2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー「通訳あれこれ」の記事

2019年4月23日 (火)

手話通訳士試験 値上げ

第31回手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)の試験概要が公開されています。ちゃんと新元号で案内されているんですね。10月5日(土)、6日(日)の連続2日間で開催されます。場所はいつもの通り東京・大阪・熊本。5月10日(金)から6月15日(土)までが受付期間です。

驚いたのが2点。

まず受験料が値上げ。今までの18,000円でも高い!と思っていたのになんと21,600円になります。資格を取っても仕事が保障されるわけではないタイプの資格試験でこんなに高い受験料ってあるのでしょうか…っていうか2万円も何に使っているのか、前に18,000円×3回お布施(2回落ちたということ)した立場からも疑問。学科免除の人はその分安くなるわけでもないんですよね…。

そして
「実技試験解説DVD(第 30 回試験「模範解答例」付き)」を、受験申込者全員に無償で配付いたします。

あら、過去問・模範解答例を配っちゃうんですね。これが値上げの原因なのかもしれませんが…それってどうなんでしょうか。合格者を増やしたいという思いなのかどうかですが、質を下げる原因にはならないでしょうか。どんな資格もそうだと思いますが、試験対策だけのために勉強してもそれが生きることは少ないんですよね。

しっかり技術や知識を身につけたうえで、試験対策をして合格したなら通訳として活躍しやすいですけど、試験のためだけの勉強をしてもその後、活躍できるかどうかは微妙だと思うんです。まぁ受験者に対するサービス、というのならいいんですけど…。今は手話通訳士は約3,500人程度。それでも足りないですし、これから活動を辞める方も増えてくるでしょう。今後手話通訳、その中でも高度な技術が求められるものが増えてきます。手話通訳士を増やすことも大事ですが、質の確保、技術の研鑽の場、そして資格保有者が通訳として働ける場の提供も考えてほしい…自分たちも考えていかなければいけないことですね。

今年度受験される皆さん、頑張って下さいね!

2019年4月 4日 (木)

議案書を読んで思う

Giansho

全通研の議案書が届きました。

2019年度の代議員会は神戸で行われるんですね。以前住んでいたところに近い~ですが、ウメは代議員ではないので参加はいたしません。

まだ隅々まで読んだ訳ではないですが、会員の年齢層・男女比のところを見て驚き。

詳しい数字を出すのは控えますが、男女比は15:85くらい。30代までの会員は1割強なのでございます。全数調査ではないのですが、やっぱりまだ若い人・男性の会員が少ないのだなぁと思うわけであります。悪いわけじゃないんですけど、これだけの偏りがあるというのは少し考えなければいけないなぁと。会員が全員手話通訳者という訳ではないでしょうけど、これが通訳者の年齢・男女比分布に近いものがあるので、やっぱり若い・男性の会員・手話通訳者を増やしていかないといけないんですよね。

ウメは今年40になるので、とうとう40代ということで、若いとは到底言えなくなったのですが、自分よりも若くてフレッシュな手話通訳者、そして会員さんを増やす活動→N-Actionの応援は続けていきたいな、と思っています。

ホント、この問題は真剣に考えないといけないなぁと思うのですが、皆さんはどうお考えでしょうか。

2019年2月19日 (火)

手話通訳試験 今年も厳しめ

少し前の話になりますが、「手話通訳士試験」の合格発表が1月31日(木)にありました。

1,105名受験、合格者108名、合格率9.8%という狭き門です。まぁ合格率が低いこと自体は通訳士資格の質を守る意味でもさほど問題だとは思っていないのですが、問題は男女比率と年齢。

もちろん、年配の方や女性のことを否定するつもりはありませんが、通訳という資格である以上、専門性が求められますし職業として確立させるためにどうするか、という状況でこの偏りはどうかとは思っています。問題は手話通訳士を持っていてもそれだけで生活ができないということなんですよね。

合格者のデータに戻ります。
108名中、男性6名・・・6名!!!(つまり女性は102名)。こんなに男女比に偏りがあるのはどうなのでしょうか。もちろん受験者の母数が違うでしょうし、男性だからといって優遇される訳にはいかないのですが、手話通訳を目指す男性が少ない、ということでしょうね・・・。

そして年齢別。
20代・・・13名、30代・・・13名、40代・・・38名、50代・・・36名、60代以上・・・8名。合格者平均年齢が46歳です・・・。うーん、高すぎる。もちろん、手話通訳士資格を取ったからといってすぐに第一線という方ばかりではないと思いますし、年配の方がダメということではないのですが、やはり30代までの合格者が少なすぎます。合格してから10年以上経つウメでも平均年齢より大分下というのはどうなんだろうか、と。

そして合格者の地域分布。岩手・山形・茨城・富山・石川・長野・岐阜・三重・滋賀・鳥取・広島・山口・徳島・高知・鹿児島では合格者は0。多いのは東京の26名を筆頭に大阪、埼玉と続きます。

手話通訳のニーズがさらに多くなっていく中、この状況は正直かなり厳しいのではないかと思います。そして手話通訳士自身も合格して終わりではなく、技術を磨いていかないといけないですし、今登録している方でも実質活動していない方もいらっしゃいますよね。これでは手話通訳の身分保障を!というのもなかなか難しいのでは・・・。

かといって資格のレベルを下げるのには反対ですし、やはりしっかり”養成”に力を入れないといけないと思うんです。そのためには様々な面で「手話通訳士になりたい!」と思ってもらえる環境作りと普及啓発をしていかないといけないです。ろう者とだけでなく手話通訳士当事者も頑張らないといけないですね。

通訳士に合格した皆様!一緒に頑張りましょう!

2019年2月 6日 (水)

最近通訳ネタが少なくてすいません

一応手話通訳者のブログを謳っているのに、全然手話や手話通訳のネタがありませんで、申し訳ないです。それを期待して見ていただいている方もいらっしゃいますよね。

最近は仕事がバタバタしていることもあり、なかなか通訳活動ができていません。その辺りは申し訳ないなぁと思いつつ、やっぱり自分の体調を優先させてもらっています。行けるときは行っていくんですけどね~なかなか。

正月休みの時にあまり手話をしなかったら仕事の時に手話が読み取りにくかったり手が動きにくかったり、こういう自分の技術の衰えというか、そういうのに敏感になりました。そういう意味で京都で手話じゃない仕事に就いていた3年間というのは手話通訳生活にとっては大分影響があったのかなぁと思います。

ウメは(行きすぎなのは困りますが)仕事も含めて手話漬け(手話に関わる)の方が良いのかなぁと思っています。自分には手話・手話通訳しかないんだなぁ…と。自分の力がどのくらいなのか、どのくらい役に立つのか分かりませんが、無理のない範囲で活動を続けていきたいと改めて思います。

やっぱり何だかんだで手話通訳が好きなんですよね。それは自己満足ではだめで、キチンとコミュニケーションの橋渡しができる、というのはやりがいがある仕事ですし、それでお互いが通じ合う手助けになるのであればずっと続けたいと思っています。

日々精進を続けながら…というところでしょうか。

2018年12月20日 (木)

ラジオで手話通訳の練習

前にも書いたネタかもしれません。

ウメが最近聞いているのは埼玉のFM、NACK5ですが、それ以外にもラジオメディアって最近、radikoの普及もあって結構復活してきているんですよね。テレビと違って”ながら聞き”ができる、そして全ての情報が音声から入ってきます。

ろう者にはラジオの感覚がお伝えできないのが申し訳ないのですが、基本的にDJさんが話したり音楽をかけたり、あとはリスナーからのメールなどを読むのが基本の構成になっていて、どちらかといえばテレビより距離が近い気がします。

で、ウメも家にいる時や出かける時はradikoでラジオ(NACK5がほとんどです)を聞いているのですが、DJさんの進行やゲストとの会話、交通情報やニュース、お天気、コマーシャルなどを聞きながら手話通訳をしています。とはいえ本格的に手を動かしている訳ではなく、頭の中で考えたり片手だけを軽く動かしたり。

脳を軽く「通訳モード」にするのがポイントです。本気でやりすぎず、手を抜きすぎず…あんまりやると疲れちゃいますね。情報が全て音声なので「それ」とか「画面の通り」とかそういうのがないのでやりやすいんですよね。さらに適度なスピード感があるので(出来る範囲で)やるのが通訳の練習にちょうど良いんです。”ながら練習”ですね。

いつでも、という訳にはいかないですが、できるだけ手話通訳の技術を研鑽するのは大事ですよね。まぁ今回は聞き取りばかりになりますが、日常生活の中でちらっと練習をするのがいいのかなと思ってやっております。

技術はまだまだ伸びしろがあるということで…。

2018年9月23日 (日)

スーツでの表現通訳

ご覧になった方もいるかもしれませんが、先日ちょっとしたイベントの通訳をさせていただきました。スーツをバシッと着ての表現通訳。

しかーし、スーツのジャケットがなんだかパンパンになっていました…スーツが縮んだ…訳はないですので、やっぱりウメは太っているんですよね。なんとかボタンは止められるのですが、結構パッツンパッツンで手話をするとはち切れるかどうか気になる感じ…。

あぁ、同じサイズでずっとスーツを作ってきているので、これはまずい。数着のスーツが無駄になってしまうので本格的に痩せないといけないと実感いたしました。でも肩周りが窮屈に感じたのですが、肩にも肉が付いたということなんでしょうか…筋肉…じゃないですよねぇ~。

さて、通訳ですが、それなりに難しい内容を200人くらいの前で表現。しっかり伝えようと気合いを入れました。そしたら「ウメの普段の手話とは違う」という(お褒め?)言葉をいただいたり、ちゃんとできてたよ~なんておっしゃっていただいたりして、とりあえず役目は果たせたかな、と思います。

しかし反省点も。自分は手話の表現が早いらしく(実感もしている)、話し手の話す速度がゆっくりめだったりすると先に表現が終わりそうになったり、文章と文章の間に間が空いたりしてしまうのです。そこでウメは手を下ろしてしまう…。それが文章の切れ目ならいいんですけど、そうではなかった場合は話し手の「。」じゃない時に「。」が入ったような感じに見えるみたいで、慌てて手話を表現しなくても(慌てているつもりはないのですが)、もう少し余裕を持ってゆっくりと表現をしないといけないと思います。

あとは手話のメリハリですね。今回は気を付けたつもりですが、つい文末の手の動きがごちゃごちゃになってしまったり、同じ単語を表出したりしてしまうことがあります。これは自分でも分かっているんですけど、なかなかなおりません…。

通訳中、アクシデントが1回あったのですが、そこの対応は一応何とか対処できたと思います。アクシデントというのは、通訳の元となるイヤホンが外れてしまい、付けるのに時間がかかるということだったのですが、自分が慌ててしまうと檀上でかなり目立ってしまいますので、落ち着いてイヤホンを付け直し、聞き漏らした部分を補足・要約し表現し直しました。本当は外れることがないようにしないといけなかったのですが…。

そして専門用語の表出の仕方。時にはそのまま出さないといけないこともありますが、一般の人に分かるように翻訳したり補足を付けたりすることもあります。そのバランスは今回の通訳だけではなく常に気を使っています。通訳が勝手に専門用語を変えることは良くないですが、伝わらなければ意味が無い…最初だけ並列で表現して、あとは翻訳した表現にする、などいろいろ試行錯誤しました。そもそもその用語の意味をちゃんとつかんでいないといけませんしね。

通訳現場は本当に勉強になります。自分の勉強のためにやっているわけではないのは百も承知で、1つ1つが大事な情報保障なのですが、自分も日々自己研鑽をしていかなければいけないなぁ、よりよい通訳を提供する技術を高めていきたいと思いました。

2018年9月18日 (火)

通訳の反省点

ウメの手話通訳でいつも指摘される反省点が2つ。まぁ2つだけじゃなくいろいろあるのですが、自分でも直したいところ。

まず聞き取り通訳ですが、聞き溜めがあまりできずすぐに表出してしまうところはまぁ課題は課題なのですが、表現にメリハリを付けようと力が入る余り、手が当たる音が大きいらしいのです。例えば「方法」とか「決める」という手話を思いっきりやってしまうことがあるらしく、ペチペチ音がなるんですよね。気を付けて寸止め?的にやろうとするのですが、気がつくとやってしまっているらしいです…。

そして読み取りの時は、「えー」とか「まぁ~」という余計な間をつなぐノイズの言葉が多いということ。これを友好的に活用できる場合もあるのですが、ウメの場合ちょっと多い(話者が言っていない時でもやってしまうことがある)ということで、これも直さないといけないなぁとおもっています。

ここ最近通訳をするようにもなって、現場にも出ることもあり、いろいろ思うところがあります。自分の手話通訳でどれだけ伝わっているか、情報が漏れていないか、自己満足になっていないか、そして周りにノイズを出していないか…自分はどちらかと言えばスマートな通訳ではない方なので、表情は出やすいのですが、その辺りをもうちょっとシュッとできないかどうか、模索しています。

通訳と言ってもいろんな現場があって、その状況・環境、そして対象者に合わせて手話や行動を分けなければいけません。自分では分かっているつもりでも、まだまだ「自分」が出てしまうところは反省しないといけないと思っています。手話歴20年、通訳歴12年になりますが、まだまだ自己研鑽をしていかないと、ホント通訳として成長できませんしね。

それと同時にまぁモヤモヤもかかえることもあり、その辺りも解決できていければと思っています。自分が全部正しい!というつもりはないのですが、それがろう者のためになっているか、ニーズに合っているか…そこを最優先に行動をしていけたらな、と。そして「手話通訳」という専門的業務の認知・啓発にも努めていきたいと思っています。

道はまだ遠いですけどね…。

2018年9月15日 (土)

遅れてきた全通研集会in沖縄 ウメ的報告(7)

沖縄とは直接関係ないですが、色々あったこともご報告。

先日から書いている通り、全通研N-Action委員会は5月の代議員会をもって卒業したのですが、素敵な思い出がありました。

Yosegaki1

Yosegaki2

第2期をやってきたメンバー、そして新メンバーから寄せ書きをいただきました。ウメのイラストつき(描いたのはあのお方)。ちょっと悪人っぽいのは納得いかない(笑)ですが、でも似ている…。

暖かなメッセージがたくさん書いてあって、本当に嬉しかったです。いい仲間ができました。

Miyage1

沖縄土産です。定番のちんすこうや紫芋タルト的なものは避けて、島唐辛子せんべいと雪塩らすくにしてみました。

Miyage2

あと頼まれもので、「空手」という泡盛を買ってこいと脅された(笑)ので、ちゃんと買ってきました。国際通りのお店で最後の1本でした。その人曰く、「うまかったっす」だそうです。

Makaronnara

書籍コーナーで売っていた来年の奈良集会グッズ「マカロン付せん」です。3個1,000円です。このマカロン付せん、かわいいだけでなく、粘着力と大きさが良い感じで、使いやすいんですよ。なので2セット購入しました。色は4色。かわいい~。

というわけで、沖縄集会関係の記事はこれで終わりにします。長々とご覧いただきありがとうございました。来年は奈良集会でお会いしましょう!

2018年9月14日 (金)

遅れてきた全通研集会in沖縄 ウメ的報告(6)

Heikai1

閉会集会です。石野理事長の挨拶。またかりゆしが違ってオサレ。

Heikai2

こちらは全通研の渡辺会長です。

Heikai3

子ども企画の発表。エイサーを練習して発表してくれました。子ども…純粋でいいですね。ウメにもそんな時代があった…。

Heikai4

来年は奈良県での開催。実行委員長が頑張ってアピールしています。奈良なら行きやすい!シカともふれあえるそうです。

Heikai5

感動したのが沖縄実行委員長の挨拶。少ない人数で準備期間、頑張ってこられたんだなぁと実感する挨拶でした。通訳は九州ブロック、要員は離島の方々も集まって皆で作り上げた集会です。本当にお疲れ様でした。

Bokin1

聴覚障害者災害救援基金」のお願いもしていました。大阪北部地震・西日本豪雨など、災害が続いていますからね…たくさんの善意が集まったようです。ありがたい限りです。ウメも少ないですが協力させて頂きました。

Kokusai3

そしてまたN-Actionのメンバーと国際通りへ。お昼ご飯を食べよう!のコーナーです。昼の国際通りも沖縄っぽくていいですね。天気予報では雨かもという話だったのですが、3日間良い天気でした。

そして入ったのが…

Takosuset

タコスの有名店、「チャーリー多幸寿 国際通り店」に入ることに。タコスとタコライスのセットでアメリカンな沖縄フードも満喫いたしました。タコライスは兵庫時代に結構食べていましたが(そのお店はもうないみたいです…)、タコスはもしかしたら初めてかも。ボリュームもあって美味しかった!

Nahakuukou1

渋滞を恐れて早々にレンタカーを返却し、那覇空港へ。この時点でフライトまで4時間あります。さすがに早すぎた。暇。

Nahakuukou2

那覇空港の自販機。さんぴん茶があるのとバヤリースが豊富。シークヮーサー味を買いました。うまし。

Nahakuukou3

3階待合フロア。ここでボーッとしていました。

Nahakuukou4

夕暮れの飛行機もええもんですね。

ちなみに空港でお土産を買ったら、知り合いに会いましてお茶をすることに。そこで宮古島から要員に来ていただいていたという夫婦とも話すことができました。新婚1年目、仲よさそうなご夫婦。こういう出会いがあるのも集会のいいところですね。お疲れ様です。今度宮古島に行ったときはお世話になります!

Bayarisu

さっき説明したのがコレでございます。沖縄限定!感が溢れていますね。

そして飛行機に乗り、羽田に21時45分に到着。リムジンバスで帰ろう~と思ったら、時間が合わず、仕方なく京急→山手線→副都心線で帰宅いたしました。重い荷物の時は電車は大変ですね…。

無事に集会は終わったのでございます。参加された皆様、実行委員会の皆様、本当にお疲れ様でした。いつも結局「集会っていいなぁ」っていう結論しか残らないのですが、それでいいんです。それが楽しみなので。

ちなみに記事はもう1回続きます…。

2018年9月13日 (木)

遅れてきた全通研集会in沖縄 ウメ的報告(5)

N-Actionのつどい。今年は何と51名も参加。集会全体の参加人数から比べたらすごいですよね。

Tudoi1

全日本ろうあ連盟青年部長 吉田さんの挨拶。今年から青年部長なのですが、挨拶が彼らしくてユーモアたっぷりですね。沖縄の海でお互いにキャッキャッと水をかけ合える関係作りをしましょう~と。

Tudoi2

第3期N-Action委員の紹介。全員ではないのですが、フレッシュなメンバーになりました。応援しますよ!いろんな圧力に負けずに頑張れ!(何の圧力なのか…)

メインイベントはグループディスカッション。N-Action活動をして良かったこと大変なこと。あと青年部との関わりについてグループに分かれて討論、発表です。時間が30分しかなくて大変だったのですが、皆さんいろいろ思いがあるんだなぁと。全国の若者、がんばって欲しいです。ウメで良ければ応援します!

Umehappyou2

ウメ通訳で登場です。あぁ姿勢が悪い。しっかりウメのことを写真撮ってくれる人がいてありがたい限りでございます。

Tudoi3

そしてN-Actionの旗ができたので紹介!かっこいい!オシャンティ~!

いつもの通りバタバタと集合写真を撮影して終了。今回は公式な交流会が会場の関係で無し。ウメは別の交流会に参りました。

Daigaku7

会場を後にする時、サークル?でしょうか。エイサーの練習をしていました。なんか沖縄っぽい!

Bunkakai8

分科会2日目はN-Actionから離れて「どんな学習会をしたいか」「何を学びたいか」というグループ討議。学びたいことはたくさんあるんですよね。3グループからいろんな意見が出されました。ウメのグループの発表をされている方です。皆さん本当に真面目。

そして分科会は無事終了したわけでございます。

より以前の記事一覧

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: