2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー「パソコン」の記事

2018年8月11日 (土)

エプソンビジネスインクジェット複合機 PX-M380Fが来たよ

先日ファックスを買い換えたという話をしましたが、買い換えたものがこちら。エプソンのビジネスジェット複合機「PX-M380F」 というもの。というか家庭用ではありません。ビックカメラ大宮西口そごう店で売っておりました。

最近はビジネスインクジェット複合機って結構割合が増えていて、レーザーよりもコストが安いということで、小規模事業者やSOHOなどで使われていることが多いそうです。今回のモデルはモノクロのみで、プリンター、スキャナー、コピーの他に、ファックス機能もついていて、さらにウメが最重要視している「FAXのメール転送機能」もしっかり備えております。さらにFAX送信機能もビジネス向けなので速度が速かったり、時間指定送信とかもできちゃったり。受信FAXはNASに転送もできたり、パソコンからペーパーレスでFAX送信もできちゃったりします。

発売されたのが7月19日。購入したのが7月21日だったのですが、たまたま新発売の商品だったということです。

Px380f1

セットアップ中。巨大な箱を開けたらこれでもかというくらい青いテープでいろんなところが固定されていて、開封作業が大変でございました。一番下にインクの袋(5,000枚程度印刷できるそうです。オプションで1万枚印刷対応→18,000円!←互換インクが出るのを期待)をセットし、そのうえにA4の紙を250枚セットできます。で。たためない排紙トレイ(ここが残念だった)という感じ。上はADFで連続読み取り(両面対応)可能。

Px380f2

セットアップが終わった感じ。ウメはレーザープリンターを繋げていた有線LANネットワークをそのまま使いましたが、Wi-Fiにも対応。ファックスの送受信が楽になりました。紙を入れて相手先のFAX番号を入れてスタートをしたら読み取りが始まります(当たり前)。受信も一度も(自動切り替えにしているため)ベルが鳴ることなくファックスを受信し、設定したメールとNASのフォルダにPDFとして受信されます。

印刷もこれまでのレーザープリンターよりファーストプリントが早いのでサクサク。気になるのはインクがどのくらいのペースでなくなるか、というところですが、FAXとたまにウェブサイトの印刷くらいしかしないので、当分大丈夫そう。スキャンからのメールやクラウドアップロードもできるハイテクモデルですし、給紙は後ろ側にもう1か所あるので封筒やハガキ印刷も簡単にできそうです(しないけど)。


ビックカメラで普通に38,000円くらいで購入いたしました。あと電話機能はないので、外付けのコードレス電話も一緒に購入。お持ち帰りしたんですが、かなり重い&デカイです…。機能はいいんですけど、これ引越の時に大変だなぁ(運ぶの自分じゃないけど…)。そして高機能過ぎて使いこなせるんだろうか…実家に頼んでファックスが無事転送されることは確認しているので、今後はこれでぐいぐいやりとりしますよ~ほとんどが通訳関係ですけどね。

さすがに自宅に置こう、と言う人は少ないかもしれませんが、バリバリFAXを使う人はお勧めです。

2018年8月 8日 (水)

東芝PC工房閉店…(涙)

ウメのもとにこんなおはがきが。

Toushibapc

東京・秋葉原にある「東芝PC工房」の閉店のお知らせです。7月28日(土)をもって閉店してしまいました…。

記事にもしましたが、ウメ愛用のdynabookさんのキーボード故障の修理でスピード対応していただきました。しかもかなりお安く。dynabookの部品の販売や修理受付がメーカー直営の窓口でできるというのは結構ありがたかったのですが、これはかなり残念でございます…。

修理してもらったキーボードさんは順調ですが、こういう即日・翌日修理ができる、窓口がなくなったのは痛いですねぇ…。あとパソコンでこういう対応ができるのはPanasonicのLet's noteが秋葉原に窓口を設けています。Let's noteねぇ…いいんですけど高いんですよねぇ~。

2018年7月23日 (月)

レーザープリンターさん お眠り中

使っているファックスの調子が悪く(スキャンの紙送りが上手くいかない)ので、地味にイライラしておりました。受信は問題無いのですが、送信の時に紙を押さえてないと全然吸い込んでくれないんですよ。

んでもってうっかりまたファックス(というか複合機)を買い換えたのですが、それで今まで使っていたレーザープリンターの行き場がなくなりました。というか、行き場を考えずに家電をうっかり購入するのはいつもの悪い癖です。

購入した商品は後日紹介するとして、今は廊下に仮保管しているレーザープリンターさんがこちら。
Printer

機種はブラザーのDCP-7065DNでございます。ここに購入した時の記事がありますが、「ネットワーク&両面プリント、ADF付ファクス無しコンパクトモデル」ですが、一般家庭としたらそれなりに大きいです。はい、それなりに。でもネットワーク対応・両面印刷・リサイクルトナーを使えば十分コストが安くてコピーも簡単にできて便利でした。

何だかんだで2013年に購入しているので5年経っているんですね。全然故障もなく動いてくれましたが、お役御免になってしまいました。

なので、近所のハードオフに売りに行った(値段は期待してなかった)のですが、そもそも「うちではレーザープリンターは未使用品しか買い取っておりません」とのこと…最初から書いておいて~!(お店によっては対応しているそうなので事前に問い合わせてほしいそうです)。

ということで、行き場のなくなったモノクロレーザー複合機、誰か使います?(笑)また近隣のハードオフに問い合わせてみますか…。

2018年5月16日 (水)

Windows 10 April 2018 Updateを3台に

日本時間の5月1日に配信されたWindows10の最新バージョン「Windows 10 April 2018 Update」。皆さんはもう適用されたでしょうか…ってほとんどの方がまだだと思います。特に何もしなければ「Windows Update」で自動で振ってくるまで気が付かないかもしれません。

でもウメはこういうのはすぐ適用したいタイプなので、Windows 10 April 2018 Updateをここからダウンロード(Microsoft公式ですからね)して、手持ちのノートパソコン3台に一気に適用しました。

Pcupdate

左がメインで使っているdynabook、手前が持ち運び用のSurface3、右が予備パソコンで個人データを入れていないLIFEBOOK(予備って何よ、という突っ込みはおいといて)。

これを「Windows 10 April 2018 Update」がダウンロードできるようになってから一気に適用しました。とはいえ、ダウンロードに1時間半程度、適用に1時間弱(パソコンのスペックによって違う)かかるので、朝ダウンロードしてそのまま放置。

そのまま夜帰宅して適用されているか確認。

LIFEBOOKは問題なし。Surfaceはなぜか再起動が上手くいかなかったようですが一応続ければ問題なし。メインのdynabookも問題なし…のように思えたのですが…、一度再起動をかけたらWindowsが起動しなくなりました汗

スタートアップの修復やら、セーフモードでの起動やら試したら直りましたが、システムのふぐ源も取っていなかったのでちょっと焦りました。こういうことがあるのでWindowsの大型アップデートは怖い。

見た感じ大きくは変わっていませんが、細々洗練されています。ウメ的に困ったのが
・Intelグラフィック設定が戻る
・画像ファイルの関連付けが「フォト」にされる

・システムフォントをWindows8のメイリオにしていたのも戻る
・ユーザーアカウント制御も初期値に戻る
くらいでしょうか。

とりあえず自己満足でアップデートしただけなので、何が起こるかわかりませんが3台とも無事に動いて良かったです。あんまり真っ先にインストールするのも良くないんですよね。数日待って様子を見るべきなんでしょうけど…。

というわけで、”その日”は急にやってきてパソコンが1時間以上使えなくなることがあるので、時間に余裕がある方は早めに適用したほうが良いですよー。

※追記:適用後メインのdynabookさんの調子がすこぶる悪いので、バージョンを戻して使っています。こういう報告、結構あがっているようですね…。

2018年5月 8日 (火)

今更ウル4

今更なんですが、パソコンでまたゲームをするようになりました。

ウルトラストリートファイター4」…そうです。あのカプコンの王道格闘ゲームです。何だか急にやりたくなって、必要スペックを確かめたらノートパソコンでも問題無くできそうだったので、以前ダウンロードしていた「スーパーストリートファイター4」からアップグレードしてみました。たしか1,400円くらい。

ストリートファイターシリーズはもう5まで出ていて、最新はそちらなのですが、要求スペックが高かったり、システムが難しくなったりとなんだか不評なようで、結構まだウル4の人気があるそうです。2014年に発売されているので、もう4年近くになりますか。

Uru4

何が楽しいってオンライン対戦です。パソコン版は無料でできますので、ネット環境があれば問題なし。コンピューターと戦うより楽しいですよね。でも皆さん上手いので全然勝てません。一応パソコン用のコントローラーも新調して、時々暇な時に楽しんでいます。

ちなみに、仕様キャラは「ローズ」です。ソウルパワーの持ち主でございます。2011年にスパ4で記事にしていましたね。それ以来上手くなってません汗

そこまでよ!!!オーラソウルスパーーク! 耐えることができて!イリュージョンスパーク!!!

何でこういうキャラ選んじゃうんだろ。

2018年4月13日 (金)

ASUS オールインワンを実家に

ウメの部屋に置いてあったデスクトップパソコン(だいたい来客にテレビと間違えられ、なんでテレビ2台あるの?と聞かれます)の個人情報を削除し、実家で使ってもらうように持ってきました。

Asus

思いっきりウメが写り込んでおります。

27インチの巨大モニタと一体型になったデスクトップパソコンで、Sandy BridgeのCore i7、メモリ8GB、HDDは1TB,ブルーレイドライブ内蔵、USB3.0×2、無線LAN(2.4GHzだけですが)など、今でも十分使えるスペックです。2012年の12月にうっかり購入しています。当時は大活躍だったんですけどねぇ。

でも最近は手話動画もノートパソコンで撮影しますし、動画編集もほとんどしませんし、パソコンでゲームもやらないので結構置き物状態と化していました(Windowsや中身のソフトのアップデートはしていました)。なんせこれを除いてもパソコンあと3台ありますし(全部ノートになりますが)。

なので実家で使ってもらおうかな、と持ってきたわけです、実家は今はリビング共用パソコンと父のパソコンのみになるのですが、共用のパソコンはウメが定期的にメンテナンスしており、同じくSandy BridgeのCore i3、メモリは10GBに増設しているので、問題無く動きます。実家はネット回線がADSLなくらいで、特段重たい作業はしないので今のパソコンで十分なのですが、あのパソコンも買ってから結構経つ(2011年12月に購入していますね)ので、いずれはこちらにデータを移して使ってもらおうかな、と。

でも全然調子が悪くならないので、さてどうしましょ。弟専用ってのも要らないみたいですし…。難点は「画面がでかすぎる」ということなんですよね(笑)。とりあえずしばらくは実家でお休みしててもらいます。決して悪くないパソコンなんですけどね。

そう考えると、パソコンのスペックの進化って一時期よりはゆっくりになりましたね。そんなに早いサイクルで買い換えなくてもそれなりに使えるようになってきました。

2018年4月 7日 (土)

Logicool M590マウス

M590mouse

今度はマウスを購入。持ち運び用のSurface3に繋げるためにBluetoothとLogicoolの無線システム「Unifyingデバイス」の両方に対応したもの。ソフマップ.comで3,500円くらいでした。

無線マウスとしてはこれが定番、と思えるくらいしっかりした作り。まぁプラスチックな質感はありますが、使い心地は良い感じ。電池も単3電池1本で2年間持つそうです。そして静音設計、クリック音があまり鳴らないのが良いですね。

さらに、「Unifyingレシーバー」とBluetoothの両方が使えるのが大きなポイント。Surface3はUSB端子が1つしかないので、マウスで使ってしまわないようにBluetoothがいいんです。その他別のパソコンにつける時はレシーバーをパソコンに付けて無線でスムーズに使えます。

購入した色はグレーですが、ブラックとレッドもあります。今思えばブラックにすれば良かったですね。戻る・進むボタンもあって、ホイールも付いていてスタンダードな無線マウスですね。お勧めです。

2018年3月 8日 (木)

一太郎2018プレミアム

Ichitarou2018

ご紹介するのが遅くなりました。今年も購入(お布施)いたしました一太郎2018でございます。もっとも、お目当てはワープロソフトの一太郎、ではなく、進化したATOK(今年から単体パッケージは無くなってしまったので、一太郎付属特別バージョン)、と花子、そしてメールソフトのShurikenでございます。これが入っているのが「プレミアム」バージョン。後ろにしいてあるのはJust MyShopから購入した人専用おまけのブランケット(使わない)。

ATOKは動作が軽くなり、変換精度が上がったような気がします。っていうか、毎年きちんと購入していて、しかもいろんな単語を登録してしまっているので何が変わったのかわからなかったりするのですが…今年は広辞苑の第7版が付いていますのでオトクでございますよ。

そしてチラシなどを作る「花子」さん。イラストの種類も増えましたが、「モジグラフィ」というPOPっぽい文字を作る機能が強化されました。だいたいの人に「花子使ってるの???」って言われますが、馬鹿にしないで下さい、なかなかいいソフトなんですよ!

そしてメールソフトの「Shuriken2018」。2年ぶりのバージョンアップとなります。軽快な動きは相変わらず。今までIMAPサーバーへの接続に時間がかかっていたのですが、最新バージョンでは少し改善されました。送受信の間何もできないのは相変わらずですが、検索が早く、そして「引用符(>)」のつけ外しが簡単過ぎてもう他のメールソフトには移れません…。

今回は「イワタ」のフォントも8種類入って、満足満足。ATOKの最新機能が1年間の間にどこまで反映されるかわからないですが、とりあえず買って良かったです。皆さんも是非一太郎(ワープロも使いやすいですよ、普及してなさ過ぎるのが…なんですが)プレミアム、使って見てください。


2018年1月21日 (日)

Logicool BRIO C1000eR レビュー

久しぶりのパソコン周辺機器更新でございます。

今回はマウス・キーボードでもお世話になっているLogicoolさんの”業務用”Webカメラ「Logicool BRIO」を購入いたしましたのでそのご紹介!Webカメラにも業務用というのがあるもんなんですねぇ。

Brio1

外箱がもう「業務用感」を漂わせていますよね。

このWebカメラ、USB3.0で接続すると4K動画(カクカクになりやすい)も撮影できるのですが、特徴は…
・フルHDで秒間60フレームの滑らかな動画が撮影できる
・とにかく明るくて高画質
・90度の広角

この3点でございます。ちなみに昨年の2月に発売されて、普通の電気屋さんに売っていないのですが、ネットで2万円で購入いたしました。2万円のWebカメラですよ。まぁ、他のYouTuberさんは本格的なカメラを使って編集してテロップ入れたりいろいろ工夫されていますが、ウメはパソコンとカメラを繋げて撮って出しですのでどうしてもWebカメラが手間がなくていいんですよね。

昨日の動画、これまでの動画と比べて画質どうでしたか?まぁ手話のデキはおいといていただいて、画質ははっきりとわかるくらい改善しましたね。こりゃビックリ。これまでのWebカメラもLogicoolさんのハイエンドモデルで決して悪くないのですが、いやはや、さすが業務用の2万円のWebカメラです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BRIO(ブリオ) ロジクール C1000eR
価格:23500円(税込、送料別) (2018/1/18時点)


で、パッケージを開けるとこんな感じです。

Brio2

どどんとBRIOさんの登場です。カメラは直付けケーブルではなく、USB3.0対応のタイプCケーブルの分離タイプになっています。横幅がまあまあ大きくて、下のアタッチメント的なものを外すと三脚穴があるので三脚にも繋げられるとのこと。そしてWebカメラなのに割と重い。

Brio3

パソコンの上に付けてみた感じ。まぁ一応引っかかります。この状態で撮影してみました。撮影した動画は昨日と1月23日にアップします。画質が素晴らしい。ってかWebカメラにしてはオーバースペックなくらいです。

90度の広角なので、パソコンとウメは1mちょっと離れただけで手話はバッチリ。あ、ちなみにキャプチャソフトはついておらず、設定ソフトをダウンロードしたうえで別のキャプチャソフトで録画します。ウメはとりあえずWindows10標準装備の「カメラ」アプリで撮影してみました。音声(マイク)カットの方法がわからない…。

あと、このカメラはWindows10の顔認証機能である「Windows Hello」にも対応しているそう。いや、顔認証は結構ですが…。

いやーこんなに画質がきれいになるなんて。で、パソコンにすぐ取り込めるので便利です。これは手話動画だけじゃなくてWindows10(繋ぐだけで認識はするそうなので)のパソコンと一緒に持っていけばビデオカメラ代わりとして十分使えますね。

2万円するのでなかなか手を出しにくいですが、高画質で手話のビデオチャットをしたい方、検討に値しますよ~。いやーしかし、ええもん買いました。これから使いこなしたいと思います。さぁ、これまでのWebカメラどうしましょw

あとキャプチャーソフトいいの探そう…。

2018年1月 5日 (金)

ELECOMのNAS

Elecomnas

12月の頭くらいにうっかりネットでポチっちゃった商品。これは何かと申しますと「NAS」です。「茄子」じゃありません。「NAS」とは《network attached storage》の略でコンピューターネットワークに直接接続して利用する記憶装置、ということです。簡単に言えばLANで繋ぐハードディスクでございます。

NTT-X Storeで市販価格の半額近くになっておりました。ELECOMさんの業務用NAS「NSB-3MS4T2BLV」です。4TBでLinux搭載。安定性は結構しっかりしていますね。これが19,800円(税・送料込)だったのです!

安い!と思って思わず購入したのですが、自宅には既に家庭用ですが3TBのNASがありまして(中古で買ったので寿命も気にしていたのですが)、まだ空きもあったのですが、安全性を考えてこっちにデータを移行しました。使っていた古いNASはJ:COMの番組を録画するHDDに役割をチェンジ!

このNASは2台のハードディスクを内蔵しておりまして、RAID 0 高速転送(ストライピング)とRAID 1 信頼性UP(ミラーリング)に対応。企業とかなど安全性を考えてRAID 1(2台に同じ情報を書き込むので安全性は増すが容量は1台分となる)が良いなのですが、ウメはまぁ新品だし容量を確保したかったのでRAID 0で4TBまるまる使っております。

設定も終わり、1.5TBあったデータを移行するのがなかなか大変でしたが、無事終了。今ウメ家では安定稼働しております。そもそも一般家庭で一人しかいないのにNASなんているんだろうか・・・いるんです!

ただ、常時稼働させるのでファンの音が若干気になります・・・まぁそのうち慣れるか・・・。

より以前の記事一覧

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: