2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 新しいスマホに興味がない | トップページ | Googleロゴがシンプルに »

2015年9月 9日 (水)

いつものタイミングで風邪を引きました

今週月曜日、一度出勤したはいいものの、悪寒がするわ気分が悪いわで1時間ほどで早退をさせてもらいました。ええ、ここのところの気温の変化についていけず、いつもの風邪を引いてしまったわけです。

実は日曜日からちょっと様子がおかしかったのですが、特段日曜日は無理をすることもなく、ビタミン剤を飲んで安静にしていたのですが、やっぱり風邪でした。職場を早退して、帰る途中でスマホから病院を予約、その足で食料品とスポーツ飲料を買い込み、一旦家に帰ってかかりつけのお医者さんへ。そしたらそこから1時間待ちでございました。

呼び出し順番が近くなったらメールでお知らせしてくれるシステムで、呼び出されてから行ったのですが、割と待たされましたね…。この時間が辛かった…。高熱が出たわけじゃないのですが、身体の節々が痛いのと悪寒がする感じ。あぁ、いつもの季節の変わり目の風邪でございます。別に油断しているわけじゃないんですけどねぇ。

というわけで、先生の診察。相変わらず愛想の良い先生で「最近、忙しいことなかったですか?」(あ、体育大会!)ということで、バタバタしていた時の疲れが出て気温の変化によって免疫力が下がり、ウイルスにやられてしまったようでございます。とても分かりやすい説明でした。近くに良い病院があって良かった。で、処方されたお薬が…

Kanpou

漢方薬2種類。ここの病院は基本的に漢方薬を出してくれるのがありがたいです。ウメもこっちのほうが合っている気がします。上はのどの痛みによく効き、ウメもよくお世話になっている「桔梗湯」、そして下が今回初処方されました。

「麻黄附子細辛湯」(まおうぶしさいしんとう)。高熱が出たときに「麻黄湯」を処方されたことはありますが、初めてのお薬。これは身体が冷えやすくなった時に出されるもので、身体を温める効果があるそうです。

体の弱い人もしくは高齢の人の病気の初期症状に向く処方です。一般的には、そのような人のカゼのひき始めで、倦怠感と悪寒が著しく、発熱やふしぶしの痛み、痛頭などをともなうときに用います。

身体は弱くないつもりなのですが…でも症状はバッチリ合っています。先生、何て素敵な薬を処方してくれたんでしょう。でも漢方薬2種類を飲むのはなかなか大変です。桔梗湯はまだ「甘い」方(それでも苦いですよ)なのですが、麻黄附子細辛湯(ATOKでも変換できない)は苦い!飲み方を失敗するとゲホゲホすること請け合いでございます。

これを朝昼晩、食前に10日分。症状が治まったら飲むのを止めても良いとのこと。でも確かにこの2つの薬、効いています。あとは無理をしないで、おとなしく治していきたいと思います。寝込むほどじゃなくて良かった。まぁ月曜日は寝てましたけど…こういうときに一人者は大変ですね。

« 新しいスマホに興味がない | トップページ | Googleロゴがシンプルに »

ウメのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しいスマホに興味がない | トップページ | Googleロゴがシンプルに »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: