2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 楽しい車選び 番外編 お店までの行路 | トップページ | 自分一人という責任 »

2015年7月30日 (木)

初めて手話を教えるとき

ろう者や手話業界に関わっている皆さんなら、初めての人に手話を教える学習会とかそういうものの講師や手伝いをしたことがある人も多いのではないでしょうか。いわゆる奉仕員養成・通訳者養成のカリキュラムではなく、どこかから依頼を受けたりで単発か数回で開催するパターン。「学習会」てきなきちっとした感じのものもあれば、和やかに話ながら、というのもあるかもしれません。時々行政や企業が「手話の勉強会を開催しました」という感じでニュースに載っていますよね、あんな感じ。

やり方として思いつくのはやっぱり簡単なあいさつとか、自分の名前とか、要望にあった単語を覚える。その「覚える」というのはどちらかというと聞こえる人が表現するという意味で「単語を覚えてもらう」ことが多いですよね。やはり聞こえる人のベースは日本語なので、それに沿ったものになるかと思います。もし時間があれば聴覚障害の基礎知識やろう者の暮らしぶりを話てもらう、なんてのがオーソドックスな学習方法でしょうか。

それはそれでベースとして良いと思いますし、初めての人対象ならそれでも良いと思います。時間も限られていますし、基本的なことをやれればいいと思うのですが、個人的にそれプラス2点ほど要素を足していければもっと良い学習会になるかな、と思ったことを書いておきます。似ているのですが。

まず1点目は「ろう者が自然に話している手話を見てもらって、”わからない”という体験をしてもらう」ということ。学習会の時のろう者の手話は、きっと気を使ってくださってとーってもゆっくりになっていて、わかりやすい表現になっていると思います。それはそれでアリなのですが、ろう者が普段使っている手話はそんなものではありません。でもそれを初めての人に覚えろ、というのはどだい無理な話なので、ろう者同士で自然な会話をしてもらい、それを見てもらう。そして「何の話をしているのかわからない」「手話でこんなに豊かな会話表現ができる」ということを知ってもらう(大げさに言えばショックを受けてもらう)ことが大事だと思います。

ろう者は音声があふれる社会の中でつねに「わからない」という体験をされています。それに慣れてしまっているかもしれませんが、やはり不便なことだと思います。一方で、私たち聞こえる人は、まぁ外国にでも行かない限り(外国に行けばそれなりの覚悟もできますが)「話している内容がわからない」ということはそうそうありません(難しすぎてわからない、というのは除いてくださいね)。その経験が圧倒的に不足しているんですよね。

なので、できればろう者の中にぽつんと1人受講生を入れるくらいでショックを与える(機会があれば)方が、きっと手話を覚える意欲が強くわくと思いますし、インパクトもあると思うんです。それが全ての人に取って良いやり方なのか、と言われると自信の無いところなのですが。

2つめは、自分が表現する方ばかりではなく、相手(つまりろう者)が言っていることを分かる努力をすることを教える、ということです。いきなり相手の手話を読み取れ、ということではありません。ろう者も手話が分からない方に対して手話でまくし立てて話すなんてことはしませんし、まずは受講生がろう者と接したときに「何を言っているんだろう」という興味の気持ちを持ってもらいたいのです。

どうしても「分からない」と焦ってしまって相手が何を言おうとしているのか見ようともしない、自分が覚えたての単語を表現することでいっぱいいっぱいになってしまう人がいるのですが(その気持ちも大事なんですよ)、手話に限らず言葉は双方のコミュニケーションが成り立ってのもの。自分と相手が伝えたいことを何らかの形で通じさせ合う必要があるんですよね。それが「手話」というものに限定されなくても、時には筆談でも、ジェスチャーでも、方法はいろいろあると思うんです。

もちろん、手話で会話できれば一番良いんですけど、まずは「方法」じゃなくて「気持ち」が大事なんだ、ということを伝える。そして手話を教えていく…結果簡単なあいさつと名前しか覚えられなかったとしても、ポイントと心を掴めば次の機会で手話を学んでくれるかもしれないですよね。そういう教え方・学習会の開き方をすればいいのにな、と思っています。

自分がそれを「やれ」と言われたときにできるかどうかはわからないんですけどね…。でもやっぱり最初が肝心ですからね。初心は大事です。

« 楽しい車選び 番外編 お店までの行路 | トップページ | 自分一人という責任 »

手話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽しい車選び 番外編 お店までの行路 | トップページ | 自分一人という責任 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: