2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー「ひとりごと」の記事

2019年6月22日 (土)

任意保険の更新

ウメの愛車「デイズ君」の保管場所が近くなりました。これで後は次の車検まで大きな出費がないかな…と思っていたか、アクサダイレクトさんから「自動車保険 更新のお知らせ」が来ました。

おう…そうか、任意保険の更新もあったか…。皆さんは自動車保険、どこの会社にしていますか?等級が引き継げるので最近はダイレクト系の会社に切り替えている人も多いのではないでしょうか。ウメは最初に車を買ったときから(車を持っている時は)アクサダイレクトさんにお世話になっております。噂ではソニー損保の方が安いとかサービスがいいとか聞きますが、アクサさんもまぁまぁ安いので。

で、1年分の自動車保険代として「37,000円」と算出されておりました。まぁ車両保険(エコノミータイプ)も付いていますしゴールド免許なんでこんなものでしょうか。月3,000円ちょっと…。うーん、デイズ君も4年落ちになってきたので、車両保険を外そうかなぁ…。言うほど乗っていないですしねぇ。対人・対物、そして弁護士特約はしっかり付けて、削れるところは削る、という感じでいかないといけませんね。

車と言えば、ドライブレコーダーとタイヤ交換もそろそろ考えないと…お金がかかりますなぁ。都内に出るには車はいらないのですが、やはり埼玉県内を移動するなら車はあった方が便利ですしねぇ~。とりあえず、まずは保険の更新でございますな。

2019年6月17日 (月)

詐欺みたいな過払い金返還のチラシ

ウメはいつも埼玉のFMラジオ局「NACK5」を聴くのですが、ラジオではまだまだ過払い金返還の事務所のコマーシャルが凄いんですよね。テレビではあまり見かけなくなりましたが。その中でも司法書士法人「イストワール」の放送頻度が恐ろしく多く、感じの良さそうな司法書士法人さんがいろいろしゃべるんです。感じがいい人なんだなぁ(っていうかそうしているのかもしれませんが)と思うのですが、最近は「あなたが苦労して作った借金を」とか、ドラマ仕立てで「あそこの家の○○さん、過払い金が戻ってきて旅行行ったんだってさー」と近所のおじさん風のコマーシャルが多くてちょっとウザいです。

ちなみに過払い金というのは、2007年以前に消費者金融やカードローンで借金をしていた場合、2つの法律の間にあったグレーゾーン金利が違法と認定されたので、低い方の金利が適用になったことでそれ以上の金利で借りていた分の利息を取り返せる…という感じです。なので、2007年以前に借りていて、最後に返済してから10年以上たつと時効になるので、結構事務所さんも必死なんです。調査だけなら無料!とうたっていて、それは悪くないですけど、必死感が伝わってきます。

その時に借金をしていた人はまぁいいんでしょうけど、あんまり全面に押し出してコマーシャルされると、何だかなぁと思ってしまいますね。ちなみにウメはそういうところからの借金をしたことがないので関係がないです。で、家にこんなチラシが投函されていました。

Kabaraikin_1

こちらは法律事務所で、同じくカードローンの過払い金返還のチラシなのですが、なんでしょう…このチラシが逆に怪しい。「緊急告知!」「クレジットカードを持っていませんか?」(持ってますけど何か)、とまぁ不安をあおり立てる感じであまりいい印象をうけません。

なんでも露出しすぎになると「うーん」となるのと同様で、こんなハデハデなチラシで不安を煽るようなやり方(手続き自体は良いことなんですけどね)はどうかと思います。何でも過払い金返還の手続きって事務所さんからしたら簡単で儲かる仕事なんだそうで…そりゃこうなってしまうか…。にしても、一般の消費者のことを考えて欲しいです。

2019年5月31日 (金)

5月も終わり

史上初の10連休という大型連休から始まった5月も今日で終わりです。なんだか連休の間は日常じゃないような感じがして、それが終わったら急に日常が戻ってきて、ドタバタするかなぁと思ったら意外とフツーに日常に戻りました。いや、ドタバタしているのは相変わらずなんですけどね。

だいぶ暖かくなってきてようやっと上着も要らない日がポツポツと出てきました。っていうか、もう明日から6月ですよ、どうしましょう。6月と言えば全国ろうあ者大会。今年は宮城県仙台市で開催されます。皆さんは申し込まれましたか?ウメは参加です。またドタバタしているかと思いますので、見かけたら声をかけてくださいまし。

令和が始まって1か月。普段は西暦を束テイルので、元号が変わった!という認識はあんまりないのですが、行政などから届く書類に「令和元年」とか書いてあると、あぁ…と思うくらいです。でもこれから生まれるお子さんは皆さん令和生まれなんですよね(当たり前ですけど)。そして30歳の人は平成生まれ…で、ますます昭和生まれの人の肩身が狭く…ってどういう意味か自分で書いていてよく分かりませんが、ウメも今年40歳。平成を生き抜いた男としてどっしり構えられるようになりたいです。

たぶんむり。

2019年5月10日 (金)

令和せんべい

平成から令和になる時は時に何もしていなかったウメですが、天皇が生前退位することによって崩御ではない元号の変更という切り替えを体験することができました。渋谷に集まってカウントダウン!とかそういうのはまぁパリピさんにお任せするとして、新しい時代がスタートしましたね。今のウメはそれほど元号で生活をしているわけではないのですが、やはり日本人の生活に元号というものはなじんでいるんだなぁと思いました。

ウメが使っている日本語入力ソフト「ATOK」も令和に対応しまして、例えば「2025年」と入力すると「令和7年」と推測変換されるようになっています。さすがに2100年は変換されませんでしたが…。

Reiwasenbei

そんなわけで同僚が仕入れてきてくれた「令和せんべい」もいただきました。いたって普通の瓦せんべいですが、なんでしょう、こうやって改元を祝えるという機会はそうそうないでしょうし、ほどほどなら良いのかもしれません。

どんな令和にしたいか…それはわかりませんが、とりあえず健康に過ごしたいですよね。自分だけでなく、家族や自分と関わる人皆さまが健康でそこそこ幸せで、そして平和でありますように。

2019年5月 2日 (木)

駅前のラップが下手くそ

駅ビルの建設が着々と進んでいる和光市駅でございます。ウメが帰宅するころは同じように家路に帰るサラリーマンさんたちがたくさんいらっしゃいます。そして税務大学校や司法研修所に通っている研修生もいたりして、埼玉の隠れベッドタウンの役割を果たしております。地味だけど都内に意外と近い街、和光市がこれからも発展するのはありがたいです。でも電車はこれ以上混んで欲しくないのですが…。

そんな和光市駅前の南口に時々出没する若者3~4人組。最近流行?のラップバトル?をやっているのですが、もう耳障りでしかありません。個人的にラップが好きなジャンルではないということもありますが、それ以前にうるさいし下手くそなんです。何を言っているかわからないですし、何がやりたいのかわからなくて、仕事帰りの疲れたウメの耳に嫌が応でも入ってきます。

駅前ではシンガーソングライターさんが時々歌っている(覚えている範囲では2組)のですが、なかなか2組ともお上手なんですよ。なので、立ち止まりはしないものの「頑張っているなぁ」と思うのですが、あのラップだけはいかん。アレを聞かせようとしてやっているのなら出直してこい、という感じ。練習のつもりならカラオケ館でも閉じこもってこい、と言いたいです(ヘタレなので言いませんが)。

そういえばウメは最近歌っていませんねぇ~カラオケとかいって熱唱してストレス解消しましょうか…まさかネット上にアップするほどの歌唱力ではございませんが…。

2019年4月29日 (月)

平成を振り返る写真展

とある百貨店のギャラリー的なところで「平成30年を振り返る写真展」的なものが開催されていました。といってもロビーみたいなところなので、普通に出たり入ったりできるところ。

Heiseiten1

あ、「笑顔で振り返る平成の軌跡」でしたね。たくさんの笑顔がありましたが、当時官房長官だった小渕恵三さんが「平成」とやった写真から展示されています。あの時はウメは9歳。確か戦隊モノを見ようとしてテレビを付けたら昭和天皇が崩御されたというニュースで、その後この場面になったことは覚えています。

昭和生まれですが生きた時代としては平成が一番長いことになるんですよね。小学生から社会人まで…ずーっと誰のものにもならず(結婚せずという意味です)、みんなのアイドルとして君臨してきた(笑)訳ですが、いやしかし明後日から「令和」になるんですね。元号って今の生活に影響が無さそうでありそうで…結構あるんですよね。

別に無くせ!というつもりはないですが、ウメは基本的に西暦で処理する派です。ちなみに令和元年に40歳を迎える…あぁ、とうとうアラフォーではなく、本物のフォーティーになる訳でございますよ。ちなみに「令和」から西暦への変換ですが西暦から「018(れいわ)=つまり18」を引くと西暦になります。(例:2020年から18を引く→令和2年)ということです。平成は確か12を引くんですよね。昭和と西暦は…昭和から25を足すと西暦になります。

Heiseiten2

こちらは菅官房長官が「令和」を掲げたところです。ワイプはございません…。あのワイプ事件はある種話題になり、琴平電鉄のICカードのデザインにも採用されました。まぁ話題になるのは時代が進んだ証拠です。ですが、もっともっと時代が進んだらもっともっと”当たり前”になって欲しいものですよね。

手話通訳者の活動範囲も広まって、新しい令和の時代になればいいなぁと思っています。

ウメの平成…どうだったかなぁ~31年もあればそれはいろいろありましたよねぇ。だいぶ大人になりましたかねぇ~まだケツが青いですが…。

2019年4月18日 (木)

デリヘル宅急便 ウメは呼んでません…

Hitoduma_1

マンションのポストにはいっていました…。「デリヘル宅急便」…そもそも「宅急便」というのはヤマト運輸さんの商標であって…という問題ではありませんね。っていうかこれが入っているということは誰かが使ったのでしょうか。あぁ4階にオーナーさんが住んでいるのになんということでしょう~いや、ダメだとは言わないんですけど。

えー60分12,000円で、満足度120%だそうです。えー興味がございません。で、気になったのが「※女性のお客様上記料金半額」というのはどういうことでしょうか…。女性も使うということも今の時代配慮されているということなのでしょうかねぇ…。

ちなみに45歳までの女性アルバイトも募集!…って。ちなみに連絡先は携帯電話番号。もうネタにするために写真を撮ってすぐチラシは捨てましたが、お好きな方がいるもんなんですねぇ。そもそも安いのだろうか、この値段。詳しい方、教えて下さい。

2019年4月17日 (水)

新型デイズ発表

ウメの愛車「デイズ君」。発売から燃費偽装やらリコールやら加速が弱いやらいろいろありましたが、さすが日産のブランド力だけあってそこそこの販売台数を稼いでいましたが、とうとう先月にフルモデルチェンジをはたしました。

新しいデイズ(日産公式Webサイト)

L_ys_190328nissan_01_w290
これは変わった配色のタイプですが、現行型よりエクステリアはモタっとした感じになったでしょうか。フルモデルチェンジによって大幅に生まれ変わったデイズ君。旧型はエンジンが三菱自動車ベースだったものを今回はルノーベースになったということで結構思いきった変更です。さらに下記の変更点が。

・軽自動車初「プロパイロット」を搭載
軽自動車でもファーストカーとしての実力を備えたデイズに、セレナやエクストレイルに搭載している「プロパイロット」を軽自動車に初めて搭載しました。
・「SOSコール」を軽自動車で初搭載
事故や急病などの有事の際に専門のオペレーターへのデータ通信と音声通話を行うことができます。 「SOSコール」により車両から得た情報をもとに、消防指令センターや警察に迅速に連絡され、緊急車両の手配などドライバーのサポートを行います。
・新開発のパワートレイン
新開発のエンジン、CVTに加え、さらにスマートシンプルハイブリッドを組み合わせた新たなパワートレインにより新型デイズの走りは大幅に進化。動力性能だけでなく、燃費も向上しています。
・プラットフォームも刷新
ホイールベースを65mm拡大したことにより、広い室内空間を確保しています。これにより、後席の足もとにゆとりが出来ただけでなく、後席を一番後ろに下げた状態でも385mmの荷室長を実現しています。

アシスト運転が進化したということはまぁ良いですが、軽自動車でそこまで必要なのでしょうか。その他にはマイルドハイブリッドも搭載。加速をアシストしてくれるのは良くなったですね。「SOSコール」はそんなに推しの機能ではないような気がするのですが…。気になる燃費については基準値が変わったようですが、以前のモードで比較するとリッター5km位は伸びているそうです。果たしてこれが実燃費にどこまで近づけるか…。

インテリアも結構変わったようですが、旧型よりすっきり感がなくなったような…でも液晶表示などは情報が増えて使いやすくなったようですね。さぁ、日産が満を持して発表した新型デイズ君。売れるでしょうか。ちなみにさすがにウメは買い換えません。旧型デイズ君でまだまだ頑張ります…でもちょっと乗ってみたいな~。

2019年4月 1日 (月)

2019年度スタート

はい。ということで今日から2019年度スタート。月曜日ということもあって、社会全体が新しく動く、という感じですね。新しく入学した方、新社会人の皆様、一緒に頑張りましょうね。

たぶんしばらくは東京は満員電車に慣れていない人で遅延したり激混みしたりするんですよねぇ…ウメは満員電車を避けるために始業時間よりだいぶ早い電車に乗って座って通勤できているのですが、その時間でも降りる時は「すいません」って人をかきわけないといけません。東京、人多すぎ。

東京オリンピック・パラリンピック開催期間はさらに世界中から東京に人が…有楽町線沿線もそこそこ競技会場があったりしますので、どんなことになるのか…。

さて、話は年度替わりにもどります。ウメは引き続きな感じでございます。どこの職場もそうですが、だいたい年度替わりってドタバタしますよね。ウメもそんな感じでアタフタしております。最近は変なテンションになりそうな時もありまして、お疲れ感もでているようなのですが、まぁ無理しすぎないで頑張りたいと思います。

無理はホントダメ。でもねぇ、気になっちゃうんですよねぇ~いろいろ。

2019年3月31日 (日)

2018年度終了

今日は2019年3月31日。

2018年度が今日で終了します。日本独特の「年度」という制度。入学・進学・卒業・就職・異動などいろいろありますが、今年は特に引越が大変なようですね。元々のドライバー・トラック不足に加え、ヤマトは不祥事の関係で受付をしていなかったりで、引越料金がかなり高騰したそうな。ウメは引き続き和光市に住んでおります。

年度替わりは会社や役所も忙しくなります。ウメとしてもプライベートでは特に何も変化はありませんが、なんだかドタバタしております。今の職場に入ったのが2017年7月なので、区切り、というわけでもないんですよね。

でもやっぱり年度替わりはドタバタします。世の中がいろいろドタバタしますよね。

ウメの2018年度はですね~職場が2年目を迎えていろいろ忙しかったですが、何とか乗り切りました。いや、乗り切れていないのかもしれませんが…。埼玉県の登録通訳となりましたが、あまり活動もできず、かといって休むことも大事ですし…いやはや、という感じでございます。

さて、2019年度はどうなるでしょうか。しばらくはドタバタが続きそうですが、無理をせず、頑張りたいと思います。平成もあと1か月なんですよねぇ。明日は新元号発表なのか…。

より以前の記事一覧

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: