2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« 愛媛→京都 | トップページ | 松山の足 »

2006年8月 6日 (日)

/出来れば/と/出来るだけ/

「出来れば・・・して欲しいんです」

このような文章を通訳するとき(通訳に限らず手話で表現するとき)に「出来れば」の部分はどのように表現しますか?

/出来る/例/
/出来る/時/
/もし/出来る/例/
/一番/良い/場合/

などなどざっと思いついたでもいろいろな表現が考えられるのですが、ろう者に一番伝わりやすいのはどれなんでしょうか。ウメは今日ろう者と話すときに「/出来る/例/」とやったのが伝わりやすかったのかどうか。ちょっと疑問が残ります。

関連で、失敗例として「出来るだけ」という言葉を伝えるときに/出来る/だけ/とまさに日本語そのままでやってしまいました。まさに日本語そのままで「あちゃー」と思ったのですが、やってしまった後はどうしようもありません。

後になって「はて、どのように表現すればよいのだろう」と考えてみてもなかなか良い案が思い浮かびません。うーん、/出来れば/と/出来るだけ/・・・どのように表現すればいいのでしょうか。

« 愛媛→京都 | トップページ | 松山の足 »

手話」カテゴリの記事

コメント

叫びさん、そうですよね。
確かに前後関係も無しに単語だけを取り出すのはナンセンスなんですよね。
本当にきちんと翻訳をするなら全体の意味をつかむべし!でもこれが難しいです。

取材お疲れ様です

(数学的に言ってみれば)言語Aと言語Bとの変換の際に語句は1対1写像ではありませんよね。ですから単に(シュチュエーションや前後関係を論ぜずに)『できれば』の手話表現は?とか『できるだけ』の手話表現は?とかを論ずるのはナンセンスなのかもしれませんねー

>めぐさん
そうなんですよね。その辺を単語ではない部分で表現できるようにならないといけないと思います。言葉にこだわりすぎないほうが良いですよね。

>ちえぞうさん
久々ー、コメントありがとう!
オイラもろう者が普通にやるのをよくみかけます。良いのかなとも思いつつ、通じない場合はどうしよう、と思ったりもしつつ…。
とっさに日本語に反応してしまうクセ、相変わらず治っていません(^_^;)

久々のコメントです。お元気そうで、なにより。

さて、「できるだけ」という手話ですが、ろう者がふつうに

/できる/だけ/

と表現しているのを何度も見たことがあります。
だから、OKなのかなぁ?なんて思うけど。

どうなんでしょう…。

出きれば・・・できればという手話はしない。・・・欲しいの手話に。あまり力を入れずに欲しい、と表現します。
できるだけ・・・是非!の意味を込めてやります。耳に入った声の様子、トーンから判断もしますが・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛媛→京都 | トップページ | 松山の足 »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告