2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 終戦記念日 | トップページ | ビアガーデン »

2016年8月16日 (火)

日本のいちばん長い日

この前の日曜日、見るつもりはなかったんですが、たまたまチャンネルを回していたら(チャンネルを回すっていう表現もうしないですね)、日曜洋画劇場でやっておりました。あれ、日曜”洋画”劇場…まぁいいか。

日本のいちばん長い日

そう。第二次世界対戦(太平洋戦争)が終わった1945年8月15日(とそれまでの数日間)、日本がポツダム宣言を受託し、連合軍に無条件降伏するまでに何が起こったか、一部の陸軍の暴走や玉音放送までの経過が描かれた戦争映画です。戦後70年である2015年に公開された方のバージョンです。

戦争映画といってもドンパチやる場面はあまりなく、画面も比較的キレイめ。軍部の皆さんはやはり戦時中は上流階級だったというのがよくわかります。ですが、やはり全体的にはとってもシリアスでした。割と8月15日に入るまでが長かったのですが、自分は飽きずに観られました。CMの入れ方がなかなかえぐかったですが、映画って続きが気になりますよね。

一度見出すと止まらない。最初の30分以外はずーっと見ていました。これ、ノンフィクションなんですね。多少の脚色はあるかと思いますが、人間というものは思想が固まってしまうとこうも恐ろしく…というか、強くなるのかと改めて実感させられました。

基本的に一般市民のことはあまり描かれません。軍や国のお偉いさん中心でストーリーが動くわけですが、そこでどんなことが起きていたか、どんな考えが交わされていたか…安易に戦争反対というのもいいですが、なぜあの時日本は戦争に進んでしまったのか…考えさせられます。

それにしても昭和天皇役の本木雅弘さんの演技が光っていましたね。さすがです。天皇の役というのはかなりプレッシャーだったと思いますが、見事に雰囲気が出ていました。その他はいろんな人が出てきて早口で難しい言葉をバシバシしゃべるなぁ…という印象。あの時の緊張感を出すためでしょうが、字幕付きで見ていたからいいものの、音声だけだとキツかったかも知れません(逆に字幕だけだと大変だったかも)。

この時代に関する事前知識を身につけてから観ると良いと思います。

« 終戦記念日 | トップページ | ビアガーデン »

テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 終戦記念日 | トップページ | ビアガーデン »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: