2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー「パソコン」の記事

2020年1月13日 (月)

一太郎2020

今年の2月7日(金)に、ジャストシステムの最新オフィスソフト「一太郎2020」が発売されます。いつもは一太郎(単品・ATOK付き)、プレミアム(花子などソフト付き)、スーパープレミアム(豪華セットだけど高い)だったのですが今年は単品と「プラチナ」の2種類しかありません。

Imgheaderinfomain
一太郎自体はほとんど使っておらず、ATOKは昨年に月額制のPassportに変更したので常に最新版が手に入るので、一太郎単体だけを買う意味はあまりありません。スマホのカメラで読み込んだ文書をパソコンの一太郎で表示できるという新機能や、そのた日本語文書を書くためのいろんな機能がバージョンアップしていますが、それもうーん、いらないかな、という感じ。

で、プラチナの方を見てみると、今回限定でモリサワフォント26書体セット付属、ATOK用の大辞林、花子は2020にバージョンアップ(何が変わったのかはあまりよくわからない)、音声読み上げソフトの詠太も2020にバージョンアップ(読み上げられてもまぁあまり使わない)、PDF編集ソフトのJUST PDFもバージョンアップ。うーん、いろいろバージョンアップしているのですが、メインで使っているメールソフト「Shuriken」だけが2018のままバージョンアップせず!

そしてお値段が何と!3万円!高い!さすがに高すぎる!ということで、ジャストシステムさんには申し訳ないのですが、2年連続お布施は据え置きにしようかと思っています。メールソフト「Shuriken」のバージョンアップがないのが痛い…。これがバージョンアップしていれば買ったんですけどねぇ…。

一太郎自体は使いやすいワープロソフトだと思いますが、あまりにもシェアが低いということと、もうWordにいろいろ慣れすぎているということもあり、今回はパス…にしようと思います。うーん、残念。

2019年12月 9日 (月)

Windows10 November 2019 Update配信されています

Windows10は年に2回の大型アップデートが配信されます。これまでの大型アップデートは更新するのに1時間以上かかり、さらに何かしら設定が変わってしまったり不具合が起きたりすることが結構ありました。

1か月ほど前になりますが、その大型アップデートの1回「Windows10 November 2019 Update」が配信されました。ただし、今回からは更新時間が大幅に短縮されています。普通のWindowsの更新くらいの時間で更新が終了します。基本的にはWindows Updateの画面から通知をされますが、早く適用したい場合は上のリンクからダウンロードすることもできます。

主な更新の内容はこちら。
タスクバーの[カレンダー]ポップアップから直接イベントをすばやく作成
“アクション センターの”上部に[通知の管理]リンクを追加。最近表示された通知を並べ替える機能など、通知の管理が強化される
オンラインの“OneDrive”コンテンツを「エクスプローラー」の検索ボックスで検索可能に
[スタート]画面左端のナビゲーションアイコンへマウスカーソルを移動させると、ナビゲート先が表示されるように
ロック画面から音声でサードパーティ製デジタルアシスタント(“Alexa”など)をアクティブできるように

うん、地味ですね。ウメも早速自分のパソコンに全て適用させました。うん、何も変わっていない感じですね。今回のUpdateで目玉になる機能は特にないようです。でも最新のUpdateなので早めに適用させるようにしています。バージョン番号は”1909”(これまでは”1903”)になります。

本当にビックリするくらい時間がかからないので是非とも時間がある時に適用させましょう。Windows10、このUpdateをこれからこの軽さで続けてくれるならありがたいですね。本当に今後新製品を売るということはしないんでしょうかね。

2019年12月 2日 (月)

VAIO バッテリーへたっていたの巻

昨日ご紹介した中古で買ったVAIO君S11ですが、やはり中古、よくよく調べてみるとバッテリーが結構へたっていました。新品時から約6割ぐらいの性能まで落ち込んでいることがわかりました。しかもこのパソコン、バッテリー内蔵タイプなので簡単に交換ができません。まぁ数時間の充電が持つようですが、そういう意味では中古品にもそれなりにリスクはあるもんだなぁと思った次第です。

そんなVAIOと共に活躍するために購入したサプライ品を紹介します。

Ac_and_typec
左側がモバイルタップ。知り合いが持っていて良さそうだなぁと思って購入しました。とっても軽いのにコンセントが3口、USBポートが3つもあるんです。これは持ち歩きに最適でございますね。コードがもうちょっと長ければさらに良かったのですが、それは重さとのトレードオフになってしまうので悩み所です。

Amazonで2,000円位で販売しております。

そして右側に見えるのがType-Cのハブです。単にUSBType-Aに変換するだけでなく、HDMI端子とSDカード、MicroSDカードスロットも搭載されていて、かつコンパクトでかなりこれは便利そう。

お値段2,500円でございます。

マウスはLet's noteで使っていたものを流用することにして、さて、バッテリーのヘタリをどう対処するかですね…一応修理扱いで交換できるのですが、2週間&25,000円くらいかかるそうなんです。公式ではなくどこかの修理屋さんでやってもらったら多少は安くなりますかね~まぁ今すぐどうこうという話ではないのでおいおい考えます。

2019年12月 1日 (日)

モバイルノート また買いました VAIOS11です

というわけで、Let's noteがご臨終してしまいましたので、新たなモバイルノートを求めてまたイオシスやらじゃんぱらのサイトを探した日々。っていうかもう一度Let's noteを整備すればいい話なんですけどね…なぜか「買おう」となってしまうのが自分の悪い癖。ほら、お誕生日も近かったから!(←ひどい言い訳)

条件は「軽い」「そこそこバッテリーが持つ」「SSD」「メモリ8GB以上」「SIMが入る」ですね。っていうかSIMが入るのがポイントなんですよ。スマホでテザリングすれば良いじゃない?と思うかも知れないんですけど、一度SIM入りパソコンの便利さを知ってしまうと戻れない…。

そんな中、見つけてしまいました。おじさんすごい。また中古なんですけどね。

VAIO(ちなみに今のVAIOってSONYじゃないですからね。VAIO株式会社になっているんです)でSIMが入るパソコンを結構販売しています。その中で2015年モデルのS11シリーズ。「VAIO VJS111」を見つけました。法人用のカスタマイズモデルです。型番は「VJS111D11N」です。

Vaio2
じゃんぱら池袋東口店にありました。しかもネットで在庫確認したのですが店頭には並んでいないというなかなかの掘り出し物。スペックは…

CPU Core i5 6200U
メモリ 8GB
SSD 256GB(しかもPCI Express接続なので速い)
ドライブ 無し
モニタ 11.6インチ フルHD ←IPS液晶なので見やすい!
通信 W-LAN(a/b/g/n/ac)/Bluetooth、
外部端子 USB3.0×2、USB Type-C(Thunderbolt対応)、有線LAN(Gigabit)、RGB端子、SDカードスロット(なぜかHDMI端子は無し)
その他 docomo対応 LTEスロット(なぜかMicroSIM)
OS Windows 10
バッテリー 14時間(これも多少盛られている予感)
重量 940g

どうですか!これはお買い得!多少の傷はありますが、全然許容できるレベル!これでお値段…。

72,800円~。

Officeはついていませんが、Let's noteで使っていたライセンスを移行したので問題なし!うーん、良い買い物だ。

が、たぶん前の人がヘビースモーカーだったのか、タバコの臭いが結構残ってました。無水エタノールで一生懸命拭いたらだいぶ取れたのでいいのですが、内部にダメージがないといいんですけどね…。さすがに分解掃除まではできないので…。

Vaio1
セットアップ完了!ウメ仕様になりました!いやーSSDが速い。そして軽い!これはエエもん買えましたわ。画面が小さいのでキーボードも小さいですが、高精細で見やすいですしタイピングも無理なくできます。何より軽い!軽さは正義!そしてサクサク!そして買った後にレビューサイトを見て気が付いたのですが、ACアダプタに充電用のUSBポートがあるんです。これは便利!スマホやらなにやらを充電できるんですよ。

もう壊れなければこれを愛用しつづけます。スペックはウメには十分すぎますので。あとは壊れない(壊さない!)ことを祈ります…。

Pckomono
こんな感じで小物も揃えました。カバンとSIM、SDカード関係のキット、そしてスマホと繋げるためのUSBType-C同士のケーブル(これはいらなかったかも知れない)…。あぁ、スマホも買ってパソコンも買って、散財してしまいました。もう買わない。節約だ~節約だ~節約だ~(と、自分に言い聞かせている)。

2019年11月28日 (木)

パソコン突然死亡⇒クリーンインストール

今ウメはメインのASUSのデスクトップパソコンで日頃は運用していますが、持ち歩き用にLet's noteをオークションで購入して使っていました。その他に元メインPCのTOSHIBA、dynabookのR73が予備としてあります。あとDellのタブレットのようなもの。

で、そのLet's note君のメンテナンスをしていました。仕事や出張などで持ち運ぶようにいろんなソフトを入れていて便利に使っていたのですが、ある日、WindowsUpdateをして再起動をしたら…

Pcbroken1
ああああああああ!

Windowsが立ち上がらなくなりました!まさに「何も(悪いことは)していない」のに…」。出かける30分前だったのでちょっと焦りましたよ~。仕方がないのでパソコンは持っていかないことにして、帰ってきてからいろいろ修復作業をしてみたのですが、全然ダメ…。ハードウェアが壊れている訳ではなさそうなのですが、元の環境に戻すことは難しそうでした…。(回復とか更新取消とか復元とか全部できませんでした…)

なので!

Pcbroken2

もう仕方がない!とうことで、Windows10をクリーンインストール!

無事立ち上がりました…。ということで、Windowsしか入っていない真っ新なノートパソコンが1台出現してしまいました。あぁ、メインのモバイルノートだったのに、何が起きたのでしょうか…。まぁとりあえず動くようになったので、また放置します。

で、DellのタブレットのようなノートのようなやつのWindows10をクリーンインストールしていたので、Windows10真っ新モバイルノートが2台(両方中古、SIMが入ります)。ウメは何をしているんだ…。でもメインのモバイルがなくなった…困ります。調達せねば…。

そしてまたウメはやってしまうのです。

2019年8月15日 (木)

音声認識ソフトVoice Rep Pro 3

音声認識ソフトといえば、今まで「AmiVoice SP2」を使っていましたが、最近はGoogleなどのクラウドを使った音声認識が流行となっています。インターネット常時接続が必要ですが、クラウドの力は大きく、認識率がかなり上がっているようです。

そこで今回音声認識ソフトを紹介したいと思います。

「Voice Rep Pro 3」

パナソニックのベンチャー部門が開発した音声認識ソフト…といってもGoogleの音声認識システムを使いやすくしたという感じのソフトです。インターネット常時接続環境、Google Chromeが必要です。また、Googleの音声認識サービスが終了するとこのソフトは使えなくなるそうです。

Vreppro3_main

これまで、Googleの音声認識を使うには、Googleドキュメントを立ち上げて…マイクを認識させて…などいろいろありましたが、こちらはソフトがそれを制御してくれます。音がなくても途切れたりはしません。マイク入力もそうですが、mp3などのICレコーダーで録音したファイルの文字起こしにも対応しています。

画面のようにタイムラインを付けることもできますし、句読点も打てます(あまり精度はよくないですが)。誤認識の編集もでき、最後はWord形式で保存もできます。文字起こしをする人には結構便利な機能が詰まってますね。

公式サイトで買うよりもJustSystemsのオンラインショップ「Just My Shop」から買った(ダウンロードした)方が安く買えたりするのは謎です。5,000円ちょっとです。ウメもJustSystemsさんの案内を見て購入しました。

実際使ってみましたが、まぁGoogleの音声認識を使っているので想定できる範囲です。完全にとはいきませんが、学習無しで結構概要が分かるくらいまで起こせるのでGoogleさん凄いってなります。まぁ同じことが無料で出来るのですが、たくさんやったり気が付いたら録音が途切れていた!ということが繰り返し起こる場合はこう言うソフトに頼ったほうがいいですね。音声認識された文字はリアルタイムでソフト上で転送されます。

会議録を作ったり文字起こしをする場合はまぁまぁ使えるソフトかな、と思いますので参考にして下さい。やっぱり学習がいらないのと安定しているのが大きいですね。

2019年8月13日 (火)

最安5ボタンBluetoothマウス

Mouse

サブのノートパソコンで使うBluetooth対応マウスを買おうとビックカメラさんへ。なぜBluetoothなのか…それはUSBの端子を塞がない(Bluetooth内蔵パソコンに限ります)から!でございます。で、メインのノートパソコンはロジクールのマウスを使っているのですが、サブのノートパソコン(ややこしくてすいません)で使うためのマウスを探していたんです。Bluetooth対応で5ボタン(左右クリックボタン、ホイール、戻る・進むボタン)、それなりに小さいサイズで安いもの。

ということで見つけたのがバッファローの「BSMBB500SRD」です。黒と白と赤があり、これは赤です。ちなみに黒も持っています。これは貸し出し用のサブノートパソコン(その目的は何なんだ、というのはスルーして下さい)で使っているのですが、戻る・進むボタンが少し下にある(好みですがウメはもう少し上が良い)こと以外は良い感じに使いやすいんです。安いBluetoothマウスは3ボタンのものが多いので、ウメ的にはダメなんですよね。

ビックカメラさんで1,700円くらいで買えます。小型で使いやすいんですよね。ノートパソコンでもマウスがあったほうが格段に使いやすいので、こちらを追加購入いたしました。安いのは正義ですね。きっとAmazonとかで探せば海外メーカーとかのでもっと安いのがあるかもしれませんが、そこは安定のバッファローですね。本当はロジクールがいいんですけどね、お値段が(高くはないが安くはない)…。

それにしても最近はBluetoothで接続できる機器も増えて(イヤホンとか本当に色々ありますよね。ウメはイヤホンは有線派です)便利になりました。

2019年6月15日 (土)

Windows 10 May 2019 Update 適用しましたか?

5月から配布が開始されている「Windows 10 May 2019 Update」ですが、まだ自動更新で降ってきている人はそんなにいないようですかね。ウメはこういうのは早く適用したいタイプなのでいち早く取り入れました。不具合が結構見つかっているようですが、ウメの環境では特に影響なく安定して使えています。

大型アップデートということで、適用に1時間ほどかかります。遅いパソコンだとそれ以上かかります。Updateは良いんですけどこの時間もう少し早くなりませんかねぇ。で、何が変わったのか…あんまり変わらない。右クリックメニューの選択しているところが見やすくなったのと、ログインの時の背景の綺麗な壁紙がボケた(これは透明効果をOFFにすれば戻ります)くらいでしょうか。

極めて安定していますが、何だか新機能!って感じがないのでちょっと拍子抜けでございます。ウメはパソコンが今は5台あるのですが、そのうちの4台に適用しましたが、どれも大きな問題はないですね。前回のUpdateでデータが消えるなどの結構大きな不具合があったので、Microsoftさんも慎重になっているようです。

そろそろWindows自動更新にしている人にも降ってくる頃だと思いますので、忙しい時にうっかり適用してしまうと1時間以上パソコンが使えなくなりますので気をつけてくださいね。あ、あとWindows10の壁紙が明るくなりました。明るすぎたので黒一色の背景に変更しました。シンプルが一番(笑)。

2019年6月10日 (月)

無線LAN グレードアップ

Yodobashi1

またしてもヨドバシで買った製品の紹介です。これもポイント…だったのですが足りなかったので少し自腹を足して購入いたしました。何を買ったのかと申しますと…

Yodobashi2

無線LANルーターでございます。ウメはずーっともっぱらNEC製を愛用しています。安定性が他のメーカーと違うんですよね。まぁ個体にもよるそうなのですが、ウメは安定して繋げています。新しく買ったのは「PA-WG1800HP4」でございます。少し古い製品ですが、ミドル製品ですね。

 

お値段は8,000円弱。3ストリームに対応してacでは最大1300Mbps対応でございます。今までもNECのもう1ランク下の製品を使っていて、通信に問題はなかったのですが、少しタイムラグがあったり、5Ghz帯の調子があまり良くなかったりしたので、壊れる前に買い換えることにしました。

Yodobashi3

そんなわけで、壊れていないNECの無線LANルーターが3台家にあることになりました…。右が今回買った製品。真ん中が今まで使っていたもの。左は前に使っていてバックアップで取っていた製品。で、ウメはフレッツ光でひかり電話を契約しているので、NTTからルーター機能付回線終端装置をレンタルしているので、ルーター機能はOFFにして使っています。ウメは無線LANで繋がっている端末が6台ほどあるので、これがなくなると大変なんですよね。

なので真ん中のいままで使っていたものは壊れてしまった時のバックアップ用。左は…どうしましょう。もう要らないやつぅ~。実家に送り込もうかしら。

速度的なものはあまり変わりません。親機の速度が上がったとはいえ、子機が3ストリームで受信できる端末がないので、スマホでだいたい上下100Mbps程度です。で、パソコンは有線に繋いだので、下り300Mbps・上り600Mbpsの速度がでています。あとは設定画面が多少オサレになりましたが、これはバッファローの製品の方が良いかな。でも無線LANは安定性が重要。安定して繋がることが大事なんです。1Kの部屋なので電波の飛びをそんなに気にしなくても良いですしね。このくらいの製品で十分。でも有線Gigabitは必須でございます。

Yodobashi4_1

ルーターはこんな感じ。実は足を反対に付けていたのは内緒。前のはツルツルでしたが、マットな感じ。そして結構な熱をもっています。が、今のところ順調に動いていて、レスポンスも早くなったかな。これで我が家のWi-Fiも当分安定です。家にWi-Fiは必須ですからね、出ないとギガがなくなっちゃう…ギガが…(この言い方あんまり好きじゃない…)。

皆さんも家のインターネットが遅いと感じたら無線LANルーターを見直してみるのも良いかもしれませんよ。

2019年6月 1日 (土)

ワイヤレスディスプレイアダプタ P3Q-00009購入

Display1

Microsoft純正のワイヤレスディスプレイアダプタ「P3Q-00009」を購入しました。といってもパソコンを買ったときに貯まったポイントを使ったのでお金を支払った訳ではありません。これはHDMIに対応しているテレビやプロジェクターにパソコンからワイヤレスで画面を飛ばせるというハイテクな代物。

しかもMicrosoft純正なので、Windowsとの相性が良く、特にドライバも不要でWindows10・Wi-Fi対応のパソコンであればだいたい対応できます。このアダプタ自体はHDMIポートと電源用のUSBポートがあります。つまり繋げるのはテレビだけ、ということになります。

お値段だいたい7,000円。1つ持っておけば何かと便利かなぁと思いました。というのも、とあるお方がドヤ顔で使っていたのを見て「おぉ!便利!」と思っていて、いつか買ってやろうと思っていた訳なんです。いやね、今すぐに必要!ってわけでもないですし、最悪ケーブルを伸ばせば良いんでしょうけど、ワイヤレスがどんなもんかを試したかったわけですよ。

Display2

こんな感じ。途中真ん中にある黒いところはUSBの延長ケーブルです。まぁこのくらいで延長と言えるのかどうかわかりませんが、足りない!ってよりは長い方は使い回しは良さそう。

で、早速ウメの部屋のテレビに繋げることにしました。実用性はほとんどないんですよ。だって目の前に24インチ弱のパソコンの画面があるので「大画面で見たい」というのは必要無いですし、有線のHDMIケーブルも持っていますし…やってみたかったの…。

Display3

こんな画面が出てきて準備完了。後はWindows10の右下「通知センター」から「接続」を選んでやるだけ…と思ったら、なかなか接続できませんでした。アダプタを認識はしているのですが、画面が映らない…。うーん、どうしたもんか…と思って試行錯誤しました。で、ウメのテレビが4Kだから、電力が必要なのかな、と思って電力供給のUSBポートをテレビのUSB端子じゃなくてコンセント変換をして繋げてみたところ…

Display4

映りました!なかなかの迫力。出力はフルHDまでとなっています。んでもってそこそこ遅延もありますが、PowerPointのスライドや動画再生などは問題無さそうです。さすがにゲームとかするなら有線の方がいいに決まってます。ですが、プロジェクターに繋いだりする時に長い線を這わさなくて済むのはスッキリですね。ただし無線で圧縮しているので少し画質が落ちるそうです。ま、実用範囲内です。

パソコンだけじゃなくてスマホ(Miracast対応スマホ)でも使えるそうなので、スマホの画面を出したいときに…ってあるかしら。今試したらウメのスマホから出力できました。ちなみに我が家はChromecastもありますし、テレビがGoogleキャストの機能も持っているので、パソコンの画面を出したいのならこれを使う必要はないんですけどね。まぁ今後持ってて便利アイテムです。お値段もお手頃ですしね!

より以前の記事一覧

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: