2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« これぞなにわのたこ焼き | トップページ | レノボとの出会い 第八章 »

2008年7月27日 (日)

現役103系に乗って

現役103系に乗って
大阪・天王寺と和歌山を結ぶ阪和線では、国鉄時代に作られた103系がまだまだ活躍しています。

4両編成と短いものの、内装などは新しくなって今でも元気に加速をしております。そんな103系に乗って、ウメは京都に帰るのでございますー。

途中で関空快速・紀州路快速、最新型車両223系に乗り換えますが。

« これぞなにわのたこ焼き | トップページ | レノボとの出会い 第八章 »

好きなもの」カテゴリの記事

コメント

>crayonさん
性能こそ劣りますが、内装は今の電車に見劣りしませんよ。JR西日本も結構古い電車を大事に使いますよね。

>BobYamaさん
近畿圏では阪和線の他に大阪環状線、奈良線でも活躍していますね。加速性能がそこそこなので駅間距離が短い路線に向いているのでしょう。それでも東海道線で走っていた頃は飛ばしていましたけどね、爆音で。

103系!

首都圏から103系が本当に無くなって今になって無性に乗りたくなりました。

特に今はもう無くなったけど武蔵野線の103系は6M2Tという強力編成なんで駅間が長いから結構かなり高速でとばしていて激しい揺れに騒音が懐かしいですね。

といえ、103系はもともと高速は不向きな設計たけど無理にとばしているんですね・・・・
常磐線快速もそうだったし。

語弊かも知れないけど、うんざりするほど乗ったボロ国鉄電車、今となっては骨董品?
首都圏で最後まで活躍したのは京葉線。
千葉支社はお下がりが好きらしく、新型電車の導入した路線から引き取ってるみたい。
今はなき山手線205系や中央201系を引き取り、103はついに淘汰。
千葉支社はボロばかり使ってるけど、電気代がかかるのでは。電気代として投資するよりも地球に優しいエコロジー電車が欲しいのにね。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これぞなにわのたこ焼き | トップページ | レノボとの出会い 第八章 »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告