2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« いい夫婦の日 | トップページ | プラズマ案内 »

2007年11月22日 (木)

5ドアとトーマス

Image0161.jpg

関西の私鉄と言えば阪急電車のマルーンなのですが、最近ちょっと良い感じの電車が京阪電車。緑やオレンジ色の電車がカーブを颯爽と走る姿はなかなかイケているものでございます。阪急の高級感も良いのですが、こちらはどことなく庶民的。さらに大阪の淀屋橋から京都の出町柳まで、淀川の南側を走っているところなんかが萌えるポイントなんですよねぇ。

さて、こちらの写真は駅に止まっている電車です。ん?んなもん見れば分かるって?そりゃそうなのですが、電車が止まっているのにドアが開いていません。これは日本最初の5ドアの通勤型電車なのです。ラッシュ時以外は3つのドア以外は開閉させない仕組みです。そのため、開かないドアは他のドアと区別が出来るように色が塗られていません。さらに、ドアが開かない時間は、ドアの内側では上から座席が降りてくる仕組み。逆を言えばラッシュ時はドアが上に上がるという当時からしたら画期的な仕組み!今回は写真でお見せできないのが残念です。

Image0191.jpg

そしてこちらは機関車トーマスをあしらった車両。沿線のちびっ子たちに「トーマス電車」として親しまれています。この写真を撮ったときも、近くにいた小さなお子様が「あ、トーマスでんしゃだぁ」とお母さんにうれしそうに言っていました。ちなみに写っているのはトーマスではありません。でも名前は忘れました。全面にはトーマスの顔が描かれているそうなのですが、気づきませんでした。どうせならですね、電車の前面の形そのものをトーマスの顔にしてくれたら「京阪やるな!」と思ったりするのですが、さすがにそこまでのお金はありませんか・・・。

マルーン一色もいいですが、いろんなデザインがあるのも良いですね。

« いい夫婦の日 | トップページ | プラズマ案内 »

好きなもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いい夫婦の日 | トップページ | プラズマ案内 »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告