2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« 酒が止まらない? | トップページ | 携帯からでもmixi »

2006年11月 8日 (水)

【手話092】新聞の役割

再生されない方はこちら

ダウンロードはコチラを右クリック

メディアが氾濫する時代だからこそ独自性を高めていかなければいけないんですよね。難しい・・・。
(4分47秒)

« 酒が止まらない? | トップページ | 携帯からでもmixi »

手話動画(~190)」カテゴリの記事

コメント

>犬さん
そうですね、新聞ならではのメリットを生かすように頑張らなければいけないですよね。
マンガなど娯楽的な記事で楽しくじっくり情報を得られるもの、なおかつちょこっと難しい情報も・・・まずは記者自身の勉強が必要ですね。

今は情報が氾濫していていかに正しい情報を得られるか、それが問題になっています。
新聞のよさは正確さ。それと手元に置き見直せる利便性。与えられる情報なので勉強にもなりますよね。(自分で選ぶのと違って)

あと活用できる、ためになる所があるといいです。使える新しい手話古い手話とか手話表現を考えたくなる4こま漫画とか。
もし興味ある内容であれば難しくっても辞書片手に読むかも?
健聴なのにさしでがましかったらごめんなさい。


「新聞」なのである程度の文字は必要だと思うのですが、ろう者にわかりやすい文章を目指すにはどうするか…がポイントですよね。
難しい表現を使わず、なるべく平易な文章を作る…うーん。

うん、確かに・・・。
正直に言うと、日聴紙を読んで「この文章を理解する聴覚障害者って?」と思っていました。ウメさんがおっしゃる通り、文を簡単に理解しやすくする方法を考える。若しくは欄外に、理解が難しそうな表現の文章の部分に注釈を入れるなど(学生の時、古文なんかにありましたよね?)してみたらどうでしょう?
生意気ですみません。m(_)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 酒が止まらない? | トップページ | 携帯からでもmixi »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告