2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« グリルチキンの柚子こしょうソテー | トップページ | マンションにdocomoのアンテナが! »

2019年2月19日 (火)

手話通訳試験 今年も厳しめ

少し前の話になりますが、「手話通訳士試験」の合格発表が1月31日(木)にありました。

1,105名受験、合格者108名、合格率9.8%という狭き門です。まぁ合格率が低いこと自体は通訳士資格の質を守る意味でもさほど問題だとは思っていないのですが、問題は男女比率と年齢。

もちろん、年配の方や女性のことを否定するつもりはありませんが、通訳という資格である以上、専門性が求められますし職業として確立させるためにどうするか、という状況でこの偏りはどうかとは思っています。問題は手話通訳士を持っていてもそれだけで生活ができないということなんですよね。

合格者のデータに戻ります。
108名中、男性6名・・・6名!!!(つまり女性は102名)。こんなに男女比に偏りがあるのはどうなのでしょうか。もちろん受験者の母数が違うでしょうし、男性だからといって優遇される訳にはいかないのですが、手話通訳を目指す男性が少ない、ということでしょうね・・・。

そして年齢別。
20代・・・13名、30代・・・13名、40代・・・38名、50代・・・36名、60代以上・・・8名。合格者平均年齢が46歳です・・・。うーん、高すぎる。もちろん、手話通訳士資格を取ったからといってすぐに第一線という方ばかりではないと思いますし、年配の方がダメということではないのですが、やはり30代までの合格者が少なすぎます。合格してから10年以上経つウメでも平均年齢より大分下というのはどうなんだろうか、と。

そして合格者の地域分布。岩手・山形・茨城・富山・石川・長野・岐阜・三重・滋賀・鳥取・広島・山口・徳島・高知・鹿児島では合格者は0。多いのは東京の26名を筆頭に大阪、埼玉と続きます。

手話通訳のニーズがさらに多くなっていく中、この状況は正直かなり厳しいのではないかと思います。そして手話通訳士自身も合格して終わりではなく、技術を磨いていかないといけないですし、今登録している方でも実質活動していない方もいらっしゃいますよね。これでは手話通訳の身分保障を!というのもなかなか難しいのでは・・・。

かといって資格のレベルを下げるのには反対ですし、やはりしっかり”養成”に力を入れないといけないと思うんです。そのためには様々な面で「手話通訳士になりたい!」と思ってもらえる環境作りと普及啓発をしていかないといけないです。ろう者とだけでなく手話通訳士当事者も頑張らないといけないですね。

通訳士に合格した皆様!一緒に頑張りましょう!

« グリルチキンの柚子こしょうソテー | トップページ | マンションにdocomoのアンテナが! »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グリルチキンの柚子こしょうソテー | トップページ | マンションにdocomoのアンテナが! »

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: