2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2013年6月9日 - 2013年6月15日 | トップページ | 2013年6月23日 - 2013年6月29日 »

2013年6月16日 - 2013年6月22日

2013年6月22日 (土)

東北の列車 3つ

Alatazawa

仙台空港への帰りは電車で。ちなみに上は左沢線の車両です。これ「あてらざわ」と読みます。難しい駅名ですね。これは同じホームにいたもの撮影しました。

Senzan

乗車した電車はこちら。仙山線、山形駅9時36分発、快速仙台行き。JR東日本のE721系電車です。仙台空港アクセス線と仙山線など、仙台地区の電車の置き換えのために導入された車両。新しめの車両ですね。この電車で仙台まで1時間ちょっと。仙山線は仙台駅近郊は通勤・通学のお客さんで混み合います。仙台と山形の間は利用者が少ないですね。「面白山高原」という駅があって、駅から直接スキー場に行けるんですよ。

Sendai

こちらは仙台空港アクセス線の電車。形式は仙山線快速と同じE721系車両。2両編成でした。仙山線も仙台空港アクセス線もボタン開閉式です。この辺りはウメ実家の近くを走るJR川越線も同じだったりします。ピンクのペイントがかわいいですね。ここから仙台空港へ向かうのであります。

仙台はやっぱり山形に比べて気温が低かったですね。そして帰りの飛行機に乗車…するんですけどね。

ホテルでおしゃべり

yakei1   
   
山形市内に戻った後は、こんな感じで夜景を見たあと、24時間スーパーで買い出しをしたあと、ホテルの談話室で4人でおしゃべり。この時間がとても楽しかったんです。奈良青年部お三方のそれぞれのことや、青年部長の考え、ウメのこと、運動のこと、盲ろう者のこと、手話通訳のこと、しょーもない冗談などなど…。気がつけばあっという間に3時間が経っていました。   
   
お恥ずかしながら、同じ近畿でも奈良の青年部の方々とはあまり交流がなかったので、得られるものがたくさんありました。何だろう、同世代だからこそ気兼ねなく話せたのかな、気を使ってもらっちゃったかな、とも思いましたが、ウメにとってはもしかしたら大会期間中で一番楽しかった時間かも知れません。こういう出会いが「次も参加しよう」っていう活力につながるんだなぁ、とひしひしと思いました。   
   
奈良と言えば、今度近畿手話通訳問題研究集会(近通研集会)が奈良で開催される予定です。今から参加はほぼ確定(司会)なので、また彼らと、いや、集まった近畿のろう青年・U-35メンバーとたくさん話したいと思います。いやいや、その前に近畿ろうあ青年研究討論会(近青研)が神戸であるんですよ。大変ですが張り切って参加します。   
   
部屋に帰ったらすぐおねむでした。さぁ、寂しいですが山形とのお別れが近づいています。

水車生そば

天童に何を食べに行ったかというと、こちら。   
   
suisha1   
   
超有名店で県外からもわざわざ食べにくるお客さんも多いという天童市内にある「水車生そば」さん。創業なんと150年!すごいですね~。テレビでも紹介されていて、おそばの他に鳥中華も有名だそうです。しかし、今回はあくまでもおそばを食べたい!イケメン?4人組ツアーなので、やっぱり定番メニューでしょ!ということで。   
   
itasoba2   
   
こだわりのそば粉を100%使用し、水車と石臼で製粉したおそば。「元祖 板そば」です。Webサイトによると初代が製粉業のかたわらに板に載せて、客をもてなしたのが板そばの始まりです。ということで、板そばを4人でいただきました。   
   
itasoba1   
   
4人前の板そばが並ぶと圧巻。すごい量です。手打ちでしっかりとコソのある麺で、噛めば噛むほどソバのうまみというか、味が広がるんですよね。これは絶品です。量はかなり多めでしたが、バッチリいただきました。ちなみにお新香があったのは謎。山形ではポピュラーなんでしょうか。   
   
ええもん食べました。山形ではおそばも実はかなり有名なんですって。お肉とさくらんぼは食べていたので、これで3つ制覇してなんだかうれしい気分。しかもみんなで一緒に食べるとやっぱりおいしさがアップ。   
   
tendo3   
   
お腹もいっぱいになったし、どうしようか…という話になったのですが、駅前には何もなさそうな感じで、先ほどの写真を撮って終了。日帰り入浴できる天童温泉とかもしかしてあったのかもしれません。大会に参加したあとだったので4人ともお疲れなので思考能力が弱まっていたのかも。   
   
帰りは時間を調べてJRで山形駅へ。奥羽本線の天童駅から乗車しました。山形新幹線の停車駅でもありますが、単線を共有しています。山形駅に向かう途中ですれ違いましたが、早くて写真が撮れませんでした。

青年部3人組と天童へ

日曜日の夕方、全国ろうあ者大会in山形が終了し、さてこれからどうしようかと思いながら山形駅に到着。そしたら前日の「青年の集い」でちょっとしゃべった青年部3人組の顔ぶれが。おや、どうしたもんかと思っていると泊まっているホテルが同じでした。で、一緒にホテルへ向かいながら話していると、彼らももう1泊してこれから観光する、とのこと。「良かったら一緒にどう?」とありがたいお誘い。「イエッサー!」。

その3人組は社団法人奈良県聴覚障害者協会の青年部3人組。おぉ!同じ近畿ではないですか。同じ近畿なのにあんまり話したことなかったのですが、快く迎えてくれてとってもうれしかったです。んで、どこに観光に行くか…と聞くと、観光…というよりはとあるモノを食べに行く、と。ほうほう。というわけで、ホテルに荷物を置いて集合!

