2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 部活でお花見に行きました | トップページ | ア*ン*ケー.ト.はこち_ら »

2016年4月 5日 (火)

おくすり手帳がないと40円高くなる

皆さんは「おくすり手帳」って持ってますか?ウメも持っていますが、自分が使っている薬の名前・量・日数・使用法などを記録できるミニ手帳で、だいたいの薬局では処方してもらった薬の名前や効能が書いてあるシールをもらって貼り付ける形になっています。

ウメも心療内科の時には持参しますが、風邪を引いたときやアトピーの受診の時にはおくすり手帳、出していなかったりします。あろうがなかろうが薬の説明の紙はもらえますしね。んでもってこれまでは、おくすり手帳を出さない方が支払が微妙に安かったりしたんです…が。

4月から診療報酬が改定され、「おくすり手帳」を持参しない方が窓口で支払う金額が高くなる可能性があるという何とも不思議な現象が起きるかもしれません。

こちらのニュース記事
から引用(一部抜粋)させていただくと…

■2016年4月からはおくすり手帳の有無で医療費が変わる

2016年度の報酬改定では、手帳を持っている患者に対し、経済的なメリットを示した。具体的には、4月からの管理指導料を、おくすり手帳を持参した場合は380円に引き下げ、おくすり手帳がない場合は500円に引き上げたのだ。差額は120円。手帳の有無によって、1割負担であれば10円、3割負担であれば40円の差が生じることになる(四捨五入で10円単位で計算)。
■手帳を持っていても安くならない場合もある
注意したいのは、管理指導料が減額されるのは6カ月以内に同じ薬局で調剤を受けた場合のみという点。6カ月以上来局していない場合や、別の薬局で薬を処方された時の管理指導料は、380円ではなく500円となる。

また、大病院の前などにある、いわゆる大型門前薬局と呼ばれる薬局などでは、管理指導料は500円となる。複数の場所での薬の処方を、門前薬局ではなく地域の「かかりつけ薬局」に取りまとめることで、患者の普段の健康相談などの窓口を担ってもらったり、医療費を抑制したりする狙いがある。


ということだそう。手帳を持っていった方が「管理指導料」が安くなる、ということなんですね。ただその安くなるのもかかりつけ薬局のみ、ということで、何だかなぁ…という感じです。

そりゃーね、今使っている薬が何かっていうのをまとめて管理するのは大事ですけど、もうちょっとスマートなやり方でできないですかねぇ。手帳持っていないと”値上げ”っていうのがなんとも…。一応スマホなどの電子版おくすり手帳の場合でもこの診療報酬改定が適用されるそうですが、そもそも薬局が対応してくれるのかはナゾ。

まぁ「おくすり手帳」を持てば良いんですが、急に体調が悪くなった時とかはどうしても持っていかずに病院にいったりしますし、肌身離さず持つものではないですからねぇ…。こんなこと言っているヤツがいるから普及しないんだ!と薬剤師さんから怒られそうですが汗。

まぁどちらにしても数十円の話なのですが、お金の問題ではなく、手帳のあるなしに関わらず自分が服用している薬の管理はしっかりしましょうね、ということです。はい。

« 部活でお花見に行きました | トップページ | ア*ン*ケー.ト.はこち_ら »

勉強します!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 部活でお花見に行きました | トップページ | ア*ン*ケー.ト.はこち_ら »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: