2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2014年8月3日 - 2014年8月9日 | トップページ | 2014年8月17日 - 2014年8月23日 »

2014年8月10日 - 2014年8月16日

2014年8月16日 (土)

やっぱり「ままどおる」

福島ネタが続いてすいませんね汗

今回の集会のお土産は最初から決めていた。福島県郡山市の銘菓「ままどおる」です。なんだかよく分からないけど「福島と言えばままどおる!」とウメの中では決まっていたです。

Mamadooru

じゃじゃーん。24個入りを2つ、48個も購入してしまいました。若干買いすぎです。ほとんどを職場の人(同じ課と同期)に配りました。さすがに48個のままどおるは重かった…。しかも24個入りと言いつつ12個入り×2を再梱包していただけでした汗

ちなみにどんなお菓子かというと、バターを使った生地でミルク味の白あんを包み込んだお菓子です。名前の由来はスペイン語で「お乳を飲む人」というそうです(公式ページより)。

ままどおるWikipediaページもあるんですよ。すごいでしょー。福島県を代表するお土産です。だがしかし、消費期限が割と短く、製造日から8日です。購入したら早く配らないといけません。でもそれを上回るおいしさ。ちょっと多めに買いすぎたので、自分でも数個食べちゃいたいと思います。

(ちなみに、池袋東武百貨店で買えるそうです汗)

食べたくなった方!通販もしているそうなので、三万石のWebサイトへどうぞ。なぜかオンラインショッピングじゃなくて電話かFAXですが。

東北新幹線 郡山駅

東京駅からやまびこ号で約1時間半のところに東北新幹線の郡山駅があります。はやぶさ号は停車しない駅なんですが、乗降客数は結構いるようですね。
全通研集会の帰りに、深い意味も無く撮った写真をご紹介。待っている間に雨がドサーッと降ってきたのですが、もう駅にいたので傘の出番はなかったです。結局集会参加中に大雨にやられることは無かったです。良かった。

Tohokusinkan1

発車案内は3色LEDのタイプ。裏側が壊れていたようで修理していました。乗った電車はやまびこ・つばさ号。もともと予約していた列車より1本早めたんですが、そのもともとの電車はE5系という最新型だったようで、変更してから知って悔やみました。しまった!

Tohokushinkan2

反対側のホームを撮影。下りが2線、上りが1線、そして真ん中に上下通過線が1本ずつという形になっています。写っているのはやまびこ号の盛岡行き。各駅に停車するタイプで、止まっている間にE5系とE6系を連結したはやぶさ・こまち号が通過していきました。の、乗りたい。

Tohokushinkan3

来た電車は行きと同じE2系。でも東北新幹線に乗る機会は少ないので楽しかったです。珍しく良いタイミングで撮影できました(スマホで動く電車を撮るのは難しい)。

で、東京駅でいつもの東海道新幹線に乗り換えて無事帰りました。台風の影響がありましたが、新幹線はほぼ定刻通り(一部遅れている列車がありましたが)。しかしその後の関西圏のJR在来線がエラいことになっていました。台風自体はもう通り過ぎていたのですが、ダイヤが乱れまくっておりました。

Kinkidaiya

駅の案内がこんな感じ。「本数わずか」って…。この日の昼過ぎはほぼ全線が運転見合わせだったようです。ウメの家は京都駅の隣の駅だったんですが、JR京都線もダイヤが大幅に乱れており、およそ30分に1本の運行でした。たまたま10分後に35分遅れの電車が来たので良かったですが、新快速は2時間前に発車しているはずの電車の時刻が表示されていたり、運転取りやめの電車も多かったり…大変だったようです。特に京都駅からの嵯峨野線・奈良線・湖西線はいろいろ激しかったようですね。奈良線は1時間に1本ないくらいの運転本数でした。私鉄は比較的通常ダイヤに戻るのが早かったようですが、JRは広範囲なので大変ですね…。

関西圏でJR線の最寄りでご利用になった方、10日はお疲れ様でした。そしてJR関係者の皆さま、お疲れ様でした。関西圏では大きな被害が出なかったようで、良かったです。台風なので誰を責めるわけではないんですけどね。防災対策・減災対策はしっかりしないといけませんね。

2014年8月15日 (金)

69回目の終戦記念日に思う

広島原爆投下の日にもちょっと書きましたが、また何となく思うところがあったので書きます。

日本は戦争に負けてから69年経ちました。もちろん、自分は戦争を知りません。自分の親も戦争を知らない世代です。ただ、小学校・中学校ではそういう教育に熱心な地域だったので、戦争は絶対にダメだということは植え付けられた世代でもあります。

さて、今の日本は平和だと思いますか?

原発(災害対策)問題、貧富の格差の問題、消費税増税…いろいろ生活を苦しめることはありますし、大変な方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、個人的には日本はとても平和だな、と思います。ほとんどの人は仕事があって、食べるものに困らず、経済や産業も発展していて、何より命の心配をしなくて良い、というのが大きいのかも知れません。表立ってのあらそいごとを嫌う日本人の性格のおかげかも。

そして、この平和な状態がいつまで続くでしょうか。

もちろん、ずーっと続いて欲しいし、今よりもっと福祉が進んで、経済が発展して、豊かな生活ができれば良いですよね。じゃあその平和はどうやって続けるのでしょうか。何にもしなくても続く?一見そう感じますし、実際自分も平和貢献のために何かしているかと言われれば、特別何もしていません。

今、集団的自衛権について、政治的に議論されています。賛成派は「日本人を守るためには必要」、反対派は「日本を戦争できる国にしようとしている」…様々な考え方があります。もちろん、世界中どこでも武力衝突や戦争が起きなければこんな議論もしなくても良いのですが、残念ながらそうではありません。遠く離れた国ではなく、いつ近くの国で何が起こるかわかりません。

ある国からミサイルが飛んでくるかもしれません。ある国は島を武力で奪おうとしています。もしかしたらどこかの国が核兵器のスイッチをポチッとな、と押しちゃうかも知れません。

そんな時、自分たちはどうしたら良いでしょうか。「武力反対!」と声に出せばよいでしょうか、話し合いで解決したら良いでしょうか。もちろん、それも大事です。それで解決できれば本当に良いことです。

日本には今自衛隊がいます。憲法でも「個別的自衛権」は認められているとされています。いわゆる「やられたらやり返すぞ」ということです。その前に「やらせるわけにはいかない」わけですが、そのために何が効果的でしょうか。残念ながら世界には話し合いで解決できる相手ばかりではありません。もしかしたらある種武力的な「脅し」をかけながら均衡を保つことも必要かもしれません。いわゆるアメリカの「核の傘」もその一つかも知れません。

ある日突然ミサイルが飛んできて、領土を奪われて、大切な人を殺され、傷つけられたら…それでも「話し合いで!」「戦争反対!」と言えるでしょうか。勘違いしないでいただきたいのは、決して「戦争をしたい」とか「いつでも攻められるように」と言いたいわけじゃないこと。ただの個人の考えですが、「国を守る」にはそれなりの覚悟も必要なのかもしれない、ということです。

今、自分が「戦争に行け」と言われたら「嫌だ」「行きたくない」と思うでしょう。先の戦争の時も、内心そうだった人だってたくさんいたと思います。それでも止められなかった。「嫌だ」と言えなかった。なぜそうなったのか。

そして70年経った今、どういう考えを持つべきか。理想論はみんなが仲良く平和になること。でも現実的にはそうではありません。国と国(または国内でも)で考え方の違いや利害関係でいがみ合うこともあるでしょう。そんな時にどうやって解決するか。絶対に武力を使わないで済むか。世界中からミサイルを無くせるか…。

難しいですね。

何てダラダラとブログに書ける生活を送れること、これが今の日本(というかウメにとって)が平和だということだと思います。他の国と比べることが良いことではないですが…。さぁ、「国を守る」という考え方が大きく変わろうとしている今、自分たちは何を考え、どう行動したら良いでしょうか。

本当に「日本は戦争ができる国になろうとしている」のでしょうか。本当に「国を守ろう」としているのでしょうか。考えてみてほしいと思います。誰も戦争をしたくはないはず。じゃあなぜ…。どうしてでしょう、そしてなぜ今なのでしょうか。

全然まとまっていませんが、報道を見聞きする度に思うのです。しっかり周りを見て、自分の力で考えていきたいと思います。そしていざというときは何らかの方法で行動できるように…。

大阪府内の自治体の手話通訳募集ぞくぞく

タイトル通りです。

大阪府内の5つの市で手話通訳者職(正職員)の採用案内が発表されています。大阪、すごい。全国の手話通訳士(者)の皆さん(若めの方、今回は最高で昭和49年以降生まれ…ということは40歳までですかね)、気になる方は是非ご応募くださいませ。いずれも来年4月1日採用です。ウメもタイミングがもし違ってたらここのどこかにいってたかも。

四條畷市 1名
四條畷市職員採用試験のご案内

事務職G (手話通訳士) 昭和49年4月2日以降に生まれた人、手話通訳士の資格を有する人 (平成26年度中に資格取得見込みの人を含む。) (学歴は問いません。)

羽曳野市 1名程度
羽曳野市職員募集
事務職(手話通訳) 初級 昭和49年4月2日から平成9年4月1日までに生まれた人で、手話通訳に係る資格を有している(厚生労働大臣認定の手話通訳士試験に合格した人、又は、都道府県、指定都市及び中核市が実施する手話通訳者養成研修事業において手話通訳者として登録されている人)か、平成27年3月31日までに取得見込みの人

枚方市(他の職種を含む7名程度)
平成26年度枚方市職員採用試験のお知らせ(詳細)
事務員A  福祉資格 昭和56年4月2日以降  社会福祉士、介護支援専門員、介護福祉士、手話通訳士(手話通訳者を含む)(「手話通訳士」とは、厚生労働省公認手話通訳士資格を有する者、「手話通訳者」とは、都道府県等認定(登録)の手話通訳者資格を有する者をいいます。)

守口市(若干名)
平成26年度 守口市職員採用試験の実施について
事務職員  大学卒程度 B  昭和59年4月2日以降に生まれた人 手話通訳士又は手話通訳者(C区分の「手話通訳士」とは、厚生労働省の手話通訳技能認定試験に合格し、資格を取得した人。また、「手話通訳者」とは、社会福祉法人全国手話研修センター実施の手話通訳者全国統一試験合格者又は都道府県独自の認定試験に合格した人です。)

富田林市(1名程度)
職員採用案内 >> 職種、受験資格および採用予定人員

事務職 (手話通訳者) 手話通訳士の資格を有する人(平成27年3月31日までに資格取得見込みの人含む)または都道府県で手話通訳者として登録している人 昭和54年4月2日から平成7年4月1日の間に生まれた人

京都もそうですが、こうやって自治体職員に手話通訳者が正規職員で採用されるというのはとても大事なことだと思います。仮に手話通訳の仕事(つまり障害福祉課的なところ)以外に配属されても、役所に手話通訳者がいる安心感はろう者にとって大きいですし、手話通訳者も正職員で待遇が保障されています。これはとても大事です。

ただ、どうしても人数が少なく、もちろん手話通訳の仕事だけやればいいってわけじゃないですから、働き方には気をつけないといけませんけどね。

京都や大阪は正規職員での手話通訳者の採用がありますが、他の都道府県ではまだまだ非常勤や嘱託での採用が多いですね。ウメが前にいた兵庫県は全市町で嘱託職員でした…。こんなに難しい専門職なのに非常勤で良いのでしょうか…。皆さんの地域でも一度確認してみてください。手話通訳者がどの待遇で仕事をしているのか。そしてどれだけ頑張っているのか…。

そして応募がかかるのは良いことですが、それに答えられる若い手話通訳士・者の養成が急務です。募集はしたが人がいない、取り合っている、そんなことでは意味がありません。今後の手話通訳を担う人材は必要です。手話通訳のニーズは少しずつですが確実に広がっていっています。そのために全通研U-35でも何かできたらいいなぁ。

2014年8月14日 (木)

JR郡山駅周辺にチーバくんとうなりくんがいた

前にも来たことがあって、しかも前も同じホテルに泊まった気がしないでもないんですが、とりあえず郡山駅周辺です。駅の写真は金曜日の記事で使ったので…。

Zentsukenkanban

お決まりの看板です。一応全通研集会で行ったんだからコレは撮っておかないと、と思って前にたたずんでいたおばちゃんを無言でどかしました。看板の下の方に写っているのはそのおばちゃんの荷物です。

Yodobashi

つい足が向いてしまうヨドバシカメラ。郡山にもあるんですね~。でも!中には入りませんでした。だって、ここで欲しいものが見つかっちゃったら困る。あ、例のカシオのデジカメ安いかどうか見てくれば良かったなぁ…。わざわざ郡山で買うことはないですな。つい電気屋さんに足が向いてしまいます。

Yurukyara

「郡山うねめまつり」のゲストでしょうか。何故かチーバくんがいました!ちょっとテンション上がりましたよ。各地のゆるキャラが練り歩いていたようです。東北のゆるキャラ全然わかんなかったんですけど、チーバくんはわかりました!

そしてこちらに向かってめちゃくちゃ愛想を振りまいてくれているのはおそらく千葉県成田市のゆるキャラ…知らない…。検索します!

「うなりくん」

成田市の「なり」と「うなぎ」をかけたんだそうです。なぜ「うなぎ」?。まぁいいや。何でも千葉県のゆるキャラではトップクラスの人気を誇るそう。カラフルなオフィシャルホームページまで持ってやがります。

なぜ福島に来て千葉県のゆるキャラに遭遇するのかよくわかりませんが、どうせなら埼玉の「コバトン」に会いたかった。いたのかなぁ。

駅周辺は割と賑やかでした。お祭りやってたからかな。さすが福島第2の都市。と思ったら人口は福島県で1位でした。約34万人もいるそうです。と、都会!郡山っぽいこと…「ままどおる」を大量に買ったことかな!

閉会集会で手話通訳しました

全通研集会ネタをもう少し引っ張ります。というか内容にはほとんど触れていませんが…。

さて、今回福島集会のウメのお仕事の1つ、閉会集会での検診報告での手話通訳。ここ数年担当させていただいているのですが、今回はこんな会場。

Heikaishukai

わぁ、大きな会場。そして人がいっぱい。ここで、24年間集会で検診を続けてこられた先生の検診の報告を手話通訳するという大役。全通研集会なので、ろう者も当然たくさんいますし、自分より全然ベテランな手話通訳者さんがたくさんいるのですが、不思議とこの通訳は緊張しませんでした。

で、困ったのは、先生がPowerPointを使って発表するので、手話通訳がスクリーンに大写しにならないということ。つまり肉眼でしか見られないということを聞かされ、こりゃ大変。できるだけ遠くの人にも見やすい手話表現をしなければ…ということで、かなり張り切りました!

ここで自分が頑張っている写真が有れば良いのですが、自分は通訳中ですから撮影する人がいません。どなたか撮っておられますか?(笑)

※提供してもらったので載せちゃいます。左で通訳しているのがウメです。
Img_1557

報告は30分間だったので、前半15分。検診がはじまった青森集会のことから、各地域で手話通訳者ががんばり過ぎていた状況、そして「よりパン」こと「みんなでめざそうよりよい手話通訳」(増刷しました。税込み200円で販売中)の中身についてのお話を担当しました。よりパンが発酵されたのは20年前ですが、書いてあることはとても重要で、今の時代でも守らなければいけない、手話通訳の健康について記載した初めての画期的な内容である、ということが話されました。皆さん持っておられる様子ですが、はて、ウメも買った記憶があるのですがどこにいったかしら…先生は「是非一度読み返して、この内容を皆で勉強をしてください」とおっしゃていました。その通りだと思います。

一生懸命大きく通訳しましたが、さすがに後ろの方は小さくて手話が見えなかったそうです。しょうがないですね。でも「頑張ってたね」という声かけを何人かの方にもらって、とてもうれしかったです。やっぱり自分、手話通訳が好きなんだなぁ。特にこういう場面の。まぁ好き嫌いで手話通訳をしている訳ではないんですけど、とても良い経験をさせてもらっていますし、勉強させてもらっています。

2014年8月13日 (水)

安積永盛駅

「ビッグパレットふくしま」の隠れ最寄り駅(徒歩20分)、JR東北本線の郡山駅の一つ南にある「安積永盛駅」です。これで「あさかながもりえき」と読みます。「あずみ」じゃないんですね~。東北本線と郡山駅と水戸駅を結ぶ水郡線の分岐駅でもあります。

Asakanagamori1

駅はこんな感じ。田舎のローカル駅ですが、みどりの窓口設置、(自動改札ではないですが)Suicaも使えちゃったりします。本数はだいたい1時間に1~2本程度。郡山駅まで6分程度です。

Asakanagamori2

改札はこんな感じ。右下にあるのが簡易Suica読み取り機。上に時刻表が掲げてあります。駅員さんはいるはずなんですが、券売機の集金のために不在でした。この写真の右側には待合室があります。駅近辺にはお店はありませんでしたが、セブンイレブンっぽいコンビニができそうな感じでした。

Asakanagamori3

こちらはホーム。東北本線なので複線で上りと下りでちゃんとホームが分かれています。ここを利用したのは全通研集会3日目が終了して、きっと郡山駅に向かうバスやタクシーも混み合っていると思いまして、こちらを使いました。参加者っぽい人はウメの他に1人。まさに裏ルート。日曜のお昼過ぎでしたが、発車時間が近づくと地元の人たちでしょうか、結構集まってきましたよ。

Asakanagamori4

乗った電車がこちら。4両編成の郡山駅行き。結構乗客がいました。この時間は1時間に1本しかなかったので乗客が集まったのかな?わかりませんが汗 ドアはボタン式。「開」ボタンで勇んで乗り込んで郡山駅へあっという間。ちなみにこの駅、1日の乗降客数は4000人ちょっといるそうです。おぉ、なかなかたくさん。郡山市内への通勤・通学には確かに便利そうです。はい。

全通研会場 ビッグパレットふくしま

今回全通研福島集会でお世話になった会場は、郡山駅からバスで15分ほどのところにある「ビッグパレットふくしま」でした。大変大きなイベント会場で、先の震災では長期間避難所にもなったところです。

Fukushimabus

JR郡山駅西口から上記の福島交通バスで15分(本当は20分くらいかかる)。300円でございます。バスの本数が思った以上に少なかったです。臨時バスも出なかったので…(出たのかな?)。

でおなじみの…

Zentukenkanban

看板だけ撮影しても仕方が無いのですが、一応メイン会場の看板も撮っておきました。とても大きくてキレイな建物なので全景が撮れませんでしたが、屋内はこんな感じ。

Bigpareto1

どうですか?なんだか空港のロビーみたいでしょ。吹き抜けを活用してとても開放的な空間でした。展示会とかにも活用されているようです。

Bigpareto2

2日目に担当していた特殊検診のお部屋もこんなオサレな部屋を用意していただきました。ステキ。ここは「プレゼンテーションルーム」ということで、半円形の形になっていて、奧のスクリーンを上げれば郡山市街が一望できます。とてもハイテクなお部屋でございました。広すぎてもてあまし気味でしたが汗

各種会議室も設備も整っていて、天井も高く、全体的に開放感があって、たくさん参加者がいたのですがゴミゴミした感じは全くありませんでした。素敵な会場を用意していただいて、大変感謝しています。

2014年8月12日 (火)

今度は全青研in三重へ行こう~(行けない)

全通研福島集会のつどいが終わりました。次は全青研in三重でございます。U-35ページでのご案内を転載します。ブログをご覧いただいている方も是非たくさんの参加を!   
   
しかーし!ウメはどうしても外せない業務が入ってしまいまして参加できません…(大涙)最後の全青研だったのに…。ぐすん。   
   
<以下案内文>   

今年の11月28日(金)~11月30日(日)、三重県鈴鹿市にて「第48回全国ろうあ青年研究討論会 in 三重」が開催されます。テーマは「心をひとつに! -ALL YOUNG PEOPLE OF JAPAN-」です。公式ホームページも開設されています。    
      
第48回全国ろうあ青年研究討論会 in 三重      
http://48thndmofdymie.web.fc2.com/      

      
公式Facebook      
https://www.facebook.com/dai48kai.in.mie      
      
今年も特別企画や記念講演など、企画盛りだくさん。そして大交流会はあの鈴鹿サーキット内で開催!参加資格は(U-35では)満35歳以下のメンバーとなります。定員は400名、参加費は5500円ですが、鈴鹿サーキットホテルへの宿泊パックがおすすめです。詳細は公式Webサイト等をご覧ください。公式Webサイトより、ダウンロードコーナーより「案内書」がダウンロードできます。      
      
また、各都道府県聴覚障害者協会の青年部にも案内書が届いていますので、U-35メンバーで参加されたい方は最寄りの聴覚障害者協会青年部までお問い合わせください。申込締切は9月15日(月)必着です。      
      
なお、U-35メンバーの方で、青年部との連絡方法が分からない…繋がりがない…という方はU-35代表アドレスまでご連絡ください。      
青年部との取り次ぎや申込みなどサポートさせていただきます。      
U-35メンバー用問い合わせメール:u35.zentsuken@gmail.com      
      
今度は三重でたくさんの仲間に会いに行きましょう!      
      
<実行委員会問い合わせ先>      
第48回全国ろうあ青年研究討論集会in三重実行委員会      
メール:48thndmofdvmie@gmail.com

U-35のつどい・交流会無事終了

全通研福島集会、2日目の夜は「U-35のつどい」「交流会」でした。ウメに取っての全通研集会のメインイベント(といったら怒られちゃうかな汗)です。一応代表を務めさせていただいておりまして、毎年夏・冬の集会で開催し、今回で19回目になります。今年度から集会が年1回になりましたので、来年の夏集会、三重集会で記念すべき20回目になります。

さて、今回のつどい(交流会)は70名以上の参加者を迎えるという大規模なものとなりました。北は北海道、南は九州南部から通研会員・ろう協会員が集まってくれました。そして事前に打ち合わせも十分にできなかったのですが、近畿メンバーが積極的に運営に協力してくれました。本当にありがたかったです。

つどいも今回はこれまでとは違い、特色あるものになったと思います。全通研組織部から理事の皆さんが最初から最後までいてくださり、組織部長がミニ講演をしてくださいました。「全通研って何?」という難しいテーマに、山口県のろう協と通研が作った本の内容を紹介しながら、それぞれ参加者が思ったこと、それが「全通研」であること、全通研がなければ出会いがなかったこと、そして若手の皆がしたいことは何か?何ができるか?の問題提起もいただきました。

その後、各地域で積極的に活動しているU-35の報告をしてもらい、グループに分かれてミニ講演にもあった「全通研で何をしたいか」「何ができるか」また悩み・課題は何か(会員を増やすにはどうしたら良いか)などについて、短い時間ですが話し合ってもらい、発表していただきました。

時間が短くて参加者の皆さまにはご迷惑をかけましたが、内容はとても良いものになったかと思います。自分の準備不足でご迷惑をおかけしたことをお詫びします。このつどいの内容については、またU-35のページ(Facebookページですが登録なしで見られます)等で報告させてもらいます。(集合写真を撮る時間が無かったのが悔やまれる)。

そして、U-35にとって今年度は大きな変化が起こる一年になります。来年度の代議員会を目処に、「次世代会員拡大・育成委員会」(仮称)という委員会を発足させます。年齢にこだわるのではなく、若い会員・全通研の次世代を担うリーダーを増やすにはどうしたらいいか、先輩方と一緒に考えてく委員会を全通研の組織内に作る予定です。そのために一応現在U-35の代表の自分が各地と連携して頑張って、そして次の人にバトンタッチしたいな、と思っています。

その後の交流会。郡山市内はお祭りで移動も大変だったようですが、自分は先回りしてお店に行って受付やら席のくじの準備やら…結構何でも屋です。はい。開始時間がかなり遅れてしまいましたが、お店の協力もあって、ゆっくり楽しませてもらいました。良く話すけど話す人、久しぶりに話す人、初めて話す人、一つ一つの会話が楽しいですね。

お忙しい中参加をしていただいた皆さま、また全通研組織部の皆さまには本当に御礼申し上げます。これからも縦のつながり、横のつながりを大事にしていきたいと思います。今回参加できなかった人も、いろんな方法でつながっていきましょう!同じろう運動・手話通訳活動・通研活動をしている仲間です。是非よろしくお願いします。

各地域、ブロック単位でも、U-35の活動が活発なところがあります。そういう情報も是非欲しいので、上記U-35のページまでお願いします。微力ですが、自分も頑張りますので、これからもご協力のほどお願いしますm(_ _)m 次回は三重集会!その前に委員会準備関係で集まるかな…他にも何か行事を企画しようかな…。どこまでやれるかわかりませんが、無理せずに、ですね。

とりあえず、今回は本当にお疲れ様でした。そしてありがとう~(^^)/

今日からお仕事、その前に電車関係

楽しかった全通研集会! 全通研集会!(卒業式っぽく)

というわけで、全通研集会inふくしまでは皆さまお疲れ様でした。毎度毎度実行委員の皆さまの半張りには心を打たれます。はい。そして帰ってきて、掃除やら洗濯やら買い出しやら休養やらを終えて今日からお仕事です。お盆?働きますよ。ムヒ。

そんなお仕事の前に、福島に行った時の電車関係の雑に撮影した写真一覧をご紹介します。

N700

京都駅にて撮影。行きの東海道新幹線。もちろんのぞみ号N700系。しかし改良型の「A」の文字はありませんでした(涙)。でも乗ったらすぐ爆睡で、気がついたら新横浜駅の手前。いやー良く寝た。そういえば新幹線に乗るのは久しぶりかも。前は新神戸駅から乗っていましたが、京都駅からだと実際にかかる時間より体感的な時間が早く感じます。東京まで2時間20分かからないくらいですもんね。

で、東京駅での乗り継ぎ時間が数分しかなかったわけですが、しっかり撮影しました(さすがに下りの東北新幹線ホームは混み合っていた)。

Hayabusa

じゃーん。はやぶさ号~。乗ってないけど。JR東日本の「E5系」です。ステキ~これに乗りたかったのですが、郡山駅には停車せず。涙のやまびこ号(全部の駅に停車)でした。

Max

いずれは無くなってしまう2階建て新幹線「Max」です。さらに

Max2

Max&Maxです。JR東日本の新幹線は新幹線同士の連結に味がありますよね。大胆なことをします。しかもMax同士。すばらしい。残念ながらコレにも乗っておりません。フツーの「E2系」です。けど車内、割と豪華でした(お客さんいっぱいいたので撮影していません)。でも気になったのが…

Sos

ドアの上のLED…じゃなくてその隣のSOSボタン。高すぎると思うの。ウメでぎりぎりな予感。女性や子どもや障害者は押せないぞ。

そして最後は無駄に撮影した東京駅の電光掲示板で締めたいと思います。

Tohokuled

カラフルなんだけど薄め、という不思議な色調。東海道新幹線のどぎついLEDとは対照的でございますね。乗り換え時間がタイトだった、とさっき書きましたが、急いでホームに行ったらまだ前の電車が止まっていました。秋田新幹線が遅れていて折り返しの電車の発車が遅れ、乗る電車がなかなかホームに入れなかったようです。しかしホームに着いたら(お客さんがいない状態)すぐドアを開けて、ウメを含むお客さんを乗せてすぐ発車。その間2分くらいでしたでしょうか。なかなか素早い入線さばきでございました。

もう一つ本当に無駄に撮った写真がありました。

Shinyokohama

新横浜駅。目覚めたときに撮ったんですが、本当に何の意味もありません。

というわけで、上記は全部行きの写真でございましたが、特に構図にこだわるわけでもなく、スマホで適当に撮影してきた写真ばかりでごめんなさい。はやぶさ号はちょっと本気で撮影したかったんですが、時間が無かった…今度乗る機会を作ります!

やっぱり飛行機より多少時間かかっても新幹線の方が好きですね。うん。

2014年8月11日 (月)

【手話453】全通研福島集会に参加してきました!

はい!ということで早速動画で報告です。家に帰って、荷物を片付けて即パソコンを立ち上げて撮影しました。興奮冷めやらぬうちに…といったところでしょうか。今回の集会もU-35のつどい・交流会をはじめ、たくさんの出会いと再会、そしてつながりの大切さを感じることができた集会でした。集会参加は疲れますが、やっぱり良いもんですね。毎度のことですが、実行委員会の皆さま、本当にお疲れ様でした。毎度講演や講座などの企画に参加できずに申し訳ありませんm(_ _)m

そして全通研U-35についても今年度は頑張らないと…と思っています。まずは、仲間を増やす、情報発信、横のつながりの獲得、組織との関係、リーダーの養成…いろいろありますが、とりあえずできることを無理せずに頑張っていきたいと思います。皆さん、是非つながりましょう!
(19分22秒)

【手話453】全通研福島集会に参加してきました!

4連休

今の仕事に入って、ゴールデンウィーク以来の4連休となりました。8~10日は全通研福島集会に参加するために、8日(金)をお休み。土日はもともと休み。そいて11日(月)は休息日&家事(掃除・洗濯・買い出し)の日ということで、都合4連休をいただきました。

8日、11日は夏季休暇制度を利用させてもらいました。7月~9月の間に好きな(他の職員さんと調整してですが)5日間、休みを取れる制度です。お盆に特に予定のないウメとしてはこの方式の方がありがたいです。

まだあと3日間残っています。1日は予定を決めましたが、あと2日。さぁ、いつ取得しようかな~早く考えないと~。9月にちょっと楽をさせてもらおうかと思います。とか言って体調を崩して使っちゃったりして。

お休みの日はしっかり休む。働く日はしっかり働く。遊ぶ日はしっかり遊ぶ。電気屋に行く日は気合いを入れて行く!

メリハリのある生活、重要ですね。

2014年8月10日 (日)

コンデジはこれがおすすめ

最近はコンパクトデジカメ、略して「コンデジ」が大変売れていないようです。そう、スマホのカメラ機能に取って変わられてしまっているわけですね。スマホは基本的にいつでもどこでも持ち歩けるし、カメラ機能もどんどんパワーアップして画質も上がっています。

かく言うウメもブログにアップする写真はほとんどスマホで撮っています。何気ない瞬間をメモ的に撮るのにはやはり便利です。ただし、構図などはなーんにも考えていませんが汗

んでもって本格的に何かを撮影する、画質を追求するならデジタル一眼カメラを購入しますよね。やはりデジタル一眼カメラの画質は他のデジカメ(もちろんスマホのカメラ機能)とは一線を画します。だがしかしデカイ。最近は「ミラーレス一眼」ということで小さくはなってきましたが、それでも毎日気軽に持ってルンルン♪という大きさのものはなかなかありません。

で、どっちつかずになってしまった「コンデジ」さんは大変売れていないようです。そんな中でウメは改めてコンデジの良さをお伝えしたいと思います。
1.スマホのカメラより高画質→画素数の問題では無く、センサーの大きさが重要です
2.スマホのバッテリーを気にしなくて良い→言うまでも無し
3.専用機だけ合って画質も機能もそこそこ→光学ズームや手ぶれ補正機能はスマホにはなかなかついていません
4.美肌機能→個人的にはどうでも良いのですが、女子には重要だそう
5.誰かにとってもらうときやみんなで見る時にスマホはちょっと…

でね、最近「コンデジ」さん安くなっているんですよ。2万円も出せばええもん買えちゃいます。その中でもウメがおすすめしたいのがこちら。

ハイスピードEXILIM「EX-ZR500」です。ウメが昨年末に買ったコンデジの2つ新しいモデルです。え~カシオ~?と侮ることなかれ!まぁ、画質はそこそこですよ。そりゃNikonや富士フイルムのコンデジの方がキレイですよ。でもそれを上回る快適性。

※パシャパシャ撮れる!←起動も速い、1回シャッターを切ってから次にシャッターを切れるまでの間隔が短い!
※広角24mmからの光学12倍ズーム←スマホにはさすがにこれはできません
※フルハイビジョンの動画も撮れる←あまり要らないかも
※秒間30コマの高速連写ができる←これができるのはカシオだけ!
※5軸対応手ぶれ補正←高速連写機能と相まって手ぶれを防止
そして…
※恐ろしく電池が持つ←コンデジ界最強です。

その他いろんな機能があるんですが、余計なことを考えずに「プレミアムオートPRO」モードにしてパシャパシャ撮っていればそれなりに良い写真が撮れます。ウメはこの2世代前のカメラですが、片手でパシャパシャ適当に撮ってもそれなりにキレイな写真が撮れました(失敗もありますが)。その間バッテリーの減りを気にすることもなくです。

何と言っても小型で液晶付きデジカメを初めて一般商品化したのはカシオなんです。QV-10です。確か30万画素、ウメが高校1年生のころだったでしょうか…懐かしい。それを思うとデジカメの進化は恐ろしい。今やスマホでそれなりに撮れちゃうんですもんね。

あ、スマホに戻っちゃった。

スマホのカメラ機能では夜景もちょっと厳しいですよね。そんな時にさっとカバンにコンデジさんを入れてみてはいかがですか?なかなか楽しいですよ。ウメも上記のカメラ、値段が下がったら手に入れてしまおうかと思っています(けど今のカメラでも十分と言えば十分)。デジカメをお探しの方は是非どうぞ~。

和食「さと」の天丼

和食のファミリーレストラン「さと」のランチメニュー、天丼でございます。

Satotendon

きゃーステキー。エビの天ぷらが2つものっているわ~。ということで、美味しくいただきました。尿酸値が高くてエビは控えていた…と思ったらそういえば先日の検査では尿酸値の指摘がなかった!ということはエビ思いっきり解禁して良いんだろうか!?

解禁と言えば、今は逆に禁止しているというか、最近禁止を自主的に始めたものがあります。そう、「アルコール」。お酒です。なぜか。アトピーの調子が悪くてお酒を飲むと全身がかゆくなっちゃうんですよね。ちょっと前まで飲み会が続いて、普通に飲んじゃったもんだから症状を悪化させてしまいました。かゆいから掻いちゃったのがいけないんですけど。なので、当面の間は飲み会に参加してもソフトドリンクで我慢します。結構手足がひどいことになっているので。

話が逸れました。和食「さと」は入りやすいですし、和食ファミリーレストランと言いつつ洋食もありますし、「さとしゃぶ」を売り出してますし。なかなか良い感じなファミレスなんじゃないかと思っております。そういえばまだ「さとしゃぶ」(食べ放題)にチャレンジしていない…。機会があったら行きたいと思います。

だんだん歳を取ってくると洋食よりも和食が食べたくなりますね。まだウメは半々か洋食の方が多いですが、そのうち和食ばかりになるのでしょうか。その時はお世話になります。

« 2014年8月3日 - 2014年8月9日 | トップページ | 2014年8月17日 - 2014年8月23日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: