2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー「携帯・スマホ」の記事

2019年9月21日 (土)

モバイルバッテリー購入

実家に帰ったもう一つの目的は「モバイルバッテリー購入」です。

自分のものはもう持っているのですが、弟から「もうちょっと容量の大きいモバイルバッテリーが欲しい。選んで~」というLINEが来ておりまして、まぁ確かに最近のスマホはバッテリー容量が大きくなっているので、今弟が使っている5,000mAhタイプでは心許ないかもしれません。

で、ウメが選んで差し上げました。選んで差し上げるついでに安かったので自分の分も購入しました。買いに行ったのは郊外型パソコンショップのPCデポスマートライフ坂戸店さん。

弟に買ったのはこれにしました。楽天のアフィリンクで恐縮ですが、オウルテックの10,000mAhタイプで薄型のもの。4,000円で売っていて、まぁまぁ安いなぁと思っていたのですが、あれ、オウルテックダイレクトだと安い…。まぁ良いんです。弟からお金はちゃんといただきましたので(お駄賃も加えてもらえました(^^)/)。

2台同時充電できるタイプで薄いんですよ。さらに、入力がMicroUSBだけじゃなくてType-Cでもできるのがいいですね。弟も「おぉなかなか良いな」と気に入ってくれました。

で、ウメのものは同じオウルテックのこちら!
20000mah

そう、倍の20,000mAhタイプ。やっぱり大きいことは良いことです。ですが、ちいと重め。ですが、2台同時充電でこの大容量。さらにType-Cで充電できるのが良いですね。うーん、上の楽天のアフィリンクの方が安いではないか…。まぁこれもいいです。

というかモバイルバッテリーはもう10,000mAhタイプを2台、20,000mAhタイプを1台持っているのですが…どれも入力がMicroUSBで何となく不便だったのでまぁ良いです。予備のモバイルバッテリーは家においておき、停電などがあったとき用に備えておきます。合計40,000mAhもあればしばらく停電しても大丈夫です。

備えあれば憂い無し、ですね。充電がなくなったスマホはただの文鎮ですから…。にしても買いすぎか…。

2019年8月17日 (土)

スマホのワイヤレスチャージャー

ウメ愛用のスマホ「AQUOS R3 SH-04L」。順調に使用していますが、このスマホ、実はワイヤレス充電にも対応しています。ちょっと前に流行った置くだけ充電ってヤツですね。あのころは全然普及しなかったですが、iPhoneが対応したことで一気に流行りだしました。電気屋さんにもたくさんワイヤレス充電器が置かれるようになりました。充電の速度も以前は遅かったのですが、ワイヤレスでもある程度の速度で充電できるようになったんですよね。

基本的には毎晩アダプタを付けて充電するのですが、ワイヤレスでも充電できるということで、充電器をポチりました。

Waiyaresu1

ドコモ「ワイヤレスチャージャー04」でございます。これだけでは充電はできません。別途対応ACアダプタが必要です。これは買ったのではなく、ドコモ光に変えた時の「期間・用途限定ドコモポイント」を5,000ポイントいただけましたので、それを使いました。実質無料ですね。ドコモポイントっていろんなポイントに変えたりできるのですが、これはドコモ製品を買うことしかできないので、今はスマホを機種変するつもりもないですし、とりあえず買っておけという感じ。

Waiyaresu2

こんな感じで立てても使えますし、横にしても使えます。便利なのはコイルの位置を移動させられること。スマホによってワイヤレスの充電位置が微妙に違うので調節できるのはいいですね。で充電できる位置になるとランプが緑色になるという仕様。

ただね、ワイヤレス充電は置くだけでいいんですけど結構発熱するんですよね。発熱が続くと充電が止まってしまって結局充電ができていない、ということもまぁあるみたいで、ウメは結局ケーブル充電です。Type-Cケーブルになってから向きを気にしなくてよくなりましたしね。

じゃあなんで買ったのか…それは聞かないでください。買ってない(お金を払っていない)から許して~。まぁでもちょっと充電したときには便利です。はい。

2019年8月10日 (土)

ガラスフィルムはやっぱりこれ!

ウメ愛用のスマホ「AQUOS R3 SH-04L」のフィルムが割れた、という話をしました。代わりのフィルムを付けていたのですが、なんか透明感がイマイチで、さらにフィルムとスマホの間に空気が入っているようでモヤモヤするので、前に愛用していたものをもう一度買うことにしました。スマホフィルムは「レイ・アウト」か「ルプラス(LEPLUS)」ブランドに限りますな!

Casefilm

外装フィルムを引いて剥がしてガラスフィルムを付けるというのは2度目なのですがやっぱり斬新で素敵。位置がずれないしホコリが入らない(実は1か所入ったのですが、付属のシールで無事取れました)です。で、前のと比べると明らかに透明感も違うしサラサラで使いやすいです。やっぱり安物のフィルム(1,800円くらいしたので安くはないんですが)はいけませんな。

あとはまた割ってしまわないように気をつけて使います。

そしてうっかり同時に買ってしまったケース。オサレなのですがストラップを通す穴がないタイプを買ってしまいました…。ウメはストラップは必需品なのに、なぜ確認しなかった…。これは予備のケースにすることにします。裏がガラスでオシャレー&側面がサラサラしているので良いと思ったんですけどね~。

AQUOS R3自体はかなり順調。2か月ほど使いましたが、ハイスピードIGZOは素晴らしく滑らかですね。あとはフォントが変えられるのも良い。バッテリー持ちも思ったより悪くありません。ただ、カメラは前のHUAWEI P20proの方が断然キレイですね…。AQUOS R3がダメという訳じゃないんですけど、ちょっと暗く写ります。

docomo・au・ソフトバンクから発売されていますので、安定のハイスペックスマホをお探しの方は是非どうぞ。

2019年7月10日 (水)

フィルムが…割れた

Film

せっかく上手く貼れたフィルム…自宅でスマホをベッドの角にぶつけたら…角が思いっきり割れました…。

綺麗に貼れて1週間しか経っていないのに見事に割れました、かなしい…。っていうかこんな短期間で何回スマホフィルムを割っているのでしょうか、私は。ということで、仕方がないのでビックカメラ…じゃなくてコジマにいって少し安めのガラスフィルムに貼り替えました。その前にPET素材のフィルムも買って貼ろうとしたのですが、最後の剥離シートを剥がそうとしたらフィルムごと剥がれて無駄になりました!1,700円返せー!

今は4代目フィルムでございます。フレームはプラスチック素材になっているので割れにくくなっています。この割れたフィルムよりガラスの素材が落ちるので透明度が少し低いのですが、まぁそこそこ綺麗に貼れたので良しとします。というか、もう割らないようにします…。

フィルムを貼っていなかったら画面を割っていたかもしれないので、ある意味保護されているんですよね。せっかくの新しいスマホなので大事に扱います。

2019年7月 3日 (水)

スマホフィルムが綺麗に貼れたよ!

全国ろうあ者大会中にスマホを机にぶつけてしまうことがあり、そのことによりスマホフィルムが割れてしまいました…。でも逆にフィルムを貼っていなかったら画面が割れてしまっていたかもしれないので救われました…。まだ買ったばかりのスマホなのでさすがに画面割れはいやです…といいうことで、ガラスフィルムの有用性を再認識した次第でございます。

で、大会期間中は画面はむき出しで使っていたのですが、またどこかにぶつけたり落として傷を付けてしまう前にガラスフィルムを貼ろう!ということでビックカメラで調達してまいりました。

AQUOS R3はdocomo、au、ソフトバンクの3社から発売されているので結構フィルムもケースも種類が多い方です。その中で今回選んだのがこちらでございます。

Sh04l-film

【AQUOS R3】ガラスフィルム 防埃 3D 10H アルミノシリケート 全面保護 光沢 /ブラック

スマートフォンのフィルム・ケースでは安定感のある「レイアウト」というメーカーの製品。ELECOMとかラスタバナナとかより質はいいですよ。少しお高いですが迷ったらこのメーカーの製品を選ぶと良いと思います。

でビックリしたのがその貼り方。スマホ本体にシールを貼ってフィルムの外装袋を付けたまま位置を合わせ、テープで仮止めした状態で一気にフィルムを剥がすというやり方。不器用なウメでもすんごく綺麗に貼れました!今までで一番位置がぴったりでホコリも入らず!でございます。いやー感動いたしました。

3D形状ですが、スマホケースとも干渉せず、指紋も付きにくく適度にサラサラでございます。うん、これは良い感じ。「アルミノシリケートガラス」というのがどういう素材なのかはよくわかりませんが、大満足でございます。これからもAQUOS R3、大事に使います(とかいいつつまた半年で新機種が出ると浮気する予感…)。

2019年6月28日 (金)

5か月でスマホチェンジ AQUOS R3 SH-04Lへ(後編)

では、AQUOS R3 SH-04Lのスペックを紹介。

サイズと質量 約156mm×約74mm×約8.9mm 約185g
OS Android 9 Pie
CPU QualcommR Snapdragon 855
内蔵メモリ ROM 128GB/RAM 6GB
MicroSDXC 最大512GB対応
バッテリー 3,200mAh
USB Type-C/イヤホンマイク端子
ワイヤレス充電対応
ディスプレイ 約6.2インチ、Pro IGZOディスプレイ 3,120 × 1,440ドット Quad HD+
通信速度 受信時最大1,576Mbps/送信時最大131.3Mbps
VoLTE対応、Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth Ver.5.0
対応プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP、HID、OPP、SPP、PBAP、PAN、HOGP、FTP
赤外線通信対応、ワンセグ・フルセグ対応、顔認証・指紋認証(ボタンあり)、防水対応

という感じのフルスペックモリモリです。
最新のAndroid 9、Snapdragon 855にメモリ6GB。MicroSDにも対応。そして地味に嬉しいのが「イヤホンジャック対応」ですよ!最近のスマホは結構イヤホンジャックがないのが多いのですが、これならそのままイヤホンが挿せる!充電しながら音楽が聴ける!

あとはワイヤレス充電にも対応しました。iPhoneが対応してから急に流行出しましたよね。かつてウメが使っていた「ELUGA X P-02E」(型番合っているか自信が無い)でも対応していましたが、やっぱりAppleが対応すると急に充電器のラインナップも増えますし、違いますね。ワイヤレス充電でも結構高速で充電できるそうです。ウメは相変わらずケーブルを挿しております。

Akuosu2

設定を終えたスマホがこちら。まぁホームアプリは変えていないので代わり映えがないといえばないのですが、やっぱりハイスピードIGZOが凄い。画面がヌルヌル。カメラは前機種HW-01Kより落ちましたが、十分許容範囲(まぁどうせこのブログに載せるくらいでしか使わないですし…)。あとは有機ELからIGZO(液晶)に変わったことで、黒のコントラストは落ちましたが、その分鮮やか。

SH-04Lは上下にノッチがあるタイプ。上はインカメラ(これはビデオチャットするのに必要)、下はホームボタンにもできる指紋センサーです。ウメは指紋センサーは前面にある方が好きです。ホームボタンの使い心地はHUAWEIの方が良かったですが、それは慣れるしかないですね。

最新のAPUを積んでいるだけあってサクサク。あとはバッテリーが3,200mAhとHUAWEIよりも減ってしまったのですが、思ったより電池は持ち印象です。ただ、画面を明るくすると一気に減っていく印象ですね。なので、20%の明るさで使っています(屋内ならこれで十分)。右側のアシスタントキーはGoogleアシスタントさんを起動できるのですが、使わないので好きなアプリを起動させる設定にしました。残念なのがここでタスク消去とかにできないことです。Android 9からタスク消去の手順が変わったのでここはやむを得ないと言え慣れるしかない。

シャープの売りであるエモパーさんには寝ていてもらっています。そしてデザイン。赤はカッコイイですねぇ~上下ノッチのデザインは好き嫌いが出そうですが、ウメはあまり気になりません。フレームレスなので画面が大きく見えます。何といってもIGZO最高です。スピーカーもステレオですし、そこそこの音が出ます。シャープのサイトから着信音やフォントもダウンロードして変更出来ますし、なかなか良いです。うん。

HUAWEIのスマホにあったスクロールスクリーンショットがない(とても便利だった)とか、HUAWEI Band 3との相性(使えるけど通知が消えない・時々切れる)がイマイチなのですが…まぁ満足でございます。アプリや設定、おサイフケータイを移し替えるのに1日かかりましたが、もう相棒として活用しております。

あとは電池持ちがどのくらいか、ですねぇ。あとは慣れてきたら家でもワイヤレス充電を試してみたいと思います。寝る前に充電台にポン!と。

っていうか、スマホ変えすぎですよねぇ。わかってはいるんですけどねぇ。

2019年6月27日 (木)

5か月でスマホチェンジ AQUOS R3 SH-04Lへ(前編)

まず始めに弟に謝っておきます。弟よ、兄はスマホを買い換えました。HUAWEIのスマホが使えなくなることを心配してとかそういう訳じゃなくて新モデルにしたかったのです。HUAWEIのHW-01Kは良いスマホです。はい。

というわけで、また悪い病気がでまして、スマホを新しくしました。計算すると今年の1月に白ロムでHUAWEIのHW-01Kを買って使っていました。機能的に何の不満もなかったのは間違い無いんですが、6月1日に発売されたシャープの新製品、AQUOS R3「SH-04L」が気になってどうしようもなくなりまして、購入してしまいました。

発売日にビックカメラへGO!なぜビックカメラで買ったのかというと、ポイントが2万3千ポイント貯まっていたんですね。これを使ってお安く買おうという訳です。6月から新料金プランになったため、端末を買った時の割引(月々サポート)はなくなったので、本当に定価で購入することになります。ドコモオンラインショップでは8万9千円ちょっとなのですが、ビックカメラでは頭金(これは分割の頭金ではなく純粋な店の取り分…これを頭金というのを止めてほしい)3,240円がかかるので、合計で9万3千円くらいでしたが、ポイントのおかげで7万円で購入。

で、先日もiPhone7の記事で説明したように、プラン変更をせずにずっと1,500円が割引される「docomo with」を適用したまま購入しました。もし何かの優遇措置を受けて買う(スマホおかえしグラム(意味の分からないプログラムだと個人的に思います)とか、「ギガホ」に変更とか)場合は、「docomo with」は適用されなくなるのですが、あくまで何にも割引を受けずに定価で買えば旧プラン+「docomo with」を継続して買うことができます。どの機種にしようが毎月1,500円割引は大きいです。ビックカメラの店員さんも最初は「できない」と言ってきたのですが、「docomoに確認して下さい」と食いついたところ、「できます」ということでした。

それにしてもこんな短いタイミングで…自分でも何を考えているのかわかりませんが…欲しいものは仕方がない!独身だし誰に気を遣う必要もないし、借金をして買うわけではありません!男は黙って一括払い!でございます。

前置きが長くなりました。

Akuosu1

最新型は黒くてオサレな箱に入っています。付属品はSIMピンとテレビ用アンテナだけ。シンプル…。docomoからは3色発売されていますが、今回は…。

Akuosu3

ラグジュアリーレッドにいたしました。ここ最近ブラックのスマホが続いたのでね…光沢のある綺麗な赤です。速攻でケースにいれましたが、背面は透明のタイプにいたしました。

