2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年9月15日 - 2013年9月21日 »

2013年9月8日 - 2013年9月14日

2013年9月14日 (土)

とっても便利な白地図サイト

久々に何かと便利だなサイトを紹介するコーナーです。

今回は「白地図、世界地図、日本地図が無料【白地図専門店】」です。「店」と書いてありますが、結構な分量のものが無料で使える素晴らしいサイトです。
Haku

白地図(はくちず、blank map)…その名の通り枠だけあって中身はない地図のことです。勉強の時やスライドで色分けするのに良く使いますよね。

このサイトは日本地図・世界地図の白地図がたくさん置いてあります。これだけでも相当便利なのですが、おすすめなのが「白地図ぬりぬり」機能です。このサイトにある白地図を選んで、ウェブ上で色分け(ぬりぬり)できちゃって、さらにそれがダウンロードできちゃうんです。全部無料です。

こちらのリンクは兵庫県の白地図ぬりぬりです。住んでいる神戸市長田区に色を塗ってみました。塗る色ももちろん選べます。10色、とかじゃなくてたくさんの色から選べます。

20130913_19563930469
(長田区小さいな…)

すばらしい!画像(png透過形式)で保存できるので、PowerPointの中に貼り付けたり、資料として使ったりできますね。何と言っても難しいことを考えずに手軽に使えるのが一番です。

ぬりぬり機能以外でも、一部市町村の町名で分けた白地図なんかもあったりして、いやぁ~素晴らしいなぁと思っております。これが無料なんだから素晴らしい。そしてお金を払うとさらに高機能は白地図が使えるようです。さぁ、どんなことができちゃうのでしょうか!

2013年9月13日 (金)

ひょうごチャンネル やる気無し

兵庫県公式の動画サイト「ひょうごチャンネル」。動画のアップはYouTubeで行われていて、チャンネル登録もされています。

説明には
兵庫県では、インターネットを活用した動画配信により、兵庫の魅力や各種施策情報等を、効果的・効率的に発信する「ひょうごチャンネル」(兵庫県インターネット放送局)を開設・運用しています。

と書いてあります。

一通り見てみましたが、県広報番組「ひょうごワイワイ」の放送分以外には字幕も手話通訳もありません。知事の定例記者会見にも。行政が動画を発信することも増えましたが、兵庫県はダメですね。ちなみに手話通訳が付いている「ひょうごワイワイ」はサンテレビで放送されていますが、ここのチャンネルだと全国から見ることができます。是非一度ご覧くださいませ。

最近は行政の番組も字幕だけになってしまって手話通訳が無くなる、という地域も出てきているようです。手話通訳付きの番組、なかなか増えませんね。どうしたら増えるでしょうか。政見放送の時に一番目立つっていうのは、大事なんでしょうけど、やっぱりちょっと変だと思います。せめてNHKの定時のニュースくらいには付けて欲しいものです。いくらでも手話通訳します(^^)/(呼ばれてない)

不思議なホースを実家に送ったよ

深夜のTVショッピングで気になっていた商品をとうとう事前予告なく実家に送りつけました。

水がないときは5m、水を流すと15mに伸びるというあの不思議なホースです!楽天でお得意様お買い得価格になっていたのでポチりました。ウメ部屋で使っても仕方が無い(1Kのマンションなので)ので、実家に送りつけました。今日届いたようです。

実家は庭の草木の水やりやら、車の洗車やらで結構ホースを使う方なのですが(毎年年末に実家に帰ると洗車を手伝わされる)、使っていたホースはいわゆるフツーのホースで泥だらけでもうクセがついちゃっている感じ。先端にはノズルがついているのですが、最低限の機能しかありません。

事前に予告すると「いいよ」と遠慮されることうけあいなので、送りつけました。ネットのレビューを見ていると結構使い勝手が良いようです。マルチノズルでいろんな水の出方があるようで、水やりもよし、ジェットもよし、洗車にも良い感じ。でも自分は使っていないのでわかりません。

さぁ、役に立つでしょうか。ウメ母のレビューを待ちたいと思います。

docomoからiPhone

とうとう出ますねぇ。docomoからアップルのスマホ「iPhone」が発売されます。9月20日発売ですね。今回は「iPhone5S」と「iPhone5C」の2種類になるとのこと。詳細はこちらのサイトでご確認くださいませ。

iPhone、日本ではソフトバンクとauから発売されていましたが、いよいよdocomoからですよ。出る出る出る出ると言われてやっとこさです。個人的な感想としては「本当に出るのね」という感じ。アップルさんも結構必死なんだなぁ…と。iPhoneが好きな方はどの携帯会社でも選べるようになってよかったですね。スマホに興味が無い(と自称している)うちのお母様ですら「スマホとiPhoneってどう違うの?」と質問してくるくらいです。

それぞれの違いはこちらにまとめられています。5からはCPUの強化、カメラがキレイになった、指紋認証、LTE対応周波数の拡大(5S)くらいでしょうか。画面サイズは変わらず、割とおとなしめの進化。5Cはほとんど5と変わらないですね。カラーバリエーションが増えて重くなっちゃった、という感じですか。さぁ、どうでしょう。

20日発売。5Sは予約できず。きっと発売日にはえらいことになるでしょうね。私ですか?買いませんよ?たぶんね。いや、買いませんよ。これだけAndroidに慣れてしまっていると、iOSでできないことの方が気になってしまいます。うっかり買ってしまう…こともないと思います。きっと品薄でしょうし。

皆さん、買いますか?買っちゃいますか???docomoの人、買っちゃいますか???

お母様にはこれじゃなくてらくらくスマートフォンプレミアムを勧めておきます。これ絶対良いと思う。

2013年9月12日 (木)

Xperiaタブレットで地デジ(フルセグ)

fullseg   
   
本日、Xperia Tablet Z SO-03Eのアップデートが実施され、フルセグ(地デジ)が見られるようになりました!さっそくアップデートをしてフルセグを…と思ったら室内じゃ映りませんでした涙。左上の小さなアンテナでは無理があったか…。そもそもワンセグですらあまり入らないのに。   
   
窓際まで持っていったらNHK総合とサンテレビが映ったので写真をパチリ。著作権の関係でモザイクを入れておりますので写真ではわかりにくいですが、ワンセグとは大違いですよ。普通にキレイなテレビ。すばらしい。そして字幕がキレイ!ここ重要!まぁ普段はフルセグはテレビで見れば良いのですが、やっぱり見られるようになると感動しますね。ちなみにワンセグでは字幕の表示位置が上下で選べるようになりました。これも重要(前からだったでしょうか)。   
   
今度生駒山の近くに行ったとき(近畿圏は生駒山からテレビの電波を飛ばしてますので)にはバッチリフルセグを堪能したいと思います!

衝撃の1552kcal

1552   
   
今日の晩ご飯は職場の近くにある「宮本むなし」さんで「お母さんの玉子焼き定食」をいただきました。「お母さんの」という商品名が若干恥ずかしいのですが、自分で注文するのではなく食券制なのでまだ救われています。そして毎度毎度「玉子焼きにはネギが入っていますがよろしいですか?」と聞かれます。よろしいですよ。   
   
で、目の前にあったメニューを見て驚きました。揚げ春巻・から揚げ・揚げギョーザ・ウインナーが入った「中華ビックリ揚げ盛り定食」。もう胃がウプってなりそうなんですけど、カロリー表示にビックリですよ。1552kcal!女性の一日の摂取カロリーをこれ1食で!   
   
そしてたぶんうっかり食べられちゃうからおそろしい。そしてここはご飯お代わり自由なので(最近はしていません)、お代わりをすると2000kcal達成の予感。と、自分が食べた玉子焼き定食のカロリーを調べたら895kcal…割と高いですね汗   
   
そうそう、関係ないかも知れませんが、今日お昼に中華料理屋さんにいって鶏肉の辛味噌炒め定食を食べた(これも高カロリーっぽい)のですが、その中に大嫌いなナスが入っていました。でも何となく食べてみました。食べられました。ばんざーい。でもやっぱり食感があまり好きではないですねぇ汗   

2013年9月11日 (水)

9/10報道ステーションリアルタイム手話通訳(下)

シリア問題急展開?化学兵器の「国際管理」提案   
アメリカのケリー国務長官は9日、シリアへの軍事介入を回避するためには「アサド大統領が、来週中に化学兵器をすべて国際管理下に置けばいい」と発言した。これを受け、ロシアのラブロフ外相は緊急声明を発表し、シリアが保有する化学兵器を国際管理し、その後、廃棄することを提案した。ロシアのインタファクス通信によると、シリアのムアレム外相が「シリア政府がロシアの提案を受け入れた」と話したという。シリアへの軍事介入に向け、準備を進めているオバマ大統領も、CNNのインタビューで、ロシアの提案を「前向き」と評価した。ただ、シリアの化学兵器を国際管理するといっても、事はそう簡単ではない。兵器の国際管理とは、どこに、どんな兵器を、どれほど保有しているか、国連など国際的な組織のもとで監視するというものだ。実効性を持つためには、査察などの検証が必要になってくる。内戦の続いているシリアで査察を行うことができるのか、その実現性にも疑問符がつく。オバマ大統領も、国際管理が実際に行われるかどうか懐疑的で、軍事介入に向けた圧力を継続する考えを示した。一方、安倍総理は10日、プーチン大統領と電話会談し、ロシアの提案について「前向きなものと評価し、支持する」と伝えた。   
   
だいぶ困りました。シリアの「化学兵器」の問題。「科学」+「武器」とやるより他なかったんですが、毒ガスや細菌を使って人を苦しませる武器、と付け加えたかったです。「軍事介入」。これもつまりはアメリカが空爆をする、ということなので、そう表現しました。日本語通りに表現しても通じない通訳では意味がありません。そして「国際管理」…。こういう普段使わない複合用語にはいつも悩まされます。報道ステーションの視聴者はそれをわかっているという”てい”で進められるので、いちいち説明はしてくれません。割り切って言葉通りに通訳するだけでは良くないとわかっていても、コンパクトに情報たっぷりにまとめられた情報を落とさず表出するのが優先課題かな、と思ってやりました。   
   
さらに、上の文章を見ていただければわかるのですが、いろんな国の人が登場していろんなことを述べています。これを通訳者が全て同じ調子で通訳してしまうと、何のことかわかりません。ここはロールシフトやら指さしを多用してうまく「あの人はああ言っている」ということを区別して出さなければばいけないんですよね。人の名前もカタカナとはいえ落とすわけにもいかず、この時間はやたらと手が動いていた気がします。   
   
今回担当したのはこの2つのニュースのみ。このあと消費税増税に対して低所得者に1万円をあげる的なニュース(隣で「対象外だ…」とぼやいていました)と、2020年の東京オリンピック決定で招致団が凱旋帰国(「凱旋」ってどうしましょうかねぇ)の話題。滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し」を自分が担当だったらどう手話にしていただろうか、と思いつつ待機していました(おそらく盛大に「気持ち悪い」と言われる予感)。   
   
そして早々にサッカーガーナ戦へ。せっかく「ガーナ」の手話を予習したのに披露する機会がなく残念。でも勉強にはなりました。解説の2人がテンションが高すぎて解説になっていないなーと思いつつ、今回のリアルタイム手話通訳は終了。今月はもう1回登場します。9月26日(木)の予定です。そして、この回が…(詳しくは後日)。

9/10報道ステーションリアルタイム手話通訳(上)

一ヶ月ぶりの登場と相成りました報道ステーションのリアルタイム手話通訳。この日はサッカー中継があったため、放送時間がいつもより25分遅れでのスタートでした。しかし終わりはいつもと同じ時間なので、番組の途中で終了ということになりました。なので担当は最初の20分間だけです。そこを振り返ります。
   

トルコで日本人女子大学生2人刺され死傷      
トルコ有数の観光地、カッパドキアのゼミ渓谷で9日昼過ぎ、観光旅行中だった新潟大学4年の栗原舞さん(22)と同じ大学に通う女子学生(22)が、何者かに刃物で襲われた。治安当局が駆けつけた時には、栗原さんはすでに死亡し、一緒にいた女子学生は、複数の刃物による傷で重傷を負っていた。金品が奪われたかどうかは不明だという。地元メディアによると、容疑者2人を拘束し、現在、取り調べ中だという。このうち1人については、重傷を負った女子学生が顔を確認し、犯人だと特定したという。宿泊したホテルによると、2人は事件に巻き込まれる前日、カッパドキアに到着。翌朝、気球で空からの観光を楽しんだ後、ホテルをチェックアウトし、自転車を借りてゼミ渓谷へと向かったとみられる。所属する新潟大学は、海外への留学にも力を入れていて、2人とも国際交流や語学の習得に励んでいたという。栗原さんはアジアを中心に訪問し、ベトナムでの職場体験を行うなどしていた。日本、中国、韓国の対外意識の違いなども研究テーマに挙げていたという。また、重傷を負った女子学生も、中国の大学に留学し、語学の勉強で優秀賞を授与されたりもしていた。そして、栗原さんとともに、金融関係の会社への就職が決まっていた。      
      
トルコで起こった痛ましい事件がトップニュースです。世界遺産にも登録されている「カッパドキア」で女子大生が襲われました。放送時点では容疑者が2人拘束された、という時点です。毎度思うのですが、被害者の名前はともかく、顔写真まで放送する必要ってどこにあるのだろうか、と思います。けがをされた方は名前も伏せられていましたが、何だか腑に落ちませんでした、      
      
手話についてはやはり「カッパドキア」でしょうか。対応する手話はないので、複数回指文字で表現しました。こういうどうしても指文字で表現しなければいけないときは、最初だけきっちりめにやって、2回目意向は最初と最後の文字、つまり「カ」と「ア」を強めに、あとは流れで表現するのがコツです。もちろん、流れとはいってもちゃんとやるんですけどね。他に困ったのが「治安当局」(治安を維持することを目的とした政府機関のこと)。「警察」と表現してしまいましたが、正確ではありませんね。      

2013年9月10日 (火)

肉、肉、肉、パスタ

昨日の昼ご飯→おろしトンカツ、昨日の晩ご飯→若鶏のグリル、朝食のトーストを挟んで、今日の昼ご飯→カツ丼。

肉が続いちゃいました。で、今日の晩ご飯はさすがに肉を食べる気にならなかったので、ファミマのパスタのサラダ、そしてプリン。

割と食べちゃいましたね汗。今日は遅くまでお仕事だから良いことにします!明日から〜明日から〜でも明日はお好み焼き決定〜期限が切れる〜。

帰ってよく寝ましょう。寝る子は育つ。

ゴーアラウンドの手話

私は遭遇したことがありませんが、飛行機に良く乗られる方なら一度くらいは遭遇したことがあるかも知れません。「ゴーアラウンド」これは飛行機が空港に着陸しようとするのですが、天候などの関係により着陸を断念し、また上空へ戻っていく、という一連の動きを示した言葉です。日本語では「着陸復行」と呼ばれています。

機長さんにとっては珍しいことでもさほど難しいことでも無いそうなのですが、乗客にとっては結構怖い思いをしそうな感じかもしれません。だって着陸できると思ったら急にグインと上がって離陸するんでしょ?着陸と離陸が特に苦手なウメに取っては最悪のパターンです。

で、ふとこれを手話で表現するとしたら、というのを今朝思いつきました。「ゴーアラウンド」という言葉(指文字)でわかるのであればさほど問題ないですが、それを知らない場合、「着陸しようとしたが天候の関係で着陸できずに一旦上昇する」という一連の動きについて、どういう説明がされるのかにもよりますが、手話にすると比較的わかりやすい表現になるかな、と。

例えば右手を飛行機にして、着陸までの様子を表現したが(例えば)風が強いので着陸をあきらめて上昇する…これはどちらかといえば空間的表現を多用した例で、当事者でない人が使用するパターンが多いでしょう。機長の立場でいえば、自分が操縦桿を握って外の様子を確認しながら降下していくけど(管制官か自分かの)判断により上昇していく、というのを機長の様子をロールシフトで表現するのが適切でしょう。乗客(フライトアテンダント)は自分たちが乗っている飛行機のことですから、客観的に説明するには空間的表現の手話でも良いですが、やはりそこはうまいこと空間的やらロールシフトやらを使い分ける表現が一番わかりやすいですよね。もっともそこまでできるフライトアテンダントはいないでしょうけど。

これに遭遇したろう者の話を聞くのが一番良さそうですよね。ただ、どういう状態で「ゴーアラウンド」になったか、の情報が不足している(ここも機内放送だけの弊害)かもしれません。

今回は飛行機の事例でお話ししましたが、手話表現をするとき、もしくは手話通訳をするときは日本語通りでは無く、上記の表現を上手く使うとろう者にもわかりやすいし、表現する方も意外と単語が少なくて済むんですね。WIN-WINです。何でもかんでも日本語通り(が必要な場合もありますが)に縛られない、手話を勉強する人、手話通訳は頭に入れておかないといけませんね。

その代わり、ろう者の手話を正しく日本語にすることも常に頭に入れておかなければいけない。日本語から離れたり近づいたり、なかなか頭を使います。それがおもしろさでもあるのですが。

2013年9月 9日 (月)

救急の日

今日は1年に12回しかないぞろ目の日ですね。9月9日。たしか救急の日ですね。日ごろから救急の現場で活躍されている皆さま、本当にお疲れ様です。自宅の近くに消防署・総合病院があるのでひっきりなしに救急のサイレン音が聞こえます。ほぼ毎晩と言っても過言ではありません。サイレン音は時間帯関係ないので、窓を開けているとそれなりに気にはなりますが、救急の現場でがんばっておられる方のことを思うと文句なんて出てきません。   
   
それとは逆にムダにデカイ音でふかしやがるバイク(警察署も近いのでイキってるんです、たぶん)がヒジョーにうざいです。窓から水をかけてやりたいくらいです。時々「ウォーン」ってパトカーのサイレン音がなってすぐ捕まっているのがわかります。あと大容量で訳のわからない音楽を流している車・バイクもうるさいです。   
   
話がそれちゃいました。自分は救急のお世話になるような病気・けがをしたことがありません。ありがたいことです。が、いつお世話になるかわかりませんよね。最近ではしょーもないことで救急を呼ぶ人が増えているそうで、モラルの低下が懸念されています。タクシー代わりなのはどうしようもないですが、けがや病気の場合はどれが重くてどれが軽いのかはわからないので、難しいですよね。軽いつもりだったとしても急に具合が悪くなったりしますし。真面目な方だたら「こんなので救急車を呼んで良いんだろうか」って思っちゃう人いるかもしれません。厚かましい人ならすぐ呼んじゃうとか…正直者が馬鹿を見る世の中にはしたくないですよね。どうしたらいいか…個人的には、救急車は後払いの有料制にしたら良いと思うんですよね。それが正当であれば保険で対応し、それ以外は実費。こういうことを書くと「貧乏人は救急も呼べないのか!」って言われるかもしれませんが、そこはきちっと制度を作って対応すれば良いと思うんです。   
   
それくらい悪質なものが増えているんですってね…。嫌な話ばかりになりますが、ウメも自宅近くの交差点で救急車や消防車を見かけることが多いのですが、譲らない車が多いこと多いこと。もちろん、譲っている車の方が多いのですが、なんだろう、自分だけ行っちゃえっていう車がいるんですよね。とても残念。   
   
かつて問題になった救急車の受け入れ拒否の話、最近聞かなくなりましたが、問題は解決に向かっているんでしょうか。それともただ報道されなくなっただけなんでしょうか。   
   
救急は命に関わることですから、誰にとっても大事なことなんですよね。けど、大事にされているようで大事にされていないのかも…と書いてて思いました。普段お世話にならないからこそ、救急についてもっと関心を持って勉強しなきゃいけないな、と改めて感じました。

現実逃避

現実逃避(escapism←ATOKジーニアス英和辞典より)   

読んで字のとおり現実から逃避すること。現状を直視しないこと。現状把握を故意に怠ること。一般に辛い事が自分に起こった場合テレビゲームや妄想などに熱中することで現在の自分の状態から逃れようとする。熱中がさめると現実に戻ってしまう。熱中という点では非常に楽しいために、これがおわるとこれ、といった具合で次々に現実逃避の手段を模索していくような、現実逃避が生きがいという本末転倒な生き方をする人も多い(ATOKはてなキーワードより)。      
      
皆さん現実逃避ってどのくらいしていますか?だいたい嫌なことがあると逃げたくなるってのが人間ですよね。嫌なことって一言で言ってもいろいろあると思います。ちょっとしたことだったり、人生の大きな決断だったり、特に逃げてもたいしたことじゃなかったり、人間関係に影響することだったり。      
      
嫌なこととちゃんと向き合おう!っていうのが一番いいんでしょうけど、なかなかそうはいきませんよね。そんなときはどうしていますか?嫌なことは先に済ましちゃう?後回しにする?やらない?内容にもよると思うんですけどね。自分は何だかんだでやっていることが多いです。仕事とかでは割と割り切ってやれたりするんですけど、他人様に迷惑をかけない範囲だと結構逃げちゃいます。しかも自分で言い訳を作って。誰に話すわけでもないのに。      
      
今大きなことから逃げているとかそういうことはないんですけど、「あーやんなきゃなー」(例えば筋トレしてムキムキになる、英語を勉強する、自炊をする)って思っていることはなかなか逃げてばかりです。そこを乗り越えると「イケメン」(顔じゃないですよ、顔じゃ)になれるんだろうなーと思う→思いつつ現実逃避。楽な方を選んじゃう。やっぱり「そうしなきゃいけない」くらいのプレッシャーかけないとダメですよね。それは「恋愛」だったりするんでしょうか…てへぺろ。あ、恋愛からも逃げちゃってたりして。てへぺろぺろ。

丹波にいったんば、滞在時間2時間ちょっと

Tanba

昨日は丹波市柏原(かいばら)というところに行ってきました。電車で行くと福知山線をずーっと北に行って、宝塚・三田・篠山口駅を超えてさらに北にある地域。さすがに遠いので、カーシェアリングで車を借りて1時間ちょっとのドライブ。運転するのは久しぶりですが、ちゃーんと安全運転で行ってきましたよ。

何をしに行ったかというと、「講演」です。聞く方じゃなくて話す方。こんなウメを講演に呼んでいただきました。ありがとうございます。テーマは「U-35」について。まず自分のことを紹介しつつ、そのときの思いや体験、そしてU-35の活動などについてお話させていただきました。参加者はだいたい30名くらい。ありがとうございます。

話すのは慣れていますが、講演慣れはあまりしていないのですが、何とか時間内に収める?ことができました。どうだったかな…おもしろかったかな…つまらなかったらごめんなさい。

カーシェアリングの時間をキチキチにしてしまったので、講演が終わったらすぐ帰るという事態に。滞在時間2時間ちょっと。ちゃんと最後まで参加させてもらわないとダメでしたね…。次回からは時間に余裕を持って行きたいと思います。次回の講演があるのかないのかわかりませんが…汗

2013年9月 8日 (日)

ひょうごイナカフェ

職場の近く、元町商店街の西の端にオープンしたお店「ひょうごイナカフェ」。   
   
ina   
   
コンセプトは   
   

・田舎(兵庫の多自然地域)の魅力と情報があふれている。      
・兵庫県下の直産野菜や果物、特産品が手に入る。       
・田舎暮らしの体験、定住などの相談ができる。

   

神戸市中央区、元町通商店街の空きテナントを活用し都会(街)と田舎(多自然地域)が行き交う交流空間。多自然地域の資源を発掘し、磨き、発信し、魅力を伝えると共にカフェ空間を通して人と人の繋がりをつくり交流の場として利用できるコミュニティカフェを目指します。      
       
兵庫産の食品や特産品を販売するコーナーとカフェコーナー(ランチコーナー)があります。珍しいお野菜が売っています。      
      
お昼はランチもやっています。Aランチ(ワンプレートランチ)、Bランチ(パスタランチ)、Cランチ(カレーorハヤシライス)から選べます。今回初めて行った日はこちらをいただきました。      
      
inakafe2      
      
メインディッシュは「但馬鶏のトマト赤ワイン煮込み」です。スープ付きで850円。ご飯は古代米配合。真ん中は野菜のピクルス。左上がサラダで右上もカボチャのサラダみたいな感じ。全体的に薄味で身体に良さそうな感じ。だがしかし量は足りない…大盛り的なものがあれば良かったのですが…。他にもジュースやデザートはたくさんあるようで、本格的なランチよりもカフェとして使った方が良さそうです。内装も田舎っぽくしてありますし。      
      
事務所へ遊びに来られた際は、是非立ち寄ってみてくださいね。イナカフェ。

« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年9月15日 - 2013年9月21日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: