2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 嵐電と研修センター | トップページ | 富良野のラベンダー畑 »

2014年7月25日 (金)

字幕放送の質の向上を

ウメは聞こえますが、テレビは基本的に字幕放送をONにして見ています。実家にいる時からそうでしたし、何か文字があった方が情報が入りやすいというメリットもあるのですが、どんな番組に字幕放送が付いているか確認の意味もあります。

最近では、生放送を始め、字幕放送が付いている番組も増えてきました。これは大変喜ばしいことですし、聴覚障害者だけではなく、全ての人にとって情報が得やすくなる(お年寄りで耳が遠くなった、音が出せない状況など)という意味で素晴らしいことだと思います。

一方で、課題もまだまだ。生放送では止むを得ないにせよタイムラグが起きてしまい、最後の方が切れてしまったり、数文字だけ表示されて非常に読みにくくなってしまったり、そもそも音声情報に追いつくために字幕の表示時間が短かったり…これらは番組の構成上止むを得ないかもしれませんが、どうせ表示するならより見やすい字幕と表示タイミングを考えていただきたいと思います。

さらに生放送でも無いのに、自動変換しているのか表示されるタイミングが遅い番組があります。「踊る!さんま御殿」(今では改善された)なんかがそうでしたが、こういうのは見ていてイライラします。テロップと合わなかったりもしますし。いずれにせよ、作り手はきっと「聞こえている」ことを前提で字幕を作っていると思いますので、「文字の情報だけで番組の内容を把握しようとしたら」という視点がもしかしたら足りないのかもしれません。

そして残念な事に、これも制作側がお忙しいのが原因なのかも知れませんが、漢字の変換や意味を間違っていることが結構多いんですよね。これは生放送では無く録画の場合でも。聞こえている人が見れば「あぁ、間違いだな」と気づくことも、文字を頼りにしている人にとっては致命的になることがあるかもしれません。きっと制作日数がタイトで多忙なのはわかりますが、「多くの人に見られている」ということを前提に、正しい・見やすい字幕放送にしていっていただきたいと思います。

で、字幕放送とは関係ないこともあるのですが、番組のテロップで話し手が「食べれる」(ら抜き言葉)で話しているのを勝手に「食べられる」と表示するのは個人的には納得がいきません。そのまま出しなさい&勝手に直すなら表示するな、と思うのです。ら抜き言葉が直ちに間違い!という訳ではないのですが、自分としては違和感をもつ言葉なので、そのあたりも含めて話し手に忠実な文字情報を出して欲しいなぁと思います。

地上波キー局制作番組はともかく、ローカル局・BS・CS放送の番組にはまだまだ字幕の付く番組が少ないです。曲によってはクローズドキャプション(出したり消したりできるタイプの字幕、いわゆる字幕放送)のシステムがないところもあるそう。国はそういうところと、そして制作側にどんどん補助を出していって欲しいと思います。

字幕は聴覚障害者のためだけではないと思いますし、もっと有効に活用できると思います(今でも字幕データから番組内検索できるレコーダー?テレビ?が発売されているんですよね。SONYでしたか)どんどん活用していきましょう!

« 嵐電と研修センター | トップページ | 富良野のラベンダー畑 »

テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嵐電と研修センター | トップページ | 富良野のラベンダー畑 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: