2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« 来たれ絶好調 | トップページ | なぜこの選曲? »

2006年7月20日 (木)

引用部分はメリハリを

手話で会話をするときや通訳をするときなど、話の中に日本語を引用するときがあります。固有名詞などが多いですね。

そのような時に「今から引用するぞ」というマークをいれて、口形をはっきりつけて手話(指文字の時もありますね)をゆっくりと表現する、これがなかなかうまくいきません。

表現に困ってしまって仕方なく日本語が乗っかった手話(うまい表現が出来ませんが)になって、伝わらないことが多いです。自分でもだめだなぁと思います。

日本語から手話への翻訳がきちっと出来れば、引用を少なくすることが出来ますよね。引用が悪いというわけではなく、うまーく手話の話の流れの中に挿入することが出来ればいいのですが、それができないとろう者にとっては突然日本語が出てきて「なんだこりゃっ」ってことになるのかなぁと。

会話の中でも言語の橋渡しをうまーく、うまーくして伝える必要があるんですねぇ。

« 来たれ絶好調 | トップページ | なぜこの選曲? »

手話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 来たれ絶好調 | トップページ | なぜこの選曲? »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告