2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2週連続ベルトが切れました | トップページ | 夏仕様のベッドに »

2020年6月25日 (木)

画質が高すぎるWebカメラだとカクツく?

先日、プライベートでははじめて複数人数でオンライン会議ソフトZOOMを使ってみました。自分を含めて6人でやってみました。

ウメの通信環境はドコモ光(フレッツ光)の最大1Gbpsタイプ。デスクトップは有線LANで接続しているので実行速度も上下300Mbpsでているので速度的には問題ありません。

自宅で使用しているWebカメラはロジクールの超高画質Webカメラ「BRIO」でございます。通常市販価格2万円(今はテレワークなどの影響で品薄・超高額でございます)で、フルHD60fps、4Kでも30fpsで撮影することができます。ウメダス手話動画もこのカメラで撮っています。

本格的なYouTuberさんはこういうWebカメラじゃなくて一眼カメラで撮影して動画を取り込んでいる人が多いと思いますが、このWebカメラでも正直画質は十分でございます。で、このカメラでオンライン会議をしてみたのですが…

「ウメの手話がカクカクする」と言われたのです。ウメ的には通信環境(アップロード)は問題ないはずですし、カメラの性能でカクカクするはずがありません…となると、カメラの画質が高すぎて通信帯域を使ってしまっている(他の人のダウンロード速度が追いついていない)ということがあったりするのでしょうか。

ただ、オンライン会議ソフトではカメラの画質を落として使用するといったことができないので、どうしようもなかったです。カメラの設定を変えればよかったですかね…。あとはデスクトップPCに付いているカメラ(ポップアップ式)も実はあったりするのでそちらに切り替えればよかったのかもしれません。でもせっかくだから良い画質でオンライン会議したいじゃないですか~。

ZOOMはオンライン会議ソフトの中でも通信量が少なめとされていますが、あまり画質が良すぎる物を使ってもダメなのかもしれませんね。相手の通信環境がどのくらいかわからないので…。

(手話で)オンライン会議ができるなんて、ホント便利になりましたね~でも誰が話すのか整理するのがコツですかね。その辺はまた実際の会議とは違う交通整理技術が必要なのかな、と思います。

« 2週連続ベルトが切れました | トップページ | 夏仕様のベッドに »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2週連続ベルトが切れました | トップページ | 夏仕様のベッドに »

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在:

Google広告