2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー「パソコン」の記事

2020年4月 9日 (木)

このCPUの説明はちょっと…

某電気屋さん(パソコン専門ではない)のパソコンコーナーにあったパソコンに搭載されているCPUの説明ボードが気になりました。

Cpusetumei

パソコンのCPUの選び方目安ですが、なんだろう、ちょっと高い物を買わせようと誘導しているような気がします。

パソコンでやる作業を「ハイビジョン視聴・編集」(←ハイビジョンの何だ)、「ソフトの起動」(←バックリだな)、「オフィス動作」(←ソフトの起動と何が違うのか)、「複数同時作業」(←なんの作業だ)、「インターネット閲覧」(←それCPUあんまり関係ない)、「音楽・写真取り込み変換」(←これも幅広いな)と6つに分けています。

分け方の定義もどうかとは思いますが、問題はCPU。2コアのCeleronがほとんど×か△。ってか×って書いちゃダメでしょ。Celeronの商品も売っているんですから。そもそも、上記に書いてある作業でCPUパワーが要求されるものはそんなになく、ほとんどはストレージ(HDDかSSD)の種類か、とメモリがどれくらい搭載されているかが重要で、ぶっちゃけCPUは上に書いてあるような作業はCeleronでも普通に動きます。

で急に第7世代とか第8世代とか書かれてありますが、その違いの説明もなく…ウメは第3世代のCore i3を実家のパソコンに使っていますが、上記全ての作業がスムーズに動きます(SSDに換装、メモリを増設しているからですが)。CPUが重要なのは動画編集やゲームをするときですね。まぁ4K動画を見るということならそれなりのCPUパワーが必要でしょうけど、このボードに従うと無駄に高いものを買わされて、本当に必要なスペックで選べないんですよ。

と、突っ込みまくりましたが、そりゃ最上位は全て花丸になるんですけど…高いんですよ…。絶対にそんなに良い最新Core i7はほとんどの人がいらないと思います。ウメのメインのデスクトップですら第8世代のCore i5です(区分でいうと上から2番目)が、CPUパワーを全部使うことは動画編集もしないのでほとんどありません。

まぁ確かにCPUの交換はできないので、良い物を選んだ方が良いのですが、オーバースペックにしてもなぁと思うわけであります。個人的には普通に使うにはCore i3で十分です。

2020年2月24日 (月)

結局「一太郎2020」買ってません

Imgheaderinfomain_20200210142101

2月7日(金)に発売されたJustSystemsの最新オフィスソフト「一太郎2020」ですが、結局買わずにここまで来ています。

ATOK自身は月額制(最近ではこういうのを「サブスクリプション」という)なので、最新版にアップデートしているのですが、それ以外のソフトは正直あまり使っていなかったんですよね。メールソフト「Shuriken」はかなり頻度が高いのですが、それのアップデートがなかった、というのと、今まで「プレミアム」として販売されていたいくつかのソフトを統合したものが「プラチナ」になって要らないソフトが付いてすんごく高くなったのが買わない都決めたポイントです。

2年連続でお布施していないので申し訳ないのですが、ATOKを月額にしたらよほどのことがない限りアップデートはいらないんじゃないかと思うんですよね。ATOK自身は最新バージョンになってさらに賢くなったような気がしますし、これは手放せないのですが、一太郎や花子をよく使うわけでも無いし2年前のバージョンで困るわけでもないし…ということで、早くShuriken(メールソフト)をアップデートしてください、ジャストシステムさん…。

2020年2月17日 (月)

いろんなYouTuberがいますね

ウメも手話動画でYouTubeをしていますが、収益化しておらず広告も入れていないのでまぁ趣味で動画を上げていますが、本業として、また副業としてYouTubeにいろんな動画を上げている人がいますよね。

皆さんはどんなYouTubeの動画を見ていますか?有名どころだとHIKAKINとかはじめしゃちょーとか東海オンエアとかフィッシャーズとかでしょうか…あとは最近芸能人もYouTuberを始める人が増えてきましたよね。あとはテレビ番組もスピンオフや過去の放送分をYouTubeで流したり、アーティストも最新曲・昔の曲もYouTubeで流したり…かなりのコンテンツになっている気がします。

ウメはYouTube Premiumに加入しているので、YouTubeをどれだけ見ても広告が入りませんし、バックグラウンド再生もできたりします(BGM的に聞けるのが便利)。

で、YouTuberってどんなタイプがいるのか考えてみました。あくまでウメが適当に考えてみた感じ。
・特技系…自分の特技を活かしたもの(ウメもこれに入るのかな)
・発想系…いろんなことを「やってみた」的なもの
・炎上系…毒舌やらへんな噂を流して興味を引くもの
・レビュー系…ガジェットや新製品をレビューをしているもの
・ネタ…発想系とにていますが、もう少し下らない的なもの
・趣味…自分の好きな趣味のものに特化したもの(ゲーム実況とか電車とか)
・ハウツーもの…何かの作り方とかやり方をおしえてくれるもの
・文字動画…文字スクロールやただBGMに載せて記事をのせているもの

とまぁいろんなものがありますよね。最近は大量にものを食べる動画とかASMR?でしたっけ?音がどうのこうのっていうのもありますよね。あとどうでもいいのがカップル系とかね…。

で、ウメはどんな動画を見ているのかというと
・レトロゲームの動画
・(最近はまった)四千頭身の動画(ここだけピンポイント)
・LINEのやり取りで嫁姑とか男女が揉めているヤツ
・ゲーム実況(マリオ系)
・ガジェット・スマホレビュー系
・電車の動画
・●●の音を弾いてみた系(ピアノ)
・ミュージックビデオ(結構昔の曲も含む)またはクオリティの高い歌ってみた

と、だいたいこんな感じですね。ちなみにYouTubeで他の人の手話動画はあまり見ないんです。あと上で名前を挙げた超有名どころYouTuberさんの動画はみないですね。一番人数が多いのはカズチャンネルさんか瀬戸弘司さんか、というところでしょうか。この2名はまだこれほど有名じゃなかった頃に手話通訳動画を(許可を得て)上げさせていただいた時期もありました。

ちょっと暇ができたときとかスマホでもパソコンでも(Chromebookでも)手軽に見られるYouTube、そしてお金を稼ぐ手段にもなったYouTube、もう一大メディアですよね。テレビ見ている時間よりもYouTube見ている時間が長いです…。お世話になっております。

ウメはYouTuberになろうとは思いません。本気で稼ごうと思ったら動画編集やネタを考えることも含めてかなり大変なのはわかっていますから。楽じゃないと思いますよ~。適度に手話動画を上げるくらいでいいんです…あ、また最近上げていないですね…すいません。

2020年2月11日 (火)

HP Chromebook x360 12bの軽いレビュー

先日hpのChromebookを購入しました。

Chromebookというものを試してみんとするなり

だいたい1か月ほど使ってみましたが、簡単にレビューしてみたいと思います。まずChromebookそのものとしては
・個人が使うには十分な使い心地。ノートパソコンの代わりになるし、お子さん用にも良いかも
・データの管理(クラウドになりますが)・移行が簡単
・ただあんまり初心者には使われていない
・というかキーボード付きAndroidタブレットと考えてもいいかも。メモ程度なら十分。

という感じでしょうか。

で、ウメが購入した「HP Chromebook x360 12b」についてですが、
・画面はタッチパネル付きで綺麗。質感も上々。5万円ちょっとには見えない。
・だがサイズは少しでかくて重い。もう少し軽かったら持ち運びする気になる
・キーボードは打ちやすいがライトはいらん
・USBType-Cポート×2は便利。
・ひっくり返して使えるのは便利だが、欲を言えば防水があるとお風呂で使えた(お風呂で使うな)
・ChromebookだからこそSIMが入るタイプだったらよかった。
・ACアダプタがデカイ(別売りのPD45W対応のものを購入すれば解決
・でも高速で軽いWindowsノートがあれば使い道が限定されるかも…

という感じです。
なので家にメインのパソコンがあって、持ち運びもできるノートパソコンを探している人はChromebook、選択肢に入れても良いかもしれません。軽いノートパソコンは高いか性能が劣るものが多いので、そういう意味では割り切って使うには十分です。ただ、Wi-Fi環境があることが前提ですかね…AndroidスマホであればUSBテザリングできますが。

ネットサーフィンしたり、ビデオ(YouTube)を見たり、簡単にメモを取るなら十分です。Windowsは管理がいろいろ大変ですが、そういう意味では振幅で良いと思います。うん。

あとは自分のニーズとどこまで合うか、ですね。でも選択肢の一つには十分なり得ますよ。

2020年1月30日 (木)

Windows7のサポートは終了していますよ~

昨日に引き続いてパソコンの話題ですいません。

少し前の話になりますが、2020年1月14日でWindows7の公式サポート期間が終了しました。リリース当初から安定しており、かなり普及したOSなので、実はまだ使っているという方は多いのではないでしょうか。個人ではあまりいらっしゃらないかもしれませんが、会社やお店など、独自のソフトやプログラムが入っているところはWindowsのバージョンアップをするのも一苦労ですよね。

ウメのパソコンは実家も含めて全てWindowsのバージョンは10に上げています。10も半年に1度の大きなバージョンアップは大変ですが、だいぶ安定してきましたよね。もし、まだ実はWindows7で使っているの…という方、今すぐ慌ててバージョンアップする必要は無いですが、早いうちにした方が良いと思います。セキュリティの穴を埋めることをしてくれなくなるので、ウイルスなどに感染する確率が上がっちゃいますので。

そして何気にMicrosoftさんはWindows10へのアップグレードをまだ無償でできるようにしてくれているようです(公にはしていないみたいですが別に隠しているわけではない)。まぁライセンス上ちゃんとするならWindows10を買った方がいいのは間違いないですね。

お店のレジとかサイネージとか見ているとWindows7だったりするものがまだあって、なかなか対応させるのも大変なんだなぁと思ったりしました。まぁネットに繋がっていないパソコンなら問題はないかもしれないですけどね。父のパソコンも何気にWindows10のにしておいて良かったです。ふぅ。

2020年1月29日 (水)

Microsoft Edge バージョンアップ

Windows10から導入され、Internet Explorerに変わる標準ブラウザ…である「Microsoft Edge」が大幅バージョンアップ、というかほぼ別物のソフトになります。ただし、普通に使っている場合、日本では4月1日以降にWindowsUpdateで配信されるのことです(確定申告の時期に混乱を来さないようにというなかなかの事情)。

どう変わるかというと、そもそものレンダリングエンジンが変わり、Google Chromeっぽくなります。というか内部はほぼGoogle Chromeです。ちなみに皆さん、パソコンのインターネットブラウザって何をお使いですか?Windows10の新規パソコンを買っていればたぶん気にせずにEdgeを使っている方が多いでしょうか。Macの方はsafariですよね。ウメはGoogle Chromeを愛用しています。あとはFirefoxとかOperaとか(まだいらっしゃるのでしょうか)Sleipnirとか(かつて愛用していました)でしょうか…。

そんなこんなで新しいMicrosoft Edgeをダウンロードしたい方はこちら。英語のページですがダウンロードしたものは日本語になりますのでご安心下さい。基本的にブックマーク等設定は引き継ぎます。
Ejji
で、ウメもさっそくやってみましたが、だいぶ変わった印象です。もうChromeで良いんじゃないかと。たぶん知らないで使っていて4月にWindowsUpdateが適用されたらアイコンも変わるので、あれ?どうなっちゃったの?と思う人が多くなる予感です。どちらかといえばweページを作る人にとって、対応させるエンジンが減ったという意味では良いアップデートなのかも知れません。

しかし、もう「e」のマークのアイコン、とは言えなくなりましたね。ネットサーフィンだけにサーフィンっぽいアイコンですが。とかいいつつ、実家のパソコンはまだInternet Explorer11が現役です(笑)


2020年1月27日 (月)

やっぱり自宅の光回線はステキ

Speedtest
実家のインターネットは未だにADSL。家族の誰もが不満を持っておらず、光回線に変更する手続きが面倒だということで何もしておりません。下りが10Mbps、上りが2Mbpsくらいの速度が出るのでYouTubeやブログを見るくらいなら十分なんですよね。ウメも実家で数日過ごしましたが、まぁ安定もしていましたし、問題はなさそう。

で、上のスピードテストはウメ自宅(ドコモ光)でノートパソコンからテストしたモノです。さすがにギガとまではいきませんが、上下300Mbps くらいの速度がでていれば何のもんだいもありません。これが有線接続のデスクトップならもっと速い速度がでます。これで基本的には十分すぎます。うん、これくらいあると安心です。

やっぱり光回線は便利なのですが、ウメはネットゲームをするわけでもないですし、最大100Mbps くらいでも十分だったりするんですが、まぁ速い分には越したことはないですからね。自己満足です。自己満足。

実家の回線、ADSLがいつか廃止になったらどうしようか…おそらく無料で光に変えられる手続き案内があるはずですが、その時にヘルプが来ると思うので、それまでは何かトラブルがない限り放っておきます。光回線にした方がいいと思うんですけどねぇ~。ちなみに、ちゃんとパソコンのメンテナンスはしていますよ~Windows10の最新バージョンにしてあります。Sandy Bridge世代のパソコンなのですがメモリを増設したりHDDをSSDにしたり、サクサク使えます。

そういえば、自宅Wi-Fiがなかったらスマホの契約容量も考え直さないといけないんですよね。結構自宅Wi-Fiを使ってスマホで動画とか見たりするので。今は問題無いですが、ドコモさんが「ギガホ」の容量倍キャンペーンをやっていることですし、どうするかは考えたいと思います。ですが、さすがにスマホで60GBはいらないか…。でも安心感があるなぁ~。

2020年1月26日 (日)

Chromebookというものを試してみんとするなり

前々から名前だけは聞いていた第三のノートパソコン「Chromebook(クロームブック)」。これはWindowsでもなくMacでもなく、GoogleのChromeOSというブラウザメインのOSが搭載されているノートパソコン(パソコンなんでしょうか…タブレットタイプもあります)です。特徴としては軽い・値段が安い・動きがサクサク、という感じ。で、基本的に全てクラウド(ネット)上にデータを保管するため、ネット接続は必須、というデバイスなんですね。で、Googleアカウントを持っていれば、スマホやパソコン(Chromeブラウザ)との連携はあっという間に終了。さらに、一部のAndroidアプリも動かすことができる、というシロモノ。

起動も早く、YouTubeを見る、メモを取る、簡単なWordやExcel(Googleドキュメント・スプレッドシートになります)の編集、メールの送受信(基本的にGmail)ならサクサクこなすことができます。一般にはあまり広まっていないですが、学校現場では今後使われるだろう、と言われているものです。というわけで、興味を抑えきれずに「ポチ」。ビックカメラさん、いつもお世話になります。いくつかのメーカーから販売されていますが、お値段とスペックのバランスがとれたこちらをチョイス!

HP Chromebook x360 12b

360度回転してタブレットっぽく使え、タッチパネル。日本語キーボード、AndroidアプリなどGoogleサービスとのシームレスな連携、これが電源を入れて数秒でできるというのはもしやいいのかも…ウメ的にはAndroidタブレットよりはこちらなのではないか…というわけなのです(家でAndroidタブレットが眠っておりまして…)。

Chromebook1
箱です。完全にノートパソコンです。ちなみにChromebookといえば定番がこれ!という機種がASUSから発売されており、軽くてお値段もこなれているのですが、今後使うにあたってスペックがちょっと不安だったのとベゼルの太さが気になったのでhpの12インチタイプにしました。ビック特価54,700円(税込)。

Chromebook2
質感は安物とは思わせない感じの高級な仕上げ。右上の「Chrome」がアクセントになって良いですね。ちなみに充電はUSBType-CのPD対応です。普通にマウスも使えたりします。

Chromebook3
オープンしたところです。見た目は普通のノートパソコンですね。3:2の綺麗なタッチ対応液晶が綺麗です。キーボードはホワイトで光ったりしますが、明るいところで光ると文字が見えにくくなります。あと変なおじさんが写り込んでいます(笑)

Chromebook4
電源を入れてみました。WindowsさんじゃなくてGoogleさんに「ようこそ!」と言われています。ちなみにアプリ移行を考えないでセットアップするなら数分で終了します。Googleアカウントを入れればChromebookブラウザのお気に入りも移行されますし。確かに簡単です。基本的にネットに繋ぐものなので、Wi-Fiが必須ですね。まぁスマホのテザリングでも良さそう。

Chromebook5
一通りのセットアップを終了しました。Windowsでいうデスクトップという概念はなく、下のドックにアプリをピン留めしておく感じ。この辺はMacっぽいですかね。タッチでも良いですし、マウスでもいいですし、いろんなアプリを起動できます。Chromeでブラウジング、YouTubeの動画鑑賞、マップの地図検索など、わざわざパソコンを立ち上げるのが面倒だけどスマホでは画面が小さい…という時にはかなり良いかもしれません。

結構な種類のAndroidアプリがインストールできます。Amazonプライムビデオ、AbemaTV、GoogleMusic(これは当たり前か)、Google音声認識もインストールできました。あとは5ch専用ブラウザ「chmate」がインストールできたのは素晴らしい。これでちゃねらーに…いえいえ暇つぶし程度ですが…。これの有料版を買うとどこまで読んだかが同期できるんです!

残念なのはウメ家のBlu-rayレコーダーの遠隔視聴ソフト「どこでもディーガ」は対応していなかったこと…。むむぅ。これがあれば大画面でテレビ放送(全録含む)や録画番組がどこでも見られたのに…。まぁ別ソフトを探します。

Chromebookは基本動きが軽いので何でもサクサク動きます。シンプルでGoogleさんがサポートしている間はウイルス対策も不要。まぁ本格的な事務作業・画像や動画編集には向きませんが、手軽に使うにはぴったりの一台かな、と思います。あとは基本的にGoogleのサービスを利用するのでGoogle?なにそれ、YouTubeをたまに見るくらいです…の人には向かないかも、です。

これからちょくちょく使っていくので、レビューできたらなぁ、と思っています。とかって使わなくなったり…いや、使う!っていうか、今余っているノートパソコン2台(Windows10クリーンインストール済)はどうするんでしょうか(笑)

2020年1月13日 (月)

一太郎2020

今年の2月7日(金)に、ジャストシステムの最新オフィスソフト「一太郎2020」が発売されます。いつもは一太郎(単品・ATOK付き)、プレミアム(花子などソフト付き)、スーパープレミアム(豪華セットだけど高い)だったのですが今年は単品と「プラチナ」の2種類しかありません。

Imgheaderinfomain
一太郎自体はほとんど使っておらず、ATOKは昨年に月額制のPassportに変更したので常に最新版が手に入るので、一太郎単体だけを買う意味はあまりありません。スマホのカメラで読み込んだ文書をパソコンの一太郎で表示できるという新機能や、そのた日本語文書を書くためのいろんな機能がバージョンアップしていますが、それもうーん、いらないかな、という感じ。

で、プラチナの方を見てみると、今回限定でモリサワフォント26書体セット付属、ATOK用の大辞林、花子は2020にバージョンアップ(何が変わったのかはあまりよくわからない)、音声読み上げソフトの詠太も2020にバージョンアップ(読み上げられてもまぁあまり使わない)、PDF編集ソフトのJUST PDFもバージョンアップ。うーん、いろいろバージョンアップしているのですが、メインで使っているメールソフト「Shuriken」だけが2018のままバージョンアップせず!

そしてお値段が何と!3万円!高い!さすがに高すぎる!ということで、ジャストシステムさんには申し訳ないのですが、2年連続お布施は据え置きにしようかと思っています。メールソフト「Shuriken」のバージョンアップがないのが痛い…。これがバージョンアップしていれば買ったんですけどねぇ…。

一太郎自体は使いやすいワープロソフトだと思いますが、あまりにもシェアが低いということと、もうWordにいろいろ慣れすぎているということもあり、今回はパス…にしようと思います。うーん、残念。

2019年12月 9日 (月)

Windows10 November 2019 Update配信されています

Windows10は年に2回の大型アップデートが配信されます。これまでの大型アップデートは更新するのに1時間以上かかり、さらに何かしら設定が変わってしまったり不具合が起きたりすることが結構ありました。

1か月ほど前になりますが、その大型アップデートの1回「Windows10 November 2019 Update」が配信されました。ただし、今回からは更新時間が大幅に短縮されています。普通のWindowsの更新くらいの時間で更新が終了します。基本的にはWindows Updateの画面から通知をされますが、早く適用したい場合は上のリンクからダウンロードすることもできます。

主な更新の内容はこちら。
タスクバーの[カレンダー]ポップアップから直接イベントをすばやく作成
“アクション センターの”上部に[通知の管理]リンクを追加。最近表示された通知を並べ替える機能など、通知の管理が強化される
オンラインの“OneDrive”コンテンツを「エクスプローラー」の検索ボックスで検索可能に
[スタート]画面左端のナビゲーションアイコンへマウスカーソルを移動させると、ナビゲート先が表示されるように
ロック画面から音声でサードパーティ製デジタルアシスタント(“Alexa”など)をアクティブできるように

うん、地味ですね。ウメも早速自分のパソコンに全て適用させました。うん、何も変わっていない感じですね。今回のUpdateで目玉になる機能は特にないようです。でも最新のUpdateなので早めに適用させるようにしています。バージョン番号は”1909”(これまでは”1903”)になります。

本当にビックリするくらい時間がかからないので是非とも時間がある時に適用させましょう。Windows10、このUpdateをこれからこの軽さで続けてくれるならありがたいですね。本当に今後新製品を売るということはしないんでしょうかね。

より以前の記事一覧

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: