2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« スーパー焼きめし弁当 | トップページ | 京阪乗る人おけいはん »

2007年9月25日 (火)

フルセグ携帯

巷ではテレビが見られるワンセグケータイが大盛況。電気屋さんで売られているケータイの半分くらいはもうワンセグ携帯で、必要なくてもくっついてくるまでになってきましたよね。ウメのケータイ、912SHもワンセグを売りにした携帯です。

ワンセグといのはワンセグメントの略で、地上デジタル放送の1つのセグメントの部分を使って放送しているのでこう呼ばれているのですが、映像が1秒間に15フレームなので若干カクカクしているのが残念ですよね。動画の大きさは携帯電話の液晶くらいでちょうど良いと思うのですが…。もう少し広い帯域を使って「ツーセグ」にしてカクカクしないテレビの方が良かったような気がします。

さて、そんな中AQUOSケータイを販売しているシャープが「フルセグ携帯」を開発しているとの情報がありました。フルセグというのは、要するに地上デジタル放送そのものを受信できる携帯です。数年後の実用化に向けて研究開発をするそうですが、携帯電話の画面できれいな地上デジタル放送を受信できるのも遠い未来ではなさそうです。今でもカーナビなんかで地上デジタル放送とワンセグを両方受信できる機種もありますよね。

それにしてもケータイの進化はどこまで続くのでございましょうか。でもやっぱり電波があってのケータイでございますよね。

ワンセグとフルセグ 地上デジタル放送(地デジ)は、1チャンネル分の周波数帯域(6メガヘルツ帯)を「セグメント」と呼ばれる13のかたまりに分けた構造になっている。このうちの1セグメントを携帯電話など携帯端末向けに使う放送をワンセグ、残りの12セグメントで一般のテレビ向けにハイビジョン番組を流す放送をフルセグ(フルセグメント)と呼ぶ。

« スーパー焼きめし弁当 | トップページ | 京阪乗る人おけいはん »

携帯・スマホ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スーパー焼きめし弁当 | トップページ | 京阪乗る人おけいはん »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告