2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« N-Action新体制 | トップページ | 個人賠償責任保険に入りました »

2016年6月 7日 (火)

京通研 運営委員会に復活

先週の土曜日、京通研(京都手話通訳問題研究会)の運営委員会に出席してきました。どこかで書いたかと思いますが、今年度の総会から運営委員(「研究部長」)になったのです。京通研を動かしていくトップの十数人(大げさ)のうちの一人です。

”復活”と書いたのは、以前も経験したことがあるからです。あれは国リハを卒業して京都に来て2年目の時でしょうか、お誘いを受けて運営委員に就任しました。その時の肩書きは「事務局次長」でしたが、結構名ばかりでご迷惑をおかけしたと思います。今回は「研究部長」ということで、名前は堅苦しいですが、要するに「いろんな学習をしていきましょう」という担当です。

なぜに運営委員になることになったのか。それはお世話になっているとある方から「研究部長、やってみない?」と脅しの連絡…いえいえ、お誘いを受けたのがきっかけです。その時は仕事がとっても忙しくて考える余裕もなかったのですが、そのまま総会を迎えて、だめ押しで「どうする?今決めて~」と言われ、「じゃあ、やらせていただきます」となりました。

たぶんウメでは力不足な役ではあるのですが、京通研の皆様は暖かい方ばかりなので、何とか出来る限りのことを無理せず頑張ろうと思います。「何かやるときは協力するし~」と皆言ってくださっていて、実際に口だけではないことは今まで一緒に活動してきているのでわかっていますし、大変心強いです。

全国のN-Action、京都のN-Action、それに京通研の運営委員と、役が増えまして、手話の活動の幅を少し広げていって、いろんな経験ができたらいいかな、と。んでもって先週の土曜日(毎月第一土曜日が運営委員会会議)が初回の会議でした。

お誘いいただいた方からしっかり「土曜日会議がありますから参加してくださいね~」と連絡をいただいて、参加。数年前に参加した時と雰囲気は同じでした。会議とはいってもかなり和やかで、皆前向き。このふんわりとした感じが京通研の運営委員会の良いところだなぁと再実感しました。それでも決めなきゃいけないことは決める、しっかりするところはしっかりしています。

これからとりあえず1年間、研究部長としていろいろと京通研のために頑張りたいと思います。会員さんが参加したい、と思えるような学習企画とか立てていければな、と。もちろん、自分も学習しつつですけどね。ということで、頑張ります~。

« N-Action新体制 | トップページ | 個人賠償責任保険に入りました »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« N-Action新体制 | トップページ | 個人賠償責任保険に入りました »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: