2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« 週末のお買い物1 | トップページ | クーポンが »

2007年11月21日 (水)

「また」なのに

日本語の難しさというか複雑さを感じた何気ない一言ってありませんか?

最近友達としゃべっていて、「また遊びに来てなー」という話になりました。でもその人の家に遊びに行ったことはありません。そのことを告げると「それはまた今度という意味やでー」とのお返事。その友達は関西圏に住んでいた人なのですが、この人以外にも京都に来てから何気なく「また」という言葉を使う人が多いような気がするんです。その「また」には「もう一度」という意味は含まれておらず、「近いうちに」という意味が主な感じ。

ウメは大阪出身とはいえ、関東に住んでいた時期が長いので、関西の独特の言い回しが理解できないのかもしれませんね。関西の方、こういう言い回しをすることがありますか?

« 週末のお買い物1 | トップページ | クーポンが »

勉強します!」カテゴリの記事

コメント

「また」を「もう一度」という意味ではなく、純粋に「今度」という意味だけで使うのにびっくりしたのでございます~。その辺はどうなんでしょうかねぇ。

 それは、話し相手との親密度とシチュエーションによりますねー。

 別れ際の「ほな、また。」→「それじゃ、今度会った時はよろしくね。」

 何か失敗した時の「またかいなー。」→「もう1回やってしまったのか。」


 こうやって文章にすると、関東の人が使ってるのとあまり変わらない気がしますが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 週末のお買い物1 | トップページ | クーポンが »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告