2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 初めての海外(その7・いろいろ日本⇒そして帰国) | トップページ | ティーポットが500円 »

2019年10月13日 (日)

全通研研究誌から

全通研研究誌に長野支部にインタビューした記事が掲載されていました。

Nactionnagano
ごもっとも。部の影響を受けて自由に動けない…長野支部さん素晴らしいと思います。

今、全通研は若い人の会員が増えません(減ってはいないと思いますが)。N-Actionを立ち上げたメンバーも中堅となり、ウメ自身は今はあまり通研の活動ができていませんが、今後N-Action、さらに若手の通訳者(通訳者だけでなく学習者も含みますが)の会員をどう増やしていくかが全通研の大きな課題だと思います。

と、表向きではいいつつも、なかなか理解されないのが現状。若い人も謙虚すぎるのが悪いのかも知れませんが、言いたいことを言い合い、同じ目標に向かうには年の差はあまり関係ないと思うんですよね。あとはどうしても手話通訳歴が関係してくると思うんですけど、その辺りは先輩の皆さまの意識改革が必要なんじゃないかと思います。

ろう団体は「青年部」があります。聞こえるほうにはその代わりに「N-Action」ができましたが、果たして今後どうしていくか、自分も立ち上げのメンバーとして考えていかないといけない時期に来ているように思います。じゃあ何ができるか、全通研である理由は何か、魅力ある団体にするにはどうしたら良いか…すぐに明確な答えはでないんですけどね…。

少なくとも現在の全通研N-Action委員会を応援する(全国でも、各地域でも)という気持ちは持たないと、若い会員は入ってきませんよ。そして全通研だけじゃなく、若手通訳者も育ちません。専門的な職業として確立し、若い人の目標となる立場にしないと…福祉的な面は必要ですが、言語通訳として、専門職として、啓発から養成まで、考え直す時期に来ていると思います。

« 初めての海外(その7・いろいろ日本⇒そして帰国) | トップページ | ティーポットが500円 »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めての海外(その7・いろいろ日本⇒そして帰国) | トップページ | ティーポットが500円 »

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: