2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 【手話589】Webカメラグレードアップ | トップページ | やっちまったな! »

2018年1月21日 (日)

Logicool BRIO C1000eR レビュー

久しぶりのパソコン周辺機器更新でございます。

今回はマウス・キーボードでもお世話になっているLogicoolさんの”業務用”Webカメラ「Logicool BRIO」を購入いたしましたのでそのご紹介!Webカメラにも業務用というのがあるもんなんですねぇ。

Brio1

外箱がもう「業務用感」を漂わせていますよね。

このWebカメラ、USB3.0で接続すると4K動画(カクカクになりやすい)も撮影できるのですが、特徴は…
・フルHDで秒間60フレームの滑らかな動画が撮影できる
・とにかく明るくて高画質
・90度の広角

この3点でございます。ちなみに昨年の2月に発売されて、普通の電気屋さんに売っていないのですが、ネットで2万円で購入いたしました。2万円のWebカメラですよ。まぁ、他のYouTuberさんは本格的なカメラを使って編集してテロップ入れたりいろいろ工夫されていますが、ウメはパソコンとカメラを繋げて撮って出しですのでどうしてもWebカメラが手間がなくていいんですよね。

昨日の動画、これまでの動画と比べて画質どうでしたか?まぁ手話のデキはおいといていただいて、画質ははっきりとわかるくらい改善しましたね。こりゃビックリ。これまでのWebカメラもLogicoolさんのハイエンドモデルで決して悪くないのですが、いやはや、さすが業務用の2万円のWebカメラです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BRIO(ブリオ) ロジクール C1000eR
価格:23500円(税込、送料別) (2018/1/18時点)


で、パッケージを開けるとこんな感じです。

Brio2

どどんとBRIOさんの登場です。カメラは直付けケーブルではなく、USB3.0対応のタイプCケーブルの分離タイプになっています。横幅がまあまあ大きくて、下のアタッチメント的なものを外すと三脚穴があるので三脚にも繋げられるとのこと。そしてWebカメラなのに割と重い。

Brio3

パソコンの上に付けてみた感じ。まぁ一応引っかかります。この状態で撮影してみました。撮影した動画は昨日と1月23日にアップします。画質が素晴らしい。ってかWebカメラにしてはオーバースペックなくらいです。

90度の広角なので、パソコンとウメは1mちょっと離れただけで手話はバッチリ。あ、ちなみにキャプチャソフトはついておらず、設定ソフトをダウンロードしたうえで別のキャプチャソフトで録画します。ウメはとりあえずWindows10標準装備の「カメラ」アプリで撮影してみました。音声(マイク)カットの方法がわからない…。

あと、このカメラはWindows10の顔認証機能である「Windows Hello」にも対応しているそう。いや、顔認証は結構ですが…。

いやーこんなに画質がきれいになるなんて。で、パソコンにすぐ取り込めるので便利です。これは手話動画だけじゃなくてWindows10(繋ぐだけで認識はするそうなので)のパソコンと一緒に持っていけばビデオカメラ代わりとして十分使えますね。

2万円するのでなかなか手を出しにくいですが、高画質で手話のビデオチャットをしたい方、検討に値しますよ~。いやーしかし、ええもん買いました。これから使いこなしたいと思います。さぁ、これまでのWebカメラどうしましょw

あとキャプチャーソフトいいの探そう…。

« 【手話589】Webカメラグレードアップ | トップページ | やっちまったな! »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【手話589】Webカメラグレードアップ | トップページ | やっちまったな! »

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース


  • Powered by RSSリスティング

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在:

Google広告