2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« リポビタンDを飲みなさい! | トップページ | 浅草のお安いホテル »

2019年12月12日 (木)

講師のようなことをしました

先週、12月7日(土)は手話通訳者全国統一試験(埼玉県手話通訳者登録試験の一次試験)の試験日でした。受験された方いらっしゃいますでしょうか。ウメは2年前に受けて合格しましたが、聞き取り・場面通訳・読み取り要約がありましたが、要約の点数が低かったことを覚えています。要約のポイントを外してしまったようです(手話の内容は全部読み取れたんですよ)。

場面通訳というのは、通訳の状況を想定したビデオが流されて、それをろう者の手話の読み取り、聞こえる人の音声の聞き取りを実際の通訳のように通訳をするのですが、できようができまいがビデオは淡々と進んでいく、というものです。これ、結構慣れていないとこんがらがります。スピードはそんなに早くはないのですが、今どっちの通訳をして時間内に納めることができるか、というところがポイントですね。ウメは問題無くできたのですが1ヶ所だけろう者の読み取りを言い直して次の話者の音声と被ってしまったのでそこが減点されたんだと思っています。

さて、その統一試験対策としてちょっとした講座を開催し、ウメが講師役を引き受けました。講師と言っても「こうしなさい」(講師だけに……)という感じじゃなく、実践を優先して皆で一緒に考える、通訳経験者としてここはこうした方がいい、というアドバイスをするような感じで進めました。自分もそうですが、自分の手話(手話通訳)のクセって分からないんですよね。なので、振り返ることが大事、あとは試験の時は自信を持って!ということを伝えさせてもらいました。あと、必要な取捨選択、手話の形、読み取りのポイントなど、自分の経験を踏まえて、参加者の手話通訳を録画したものを見ながら、指摘させてもらいつつ、自分の経験も話しつつ、という感じで和やかに進めたつもりです。

こういうのって”正解”はないですからね。その人がどうすればクセがなくなり改善するのか、を考えた方が良いと思うんです。参加した皆さんは熱心に聞いてくれて、本当にありがたかったです。こんな手話通訳歴14年くらいになりますが、こんなウメの話を真剣に聞いてくれるとやってよかったなぁと思います。ウメも偉そうにできるほどの経験を持っている訳ではないのですが、一応現場の数はこなしているので…ね。

ただ、現場と試験は違いますので、そこの使い分けもしっかりして、試験に合格して手話通訳者になったら一緒に研鑽しながら頑張っていきたいなぁと思える機会でした。

« リポビタンDを飲みなさい! | トップページ | 浅草のお安いホテル »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リポビタンDを飲みなさい! | トップページ | 浅草のお安いホテル »

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在:

Google広告