Tendo1

向かったのは天童市。将棋の駒でとっても有名な天童市。

Tendo2

駅前の郵便ポストもこんな感じ。ポスト自体が将棋の駒の形じゃないのね、と。

山形から天童まではJRで20分ちょっとなのですが、ちょうど時間が悪くて1時間ほど電車が来ない…バスも20分後でしかも時間がかかる、とりあえず早く行きたいの…とおねだりされたので(いやいや自分が入れてもらっているだけなので)、タクシーに乗ることに。全国大会の会場である山形ビッグウイング方面へ戻ってさらに車は走ること30分ほど。

車に乗っている間は手話をすると高確率で酔うので、運転手さんの相手をしておりました。タクシーの運転手さんも、全国大会の人の多さにビックリしていたようです。タクシー業界にとってはかなりありがたかった模様。「なかなか観光の目玉のところがないですからねぇ」と嘆いておられました。山形なまりの素朴な感じの方で、あぁ、山形に来たなぁ…と。

で、何を食べに行ったか、というと、運転手さんもお店の名前を言えばすぐにわかるほどの有名なおそば屋さんです。奈良青年部きってのイケメン大先生がどうしてもコレが食べたかったそうです。なるほど、それは食わねばならぬ。

2013年6月21日 (金)

カツ丼でかつどん

山形の話はまた明日載せます。引っ張ってごめんなさいね。ちょっと食べ物の写真がたまってきたのでここでアップ。   
   
katsudon   
   
神戸ハーバーランド、プロメナ神戸にある吉兵衛さんのカツ丼。一昨日のお一人様ランチの時にいただきました。卵ダブルとお味噌汁セットで700円。たくあんは自分で載せたのでかなり適当です。   
   
この日は何となくカツ丼が食べたくなったんです。とあるお方に「血糖値が上がりやすい」というご指摘をいただいたんですが、カツ丼が食べたくなったんです。確かに、卵・カツ・ご飯…血糖値が上がりそうな感じ。でも食べたかったんです。   
   
そしてこのあと、ずっと探していたパンテーンのシャンプーとコンディショナーの詰め替え、2つで598円セットを手に入れたので、この日は勝った(買った)のです。ぐへへ。何だか贅沢ですね。   
   
調べたら神戸では結構有名なカツ丼屋さんなんですね。でも本店のほうが大分おいしいとのこと。なるほど…。でも、フードコート形式で手軽に食べられるのはうれしいです。最近、また太ってきたかなぁ…。

ひとりごと、はじめました

ブログでは何回もひとりごとを言っています。現実でも独り言を言っています。Twitterもしています。で、新たなひとりごとをはじめました。それは何かとたずねたら…

全通研U-35 Facebook公式ページでの代表のひとりごと。

ふと思うところがあって、書き始めました。今年はU-35にとっていろいろと変化のありそうな年。転換の時に代表をさせてもらっています。まだ何もできていませんが、せめて情報発信をしていこう、と。このブログと書いている人は同じなので、言いたいことはあんまり変わらないんですけどね。一人でもがいているだけかもしれませんね。

こちらは毎日更新ですが、全通研U-35のほうはさすがに毎日はやりません(今のところ毎日ですが)し、他の方の投稿も大歓迎です。Facebookアカウントをお持ちで無い方は全通研U-35代表アドレスまでメールください。何でもいいです。地域の活動でも、行事案内でも、報告でも、相談でも、疑問でも(しょぼい代表で対応できるかどうかわかりませんが汗)。誹謗中傷はごめんなさい。

組織の1つとしてこのやり方が良いのかどうか…ともかく手探りでいろいろやってみようと思います。

全通研U-35、といえば、全通研夏集会inぎふでもU-35のつどいを開催予定です。時間や場所は決まり次第公式ページでお知らせします。集会の申込は6月27日(木)までですよ、また集まりましょう~!

オッパイが大きすぎて離婚しました・・・バカみたいですよね←そうですね

本日届きました迷惑メール。最近の迷惑メールは写真も埋め込まれてるんですよね。奥様らしき写真と共にこんな文章が。

何とかなりませんかねぇ…。

件名:オッパイが大きすぎて離婚しました・・・バカみたいですよね。

e-奥さまは『奥さまのみにターゲットを絞りたい男性』のためのサイトです。

《メッセージ:件名》
離婚しちゃうかも。笑
《メッセージ:本文》
もう離婚したほうがいいのかなぁ。笑
悩んでも仕方ないよね、、えっちしたーい♪Gカップのバストが自慢です☆今日はこれから…‥‥‥・ ・ ・ ・ ・  ・  ・
【続きを読む。または詳しいプロフを見て返信する場合は】
→ URL張り切って省略(完全無料)

━━━▼ 人妻との出会い探しなら『e-奥さま』 ▼━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
●雑誌でお馴染み大型サイトで安心・快適。
●現在女性会員数が男性会員を大きく上回っている状態です。
 急きょ男性会員様を募集しています!!!
●アポ(約束)成功率は【94.2%】とまさに奇跡の人妻サイトです。
----[ 利用の流れ ]--------------------------------------------------
?@簡単なプロフを作成♪ ⇒ ?A地域を選んで簡単検索♪ ⇒ ?Bお好みの相手にメールを送る♪
⇒ ?Cあとは相手からの連絡を待つだけ♪ ⇒ ?Dどの奥さまと遊ぶかは貴方のお好み次第・・・♪
(URL省略)
完全無料ですので入会・退会は自由に出来ますのでご安心ください。
配信を拒否されるかたは
e-奥さま

山形駅近スポット

山形の話ばかりですみません。

素敵な出会いの話の前に、山形駅近くの気になったスポットをご紹介。地元の方にはおなじみでしょう。

Jujiya_2
山形が誇る百貨店。十字屋さん。いかにも地方の百貨店!ザ!百貨店!という感じ。今はダイエーの傘下になったんですね。調べたら「十字屋」として残っているのはココだけとか。「OPA」も同じ系列なんですね。

写真を撮り忘れましたが、山交ターミナルビルも散策。仙台行きや山形県内各方面に向かうバスがここの1階から発車。バスターミナルって結構好き。

Kajo1

こちらは山形駅西口に直結している「霞城(かじょう)セントラル」という複合ビル。全青研in山形に参加した時はここにあるホテルに泊まりました。これがまた巨大な建物なんですわ。写真撮り忘れました。ダメだ。んでもって1階に日本一のいも煮のモニュメント発見。他にも果物のモニュメントも。

Kajo2

七夕が近いこともあって、巨大な笹にたくさんお願い事が書いてありました。地元の保育園の園児と、モンテディオ山形の選手・スタッフさんの短冊が。上の方、見えない…。七夕でお願いしたいこと…何かな…1つだけお願いするとしたら「お金が欲しい」(おいおい)。

さぁ、次からは出会い編です。

2013年6月20日 (木)

ブースのお手伝い

ここ数年、全国ろうあ者大会では「目で聴くテレビ」の読み取り音声を担当させていただいていました。そう、あの有名な那須さんの。ですが、今回は諸事情により現地スタジオからではなくなったので、このお仕事は無し。代わりに…   
   
aidora   
   
こっちのお手伝いしてました。そう、「アイドラゴン」の宣伝ブース。みなさん、アイドラゴン、お持ちですか?ウメが時々出るリアルタイム手話通訳、見ていただいてますか?   
   
今回は担当の方の手話通訳兼宣伝隊長?としてお手伝い。1か所のブースにいれば回ってきた皆さんにも声をかけていただいて、たくさんの方と話ができました。とびっきりの営業…いや、心からのスマイルで「持ってますか?」「これはこういうもので…」とお声がけ。時には利用者からの申し出にも対応。やっぱり全国ろうあ者大会ですからね、きっと聞きたいことがある人もいたでしょう。知っている人には「当然、持ってますよね?」と満面のスマイルで脅しをかけておきました(笑)   
   
shikiten   
   
なので、式典はあんまり見ていないんです。少しお客さんが引いた時間に見に行ったのがコレ。両側に字幕が挿入された巨大スクリーン。真ん中に舞台。うーん、やっぱりスケールがデカイ!パイプいすを並べた実行委員の皆さま、お疲れ様ですm(_ _)m   
   
atoraku   
   
お昼はお客さんの対応をしていて、これがまた結構時間がかかったので、午後のアトラクションもあんまり見られなかったんです。何しに行ったんだ…汗。こちらは2人芝居。何となく写真だけとってすぐ戻っちゃったので見てません汗。アトラクション第2部の途中からゆっくり見られました。いつもと趣向が違うなぁ…と。いつも見慣れたあのお方もがんばっておられました。お疲れ様です。   
   
bento   
   
大会と言えばお弁当を忘れちゃいけませんね。しっかり撮影しております。   
   
結局のところブースのお手伝いに行ったような…いや、それで良いのですが、一回くらいずーっと座って大会を見なきゃいけないなぁと思いつつ、つい何かを引き受けたり、フラフラしたりするのが好きなウメなのであります。あ、元職場の皆さんの元気な(けどちょっとお疲れの)顔も拝見できてよかったです。大会は来年の長野に引継ぎをして無事終了しました。楽しい時間はあっという間ですね。   
   
もう一泊する予定でしたので、とりあえずホテルに戻って過ごすべ…と思い駅に向かうシャトルバスに乗り込みました。そこで、素敵な出会いがあったわけです(変な意味じゃないですよ)。

全国ろうあ者大会in山形 始まり始まり

taikai1   
   
はい!とうとうビッグウイングにやってきました。お決まりのパネルを一人寂しく撮影してみました。いいんです。自分が写ったって仕方ないですし。   
   
きっと混雑するだろうなぁ~と思ってかなり早めのシャトルバスに乗りました。開場1時間ちょっと前に会場に着きました。途中、某新聞を担当している営業さんと微妙な会話を繰り広げ(汗)たりしておりました。   
   
taikai2   
   
遠目から。大きな施設ですが、山形駅からは遠いんですよね…。JR奥羽本線の羽前千歳駅からだと歩いて行ける距離だったりするんです。この裏ルート?を使った方はいるでしょうか?   
   
taikai3   
   
開場45分前くらいでもうこの列。建物の中には入れたので良かったのですが、いやー皆さん早い。良い席を確保したいんですよね。どうせ来たならね、そうですよね。でもウメはふらふらしておりました。   
   
taikai4   
   
こちら展示・販売ブース。人が少ないように見えますが、朝ですからね。準備をしているところもありました。というか、ウメも準備しにとあるブースへ向かったのであります。

さくらんぼ種飛ばし選手権に出場

第61回全国ろうあ者大会in山形、青年の集いメインイベント。「さくらんぼ種飛ばし選手権」(正式名称は忘れました)。この時を待っていました。普段口からいろんなものを飛ばしているウメにとってはもってこいの企画。ルールは簡単。さくらんぼを食べて、残った種を口からフッ!と飛ばしてどのくらい種が飛ぶか、というもの。着地してから転がったのも距離に加算されます。   
   
cherry1   
   
青年部のことだからさくらんぼは1粒か2粒しかくれないだろう(失礼)…と思っていたら、まさかの1パック!!!しかも結構入っているじゃないですか!!ワーイ、山形のさくらんぼだ~。というわけで、早速種を準備するために1つだけいただきました。残りは後日冷やして美味しくいただきました。さくらんぼって普段あんまり食べないんですが、知っているものよりも甘くてジューシー。さすが本場ものですね。   
   
山形ではさくらんぼの種飛ばし競争的なものは割とポピュラーで、全国大会も開催されているようですね。遠くに飛ばすコツとしては、出来るだけ果肉をキレイに取ること、舌をUの字に、口もすぼめること、少し顔を上に挙げて飛ばす瞬間に腰を引いて勢いをつけること、だそう。負けられない戦いがそこにあったウメは、参加者との楽しいおしゃべりをしつつも練習にいそしんでおりました。   
   
cherry2   
   
大会はこんな感じ。ウメは写っていませんよ。5人1組での一発勝負!真ん中の赤いラインが5m。1mごとにラインが引かれていて、飛ばしたら要員さんが手慣れた感じで種を探し、メジャーで測って計測。こんな感じで進みました。   
   
ウメは割と早い9番目の組。何気に今までに無い緊張感、優勝して某新聞に取り上げてもらう、という密かな目標を立てていたウメ…。結果は…   
   
5mちょっと。   
   
平凡。並み。男性参加者で39位。真ん中へん。普通。   
   
笑いを取るわけでもなく、普通に真面目にやってコレ。冴えない男になってしまいました…。なかなか難しいですね…。   
   
優勝者は大阪のろう青年、記録は11m超。すごい!女性の部は7m半くらい(数字が全部曖昧なのはご容赦ください。詳しくは全国大会の速報でどうぞ)。男性の部は近畿メンバーが、女性の部は東北のメンバーが独占、という結果になりました。それぞれに賞品が贈られ、盛り上がる会場。うーん、それをもらうはずだったのになぁ…、と一人落ち込んでおりました。   
   
そんなこんなで集いは終了。わざわざ山形に集まってお笑い&種飛ばしって…と、思う方もいらっしゃるかと思いますが、それもアリだと思います。実際に楽しい時間を過ごせ、交流もできました。毎年これではアレだと思いますが、たまにはこういう楽しめの企画も良いですね。欲を言えば真面目1、楽しめ1の2本立てで来年はお願いしたいところです。青年部の皆さん!   
   
集い終了後はお決まりの交流会。たぶん初めての参加になります。70人の店員がすぐに満員に。時間の関係でゆっくり話せなかった人もいますが、お酒を飲みながらおしゃべり、これが楽しみですね。さぁ、次の日はいよいよ大会当日。

青年の集い 前半 まずは笑おう…よ

というわけで山形市総合福祉センターで始まりました「青年の集い」。東北を始めとする全国各地から青年が集まりましたよ。今回の会場は体育ルーム。それは後半に行われるとある選手権のため…(TwitterやFacebookではもう報告済みですが汗)。

Seinen1

これ、開始前。ブロックごとに並んで~となっていますが、皆結構雑でした。左側におらせられますのが一般財団法人全日本ろうあ連盟青年部長!部長!相変わらずですな!

Seinen2

司会のお2人の漫才なんかもあったりして。結構念入りに台本が仕込んであったような気がします…。掛け合いがスムーズでした。まぁ、滑ってましたけど。いいね、若いって。

Seinen3

見えにくいかも知れませんが某連盟の映画の出演で一躍有名になったあのお方。今はウメ実家と同じ市にお住まいなんですよ。おぉーなんかうれしい。個人的にもお話させてもらいました。ご本人からはほのかにイケメン&リア充臭が漂っておりました。うん、勝てない。ウメ、負け組。いや、負けてなんか無いもん!

で、上は何をしているかというと、「滑らない話コンテスト」です。全国9ブロックの代表が、この日のために練りに練った?滑らない=面白い話を披露するという企画でした。えぇ、テレビ番組のパクリですね。

Seinen4

我らが近畿メンバーです。「キンセイ抜きうちテスト」。これめちゃイケのアレですね。我らが兵庫からも2名出ています。右端と左端。えー面白かったかどうか…は、まぁ、アレですよ。程ほどにツルツルでしたかね…。ちょっと狙いすぎた面があるかもしれません。と手厳しいことばかり言っていましたが、自分だったら面白い話ができたのかどうか…。

全体的に滑らなかった…のか、どうかはお近くの参加者に聞いてくださいませ汗

今回、152名の参加。欠席の方も何人か居たのですが、全体的にろう者が多くて聞こえる青年が少なかった印象です。別にそれが良いとか悪いとか、そういうつもりはないんですけど、あれ、少ないなぁ…と。U-35メンバーにあんまり出会えなかったのが残念。きっと別の分科会に参加していたんです。そうです。そういうことにしましょう。

「青年の集い」。後半は、例の選手権です。ウメが優勝を狙っていた(もうバラしている)あの選手権…。

2013年6月19日 (水)

山形牛 食ったどー!

せっかく山形に来たんだから美味しい物も食べないと…けどあんまり下調べしてこなかったなぁ…と思いながら、青年の集いの会場に行く前の腹ごしらえ。とにかく駅の近くにしよう!ということで独断と偏見で選んだお店がこちら。「かかし」というお店。   
   
ushi1   
   
「に・く」   
   
米沢牛はお高いというイメージ。食べたかったですが、米沢牛の店を見つける前に山形牛のお店を見つけましたのでこちらに入りました。ぐっへっへ。肉。   
   
ランチなのでそれほど高くはありません。注文したのは…。   
ushi3   
   
カルビ焼肉定食~!やったー!山形牛のカルビだ-!もっとお高い部位もあったのですが、庶民で味の良い悪いもあんまりわからないウメにはこれでも十分ごちそうでございます。さすがにそこら辺の牛丼チェーンのカルビとは味の違いが分かりましたよ。お肉が柔らかく、かつ歯ごたえも残りつつ、脂っこくないんです。あっさりいただけました。でも食べ足りない…もうちょっと奮発してステーキ定食にすれば良かったかも…。   
   
ushi2   
   
ミニ冷麺付き。焼肉食べたら冷麺も食べないとダメですよね。ミニと言いながらそこそこの量があってお腹的には大満足でした。   
   
ここでお腹をいっぱいにして、「青年の集い」会場の山形市総合福祉センターへとガンガン歩き始めるウメです…。

文翔館見学と写真コンテスト

山形大会紀行、土曜日の午前中は特に予定がなかったので、どうしようかと思っていたのですが、せっかくのなので「文翔館」で開催されている全国聴覚障害者写真コンテスト・ろう学校児童生徒作品展を見に行こう!と思い立ち、向かいました。今回は評議員会の傍聴はしなかったんです。何か面白そうなことは起きましたか?(面白そう…って)   
   
yamagataeki   
   
ホテル前から山形駅を撮影しました。この日はあいにくの雨。微妙な雨。今回は傘を持っていかなかったので、少し濡れつつ、水も滴るいい男的な感じを醸し出しながら移動開始。文翔館までは山形商工会議所さんが運行する市内循環100円バスで移動。10分おきに運行されていて便利です。   
   
bunsho1   
   
こちらが文翔館。あら、とても趣のある建物です。公式Webサイトによると「「文翔館」(旧県庁舎及び県会議事堂)は、大正5年に建てられた英国近世復興様式のレンガ造りの建物です。大正初期の洋風建築を代表する貴重な遺構として、昭和59年、国の重要文化財に指定されました。昭和61年から10年の歳月をかけて保存修復工事が行われ、現在は、山形県郷土館「文翔館」として一般に無料公開されています。」とのこと。なるほど、これは素敵な訳だ。   
   
bunsho2   
   
聴覚障害者写真コンテストの作品は撮影禁止なのでじっくり見て楽しみました。どれも力の入った力作だなぁ~と。こんな写真が撮れたら面白いんだろうなぁ…とデジタル一眼を眠らせているウメは感心しながら見て回りました。ろう学校児童生徒作品展で感心したのは「万国旗巻き取り器」。その名の通り運動会などで使われる万国旗を巻き取って保管できるという素晴らしい発想の作品です。しかも「ご希望の方は材料費のみでお作りできます」との一言も。かっこいい!何か運動会的なものを主催してあれを作ってもらいたい!   
   
そして生徒の絵が並んでいるんですが、皆さんうまいんですよね。絵が壊滅的に下手くそなウメとしては、どれもうらやましい出来映え。そういえば学生の頃の図工の時間は大の苦手だったなぁ…写生大会(あっちのしゃせいじゃないよ…←下ネタを入れてみた)なんかとっても気分が重かったです。今でも絵はからっきし描けないので、ちょちょっとイラストを描けちゃう人は尊敬します。   
   
bunsho3   
   
せっかくなので文翔館も見学。人が少なかったのでゆっくり見学できました。こちらは応接間(…だったと思います)。もう一つ一つが気品にあふれていて、素敵でした。厳かな雰囲気ですね。   
   
bunsho4   
   
個人的に気になったのが各部屋に設置されていた暖炉。そりゃー山形は冬寒いでしょうから、こうやって暖を取らないと仕事も手につきませんよね。この建物は昭和50年まで県庁として使われていたそうなので、それまで使っておられたのでしょうか。暖炉のぬくもりって素敵。人肌はもっと素敵。   
   
bunsho5   
   
こちらは会計室。ここにだけ人形が置かれていて思わず撮影してしまいました。こうやって日々の会計業務をこなしていたんですね。今はパソコンの時代になって、会計ソフトとにらめっこしながら…ですが、昔はきっともっと大変だったんでしょう。最初「人が居る!」と思ってビックリしたのは内緒。   
   
この他に、山形の歴史を振り返るコーナーや、各地方(えーと、庄内・村山・置賜・最上ですね)の紹介コーナーなど、山形をほぼ知らないウメにとっては(意外と、と言ったら大変失礼ですが)勉強になりました。この日は旧議事堂だった建物でおおたか静流さんのコンサートが予定されていたようで、スタッフさんが準備されていました。おおたかさんといえば、毎朝見ている「にほんごであそぼ」でも活躍されているアーティストさんです。ちょっと興味がありましたが、今回の目的はあくまで大会参加なので…いったん駅に戻ります。

神戸は大雨

台風4号に影響されて梅雨前線が南下して活発になっている影響で、日本列島の広い範囲で強い雨が降っています…なんてお天気キャスターのような話し方をしていましたが、空梅雨だったのがやっとこさ本格的な雨が降った、という感じでしょうか。やや降りすぎな感も無きにしもあらずですが、災害が起きない程度に雨は降っていただきたいものです。やっぱり梅雨ですから。   
   
明日も雨が続くようですね。先ほど自宅に帰ってきましたが、ザ!雨!でした。今年初めてかというくらいの本降り。持っている中で一番強い?骨が21本あって65cmの傘を準備しましたが、靴は濡れちゃいましたね。皆さんも気をつけてください。   
   
このまま台風4号が日本に上陸するコースに来てしまうと、恵みの雨どころか水害になってしまいます。雨は降って欲しいけど災害が起きないくらいに…なんて人間は都合の良いことを考えますが、こればかりは個人個人ができるところからの防災・減災も必要ですよね。そういえば長靴って持ってないなぁ…。   
   
雨、湖やダムの上でたくさん降って欲しいものです。決壊しないくらい…(また都合が良い)。

リッチモンドホテル

今回3泊お世話になったのは「リッチモンドホテル山形駅前」さん。特段意識して取らなかった、というか、予約した(週を間違えて予約し直した)時に一番安いホテルでした。が、その名の通りリッチモンドな感じでしたよ。山形駅西口から歩いて3分ほど。だだっ広い広場を抜ければそこはホテル。コンビニと24時間営業のマックスバリューまで歩いて数分。便利。

Rich1

Rich2

どうですか?シャレオツな部屋でしょ。角部屋の「コーナーダブル」というお部屋でした。その部屋を指定していたみたいです。最近一人でダブルルームが多い気がするんですが、あれですかね?やっちまえ、ってことでしょうか。むろん、そのようなふしだらなことはしておりません。

部屋全体が広めに取られていて、大きめのデスクと空気清浄器も完備。あぁ、パソコン持ってくれば良かった、と思いました。そして壁掛けのテレビ。32インチでしょうかね。壁掛けなので場所をとりません。10階なので眺めも良かったです。あ、残念なのがWi-Fiの電波が弱くて使えなかったこと…。おしい!

Rich4

ユニットバスもかなり広めに作られています。アメニティも充実。リンスインシャンプーじゃなくてちゃんとシャンプーとコンディショナーに分かれていましたよ。そして洗顔フォームもありましたよ。シャワートイレもありましたが、イナックスでした。はい、どうでもいい情報ですね。ここがTOTOのアプリコットなら最高。いや、ビジネスホテルにそこまで求めてはいけませんね。

ただし、残念なのが…
Rich3
あの悪名高き?専用リモコン、字幕ボタンなし!地デジの他にBSデジタルも見られるようになっていましたが、字幕ボタンがありませんでした…。(申し訳ないのですが)実行委員会を通したホテルではないので、そこまでの配慮が行き渡らなかったのかもしれません。実行委員会経由のホテルに泊まった人はどうでしたでしょうか?ホテルに交渉はしたと聞いています。

同じホテルに全国大会参加の人もたくさん泊まっていたので、この辺りはちょっと残念。ま、ウメは山形のホテルでもテレビショッピング(QVC)ばっかり見ていましたが!最近は(赤外線通信機能がある)スマホでリモコンアプリを起動して強制的に字幕ONとか裏技ができちゃったりするんでしょうか。あぁ、試せばよかった(でもテレビのメーカーがわからなかった)。学習リモコンを持ち歩いたら良いですね…というか、ノーマルリモコンをホテルが用意してくれればいいんですよ、あるはずですし、ね。

さ、このリッチモンドさんを拠点に、ウメの全国ろうあ者大会in山形の思い出が作られるわけであります…。

2013年6月18日 (火)

仙台空港から山形へ

sen1   
   
仙台空港からはとりあえず仙台駅まで出なければ移動手段がないので、「仙台空港アクセス線」に乗車します。以前数年前の全青研に参加したときにも乗車しましたので2回目です。先の大震災で被災し、長い間不通となっていましたが、今では復旧しています。ただ、仙台空港~美田園駅の周辺は津波の影響を受けたせいか、家や建物がまばらな印象を受けました。まだまだ完全な復興!とは言えないようです。   
   
sen2   
   
ホームでございます。飛行機が到着したちょっと前に電車が行ってしまったようなので、30分待ち。このときの仙台の気温は20度。大阪は32度でしたから、その差12度。霧も濃く、半袖一枚では寒かったです。しかも駅には何にもないので、一人でブログを更新していました。で、やっとこさ来た電車に乗車。仙台駅まで約25分。直通です。写真は思いっきり失敗したので帰る時のものをアップします。車内の自動放送がJR東日本仕様なので、関東のJRに乗っている気分。山手線とか。ナレーターさんも日本語の人も英語の人(クリステル・チアリさん)も同じでした。ま、同じ会社ですからね。   
   
sendaieki   
   
はーい。仙台駅です。金曜日の夕方ということもあってか、人がわさわさいました。特に電気屋に寄るということもせず、とにかく寒かったし早く山形に向かいたかったので、仙台駅滞在時間は短め。んでもってどうやって山形まで行こうかと考えた結果、900円で運行している高速バスに乗車することにしました。   
   
が、仙台駅のバスってまぁたくさんあって、乗り場まで迷っちゃいました。案内板をきちんと見ていなかったせいなのですが、上の写真は別のところに間違って向かって戻るときに撮影したものです。結局22番乗り場?へ。何か次から次へとバスが来るんですよ。面白いですね~。バスが行き交う雰囲気も好きです。福岡の西鉄バス見学ツアーもしなきゃ。   
   
乗り場に向かったら人が並んでるんですよ。ポールには「2列に並んでください」と書いてあったので並んでみたんですが、なんとウメが並んでいたのは別の方面へ向かう列。みんな地元の人だから分かってるんですよね。恥ずかしい~。仕方ないのでずーっと後ろの列に並び直した結果、何とか来たバスには乗れましたが、デカいキャリーケースを座席に置いたやる気の無い姉ちゃんの隣しか空いていませんでした…。ねーちゃん座席の上の棚にキャリーケースを上げようとするもあっさり断念。   
   
おかげで足場が狭い狭い。ねーちゃん途中で寝ちゃってこっちにずれてくるもんだからさらに狭い。んでもって隣の補助席も埋まったもんだから狭い狭い狭い。さらにエアコン強めで寒い寒い。なんなんだこの高速バスは!(バスは悪くない)すごい乗車率ですね。1時間に4~5本の運行であれだけ埋まるんですから。金曜日の夕方というのが大きかったのかもしれません。   
   
窮屈な思いをしながら約1時間10分。無事に山形駅に到着しました。あぁ、電車にすればよかった…。   
yamagataeki

久しぶりのプロペラ機

6月14日(金)、ウメは神戸から山形に向けて旅立つ日でございました。移動手段は飛行機。新幹線…という手もあったのですが、東京乗り換えで6時間弱はさすがにちょっとつらい&飛行機・宿泊パックで取った方が安い、ということもあって、飛ぶことにしました。   
   
osakaair   
   
出発は神戸空港…ではなく、大阪国際空港→伊丹空港です。神戸空港からは仙台行きも山形行きも出ていないので、伊丹空港となります。山形への直行便も出ているのですが、料金が高いことと便数が少ないということで、仙台空港経由で予約しました。今回はANAです。マイレージにあまり興味が無いウメとしてはJALでもANAでもどっちでもいいんです。マイレージって貯めないともったいないですかね?でも飛行機滅多に乗らないんですよね。カード作るのも面倒だし…。   
   
787   
   
今話題?のボーイング787機がいました!今回はコレに乗ります!!!   
   
   
うそです!!!   
   
puropera   
   
こっちでした。ボンバルディアのプロペラ機。プロペラ機に乗るのは久しぶり(3回目)だったので、揺れないかどうかかなり緊張しましたよ。この写真は仙台空港で撮影したのですが、まぁすごい濃霧だったんです。機長も「濃霧のために着陸できるかギリギリの状況です」というくらい。プロペラ機は揺れる、というのは定説なので、あぁーいやだなぁ~と思っていたら、まぁすごい。フライトアテンダントさんもビックリのピッタリ着陸です。全然揺れなかった。高度が下がったなぁ~と思ったらあっという間に地面が見えて、着陸しました。機長さんの腕に感動。   
   
伊丹から仙台まで1時間25分の旅でした。確かに室内はうるさかったですが、揺れなかったですし、意外と快適。飛行機も悪いもんじゃないですね~。   
   
さぁ、仙台から山形まで移動します。

今日から通常営業

kumamon   
   
写真はイメージです。ポストに某新聞のアンケートのお知らせと一緒に入っていたので撮影しました。流行ってますね~「くまモン」。熊本県イッヒッヒ状態です。やっぱり素な感じを出したのがウケたんでしょうかね。   
   
さて、全国ろうあ者大会in山形から無事帰ってきて、疲れがドッと出ることもなく、今日から通常営業で仕事してきました。今日は職場の複合機の入れ替えがあったのでちょっとウキウキでした。新しい機械って素敵…予想通り対応に追われてやんなきゃいけない”あの”仕事があまり進まなかったのですが…明日から頑張ります。明日から~♪   
   
全国大会のネタは今日からたくさんアップします。その間にも思ったことやらケータイネタやらいろいろ頑張ってアップしますので、またよろしくお願いします。

【手話452】第61回全国ろうあ者大会in山形に参加してきました(後編)

後半は日曜日の大会当日メインです。山形で近畿の青年部との出会い。不思議でしたが、とっても良い出会いになりました。こういう出会いや再会があるから大会参加はやめられません。次は全通研夏集会in岐阜、全青研in京都、全通研冬集会in大阪と大会が続きますので、節約して参加して楽しむぞ~(この間にも近畿レベルの大会もありーの兵庫のイベントもありーの…忙しいですわ)

途中パソコンが止まったかと思って素の顔が出ております(汗)。お見苦しいかと思いますが、これも味ということで…というか撮り直すの面倒だったのでそのままアップいたしました。ご容赦くださいませ。さらに、2本撮りの後半なので、手話が乱れております。気合いが入りすぎました。重ねてお詫び申し上げますm(_ _)m
(17分46秒)

【手話452】第61回全国ろうあ者大会in山形に参加してきました(後編)

【手話451】第61回全国ろうあ者大会in山形に参加してきました(前編)

というわけで、第61回全国ろうあ者大会in山形に参加してきました!いつもながら式典やらの内容をあまり見ていないというなんとも不思議な参加形態ですが、これも一つの楽しみ方…ということにさせてください。あまりに張り切って動画が長くなりそうだったので2つに分けました。前編は土曜日の青年の集いまでです。
(15分42秒)

【手話451】第61回全国ろうあ者大会in山形に参加してきました(前編)

2013年6月17日 (月)

ソフトバンクのこういうところが嫌い

ソフトバンクの携帯・スマホを使っている方をどうこういうつもりは毛頭ございません。はじめに謝罪しておきます。ウメも5年前くらいにはソフトバンクの携帯を使っておりました。札幌に行ったときに買い換えて、数ヶ月でしたか…docomoに変えちゃったんですよね。それ以来ずっとdocomoですが、最近はソフトバンクのやり方がいろいろと露骨で(というかあの方が社長になってからずっとですが)好きではありません。社長としては「やり手」なのかもしれませんが…。   
   
koukoku   
   
これは家の近くのソフトバンクショップに貼られていたポスターです。ソフトバンクがイー・モバイルを買収して、両方の電波を使えるようになったことをアピールしている…ようです。「ダブルLTE」ですね。一見、高速道路の渋滞の様子で分かりやすく作られたポスターのように見えますが、これは本当なんでしょうか。   
   
ちまたではずっと言われていますが、ソフトバンクの電波はあまり良くありません。都会では改善されてきた、との話もありますが、少し都市部から離れるとソフトバンクだけ入らない、または入ったとしてもつながらない、ということはまだまだ良く聞きます。先日からCMで「つながりやすさNo.1」(かも?)みたいな広告を流していますが、あれも差があるように見えて僅差ですし、調査方法も機械でランダムに測っただけで実測ではありません。   
   
話を「ダブルLTE」に戻しましょう。上記のソフトバンクのLTEですが、あいまいな表現、ハッキリ言えば「ウソ」が含まれています。まず、ソフトバンクのLTEはiPhone5・新世代のiPadだけが対応しています。Androidスマホは「AXGP」(ソフトバンク 4G)といって、厳密にはLTEではありませんし、エリアもさほど広くありません。昨年あんなに宣伝した「プラチナバンド」は3Gなのでこれも対象外。まぁ「見せ方」がうまいのでしょうけど、知識の無い消費者に向けてあからさまにだますようなやり方に見える、のは好きではありません。そしてイー・モバイルのLTEエリアの狭さは…言うまでもありません。   
   
そして大事なのは「他社」の項目。まるで1つの周波数しか無いような書き方になっていますが、docomoはすでに3つの周波数帯で「Xi」(LTEサービス)を始めています。いわばトリプルLTEです。利用者が多いので速度は確かに振るいませんが、最近はかなりエリア拡大にも努めている印象です。auは通信障害で悪いイメージがありますが、iPhone5では1周波数帯(これがまた狭いらしい)、Androidでは2つの周波数帯が対応し、これもいわば「ダブルLTE」。そしてauのAndroidスマホのLTEはエリアも広いですし、かなりの速度がでると評判です。   
   
家電・携帯が好きで、生半可ですが知識があるからこのカラクリがおかしいことがわかりますが、一般の契約者には誤解を与えますよね。しかも自分の所を無理矢理良く見せるのならまだしも、他社を貶めるやり方、どうかと思います。アメリカでは「比較広告」というやり方もあるでしょうが、比較するなら正々堂々とすれば良いのです。こういう紛らわしい表現をして無理矢理契約者を増やそう→純増トップ!というその姿勢が、個人的には嫌いです。   
   
このポスターはお店が作ったのか、本社が作ったのかはわかりませんが、「電波」という見えない&携帯電話では生命線と言われるものを、お客様にきちっと説明してこそ携帯電話会社だと思います。そういう意味ではどこの電気屋に行ってもたいした説明は期待できませんが…。どの会社も「売りたい機種」があったり「加入して欲しいサービス」があったり…企業ですからね、ある程度は止むを得ないかもしれませんが、電気屋に行って、よくわかってなさそうな年配の人にサービスの名前や専門用語を連呼して「これに入れば安くなります」と言っている店員を見ていると、個人的にはかなり腹が立つのであります。ま、売上のためにはしかたないのかもしれませんね…。   
   
そういう意味では、スマホでもなんでも、「使いたいならある程度勉強する」という姿勢は大事です。全部分からなくてもいいんです。でも「よくわららないけどなんかみんなスマホにしてるから…」という気持ちで行くと、店員さんに乗せられます。確実に。そこは最低限どんなものか調べて欲しいと思います。知り合いに聞くのもよし、別に無理矢理スマホにしなくったっていいんです。まぁ便利は便利ですが。   
   
こういう話をすると、「店員になってちゃんとした説明して満足して買ってもらいたい」というかつての電気屋魂が戻ってくるんですよね~。今はそこに「手話でも」がつきますが。「手話のできる電気屋さん」立ち上げるか?「ウメカメラ」!?(笑)←カメラはあんまりです汗

【手話通訳】HTC J One がやってきた!開封動画 後編 au HTL22

というわけで後半です。いいなぁ~やっぱりHTC J Oneはいいなぁ~質感が良い。お金がもうちょっとあったらこっち買いたいなぁ~無いから買わないけど。それにしても瀬戸さんの衝動買いっぷりが素敵。
(元動画:7分23秒)

HTC J One がやってきた!開封動画 後編 / au HTL22

【手話通訳】HTC J One がやってきた!開封動画 後編 au HTL22


というわけで、4日連続手話通訳動画キャンペーンはこれで終了です。うーん、手話通訳もマンネリになってきたような…会話編とか、もうちょっと真面目な動画をした方が良いのか…テレビコマーシャルとか…皆さんが知りたい、手話通訳してほしい、という映像があったら教えてくださいませm(_ _)m

相変わらず手話のパターンが変わらんなぁ…良くも悪くも。

さよなら山形

さよなら山形
いよいよ山形ともお別れの時がやってきました。これから仙台空港に向かいます。

行き帰りは基本的に一人旅。山形に来るときは高速バスを使いましたが、帰りは仙山線の快速電車に乗車。1時間ちょっとの列車の旅です。

山形は2回目でしたが、やっぱり皆さんの笑顔と雰囲気がとっても良かったです。朗らかな感じ、というか。今回は山形市内と天童市にちょこっとおじゃましただけでしたが、他にも山形の名所はたくさんありますよね。

米沢牛も食べ損ねましたし、(暑いけど)芋煮も食べたかったなぁ。でも山形牛とおいしいおそばを食べられたのは良かったです。大会記念品は高級なお米らしいですし。

あ、食べ物の話ばかりですね。大会では全国のいろんな方ともお会いできてよかったです。やっぱり大会の楽しみって言えば何よりこれだったりします。

昨日は奈良の青年部三イケメン3人組とばったり出会ってそのままおそばを食べに行って、色んな話をして、近畿のメンバーと山形でおそばを食する、というのも不思議な話ですが、それもまた一興。楽しい時間を過ごすことができました。

さ、家に帰るまでが修学旅行→大会ですから、元気に帰って、洗濯物を処理して、明日からの仕事に備えたいと思います。

山形(大会)ネタはまたこのブログでもいくつかアップしますのでお楽しみに。

2013年6月16日 (日)

来年は長野です

来年は長野です
第61回全国ろうあ者大会in山形も無事終了にさしかかっています。今は引継式。2440人の参加者があったそうです。

山形の実行委員の皆さん、人数が少なくて大変だったかと思いますが、いつも笑顔で対応してくれました。

自分はブースで来客対応・手話通訳をしていたので会場にはあまりいなかったんですが、たくさんの方に出会うことがで来ました。

お会いできなかった方もいらっしゃるかと思いますが、また何かの大会で、大会じゃなくてもどこかでお会いできることと思います。

今日は山形でもう一泊して、明日ゆっくり帰ります。参加された皆様、実行委員の皆様、本当にお疲れさまでした(^_^)ノこちらは火曜日から張り切って働きます(笑)

【手話通訳】HTC J One がやってきた!開封動画 前編 au HTL22

今回も瀬戸弘司さんの動画。auの夏モデルで唯一気になっている「HTC J One」を開封レビューしてくださっていたので、手話通訳させていただきました。うーん、欲しい。けど買わない、我慢するぞ。後編は明日アップします。
(元動画:8分42秒)

HTC J One がやってきた!開封動画 前編 / au HTL22

【手話通訳】HTC J One がやってきた!開封動画 前編 au HTL22


第61回全国ろうあ者大会in 山形開場

第61回全国ろうあ者大会in<br />
 山形開場
いよいよ始まります。予定通りの時間に開場。すでに真ん中あたりの席はお客さんでいっぱいです。

ウメはというと今のところ特に予定はないので会場やら物産展やらをフラフラしながらひさしぶりの再会タイム。

会場の山形ビッグウイング、広いですね〜。そして会場のあちらこちらで手話での会話が繰り広げられています。これぞろうあ者大会であり魅力でもありますね。

今日一日、たのしみたいとおもいます!

« 2013年6月9日 - 2013年6月15日 | トップページ | 2013年6月23日 - 2013年6月29日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: