2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 【手話598】スマホのテザリングについて | トップページ | 睡眠時無呼吸症候群でした 後編(CPAP編) »

2018年4月 9日 (月)

睡眠時無呼吸症候群でした 前編(検査編)

というわけで睡眠時無呼吸症候群の精密検査をすることになりました。PSGポリソムノグラフィー検査ということで、病院に1泊泊まって装置を付けて寝るだけの入院検査です。

Kensa

検査室はこんな感じ。ホテルのシングルルームです。テレビだけは初期の地デジ!という感じでした。仕事が終わってご飯食べて病院に向かい、検査の説明を受けて診察して、シャワー浴びてその後身体中に装置を付けられました。

頭に4か所、鼻に空気といびきセンサー、顎にも、胸とか腕とか足にも。そして最後に(装置が取れないように)頭にネットをかぶせられて検査準備終了(ここでブログに載せたいので写真を撮りたいです、とは言えませんでしたw 絶対インスタ映えするw)
そして横になって下さーい、とか言われて装置のテスト。それが終わったら、はい、寝て下さい。その時刻、8時半。早すぎて寝られません(笑)

まぁいただいている入眠剤を飲んだら寝られました。どうも装置が数回外れかけたようでスタッフさんが夜中に直しに来てくれたようです。で、5時半に起こされて装置をはずし、シャワーを浴びて検査終了。6時15分には病院を出て開放されました。ちなみにお値段はアメニティ代も含めて17,000円程度でした。

えーと、池袋に朝6時15分に開放されてもやることがありません。その日も仕事でしたから、家に帰るワケにもいかず、職場の近くのデニーズへ。

Dennysaasa

早朝のデニーズで優雅に朝食をとりました。はい、これで600円くらいだったでしょうか。そして検査結果は約1週間後に聞きに来て下さい、ということでドキドキ…。

で、検査結果を聞きに行きましたよ。もう晒しちゃいます。

Kensakekka

一般的に(表の下の方)の「AHI」というのが20を上回ると「睡眠時無呼吸症候群」と診断されるそうなのですが、ウメの場合は52.5です。はい、重症だそうです。結果、「深い睡眠」は0%!で全然寝られていないことがわかりました。あと血中の酸素濃度も薄め。

何より一晩に無呼吸の状態(10秒以上呼吸が止まる)が300回!呼吸が弱くなる低呼吸が121回…合わせて420回呼吸に問題があったそうです。無呼吸の平均持続時間が42秒ってそんなに息止まってたのです…おそろしい…。

で、睡眠時間の半分は呼吸に問題がある状態でした。ということで、即治療を進められまして、軽症ではないのでマウスピースではなく、一般的なCPAP治療(CPAPという機械を使って空気を吸入しながら気道を確保して寝る)をすることに…。

すぐに検査技師さんから説明を受けてその場で機械をお持ち帰り。というわけで、マスク装着睡眠タイムが始まるのであります。

(後編へ続く)



« 【手話598】スマホのテザリングについて | トップページ | 睡眠時無呼吸症候群でした 後編(CPAP編) »

ウメのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【手話598】スマホのテザリングについて | トップページ | 睡眠時無呼吸症候群でした 後編(CPAP編) »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: