2021年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« ちょっと息抜き | トップページ | 後輩の発表会 »

2007年2月26日 (月)

アカデミー残念

ハリウッド映画「バベル」で聴覚障害を持つ女子高校生を演じた日本人女優の菊池凛子さんが、惜しくもアカデミー賞の助演女優賞を逃してしまいました。ノミネートされたことだけでもすごいことですので、受賞できなかったからと言って彼女の評価がどうなるものでもないと思うのですが、日本でも余り有名ではなかった女優さんが一気にブレークですね。

このバベル、菊池さんの他にもろう者がたくさん出演しているようです。先日手話ブログで話しましたように日本語音声に字幕が付いていないという問題もありますが、ろう者のことをより広く知ってもらう良い機会だと思います。

それにしてもアカデミー賞がすごいのはわかるのですが、どのくらいすごいのでしょうか・・・。映画を知っている人ならともかく、どのくらいすごいのかわかりません・・・。ウメがわかりやすい世界で例えるのなら「世界家電大賞!もっとも使いやすい家電はコレだ!」とか「もっとも美しい手話をするのはこの人!」を全世界で審査するって感じでしょうか・・・。(余計わかりにくい。)

「バベル」は4月28日公開です。普段映画を見ないウメでもちょっと見たいなぁと思っています。

バベルと言えばバベルの塔・・・。実現不可能な計画のことを伝説に例えて「バベルの塔」というそうですね。ウメの手話通訳士取得3年計画はバベルの塔になりつつあるのでしょうか、それともミラクルは起きるのでしょうか・・・。

« ちょっと息抜き | トップページ | 後輩の発表会 »

ニュース・時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっと息抜き | トップページ | 後輩の発表会 »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告