2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2013年1月6日 - 2013年1月12日 | トップページ | 2013年1月20日 - 2013年1月26日 »

2013年1月13日 - 2013年1月19日

2013年1月19日 (土)

恐ろしく早口

講演会やシンポジウムの通訳に時々いったりしますが、講師の方の話し方というのはとても気になります。どんなに資料を読んでも話し方まではわかりませんからね。超有名な方だったらテレビやYouTubeで確認できるかもしれませんが、だいたいそうではありません。   
   
聴衆に問いかけるタイプ、一人語りを続けるタイプ、原稿を棒読みするタイプ、話があっちこっちにいくタイプ…いろいろありますが、手話通訳をするときに困るのはなんと言っても早口の人と聞き取りにくい人。あ、でも棒読みの人もそれはそれで…ま、手話通訳にかかわらず聞く立場として話が上手な人は手話通訳もしやすいことが多いです。   
   
ある通訳場面でものすごく早口で話す方がいました。時間に制限があったからなのか、元々の性格なのか、トイレに行きたかったからなのかはわかりませんが、とにかく早い。幸い聞き取れなくは無いのですが、さて、どうやって手話通訳しようか。追いつこうとすると日本語そのものを出してしまう(翻訳しきれない)し、かといって聞き溜めしていると話に追いつかなくなる…ある程度専門的な話だったので、このバランスが非常に難しいところでした。   
   
必然的に手話の動きも速くなってしまう…ウメはもともと手の動きは(良い意味でも悪い意味でも)速い方なのですが、それが余計に、というわけなんです。それでは情報量が増えるのはいいものの、かえって見づらくなってしまうので、なるべくそうならないように、メリハリをつけてやるように心がけました。ここでいけないと思うのは「まとめて表現しました」ということ。通訳者の都合で勝手に話をまとめてはいけないと思うんです。本人が話していることは、本題に関係ない余計なことでもちゃんと通訳する、それは心がけるようにしています。   
   
初めて聞いた話を、じーっくり聞き溜めて→分かった!のサイン→完璧な翻訳…なんて事ができればいいんでしょうけどね、そりゃ無理ですよ、きっと。理想はそうでしょうけどね。

結露対策

結露対策
部屋の窓に結露防止&断熱シートを貼っていたのですが、ボロボロになってきたのではがしました。まぁ大丈夫だろう…と思ったら、

結露がとんでもないことになりました。窓ガラスの一面にビッシリ。ぐっちょり。朝起きたら窓を拭かないといけないくらいになりました。

結露を完全に舐めてましたね。

ということで、改めて結露防止&断熱シートを貼り直しました。一度違うメーカーのにしたら貼り方がよくわからず(汗)、結局同じ製品に。

今回はうまく貼れましたー結露を必死に防いでくれています…が加湿のしすぎなのか溢れでる水滴…(笑)

加湿量を調節しなきゃ。

2013年1月18日 (金)

エプソン?キャノン?それとも…

皆さんの自宅ではどこのメーカーのプリンターを使っていますか?   
   
エプソン?キャノン?→ここまででほとんどだと思います。実際この2メーカーでものすごい割合になりますからね。2強といっても過言ではないでしょう。写真印刷がどんどんキレイになっていきます。キャノンからは「PIXUS PRO-1」という恐ろしいプリンタが発売されています。12色インクでA3対応。お値段は10万円~12万円。ひえーーーー!インクを全部揃えると3万円!!!でも写真好きにはたまらないそうで、好評価を受けているようです。   
   
ブラザー?→最近「プリンターに第三の選択肢を!」ということで新機種「プリビオ」を発売しました。なかなか評判のようです。実家のプリンターもブラザーの「MyMio(マイミーオ)」です。電話機と一体になっているものはブラザーが多いですね。   
   
hp?→かつては第三の選択肢でしたし、黒の印刷には定評があります。ウメもずっと使ってきました。とにかく黒がくっきりキレイでメンテナンスが楽なのですが、インクが高い、写真がそんなにキレイではない、ということで最近はビジネス向け複合機にシフトしています。   
   
リコー?→ジェルジェットというインクジェットとは微妙に違う形式のプリンタ。これもどちらかといえばビジネス向けですかねぇ~。   
   
レックスマーク?デル?アルプス電気?→ここまで知っている貴女はプリンタ通。デルはパソコン本体では有名なのですが、実はプリンタも作ったりしています。レックスマークは昔から地味。アルプス電気?マイクロドライ式(カラーインクリボンみたいなやつ)であったんですよ~これも知る人ぞ知る…。   
   
で、お前が使っているのは何なのかというと、この上のどれでもありません。シャープです。そう、あのシャープ。「見楽る」というFAX複合機です。すでに生産・販売は終了しております。ウメが買ったのは2007年くらいでしょうから、6年以上使っていますね。壊れません。プリンタ部分はhpの機構を使っていますので、インクはhpのものを使います。高い。   
   
なんでこんなことを急に書いたというと、通訳の資料を印刷しようと思ったら黒インクがかすれていて肝心な時に…でも予備のインク(純正…4090円!黒だけですよ!)を買っておいてよかったな、と思ったからです。特に深い意味はありません。

2013年1月17日 (木)

阪神・淡路大震災から18年

1月17日。18年前の今日、阪神・淡路大震災が起きました。あれから18年になるんですね。

<阪神大震災18年>震災知らぬ市民4割超す…神戸市

神戸市では、震災を知らない住民(この定義がはっきりしませんが)が4割を超えたそうです。当時自分は大阪府高槻市に住んでいて、被害が出るほど大きい揺れではありませんでしたが、それでもしばらくはトラウマになったのを覚えています。

今神戸に住んでいて、町並みや人の様子など、見えるところでは震災の面影はありません…。神戸の綺麗な街がよみがえっています。自宅周辺は火災がひどかったところですが、道路も整備されて住みやすくなりました…。

しかし、上の記事にもあるように未だに苦しんでいる方もたくさんいます。都市型直下地震で6000人以上の方が亡くなった現実は18年経っても変わらないです。東日本大震災と比べてどうこう、と言いたいわけではありません。地震はいつかやってくる、これは変わらないことです。防ぎきれないものとして、きちっとした備えと日ごろの心構え、そして地域とのコミュニケーションが大事なんだな、と思います。

他人事ではありませんね。自分のこととして考えること、動くこと。忘れないでいようと思います。

字幕を画面外に表示

121215_234332

シャープの液晶テレビ「AQUOS」には、字幕放送の字幕を画面外に出すという独自の機能があることをご存じですか?全ての機種にあるかどうかは確認していませんが、先日滋賀で泊まったホテルに置いてあった19インチのAQUOSでもこの機能があったのでほとんどの機種は大丈夫だと思います。

通常、地デジの字幕放送は画面の上に字幕が乗っかります。背景が半分透明になっていたり、黒だったり…いろいろですが、これを「オンスクリーン」と言います。スクリーンの上に載せる方式ですね。

AQUOSの場合はこの字幕の位置が選べるんです。画面の外に字幕を出すことができて、表示位置も上下から選べるようになっています。当然テレビの画面はその分小さくはなってしまいますが、画面とかぶってしまって見えにくい、ということが無くなるわけですね。これを「アウトスクリーン」と言います。

最近は大画面テレビも安くなってきましたから、大きめの画面のものを買って合うとスクリーン方式で字幕を表示しても十分な画像の大きさが確保できますよね。こういう地味だけど便利な機能をメーカーにはもっと宣伝して欲しいと思います。シャープさん、どうでしょうか?

ちなみに現在自宅では字幕表示でテレビを見ていますが、先日手話と関係ない友人が自宅に遊びに来たときに「何で文字出してるの?」と発言。そりゃ確かにそう思いますわな…そのときは説明しました(まぁウメの自宅であえて字幕表示をする必要はないのですが)が、字幕放送の周知も広がっていけばいいですね。

2013年1月16日 (水)

手話が覚えられない

先週金曜日に1時間半の講座を受けて、3連休は全く使わないで、今週はほんの少し使って…。教えていただいた単語をどんどん忘れていきます。はて…。   
   
手話の勉強を始めたばかりの人はこんな感じでしょうか。何だろう、日ごろ使わないので頭に入ってこないんですよ。ウメの場合は…   
   
「国際手話」   
   
です。ろう団体で働いていてもさすがに国際手話を使うことはないので、今のところほとんどできません。で、先週事務を兼ねて講座を受けて、いろいろ教えていただいたんですが…忘れていく…。すでに「銀行」とか「駅」とか…。そこで!!!   
   
NPO法人日本ASL協会「動画で学ぼう!国際手話」   
   
まぁー便利なサイトがあるものです。そうだそうだ、そうやるんだった。教えていただいた単語が動画で掲載されていますので復習にとても便利。ただ、実際の講師との会話で学んだ方が絶対に良いですね。あくまで予習・復習の範囲で利用されるのが良いかと。   
   
日本語と日本の手話に加えて、英語と国際手話ができるようになりたいんですよね~。まずは英語かな…。英語を聞いて日本の手話に通訳なんかできちゃったりしたらかっこいい!(自己満足かも)英語も普段使わないですからねぇ~外国人の友達とお知り合いになるか…そもそも海外に行ったことが無い…さぁて、どうしましょう(この時点であんまりやる気が無いのが丸わかり)。

今月は8,000円超え

電気代のお知らせ。12月12日~1月15日…。   
   
8,013円。    
   
むむぅ。やっぱり上がるかぁ…。夜間電力使用量がどうしても多いですね、それでも昨年よりは減っていますが、お湯切れを起こさないためにマイコン給湯器の設定を「たっぷり」に設定すると使用量が目に見えて増えてしまいます。   
   
昼間の電力使用量は昨年比で31%も減りました。順調に節電できています。ん?家に居ないことが多かっただけか?それとも布団をかぶって寝ていることが多かったのか…節約出来たからよしとしましょう。

おぜんざい

おぜんざい
職場の方から皆さんにということで暖かいおぜんざいを振る舞っていただきましたー(^-^)/

ぜんざいをいただいたのは何年振りでしょうか。あんこはあまり好きではないのですが、せっかくなのでいただきました。真ん中に可愛い丸餅と栗。

みんなでポカポカ、暖かい気分になれました。

2013年1月15日 (火)

不審者発生!注意セヨ!

今住んでいるマンションの管理会社はものすごくしっかりしています。クリスマスは電飾、お正月は門松(さすがにレプリカ)、その他ゴミの管理や清掃など、今まで住んできたマンションのなかで一番だと思うくらい。   
   
そして今日部屋に帰ってきましたら、管理会社からお知らせが。   
   
「重要 不審者にご注意ください」   
   
昨日の夜に作業着の男が「住宅設備の不備を点検します」と業者を装って入室の許可を求めてきた…とのこと。あー確かにその時間に来ましたよ。作業着の男。インターホンを押されましたが、モニターですぐ怪しいとわかったので居留守を使いました。お知らせにも書いてあるとおり、管理会社から事前に連絡が無い限りこのような作業はしないというのはわかっています。ま、基本的に宅配便以外は出ないんですが…。   
   
昨日の今日で全戸配布ですよ。即管理会社に連絡する入居者さんもしっかりしているし、ちゃんと通知をしてくれる管理会社さんもしっかりしています。賃貸マンションに住んでいれば、上記のような怪しい業者が訪れることはありがち(ウメもこの部屋に引っ越してきてすぐに出くわし、部屋にあげてしまいましたが、普通に断った)ですので「不審者!」というのは大げさなのかもしれないですが、いろいろある時代ですからね。これくらいの警告をしてくれる方が安心です。   
   
お知らせには警察と警備会社と管理会社の連絡先も。ここにFAX番号もあったらうれしいですが、さすがにそれは言わないとダメか…。

U-35を盛り上げたい

2013年、今年は全通研U-35をもっと活性化させたいと思っています。今のところ口だけですが汗、代表を引き継いでから2年。夏・冬集会の「つどい」および交流会開催以外ははっきり言って具体的なことは何もできませんでした。自分の力不足を実感しています。

ここからは活動しにくいなぁと思う課題点(言い訳)をいくつか挙げたいと思います。絶対数が少ないというのはまぁずっと話題にしているのでとりあえず置いといて…

・現時点で正式な組織ではない
→自分が代表をしている間になんとか組織にしたいと考えています。それがどのようになるのかはこれからいろいろと詰めていく必要があると思いますが…。
・メンバーの掘り起こしができない
→若い会員はそこそこいると思うんです。ただ、どこにどんな人がいるのか、その情報をつかむことができない。個人情報保護の…といえば完全に大げさですが、個人のツテ頼みになっているのが現状です。U-35の活動が活発なところもいくつかあると聞いています。そういったことを参考にしていきたいのですが…。
・皆忙しい
何を今更…と思うかも知れませんが、やっぱり皆さん忙しいです。そもそも仕事、支部の活動、いろいろとやられているので、U-35として活動できる時間が限られます。この場合、どうしても時間が取れない!というわけではなく、気持ち的な問題が大きいのかと思います。やっぱり他の趣味や休息の時間も欲しいでしょうし、無理は言えません。

そして、タイトルの通り

「通訳活動・運動には年齢は関係ない」

と考えている方が多いということ。イコールU-35の活動に反対されるということではありません。基本的に皆同じ立場、どうしても若い人たちが集まりたいなら反対はしないけど…という姿勢が見られます。

ここなんですよ。これを批判するわけにはいかないですが、自分からすれば「関係あるでしょ~」と思うところです。普段年齢が上の方々と活動して(得るものもたくさんありますが)どうしても気を遣う面もありますし、この世代だと家庭を持ち始めたりとか、手話関係の仕事を本職にしていたりとか、そもそも世代ならではの悩みや相談事ができる場所、というのはとても大事だと思います。

そして今は手話学習者でこれから手話の仕事をしたい、手話通訳になりたい、と思っている人に近い立場でアドバイスできるのもU-35の役割だと思いますし、仕事にまでしなくても、若い人たちに手話活動の良さを伝えるのも世代が近いと良いかな、と思うんです。

ろうあ協会には「青年部」というものが昔からありました。若いからこその悩みを共有する。そして青年部でがんばってきた人たちが今は運動の先頭に立っています。それと同じようにしたいと思っているのです。手話通訳者の平均年齢は上がっていくばかり…33歳(自分のこと)が若手の中心じゃいけないと思うんですよね。もうその下の世代が育っていて、サポート的な立場に回ってなければいけない。

書いていてどんどん自分の力不足を感じてきました。自分も手話の仕事を本職にしていて、活動もしていて、そしてU-35も…となると、やらなきゃいけないのはわかっているのですが、つい気が重くなってしまっています。ここで踏ん張らないと、と頭では感じています。あとは行動…ですね。

関西では今年の秋に「全国ろうあ青年研究討論会」(全青研)が京都で、来年の2月には全通研冬集会が大阪で開かれる予定です。こういうことをうまくきっかけにして、盛り上げていきたい、と。

もちろんね、組織の中で動くわけですから守るべきものは守って、言いたいことは言って、新しいことにもチャレンジして、より多くの人に呼びかけていければ、と思っています。

というわけでとりあえずFacebookのページ を作りました。登録しなくても見られます。
https://www.facebook.com/zentsukenu35

メーリングリストも作ってますので是非どうぞ。よし、できることからコツコツと(ついIT関係からになってしまうのは代表のご愛敬と言うことで…)

2013年1月14日 (月)

手話通訳の訂正の仕方(下)

さて、間違った時の話に戻りましょう。ここで問題の切り分けが一つ入ります。今までは「通訳者が間違える」ことを前提に話していました。実際このケースが多いです。しかし、誰かの言葉を通訳している以上、「話し手が間違える」ということもたくさんあります。これは聞こえる人でもろう者でも同じことです。手話通訳は同時通訳のことが多いですから、話し手が間違えればその間違ったことも通訳します。それを通訳者が勝手になかったことにするのもどうかと思うので(そうやっている人も多いですが)。   
   
その場合は「話し手」次第です。何ごともなかったかのように話し続けるのであればそうするし、訂正するのであれば訂正します。そのときは通訳者が間違えたんじゃなくて話し手が間違えたんだよ~的なサインを出さなければなりません。通訳者も正しい自己防衛はしないといけませんので(勝手になかったことにする先ほどの例は間違った自己防衛)。この技術は教わりませんよね。じゃあどうすればいいか、経験、とか、ケースバイケース、としか言いようがないのですが、指さしを使うことが多いでしょうか。言葉として訂正が入ればそれを話し手の表現として受け止めて通訳をすれば、そう大きな問題はおこらないでしょう。   
   
で、自分が間違ってしまった場合。ウメは昨日つぶやいたように、結構大げさに「(通訳者の)自分が間違えました」というサインを出します。テレビの場合はそれが首振りでそのあと駆け足の手話表現で訂正する…というやり方なのですが、どうもノイズが多い(見ていてうるさい)ようですね。駆け足で進んでいくテレビと講演の通訳・対面通訳とはまた技法が違うとは思いますが、その辺りはまだまだ技術が足りないと感じています。正しく直せていたとしても、あんまりいろいろ間違っているようでは見にくい(醜い)ですもんね。良く「聞き溜めの時間が短い」という指摘を受けるのもその辺りと関わってくるのかなぁと思います。   
   
ただ、単調に「間違った表現(音声)」→「正しい表現(音声)」としてしまうと、それこそ混乱の元。で、どっちなの?ということになりかねません。間違ったものはしっかり訂正する、これが大前提です。リカバリーをどうするか、という技術・知識・経験がものをいうところでしょうか。ここで「これが良い方法です!」と言えないのが心苦しいのですが、まずは「間違えたことに気づく」「絶対にそれを直す」この2つを心がけること、これは手話通訳者(特にベテランさん)にとっては最低条件だなぁとひしひしと思うのであります。通訳者になったばかりの人はその辺りには敏感なのですが、いかんせん技術と経験が足りないのでどうやっていいかわからなくて混乱→止まってしまう、ということがあるんですよね。複数体制であれば相互フォローで上手くやるところでしょう。   
   
通訳を依頼している立場の方も、もし通訳者が間違っていて訂正もしないようであれば、ちゃんと言ってください。訂正が上手くなかった場合も前向きなアドバイスをしていただけると、それが手話通訳者の成長→質の向上につながるんだと思います。「あいつは間違っていた。ダメだ」とあとから言われても意味がありません。通訳者は専門性もありますし、「間違いが許される」わけではないですが、そこはプラスに考えた「歩み寄り」が大事なんだと思います。

手話通訳の訂正の仕方(上)

手話通訳も人間ですから、どうやっても間違えることがあります。もちろん、間違えることが少ないのがいいに決まっていますが、大事なのは間違えてしまったときのフォローの方法。その前に「間違えた」ということに気がついて「訂正する」という意識を持たないといけません。通訳者の中には、間違ったこと→つまり誤訳に気がつかないとか、気がついたとしても正しく直していると時間が無いので意図的に流してしまうとか、直し方がわからないとか…よろしくない対応をしてしまう方が多いです。全体的に技術不足という面もあるのですが、その前にどうやってフォローするのかを学ぶ機会もない、というのも大きな原因なのではないかと思います。   
   
かくいうウメも通訳している間に表現を間違ったりとか読み取りの日本語を間違ったりとか、間違い…とまではいかなくても適切なものではなかったり、そんな境遇・場面には良く出くわします。出くわす、というよりは自分で作ってしまっているんですけどね。そこで大前提になるのは「そのままにしない」ということ。はっきり言って気がつかなかったのはもうどうしようもないのですが、気づいたことについては確実に、しかもノイズの少ない方法で訂正する、これも大事な手話通訳の技術だと思います。   
   
その前に「正しく通訳する」ために話をしっかり聞いて(見て)理解すること。そのための事前学習・資料の読み込みも大事ですね。それにも限界があると思うので、やっぱり社会のいろんなことの知識を薄くでもいいので日ごろから頭に入れておく。聞いたことがあるのとないのだけでも大分違うと思います。「これは苦手」「わからない」と言って放置しておくのは良くないですね。新しいことがたくさん出てきて覚えるのも大変ですが、「勉強」とまではいかなくても、「目を通す」だけでも何もしないよりはずいぶん良くなると思います。   
   
(長くなりそうなので2つに分けます)

【手話431】新成人の皆さん、おめでとうございます

いよいよこれからオトナですね。夢を持ってますか?30過ぎになるといろんなことがおっくうになってしまう(それじゃダメじゃん)ので、いろんなことに挑戦してくださいね!たくさんの人が手話通訳になってほしいなぁ~。
(14分44秒)

動画をYouTubeで直接ご覧になる方はこちら

2013年1月13日 (日)

「まるいの」と一緒

まるいのと一緒
兵庫県篠山市のゆるキャラ「まるいの」(丸いいのししだから)と一緒に撮影させてもらいました。

今日は加古川で「兵庫県ろうあ者新年大会兼成人祝いのつどい」が開かれました。朝早く勇んで会場に行ったつもりだったのですが、思いっきり場所を間違えていました!あぁ、やっぱり今年はダメな気がする…。

その後正しい会場までダッシュ。朝から走りましたよ。早めについたから階段で踏み台昇降して待っていたのに。完全にボケています。

で、加古川に篠山のゆるキャラがなぜいるの??

来年の大会が篠山で開催されるんですね〜。その大会のアピールのためにおいでいただきました。待ち時間を狙って撮影タイム!かわいい〜ちゃんと手を振ってくれましたよ。

そんなわけで無事に大会が終わりました。実行委員会の皆様、大変お疲れさまでしたm(_ _)m

朝6時半出発

朝6時半出発
まだ空が暗い時間の出発になりました。これから加古川に向かいます。

切符の関係で一度高速神戸駅→神戸駅→加古川駅になります。山陽電車は加古川は通らないんですよね。はぁ、さすがに朝は冷えますな〜。着く頃には明るくなっているかと思いますが。

この時間は最強の通勤電車、新快速の運行が無いんですよ。これで予定がちょっと狂っちゃいました。まぁ快速でも十分速いと思うのですが、あのスピードに慣れてしまうと物足りなく感じます。

神戸駅の地下街にも人がおりません。まぁ日曜日ですからね。ささ、乗り換えなきゃ。

では、いってきまーす。

« 2013年1月6日 - 2013年1月12日 | トップページ | 2013年1月20日 - 2013年1月26日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: