2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« 鳥よ、鳥よ、鳥たちよ | トップページ | ビール臭い »

2005年12月10日 (土)

リズムが一定

手話を表すときに気をつけていないとメリハリのない手話になってしまうことはこのブログでもお伝えした。
メリハリのなさにはいろいろな要因があるそうなのだが、その一つにリズムが一定過ぎるというのがある。
見ていると眠くなるそうだ。

重要でないところは速く軽く、重要なところはゆっくり力をいれて表すとメリハリのある手話になるそうだ。
と言われても、たとえば棒読みの日本語を通訳するときはどうすればいいんだろう?
手話にも棒読みならぬ棒出し?(なんだかいやらしぃ〜)があるのだろうか。
少なくても学校にいるろう者の先生を見ている限りではないなぁと思う。
ウメを含む学習者の手話にはよく見かけるけど…。

« 鳥よ、鳥よ、鳥たちよ | トップページ | ビール臭い »

手話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥よ、鳥よ、鳥たちよ | トップページ | ビール臭い »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告