SHARPのスマホは2年前くらいに使っていた初代「AQUOS R」以来ですね。ハイスピードIGZOが良いんですよ…。素晴らしいです。というわけで、スペック紹介と簡単なレビューは後編で。

(HUAWEIのHW-01Kは予備として持っておきます。たぶん今売っても値段付かないので。でもその前のP20(グローバル版)はどうしましょうねぇ)

2019年6月 5日 (水)

膨らんだスマホ

Fukurami

スマホが膨らんだ~♪

写真では分かりにくいかも知れませんが、スマホが膨らみました。電池パック側もそうだったのですが、液晶側がぽっこり膨らんでしまってなんだか操作もしづらい感じになりました。

ちなみにこのスマホ、ドコモから発売されていた「F-05F」でございます。2014年発売です。当時「WhiteMagic液晶」で電池持ちがかなり良いスマホでしたが、さすがにいろいろな進化に耐えられず、ウメ家ではトイレ専用スマホ(なので個人情報は全くいれず、最低限のアプリのみで使用)として使っていました。

で、ある日気が付いたらこんな感じになっていた(基本的に充電しっぱなしで使っている)ので、さすがにまずいだろうということで、初期化してポイしました。本当はリサイクルした方が良いんですけどね…。結構膨らんだスマホを見て、このまま使っていたら爆発するのではなかろうかとちょっと心配になりました。はい。

ちなみにトイレ用スマホは2代目が就任しております。そもそもなんでトイレ用スマホがあるのか、というところは突っ込まないでください。

2019年5月29日 (水)

またiPhoneを買った訳(後編)

続きでございます。

Iphone2

絶対にiPhone7が欲しかったわけではありません。ウメの今のメインスマホはHUAWEIのHW-01K(P20 Pro)です。これはdocomoから買った訳ではなく、白ロムで買いました。docomoから発売されていますが、白ロムで買っているので割引対象ではありません。以前にdocomoから買ったのはAQUOS R(SH-03j)でございます。これがちょうど2年前に購入していて、一括で買っていて、その後毎月の月々サポート割引が2,376円あったのです。

その月々サポートがあと2回で終わってしまうわけです。ですが、新しいプランで端末を購入する場合、月々サポートの割引はない、どういう端末の割引になるのかはわかりませんが、それなりのスマホを買うとそれなりの値段を取られます。そして今の時代、白ロムやSIMフリースマホという選択肢が増えたので、docomoから発売される機種にこだわる必要がなくなってきたわけなのです。

で、docomoの新機種が5月中に発売されれば良かったのですが、どうやらウメがぐっと来る機種の発売はない、ということになりそうなので、普通に機種変更すると6月移行→強制的に新プラン適用…(旧プランでも大丈夫なんでしょうけど何の割引も無し!)となります。それはありえない!!!

ということで、何かしらの端末を5月の間に買っておかないとサポートが得られなくなる…(ちなみに2回線目はHUAWEIのタブレットを買ったばかりなのであと1年半は割引が続きます)ということなので、何かのスマホ端末を買おう…でも今のHW-01Kで十分ですし、同じのを(割引があるとはいえ)また10万円出して買うのはバカみたいなので、前編で触れました「docomo with」対象機種を買おう!ということに決めました。

対象機種はエントリーモデルが多く、AQUOSの廉価版とか、石鹸で洗えるarrows(かつてのハイエンドarrowsはどこに…)などがあるのですが、Androidスマホを2台持ってても仕方ないので、じゃあiPhone7にしよう!そして使っていなかったAQUOS Rを下取り(15,000円)にして、貯まっていたドコモポイント(12,000pt)を使って一括で買っちゃおう!ということでiPhone7を買うことにしました。このモデルからTouch ID・Apple Payに対応しており、今でも現役で使えます。下取りやポイントを使って2万円台半ばで買うことができました。

Iphone3

あまり使わないのでケースはダイソーの手帳型ケース(シンプルで良い)でございます。iPhoneはケースがいっぱいあって良いですね。で、眠っていたiPhoneSEからのデータをiTunes経由で移動させ(iPhoneはこういうのが楽で良いですね)、セッティング完了(写真はセッティング前です)。

これにタブレットに入れてたけどほとんど使っていなかったmineoのSIMを入れて、電話もできるようにしました。タブレットはWi-Fi専用で十分でございますdocomo的に最新購入端末は「iPhone7」となり(実際にSIMを挿して使っているのはHW-01Kなのですが、使用には問題なし)docomo withの適用が続けばずっと1,500円引きとなります。プランはiPhone用になるそうですが、実際は何も変わらないそうです。

で、2回線目のタブレットの月々サポートの割引が終わる時にプランをどうするか考えます。まぁこのSIMはパソコンに入れて20GBをシェアしているわけなのですが…。それにしてもこのプラン…どうにかならないですかねぇ。あとは魅力ある端末と割引があれば考えるんですけど、個人的にはかなりがっかりです。au、ソフトバンクと同じようなプランのようですし…分かりやすいのは良いかもしれませんが、大元をあと2,000円くらい引いてくれないと「安い!」とは言えないですね。

というわけで、スマホ2台体制が復活いたします。はい。iPhone7はすぐ売りはらってしまっても良かったのですがね、せっかくなので使います。あ、iPhoneSEは新しい活躍の場を見つけて旅立ちました。

2019年5月28日 (火)

またiPhoneを買った訳(前編)

まず言い訳をします。これには事情があるのです。

ちなみに結構前に「iPhoneSE」を購入しました。これはiPhoneとなるものを使ってみたいという動機でございましたが、見事に家で眠っております。

Iphone1

手元にiPhone7のブラックがございます。最新のiPhoneではありません。なぜ今更iPhone7を購入したのか!?

これはドコモの新料金プランとの関係があります。先日発表されたように、ドコモは6月から新料金プランとなります。端末購入とは分離されたプランで「ギガホ」「ギガライト」というものです。これで「値下げするぞドヤァ!」という発表ですが、ウメを含む世の中は「はぁ???」という反応。ほとんどの人が安くならないパターンです。ギガホは30GB上限、ギガライトは段階的プランです。ギガライトであまり容量を使わない人にとっては確かに既存のプランよりは安くなっているのですが、そこそこパケットを使う人(ウメはだいたい毎月10GB程度)にとっては全然安くならないのです。

基本料金が6,980円(2年契約あり)。ここにSPモード使用料も入っています。が、音声通話5分無料はプラス700円。そこから家族にドコモ回線が3回線以上あれば-1,000円、ドコモ光なら-1,000円、キャンペーンで申し込んでから半年は-1,000円だそうで、3,980円…。まぁ家族にドコモが(自分も含めて)3回線以上ありますが、それ以外は半年間の1,000円引きだけ。(2台目の回線は「データプラス」で+1,000円)

しかもこのプランだと端末を購入した後、24回に渡って料金を割引する「月々サポート」や、端末を買い換えない・契約を変更しない限りずっと割引が続く「docomo with」が使えなくなります。つまり端末をフツーの値段で買わないといけません(何らかの補助はするそうですが…)。この2つは5月で受付を終了するそうです。

しかも長期契約者が割引じゃなくてドコモポイント進呈に改悪!良くなる点は上限が10GBあがることと、上限に達しても128kbpsではなく1Mbpsという速度なことくらい。これで「安いでしょ!」と言うdocomoさんの神経がわかりません。

じゃあなんでiPhone7を買うことになったのか…それは後編で紹介します。

より以前の記事一覧

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: