2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« 宅配ボックスの使い方 | トップページ | mixi株 »

2006年9月14日 (木)

【手話075】講習会だけでは・・・

再生されない方はこちら

ダウンロードはコチラを右クリック

勉強する!というのではなくて自然に覚えられるのが一番良いのですが、それがなかなか。
(7分28秒)

« 宅配ボックスの使い方 | トップページ | mixi株 »

手話動画(~190)」カテゴリの記事

コメント

>めぐさん
鋭いご指摘、ありがとうございます。
実はあの手話は日本語から引用をしようと思ったのですが、見事に失敗をしてしまった例です。
意味をつかむのなら/だます/という手話が当てはまりますよね。
/ねずみ/を引用してしまったモノだから、/講/も引用してしまいました。引用するにも正しい技術がないとダメですよね。

めずみ講は・・・講演会の講・・という手話表現?あの組織は、組織だから、講演会の手話単語では??だと感じたよ
私なら・・・ねずみ+だまし組織・・・という手話表現です。

>めぐさん
そうですね、講習会はある種のきっかけかも知れませんね。
でも教わる手話と生の手話が違うこと、なかなか気づくのは難しいかも知れません。いや、「なんか違うなぁ」とは思っても、何がどう違うのかはわかりにくいです。

>叫びさん
そう思って通っている人は意外と少ないものですよ。
あとは登録通訳になるための条件にもなってたりしますし・・・。

>Rieさん
素晴らしい手話が見られるサイトはどんどん紹介しないと!ウメの手話なんて見るよりよっぽど勉強になります。
国リハではNA法です。それもかなり徹底していたと思います。最初の半年はほとんど先生の手話を見るだけでしたから。(簡単な質問に答えるくらいはありますけど)

わぉー
かごしま聾《手話》世界をPRしてくださり
ありがとうございます!
国リハでどんな風に手話を学んだか聞きたいな~
NA法でしょうけど

え?
手話の講習会って手話の人(手話学習者)が地元のろう協幹部に顔を覚えてもらうためのものもじゃないんですか? 

言語なんて生活の中でしか身に着くわけが(ry

講習会という発想は一般に、閃きやすいのです。
講習会を終了し、その後手話サークルに流れるという方法もあり。そこで生の手話とろうあ者に出会う。
習った手話との違いに気づく。気づかない人もいる。自分が教えていただいた手話は何だったのか・・・と。
生の語りを見て、本物の手話に目覚めるも良い。
多くのろうあ者の語りの中から、彼らを知るも良い。
ろうあ協会の存在・通研等を知り、目覚めて行くも良い。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宅配ボックスの使い方 | トップページ | mixi株 »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告