2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウメダス内検索

  • ウメダス内検索

« モナーのビーチバレー | トップページ | また揺れた~ »

2005年10月19日 (水)

一歩間違うと

手話の形には同じようで違うものがたくさんある。私たち手話学習者にとって、その形を間違ったりしてしまうと、一気に意味が変わってしまう。

ウメのことではないので申し訳ないのですが、とある授業で/真似をする/とやりたかったものが、/バカ/の手の形になっているものがありました。見た瞬間、先生が「/バカ/って・・・。」と。

ウメにも/バカ/に見えてしまいました。でも本人としては/真似をする/とやっていたのです。わざと間違えるわけではありません。

ウメもこのような間違い(音韻のエラー)をよくやってしまう。ウメの場合は先生に「なんか違うなあ。」と言われることが多い。「なんか」って何ですか?そんな微妙な間違いをしているのですか?ウメは・・・。

« モナーのビーチバレー | トップページ | また揺れた~ »

手話」カテゴリの記事

コメント

このテンプレートのテーマはズバリ「将軍サンバ」だそうです。
ちょっと派手かとは思いましたが、たまにはこんなのも良いかなーなんて思いました。

「なんか違う。」最近よく言われます。
なるほど、イントネーションの違いですねー。
なかなかどう違うか説明しづらいのはわかりますけどね。

あれれ、さっき来た時と雰囲気がガラッと違いますね。

そうそう「なんか違う」。
これ、ありますね。
私も。

ビミョーな違い。
これは、地方に行ったりすると顕著です。
音声会話で言えば、イントネーションの違いに相当するかも。

でも、先生も「なんか違う」ではなくて、ここが違うと言って欲しいですね。
プロには説明責任がありますからね。
ウメさんも、お金払って勉強しているのでしょから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モナーのビーチバレー | トップページ | また揺れた~ »

ウメダス広告

  • 01.ウメダス商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.おすすめの旅館

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

Google広告