2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2015年7月19日 - 2015年7月25日 | トップページ | 2015年8月2日 - 2015年8月8日 »

2015年7月26日 - 2015年8月1日

2015年8月 1日 (土)

Windows10にしました

7月29日(水)からいよいよ発売(無償アップグレード)が開始されたWindows10。3日経ちましたが、皆さんはもう手に入れましたか?それとも様子見していますか?それとも予約はしたけどまだアップグレードしていませんか?

どうも予約をしていたとしても29日に全員に自動的に通知が来るわけではなく、順番に通知が来るような仕組みになっているようです。Windows7、Windows8.1をご利用の方は1年間は無料でアップグレードできるので焦らなくてもいいですし、移行しても問題ないか確認してからアップグレードしても良いのですが、やっぱり気になりますよねえ。

実は無償アップグレード対象パソコンなら、Microsoftの公式WebサイトからWindows10をすぐにダウンロードしてアップグレードすることができます。

Windows 10 のダウンロード

というわけで、ウメも早速ノートパソコン2台でアップグレードしてみました。もともとWindows8.1だったので使い勝手は変わらないだろう…ということです。

Windows101

まずはダウンロードを開始して、用意ができたらWindows10をインストール。もちろん今までのデータ、ソフトや環境は残したままですよ。どきどき。

Windows102

アップグレードはこんな感じ。なんか日食みたいになっていますが、カメラのフラッシュの反射です汗。この画面が小一時間ほど続きます。シンプルですがシャレオツです。それとなく。どきどき。

Windows103_2

ウメのパソコンでは数十分くらいで無事アップグレード完了です。画面やサウンドの設定が若干デフォルトに戻ってしまった以外はアプリもほとんど動いております。データも問題なさそうです。なんだか全体的にシャレオツになっています。スタートメニューが全画面じゃなくなったのが良い感じ(今まではフリーソフトを入れて対応していました)。

まだ全然使いこなせていないのですが、フォントやデザインがオサレになり、動きも心なしか速くなったような気がします。もうちょっとWindows10らしいことをしたらまたレビューしたいと思いますが、意外とあっさり終わってビックリです。簡単でした。

というわけで、Windows8.1の方ならおすすめです。Windows7の方は使い勝手が多少なりとも変わりますので、ちょっと待った方が良いでしょう。

8月!夏本番!

今日から8月です!

思えば7月は何だかあっという間に過ぎてしまいました。とてつもなく暑かったのと、台風11号の影響で雨がずいぶん降ったなぁ…ということくらいしか記憶がありません。あ、車も買えましたね(納車はまだなのですが汗)。

小中高生のみなさーん、夏休みはあと1か月しかありませんよ~宿題進んでいますか~(クソッうらやましい!)大学生のみなさーん、夏休み2か月ですね~(うらやましすぎ)。

ワタクシは今月は全通研三重集会参加以外には特段大きなイベントもなく…ないはずです。お盆も休みではありませんので、通常通り仕事に参ります。今年は猛暑になるそうで、暑さに負けない身体作りをしていかないといけませんね。また夏バテしなきゃいいけど。

夏かーそうですねぇ~どっか海とかにでも行って夏らしいことした方がいいですかねぇ~。何にも思いつきません!とか言っている間に9月になってしまいそうです(笑)三十代もも半ばを過ぎると時間が経つのがあっという間です。ホントに。

2015年7月31日 (金)

からあげクンハワイアンバーベキュー味

Karaagehawai

久しぶりにローソンに行ったら、からあげクン1つ増量キャンペーン開催中だったので買ってきました。最近は味も増えたんですね。餃子味とかもあったのですが、今回は「ハワイアンバーベキュー味」にしました。

結論から言うと、どの辺りがハワイアンなのかはわからず、ノーマルなからあげクンの味に近い(まぁ普通に美味しい)感じでした。ハワイアンが何なのかが分かっていないウメなのであります。

アレですね、マクドナルドの問題が出てからでしょうか、「国産若鶏100%」なんて文字が入るようになったんですね。それくらい久しぶりにからあげクン食べました。行動範囲圏内にローソンがないんですよ。食べ過ぎたら太っちゃうのでたまに食べるのが良いですね。

次は「餃子味」にチャレンジしたいと思います(次行く時にあるかなぁ)。

顔・声が出ちゃう

久しぶりに通訳の話を連続で。

手話通訳って当たり前ですけど顔を隠してはできません。声を出さずにはできません。まぁ聞き取りだけなら声は出しませんし、読み取りだけなら顔は出ないこともある場面もありますが、基本的にはどちらかは絶対に出ますよね。

相変わらず首相官邸の手話通訳がニュース番組で映らない時代が続いておりますが、要するに「見られて」「聞かれて」ナンボです。ただし、それは「必要な人にとって」という注釈がつきますよね。必要じゃない人は見ない、という選択肢もあるでしょう(お願いだから「邪魔」とか言わないでね、必要な人がいるんだから)。

テレビでも講演会でも、聞き取り通訳なら顔は絶対に晒されます。ろう者が出てくれば読み取りしますので声が皆に聞かれます。まぁ声については大きな問題にはならないことが多いですね。声だけで「誰か」を判別するのが難しいからでしょうか。問題は「顔」です。

テレビの手話通訳をするなら「自分の顔がテレビに映る」という覚悟をして臨むのは当たり前ですが、例えば講演会なんかの通訳に行ったときに、メディアの取材が入っていたりして自分の知らないところで写真が載ったりすることもありますよね。事前に聞いていればまた違うかもしれませんが。

例えば手話通訳をされている方で個人情報に敏感で「そういうところに絶対に顔を載せないでほしい」と考える方もいらっしゃるでしょうけれども、手話通訳の真っ最中に顔を隠すことはできませんし、すべきではありませんよね。そういう意味ではある程度「そういうものだ」と思って臨まなければいけない職業(職業とは言えないんですけど汗)かもしれません。

ウメは自分からネットで手話動画をアップしているくらいですから、全然気にしません。むしろ手話通訳している自分を映してもらって啓発になるならいくらでも!というタイプなのですが、「絶対に嫌だ」ではなくても「できれば…」という方も多いでしょう。

もしかしたら(撮影が禁止されていない)会場で「手話の勉強をしているんです!手話通訳を録画させてください!」と熱心な手話学習者がいたらどうしますか?ろう者が「友達がどうしても講演会に参加したかったんだけどできないから録画する」と言ってきたら…。いや、そもそも事前承諾無しで気が付いたら録画されていたらどう対処しましょうか。

ろう協主催の大会なんかはもう撮影前提でいつの間にか映っている(写っている)こともしばしばありますが、思いっきり手話通訳目当て(その場の情報保障という意味では無く)に来ている人が出てきたら…どうすればいいんでしょうかね。ありがたい事ではあるかも知れませんが。

とまぁ、極端な話になっちゃいましたが、結構大勢の人に顔を見られたり声を聞かれたりするわけですよ、手話通訳って。今はマイナー(そもそもやっているのに映らない…以下省略)なので「手話通訳者の人がいるー」くらいで済んでいるかもしれませんが、今後認知度が上がってきたら、顔や声が出ちゃうリスク?ということも考えなきゃいけません。まぁね、そんなことを考える前にやらなきゃいけないことはたくさんあるのですが、でも忘れちゃいけない大事な部分だと思いますよ。

2015年7月30日 (木)

自分一人という責任

ウメはあまり個人通訳に行くことがありません。もちろん、経験としてしておかなければいけないことですし、実際に派遣制度で行われている通訳の多くは医療場面や教育、お店などいろんな場面での(対)個人通訳です。

この場合、対象となるろう者は1人(か、多くても家族の範囲)。聞こえる人もそれほど多くはありませんよね。例えばウメが良くやる講演会の通訳なんかは通訳者が複数いることがほとんどですが、個人派遣の場合は通訳者は1人でしょう。

そうすると、そのろう者と聞こえる人を繋ぐことができるのは通訳者1人。まぁどんな場面でもそうなのですが、お互いの言葉がわかり、コミュニケーションの橋渡しができるのは手話通訳者1人しかいないんです。双方が相手の言葉を確認することはできませんからね。

手話通訳に限らず外国語通訳もそうでしょうけど、通訳が間違ってしまったら(そしてそれを訂正できる人がいなかったら)、コミュニケーションが成り立たなくなり、一歩間違えば大変なことになりかねません。通訳をする、言語を翻訳して伝えるというのはそれくらい責任もありますし、重要なことだと思うんです。

それを(歴史があるとはいえ)半分ボランティアみたいな制度に頼ってしまっていたり、職業として確立されていなかったり、手話に限らずですが数日間の養成で「できまーす」と現場に送り込んでしまったり…あんまり悪例ばかり出すと現場でがんばっておられる方に失礼ですが、特に医療現場で医者の話を聞く、自分の病状を説明する、というときに、信頼できる手話通訳者がどれだけいるでしょうか。また、それだけの技術を持った人が何人いるでしょうか。また、それに応えられる通訳者への対価・保障はできているでしょうか。

今はある種これまでずっと頑張ってこられた方を中心とした「個人」の力で何とかなっている部分が多いかも知れません。昼間動ける方は仕事をしていない人が多いですし、実際にウメも本職がありますので、昼間に個人の医療現場の通訳にいくことはできません。最近では行政でも手話通訳者の採用が増えてきましたが(そういえば明石市ってどうなったんだろう)、正職員ではないものも多かったり、応募者がいなかったり、別の仕事に忙殺されてしまったり…安心して通訳(またその関連業務)に携われる人ってどのくらいいるのでしょうか。それを仕事にできている人は何人なのでしょうか。

手話通訳の”質”って個人の技術・知識もそうですが、環境として整えていかないとどうしようもない部分があると思うんです。今までだったら「手話通訳者がいない時代よりはマシ」なのかもしれませんが、これからは手話通訳者がいて当たり前、自分の自然な手話で話すことができて、聞こえる人の話も自然な手話で表現してくれる技術の高い手話通訳者のニーズって高まってくる(高まってきて欲しい)と思うんですよね。それに応えられる人材がどれだけいるのか…。

現状は大変厳しいと思います。別に個人通訳に限った話でもないですし、どんな場面でもそうなのですが、やっぱりろう者の生活に直結するのは個人通訳。その担い手をどう育てていくか、増やしていくか、質を高めていくか…ろう者に気を使ってもらっているようではダメだと思うんですよね。現に若い人は「通じないし他の人が入って気を遣うから自分で何とかする」といって手話通訳派遣を頼まない人も増えていると聞きます。もちろん、誰もいなくて通じるならそれで良いかも知れませんが、手話通訳者がいることで「こんなに通じるんだ」というメリットに気づいて欲しいのです。そのための制度であるべきだと思いますし、手話通訳者はいつも「自分一人が責任を持って通訳をする」ということを現場では肝に銘じて欲しいと思います。もちろん、ウメ自身も含めて。

ただ、それが手話通訳者のプレッシャーやストレスの元にならないように…なかなか難しいですね(^_^;)

初めて手話を教えるとき

ろう者や手話業界に関わっている皆さんなら、初めての人に手話を教える学習会とかそういうものの講師や手伝いをしたことがある人も多いのではないでしょうか。いわゆる奉仕員養成・通訳者養成のカリキュラムではなく、どこかから依頼を受けたりで単発か数回で開催するパターン。「学習会」てきなきちっとした感じのものもあれば、和やかに話ながら、というのもあるかもしれません。時々行政や企業が「手話の勉強会を開催しました」という感じでニュースに載っていますよね、あんな感じ。

やり方として思いつくのはやっぱり簡単なあいさつとか、自分の名前とか、要望にあった単語を覚える。その「覚える」というのはどちらかというと聞こえる人が表現するという意味で「単語を覚えてもらう」ことが多いですよね。やはり聞こえる人のベースは日本語なので、それに沿ったものになるかと思います。もし時間があれば聴覚障害の基礎知識やろう者の暮らしぶりを話てもらう、なんてのがオーソドックスな学習方法でしょうか。

それはそれでベースとして良いと思いますし、初めての人対象ならそれでも良いと思います。時間も限られていますし、基本的なことをやれればいいと思うのですが、個人的にそれプラス2点ほど要素を足していければもっと良い学習会になるかな、と思ったことを書いておきます。似ているのですが。

まず1点目は「ろう者が自然に話している手話を見てもらって、”わからない”という体験をしてもらう」ということ。学習会の時のろう者の手話は、きっと気を使ってくださってとーってもゆっくりになっていて、わかりやすい表現になっていると思います。それはそれでアリなのですが、ろう者が普段使っている手話はそんなものではありません。でもそれを初めての人に覚えろ、というのはどだい無理な話なので、ろう者同士で自然な会話をしてもらい、それを見てもらう。そして「何の話をしているのかわからない」「手話でこんなに豊かな会話表現ができる」ということを知ってもらう(大げさに言えばショックを受けてもらう)ことが大事だと思います。

ろう者は音声があふれる社会の中でつねに「わからない」という体験をされています。それに慣れてしまっているかもしれませんが、やはり不便なことだと思います。一方で、私たち聞こえる人は、まぁ外国にでも行かない限り(外国に行けばそれなりの覚悟もできますが)「話している内容がわからない」ということはそうそうありません(難しすぎてわからない、というのは除いてくださいね)。その経験が圧倒的に不足しているんですよね。

なので、できればろう者の中にぽつんと1人受講生を入れるくらいでショックを与える(機会があれば)方が、きっと手話を覚える意欲が強くわくと思いますし、インパクトもあると思うんです。それが全ての人に取って良いやり方なのか、と言われると自信の無いところなのですが。

2つめは、自分が表現する方ばかりではなく、相手(つまりろう者)が言っていることを分かる努力をすることを教える、ということです。いきなり相手の手話を読み取れ、ということではありません。ろう者も手話が分からない方に対して手話でまくし立てて話すなんてことはしませんし、まずは受講生がろう者と接したときに「何を言っているんだろう」という興味の気持ちを持ってもらいたいのです。

どうしても「分からない」と焦ってしまって相手が何を言おうとしているのか見ようともしない、自分が覚えたての単語を表現することでいっぱいいっぱいになってしまう人がいるのですが(その気持ちも大事なんですよ)、手話に限らず言葉は双方のコミュニケーションが成り立ってのもの。自分と相手が伝えたいことを何らかの形で通じさせ合う必要があるんですよね。それが「手話」というものに限定されなくても、時には筆談でも、ジェスチャーでも、方法はいろいろあると思うんです。

もちろん、手話で会話できれば一番良いんですけど、まずは「方法」じゃなくて「気持ち」が大事なんだ、ということを伝える。そして手話を教えていく…結果簡単なあいさつと名前しか覚えられなかったとしても、ポイントと心を掴めば次の機会で手話を学んでくれるかもしれないですよね。そういう教え方・学習会の開き方をすればいいのにな、と思っています。

自分がそれを「やれ」と言われたときにできるかどうかはわからないんですけどね…。でもやっぱり最初が肝心ですからね。初心は大事です。

2015年7月29日 (水)

楽しい車選び 番外編 お店までの行路

今回車を購入したのが久御山町にあるディーラーさん。久御山町には鉄道が通っていないんです。見に行った時はカーシェアリングを使って車で行きましたが、契約の時は電車で。近くの駅まで迎えに来て下さるということで甘えさせていただきました。久御山町といえば「久御山JCT」と「イオンモール久御山」くらいのイメージしかなくて…実は足を踏み入れたのも数回。町は「巨椋池」を干拓した平地がほとんどで、「広い」というイメージでした。

まずは自宅からJRで京都駅へ。そこから向かった先は

Kintetsu1

近鉄京都駅。近鉄京都線に乗ります。久しぶりです。普段なかなか乗らない電車に乗る時って嬉しいですよね。え?ウレシクナイ?そんなことおっしゃらずに。

Kintetsu2

近鉄京都駅は数年前にホームが増築され、4番ホームまでできました。駅の表示もこのようにフルカラー液晶(だと思う)表示で見やすい。良いですねぇ~こういうのを見ているとニヤニヤします。え?どこがって?何となくです。

Kintetsu3

乗り込んだのは「大和西大寺行き 普通」(近鉄はこういう言い方をする)です。そう、さっき表示していた急行には乗りませんでした。だって急行が止まらない駅なんですもの。新しめの車両で気分も上がります。

Kintetsu5

京都駅から約20分ほどで着いたのがこの駅です。分かるか?って。しかも写真真っ暗ですね、ごめんなさい。京都市伏見区にあります「向島(むかいじま)」駅です。2面4線ある駅ですが、急行・特急は止まりません。

Kintetsu4

近くに大規模団地や各種学校があることもあって、近鉄京都線の中では乗降客数もまぁまぁ多い駅となっています。お店はここから車で15分くらいでした。近鉄の時刻表って行き先別になっている珍しいタイプなんですよね。

というわけで、ここからお店まで送迎してもらいました。ここか、京阪中書島駅でも同じくらいの距離だそうです。うーん、久御山町には車がないと行けなさそうです…。

で、車を契約した帰りなんですが、近鉄京都駅に降り立った時にJR京都線が人身事故で運転見合わせとなり、帰れなくなりました汗。運転再開予定まで1時間程度という情報だったので、京都駅周辺をフラフラして待っていてもよかったのですが、また電気屋で「これください」をやってしまいそうな予感がした(もうお金を使うわけにはいかないの!)ので、幸い改札を出る前だったこともあって一つ前の「東寺」駅まで戻って市バスで帰宅となりました。

京都方面の急行って大分混んでますね。皆さまどこにおでかけするのかしら。ラッシュもすごいと聞いていますし、たまに使うのが良いですね。しかしまたしてもJRにやられました…。

楽しい車選び そして決定!

すいませんねぇ。自分が車を買った話を延々と書きまして…。自慢話ですよね…もうしばらくお付き合いくださいませ。

で運命の結果発表の日。当選なら電話連絡、落選なら自宅ポストにお手紙。その日のお仕事は手につかず(ウソです、ちゃんと働きました←でも先輩に「そわそわしてるね」と言われました汗)でしたが、無事当選の電話連絡をいただきました!

8月1日から止められる(お金も発生)ということで、車も早急に決めないといけません。提出したムーヴは売れてしまっていたので、3連休の初日に見に行った車に決めました。

Day2s

じゃーん。日産の「デイズ」 です。久御山まで見に行ってたんです(大雨の次の日でJRが動いていなかったのでカーシェアリングで車を借りて車を見に行くという妙な行動)。最初全然候補に入っていなくて、そもそも「デイズ」は普通自動車だと思っていたのですが、軽自動車だったんですね。この車は三菱の「ekワゴン」のOEMで、嵐が宣伝しておりました。

ネットで調べてみたら、「走り」に関する評判はあまりよろしくない(非力らしい)のですが、ま、軽自動車なんてそんなどれも大差はないでしょうし、だいたいは自分1人しか乗らないですし、遠出もしないですし、良いかな、と思っちゃいました。これが吉と出るか凶と出るか…。

結局お値段は3ケタの大台を超えました。頑張りました、ウメ。走行距離約500キロの今年3月(3月という税金があがる直前の登録なのが高ポイント。車検も2年半以上あり)に登録したばかりの「デイズ X」です。ご覧の通りパールホワイトです。ナビ(しかもフルセグ)はついていましたので、ETCを後付けしてもらいました。

あのCMでもおなじみの「アラウンドビューモニター」(車庫入れの時とかに上から車を見たような感じで表示できるアレ)搭載。衝突防止エマージェンシーブレーキも付いてます(使いたくないですが)。エアコンは無駄にタッチパネル!(どうなんだろう…)。ETC以外の必要そうなものはすべて揃っています。現行モデル(新車でも買える)です。外見がかっこよくて内装も凄くオシャレで一目で気に入ってしまいました。

訳ありなのでお安めだったんです。訳ありに手を出すのはどうかな…と悩んだのですが、そこはディーラーさんがしっかり整備してくださっているし、保証もついていますし、大丈夫だろう、ということで決めてきました。日産の看板を背負っているディーラーで変な日産車は売らないでしょう!(そうであってほしい)。

ということで、まさかの日産の軽になりました。初めて購入した車が日産のサニーなので、原点に戻ることになりましたね。でもほぼ新車なのでちょっと嬉しいです。先週の土曜日に契約してきました。契約すると「あー買っちゃった~」という気分になりますね。でも良いです。もうお金も一括で払っちゃいました。楽しみに納車を待ちます。

これからウメの相棒は「デイズ君」となります。

2015年7月28日 (火)

楽しい車選び いくつか拝見

ネットで検索したら出るわ出るわ。

車種候補としては「ムーヴ」「ワゴンR」「ライフ」(Nシリーズはまだ値段が高い、タントは背が高すぎる)を中心に検討して行きました。あとは年式と装備と走行距離と値段…。とりあえずナビとETCは欲しい(別に後から付ければいいんですけど、最初に付けておきたいタイプ)、エアロとかはどうでもいい、オートマ(オートマ限定免許なので当たり前ですね)、譲れない条件はそのくらいでしょうか。あとはどのくらい値段を出すか、で変わって来ます。あとは「ミラ」「アルト」系にすれば大分安くなるのですが、室内が狭め…。

3万キロ以上走っていたり、6~7年落ちの車でも状態が良さそうでお買い得かもしれないのですが、やはりせっかく買うならもうちょっと新しめのものがいいかな、と思って探しておりました。

結局見に行ったのが4店舗かな。いくらネットでいろいろ確認しても「中古車」はモノを見ないと始まりません。自分、車は全然詳しくないのですが、やっぱり安い買い物ではないですし、家電のネットショッピングのように実物を見ないで「ポチ」とはできませんよね。

なのでディーラーさんには「駐車場に応募してまして、当たれば買えます」と正直に伝えて問い合わせし、お返事があったところの車を見せてもらいました。

いろいろ見ると欲しくなる…そして迷う…でもそもそも駐車場が確保できなければ買えない…けど欲しい…という中で、最近の軽自動車ってのはずいぶんと豪華というか、シャレオツになったなぁと思いました。街乗りなら十分ですし、4人乗っても(パワーはともかく)広いですし、燃費も良くなりましたね。

どのディーラーさんも親切にしてくださり、車も見せてもらいましたが、どれも綺麗。1つだけ(前のオーナーでしょうが)タバコの匂いがしたのでそれは何も言わずに短時間で見て終了!というのがありましたが、それ以外は「どれもいいなぁ」と思うものばかりでした。

でも、結局駐車場が確保できるまでは抑えられません。1軒「確保できたら買ってもらえるんでしたら10日間待ちます。落ちたらそれはそれで良いです」と言ってくださったディーラーさんがあった(だいぶ押しが強かったですが、雰囲気は和やかで良い時間でした)のですが、正直その車に決めかねている部分もあり(他の車に目移りしていたりしてまして)、お願いはしませんでした。けど次買う時はこのお店絶対に行こう!と思いました(次はいつになるのやら)。

駐車場の申込には車の情報がある程度必要なので、見て一番良いなと思ったムーヴの情報を書き込んで申込しておきましたが、数日後その車は売れてしまいました涙。やはり皆狙うものは似ているのでしょう。で、管理会社さんに問い合わせしたら曰く「寸法が入れば他の車になっても大丈夫です」(軽なので全長と全幅はほぼどれも同じ)とのことだったので良かったです。

(続く)

楽しい車選び 候補は軽自動車

ちょっと(大分)高い物を買うときって、選んでいるときが一番楽しくないですか?

実は駐車場の募集があってから、改めて車を買おうという気持ちになり、いろいろ選んでいました。もちろん、落選する可能性も十分にあり(前回もそうだった)ましたので、あまり気合いを入れすぎるとぬか喜びになるので、ほどほどにしていたのですが、それでも数件ディーラーさんを回って車を拝見させてもらいました。

元々ウメは車を買うなら維持費の安い軽自動車しか考えていませんでした。そもそも通勤で使うわけでもないですし(仮に使うにしても問題はないのですが)、同居家族がいるわけでもないですし、たまに友達を乗せられれば十分ですし、維持費の安さで言えば軽自動車がやっぱり抜群。それに今回募集があった駐車場スペースは軽自動車しか幅が入らないところでした(申し込んでから気が付きました)。

ウメの自動車遍歴を整理すると初めて購入したのが日産サニー(中古・25万円)→三菱ミニカトッポ(中古・30万円)→ダイハツムーヴ(新古車・70万円)、でそこからは実家の車に乗ったり、カーシェアリングを利用したりで自分名義の車は4台目になります。そもそも最初の車がサニーって、なんて渋すぎるチョイスをしたんだ自分。

今も実家にはムーヴ(母使用)が置いてあり、運転にも慣れているのでムーヴ、もしくはそれと似たような背が高いめのワゴンから攻めることにしました。軽自動車はご存じの通り今年4月の登録車から軽自動車税が1.5倍になってしまったこともあり、新車は考えず、新古車か年式の浅い中古車で。お値段的には頑張るか抑えるか…迷いどころでしたが、とりあえず調べてみよう見てみよう~から始まりました。

お店はいわゆるディーラー系の中古車を取り扱っているお店限定で。一般の車屋さんが悪いわけではないのですが、やはり何かあったときにディーラーに持っていけるのは安心感が違います。んでもってネットで見れば大阪や滋賀からも探そうと思えば探せますし、取りに行くのもできなくはないのですが、登録費用が上がったりするので、京都府内(しかも自宅から電車でいける範囲)にしました。

それでも車種を絞らなければいっぱい出てくるんですよねぇ。それでお金を出せば出すほど良いブツがあるんですよねぇ…さてどうしましょうか…。

(続く)

2015年7月27日 (月)

メールが追えない

第49回全国ろうあ者体育大会in京都開催まであと2か月を切りました。実行委員会の準備もいろいろと佳境に入ってきています。担当の広報部については、そろそろ参加者に配る「大会プログラム」の編集作業の締切が近づいて来ております。Webは何かあれば随時更新。インターネットからのお問い合わせ対応などもしております。

その体育大会の実行委員会のメーリングリストがあるのですが、ここ数日、1日に多い日で50件以上のメールが飛び交っており、それを読むだけでも大変です。管理はしていないので何人登録しているかわからないのですが、いろんな担当の人が情報を流すので、広報部・自分の担当に関係があるのかないのか、無くても目を通しておかなければいけないものだと思うので一応は見るのですが、もう毎日パソコンのメールソフトに表示される「新規メール」の数だけでお腹がいっぱいです。

情報共有が大事だとは思いますし、自分もそういう方針でできるだけメーリングリストに流すようにして来ましたが、思いっきり個人宛の内容も含まれていたり…と、なかなか大変で、一応スマホでサラッと見ているから良いものの、これを一気に見るだけで疲れちゃいます。

全部の情報を流すのではなく、整理して欲しい…と思っているのですが、どうもうまくいっていないようで。しかも「もっと前から準備&話し合っておけばよかったのに」ということも続々…。自分も実行委員会の一員なのでなんとも言えないですが、対応が後手後手になってしまっていますね。数日前になって慌てている感じです。

今回の大会の実行委員会が悪い、と言いたいわけじゃないんです。だいたいこんなもんなのですが、何とかならんかなぁ~と思うわけですよ。メーリングリスト1つにしてもそう思ってしまいます。交通整理して適切な情報を適切な範囲で共有する…、皆さんお忙しいので難しかもしれませんが、少しの工夫で皆が楽になることがあると思うんですよね。

愚痴ってても仕方がない。改善できるところは訴えていきたいと思います。せっかく実行委員やっているんですから。

駐車場が当たりました!

「七夕さま」でお願いしたことが叶いました。こちらの記事でも書きましたマンションの空き駐車場に応募していたのですが、見事当選いたしました!といっても、当選の人には確率がわからないようで、もしかしたら申し込んだのがウメだけだったのかもしれないのですが…いずれにしても駐車場が安価で(とはいえ1万円ですが)確保できました!

わーいわーい。これで車が買えます。

そんなわけで、募集があってからというものの、「車が欲しい」熱が再浮上していたのですが、見事に叶いました。その分の資金も(まぁなけなしの貯金をはたきますが)用意してあります。

駐車場を借りて車を持つということは、毎月の支出も増えますし維持費もかかりますので、家電の衝動買いがしにくくなってしまいますが、あれもこれも要望してても仕方がありません。張り切って働きたいと思います。

近隣で借りれば1万8千円…それが1万円。しかもマンションの下。屋根有り。カサなしで部屋まで行けます。大通りから直接入らないといけないのと、スペースがやや狭めなのが不安要素ですが、まぁ大丈夫でしょう。

で、車も実はある程度絞り込んでおりました。そのお話はまた別途。

2015年7月26日 (日)

調子が悪いときは雑炊

Zousui

もう風邪を引いたときの定番になりました。えーと、先週水曜日に作った雑炊です。味付けは「雑炊の素」で、塩、コショウを加えて調整。卵を2個とみじん切りにして冷凍しておいたネギを投入して煮込んで完成!

手軽でお腹に優しくて身体が温まって…ということでいつも体調不良の時は雑炊を作っています。このくらいはさすがにできます。まぁ「素」のお世話にはなっておりますが…。

体調の良いときに雑炊を作ることがあまりないのですが、「身体に優しいもん食ってるなぁ~」という感じがします。はい。

マンション総LED化

ウメが住んでいるマンションが進化しまして、共用部分の照明が全てLED化されました。掲示板にお知らせされてはいたのですが、いざLED化されるとまぁ明るい。入り口なんか明るすぎるくらいです。

これまでは「電球型蛍光灯」が使用されていたのですが、それを全てLED電球に変更。明るさもアップしてくれました。こうやってちゃんと管理されていると安心ですね。しかも徐々にではなく2日間で一気に変えてしまうところがなかなか素晴らしい。

ちなみにウメ部屋はすでに全てLED化しています。あ、キッチンの上の照明だけ蛍光灯(20W型直管)ですかね。

ウメ部屋のあるフロアの廊下もLED化されて明るくなりました。LED電球はすぐに切れるということはないので当分大丈夫でしょう。築年数も7年になりましたが、古さも感じませんし、立地も便利ですし、管理も行き届いている良いマンションに住んだなぁと改めて実感しました。

そして、もう一つ嬉しいことがあったのですが!

それは次回以降の記事にします。

« 2015年7月19日 - 2015年7月25日 | トップページ | 2015年8月2日 - 2015年8月8日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: