2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« カードの切り替えは1枚ずつ | トップページ | 京都の電気街・寺町探訪 前編 »

2015年7月 7日 (火)

七夕さま

ささぁーのはぁーさぁーらさらぁー♪

今日は7月7日、七夕ですね。35歳のおっさんが七夕でウキウキしても仕方がないのですが、織姫と彦星が1年に1度しか出会えないロマンチックな日でございます。だいたい梅雨の真っ最中なので、天の川が見られることは半分くらい…でしょうか。

短冊に願い事とかね、子どもたちが書いているのを見てほんわかしますよね。出勤途中に飾ってあるのを見たりなんかして、あぁあの頃は純粋だったなぁ…と。今短冊に願いを書くとしたら…

「車が欲しい(駐車場を安く確保したい)」

とか思いっきり夢もへったくれもない希望になってしまいます。

「お婿さんになりたい」

とか書いたら気持ち悪いですよね。べつにーなりたくもないんですけどーこういうのってぇータイミングだしぃー。あせったらなんかかっこわるいじゃーん、的な。

あ、でも

「健康で過ごせますように」

が一番の願いかな。これホント。

皆さんはお願いするとしたら何をお願いしますか?というか短冊に願いを書く習慣というのは何で始まったんでしょう。諸説有るようですが、こちらのサイトでは…

元来「字・芸事が上手くなるように」という願いを込めて短冊を書いていたのが、時代の流れとともに「短冊に書いたことが叶う」という解釈に変化していった。七夕祭りの元となったのは中国から伝来した儀式だそうで、この儀式はもともと、針仕事を生業とする女性たちが裁縫の上達を願うためのお祭りだった。そのため、上記のような習字を含め、裁縫、工芸などの芸事が上達しますように…というお願い事にご利益があるのだとか。

ということだそうな。

確かに字は下手くそなので上手くなりたいですね。あ、ということは

「手話(通訳)がもっと上達しますように」

という願い事なら本来の目的に近い…かな。自分の努力次第ですけど。

« カードの切り替えは1枚ずつ | トップページ | 京都の電気街・寺町探訪 前編 »

ニュース・時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カードの切り替えは1枚ずつ | トップページ | 京都の電気街・寺町探訪 前編 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: