2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« 確かに似てる | トップページ | 手話を見ながらメモ »

2006年7月27日 (木)

食べれる

「食べれる」「見れる」「寝れる」・・・。

これらの言い方に違和感を覚える方はどれくらいいるでしょうか。そうです、ら抜き表現です。正しい日本語を使うのならばこれを覚えるのはキホン中のキホンですね。

可能の表現を表すとき、何に「ら」が入って何に「ら」が入らないのか。五段活用の動詞、例えば「踊る」。これは否定形にすると「踊らない」となり、「ない」の前が「ら」でア段になっています。これが五段活用です。この動詞は可能の形にしても「ら」は入れません。

一方最初に紹介した動詞を否定形にしてみると「食べない」「見ない」「寝ない」となり、「ない」の前がイ段だったりエ段だったりします。これらの動詞を可能の形にするには「ら」が必要なんです。本来は。

でもら抜き言葉ってかなり広まっていますよね。テレビでもNHKはともかく、民放に出ているタレントさんやアナウンサーには蔓延しています。

それだけならまだ良いのですが、気になるのは最近多用されているテレビのテロップ。しゃべっている人は「食べれる」などら抜き言葉で言っているのにテロップでは「食べられる」と勝手に直されているんです。

そりゃー正しく表現するのは良いことなんでしょうけど、なんか違和感を覚えるんです。どうでしょう?これ。

« 確かに似てる | トップページ | 手話を見ながらメモ »

勉強します!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 確かに似てる | トップページ | 手話を見ながらメモ »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告