発車案内板。阪急の高槻市駅と茨木市駅にはまだ残っています(写真は高槻市駅です)。

ザ・ベストテンでもおなじみのこの方式は「フラップ方式」と言うそうで、黒地に白や色文字でかかれた板をくるくる回転させるもの。

昔はこれが主流でしたよね。見やすい、電気代があまりかからない、組み合わせでたくさんの情報を表示できる、などのメリットがあります。

今ではLED方式が主流になりましたが、パタパタ回転しながら行き先をお知らせしてくれるコイツは可愛げがあるヤツです。

« まさか携帯を | トップページ | 開けっ放しが気になる »

好きなもの」カテゴリの記事

コメント

新宿駅は確かに巨大なパタパタがありましたね。京急のパタパタが無くなる前に見に行かなきゃいけませんね。

懐かしいですね。

京王線新宿駅には大きなパタパタがあって、絶えず回っていました。
それも懐かしいですね。今はLED方式に変えましたが・・・・

都会のターミナルにはほとんど大きなパタパタがありましたね。

今は京急がまだパタパタ方式が残っているそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まさか携帯を | トップページ | 開けっ放しが気になる »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告