2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« 寄付なのに | トップページ | パルメザン »

2005年11月 1日 (火)

語りをひきつける

ウメの読み取り通訳はどうしても手話に引っ張られてしまう傾向がある。今日の授業ではできるだけ見たものをそのままストレートに訳そうとしてみた。

そうすると、手話独特の話し方までそのまま出してしまうのだ。それ以外にも、CLで図像的に表現された「テーブルの上に敷く布」がどんな名前だったかが気になってしまい、通訳に集中できなかった。そのあたりの反応がウメは過剰なのだそうだ。

確かに、自分でも通訳の話し方ではないとは思うのだが、通訳中はなかなかうまくはいかない。ついつい自分が出てしまう。

先生いわく「もっと日本語にひきつけて語らないとダメだね。」

確かに。でもどうやったら日本語の世界にひきつけられるのでしょうか。

« 寄付なのに | トップページ | パルメザン »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寄付なのに | トップページ | パルメザン »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告