2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2013年5月12日 - 2013年5月18日 | トップページ | 2013年5月26日 - 2013年6月1日 »

2013年5月19日 - 2013年5月25日

2013年5月25日 (土)

U-35ひょうご 初の学習会

今日は「U-35ひょうご」初の単独学習会を開催しました!兵庫県立聴覚障害者情報センターのお部屋をお借りいたしまして、少人数ながら密度の濃い学習会となりました。何はともあれ初めての行事が無事に終えられて良かったです。   
   
予定していたスケジュールとは全然違いまして、通研とは何ぞやとか、手話通訳者が職業として生活していくには、若い人をどう増やしていくか、などなど、いきなり本音に近いトークからスタート。ざっくばらんに話してもらって、気持ちもほぐれたところで、研修生の講演DVDを上映。読み取り学習も兼ねて、ところどころ(講演を生で見ていた)ウメが解説を入れながらの進行。   
   
その後はとにかく実践しよう!と思っておりました。なかなか大勢の人に見られながら手話通訳をやってみる、という機会はないんですよね。しかも同世代だけなので気兼ねなく、というか、変にプレッシャーがかからずやれて良いかな、と思いまして素材を用意しました。本当ならろう者に見てもらいながらがよかったのですが、それは次回以降にまた計画しようかな、と。手話の学習や手話通訳ってとにかく学ぶより慣れる、が大事だと思います。もちろん、基本的なことは学ばなければいけませんが、その後は言葉ですから、使ってみないと上達しません。そういう思いで…勝手に仕切っちゃいましたが、やらせてもらいました。   
   
若い人で手話を勉強して、もっとうまくなりたい、手話通訳の勉強をしたい、という人は多いと思うんですよね。でもベテランさんに「こう!」と言われてしまう環境だと妙なプレッシャーがかかってしまう、というのもあります(まぁ、甘いと言われればそれまでかもしれませんが…、なにぶん世代が違う、という決定的な気を遣う的なところもありますし)。そういう意味では、同世代・近い世代でお互い「ここをこうすれば」「この表現のほうが」「こういう学習をしたい」ってやれるかな…と。今回はそこまで時間が取れませんでしたが、あ、こういう感じでやっていって、(若いろう者も含めて)興味を持ってもらう人を増やしていけたらな…と自分自身もヒントをもらえたような気がします。   
   
最後はU-35の現状と課題についてまとめを説明し、終了。うーん、時間配分をもうちょっと考えておけば良かったなぁ、と反省。それでも、やったことにはとても意義があったなぁと自画自賛的な気持ちでございます。実績を積んでいけば、より良い発想もできるし、説得力も増すし、信頼も得られるな…と。準備などはいろいろ大変ですが、協力し合いながら進めていけたらなぁ…と思いました。時には先輩の力も借りて。   
   
そして交流会はJR六甲道駅近くに先日オープンした、手話に対して熱い思いを持った豪快なイケメンマスターがいる「BAR TOGURO」へ。彼との出会いも自分の視野を広げてくれるなぁ…と思いました。一つ一つの考え方はそれぞれで良いと思うんです。お互いに認め合って、良い部分を吸収し合って、助け合えるところは助け合って、分野が違ったとしても目指すところが同じなら、やっていけばいいんだなぁ…と。なんかキレイすぎる文になってしまいましたが、そういうことです。ま、グチやなんかも言いながら、ね。   
   
というわけで、参加してもらえた方には楽しんでもらえた・勉強になった…かな?自分としては今日の疲れはとっても爽やかでした(美味しいお酒を飲んだせいもあるか)。これでまたエネルギーをもらって、手話に対する活動も適度に頑張ろう、と。適度に。休みながら、です。明日は用事済ませて休み、明後日も休み…。   
   
さ、またがんばるぞー。

(記事に写真がないですね、すいませんm(_ _)m)

農業高校レストラン

Koukouresutoran

職場の近所にあたらしいお店がオープンしました。その名も「居酒屋 農業高校レストラン」。居酒屋なのに農業高校???

その理由は「兵庫県立農業高等学校」の生徒さんたちが作った野菜を中心としたメニューを展開しているから!それだけではまかないきれないので、兵庫県の農家さんの野菜も使っているそうです。

居酒屋、なのですが、とりあえず職場の近くなのでランチで、ということで行ってきました。ランチメニューは3種類。本日の学食ランチ(上写真、肉じゃが定食でした。肉じゃが、おいしかった~)と、あとの2つは小鉢が主体となっています。1つは農業高校産の野菜を使用した7つのおすすめ小鉢メニュー(とごはんとお味噌汁)と、20種類!の中から好きな物を7種類選べるタイプ(選べるタイプは現在はお休みという情報も)。

たくさんの種類のものを食べたい、しかもヘルシーな野菜中心で…ということで、女性の方にはかなりうってつけかと思われます。ちなみに農業高校の生徒もアルバイトとして働いていらっしゃるそうです。

ランチは40食限定。そしてオープンしたばかりにもかかわらず、テレビ番組で紹介されて結構賑わっているのでなかなかレアです。ウメ職場は12時半から昼休みなので、満席だったり完売だったり…なかなか食べられそうにありません。

でも近いので時々狙ってみようかと思います。ヘルシーなのは良いですからね。夜の居酒屋スタイルだとどうなんでしょう。仕事終わりに行ってみますかね~誰と?

2013年5月24日 (金)

ボランティアでは良くない、と言いたいつぶやきまとめ

先日まとめましたTweetのつぶやきに反応がありまして、それで思ったことをさらにつぶやきました。まとめましたのでご覧下さい。どうでしょうか、自分、考えすぎですかね…。

(以下まとめ)

(一部省略)何やら言ってたけど、論点はそこじゃない、ということに気がついてない。言えない事情があるとかあったとしても、周りからしたらここにでていることが全て。主催者につけてもらえるようにするべきなのは今でも思う。

んでもって知り合い?から「あんな人たちはほっとけばいいよ」と言われたそうな。これいつものパターン。身内で慰め合ってたら何も進まないのに。Twitterは誰でも見られる媒体なんだからやるなら考えないと。批判を受け付けないようでは改善しないと思う。

私こんなに頑張ってるのに、皆も協力してもらってるのに、大変さをわかってない…。そうじゃなくて、本来どうあるべきか、やり方、方法をどうしたら皆の負担なく出来るか、情報保障として良いものになるのか、の視点が大事。社会は「頑張ってるのに」ではなくて結果が大事になってしまう。

今回の話も、当人同士はそれでうまく回っているだろうから「部外者が余計なことを言うな」ということなんだろうけど。それが別のところに波及して、「ボランティアでいいや」ってなってしまったら、困るのは聴覚障害者と手話通訳者だったりする。

自分も手話通訳者だが、一番怖いのは専門的な職業だと認識されないまま(有償・無償に関わらず)手話通訳・要約筆記がボランティアみたいな扱いで良いとの考え方が広まること。自分も生活かかってるし、次の世代の手話通訳・要約筆記の担い手ことを思うと、ここだけは改善しないと。

現状からなかなか改善しない実体がある。幸い理解のあるところも増えてきたし、手話通訳や要約筆記に対するイメージは良くなってきた。ただ、専門的な仕事・職業であるという点の啓発と、それを担う人の身分保障がしっかりされないと、築いてきた制度が崩壊してしまいかねない。

ひいてはそれが聴覚障害者の社会参加の後退につながるかもしれないと思う。個々の動きは理由があってそれぞれ尽力されているのもわかるが、だからこそ情報保障という事がどれだけ大事かをわかってほしい。ただ気に入らないから批判しているわけではない。

まぁ、今の運動でも「運動だから協力して」とタダで手話通訳させられることはよくあります。本当はそれもあんまりよく思いません。

今の運動の衰退?にも感じるけど「自分たち(とその周辺)だけが良くなればいい」という考え方が増えてるんじゃないかな。今はこのやり方で上手くいってるから、と周りの意見を聞こうとしない。いざ自分に、別の人に困難や差別事例が降りかかってきたら、どうなるか、まで考えて行動した方がいい。

特に開かれた場やネットなどで活動する場合はたくさんの人が見るから、いろんな意見が出てきたり、それを参考にしようと思う人もたくさん出てきて当然だと思う。それだけ責任が出てくる可能性があるってこと。

新機種発表されたタイミングでELUGA X P-02Eのレビュー

NTTドコモから夏のモデルが発表されました。いわゆる「ツートップ戦略」ということで、特定の2機種を推しにするそうですが、ウメが気になっているのは自分が購入した「P-02E」の後継機種。そう、「ELUGA P P-03E」です。

P03e

P-02Eに続く全部入りのスマホで、フルHDの解像度を保ちながら液晶サイズを4.7インチと小さくし、持ちやすい形になっています。CPUもスペックアップ、バッテリーの容量も2600mAhと多くなりました。カメラもPanasonic独自センサーで高画質、動作も速くなっているそうです。6月発売予定。

…というタイミングで、P-02Eを再評価してみたいと思います。

結論からすれば、P-02Eを買っても問題なし!というかおすすめできる機種として残ると思います。夏モデルが発表された今、価格も下がっているところが多いようですし。ただし、在庫が限りなく少なくなっているようなので、P-02Eが欲しいという方は早めに動いた方が良いかも知れません。

新モデルの03Eよりも角張っていて大きいですが、背面はラウンドされて持ちやすいですし、横幅が押さえられているので男性なら片手で操作できない、ということはありません。フィットホームが秀逸なので。CPUも新機種と比べても大きく劣る、というものでもないです。というかエコナビでCPUの動作制限を押さえているので結局一緒かなぁと。

バッテリー容量が増えたのは正直うらやましいですが、今でも(置くだけ充電の便利さもあって)バッテリーが切れて困る!という状況には遭遇していません。確かに画面を点灯した状態で使用すればそれなりに減っていきますが、スマホはこんなもんでしょう(そういう意味ではフルHDのIGZOを搭載したSH-06Eが気になります)。

何より3つある物理ボタンですね。物理ボタンが良い!という方はP-02Eのほうが良いでしょう。新機種はホームだけ物理に、残りの「戻る」「メニュー」はセンサーキーになりました。「オンスクリーンキー」(画面内に表示されるタイプ)よりは良いですが、やっぱりしっかり押した感覚があるほうが個人的には好きです。センサーキーも悪くはないんですけどね。

あとはきちんとアップデートを続けてもらって、早くドコモメールが使えるようになれば言うことはないですね。あ、でも最近背面に熱を持つのが気になります…動作が重くなっているわけではないのですは…。夏を超えられるか!?

2013年5月23日 (木)

三浦さん、から揚げ?

登山家の三浦雄一郎さんがエベレストに80歳でチャレンジ!ということで、今日のGoogleニュースでもトップで取りあげられていました。山頂へアタック!すごいですね。

Karaage

でね、Googleニュースを見てて気がついたんです。から揚げの写真が。

記事は間違いなく三浦さんの件。クリックすると三浦さんの記事と写真、そして「ようかんを食べた」という話が載っています。ようかんには見えません…から揚げですよね。チキンって言うのかなぁ。

何でこんな写真になったんでしょ。二つ右の写真は記事を書いたライターさんのようです。

から揚げ…。

手話歌などに対するつぶやきまとめ

ついTwitterだと否定的というか批判的というか、何かを問題点にしたがっちゃうのがクセなんでしょうかね。手話歌や障害者への対応の件を中心にまとめました。最後のほうは返信つぶやきも混じってますのでご了承くださいませ。で、手話歌やってる当事者(聞こえる人)はどう思ってるんだろう。自分も大学の頃はやっていたこともあって、気持ちはわからんでもないのですが、何というか思いが至らなかったなぁ、と思い返してみたり。
陽気な話題もつぶやかないといけませんね。というわけで、まとめです。

(以下まとめ)

2万Tweetを記念に、全Tweet履歴保存をやってみた。すぐにメールが来てダウンロードできた。html形式とcsv形式があるらしい。csvファイルは6MBもあった。

某巨大掲示板のまとめサイトへ一言コメント付きTweetも適度に続けたいと思います。いろいろ賛否両論はあると思いますが、これも一つの情報発信と言うことで。デマを流さないようには気をつけます。

洗濯物を畳む手つきも慣れてきたなぁー基本は雑なんだけど誰も困らないし。それにしても一緒に洗ってしまった紙のくずがあちらこちらについていてうんざりでやんす。

手話歌・ダンス・パフォーマンスをやっている聞こえる人に聞きたい。音楽に乗せた手話が(良いとか悪いとかの判断をする前に)さっぱりわからないろう者のことをどう思っているのか、と。しかもごく少数ではなく多数。もちろん、楽しめる方もいるので否定はしないが。悪気はないのもわかってます。

あと歌手のコンサートに手話通訳ボランティア募集とか、かえって手話通訳の価値を下げるから善意でも止めてほしい。結局ボランティアでいい、ってことになる。しかもそれを利用される。

例えば普段は定期的に収入があって、地位があって、職業としてみとめられている立場の人がたまにするボランティアと、もともと不安定で収入も少なく職業として認められていない手話通訳者(手話通訳に限らないけど)がボランティアするのとでは同じようで大違い。

友達同士とかでするのは構わないし大いにやってもらったらいいと思う。自分もボランティアというか、知り合いに個人的に手話通訳することは良くあるし。けど、それを大々的に募集とか、美談にするのは違うと思う。

歌の話に戻る。本人達は一生懸命練習してパフォーマンスの質を上げる。それはとても良いこと。じゃあ見てもらうときに対象をどうするか、という話に。コミュニケーションにはいろいろあるが、それが届かない相手が割と近いところにいる、ってやりにくくないかな、と。

それきっかけで手話に興味を持ってもらえるならそれはうれしい。次の段階。歌じゃない手話に出会ったとき、台本のない自由な会話が手話でされていたとき、はたして、どうするんだろう。

いつもより早く目が覚めたので、朝から下着と靴下と半袖と長袖が入っている衣装ケースの整理をしてた。これこら仕事行くのに何やってんだろう。でもすっきりした。朝の時間に余裕を持つのは良いことですな。

ひさーしぶりの手話サークル。

佐川急便の野郎、宅配ボックスに入れているのに不在伝票に「持ち帰った」のところにチェックを入れやがった。うちに配達に来る支店はいつも対応が悪い。

うーん。正式じゃない手話通訳とか要員の協力の時だけお願いされるってのは考えないとなぁ。

なんかアレだ、イベントやキャンペーンかなんかにカップルで出てくるのってどうなんだろう。完全に公私混同ではないかと思う。ま、いいんだけど。

スイッチ付きOAタップのライトが切れやすいのはなんででしょうか。

その辺りは趣味嗜好の範囲になってくるのかな、と思います。聞こえる人が手話に興味を持つきっかけになることもあるのて、それはそれで尊重したいところなんですが、突き詰めるとろう者のほとんどに通じないってやっぱり誤解を招きそうなんです。当事者ではないので何ともですが。

手話と振り付けが混ざると訳わからなくなっちゃいますね。そこはしっかり区別してほしいです。日本語と擬態語とかがごちゃ混ぜになったら訳わかりませんし。全然良い例えじゃないですが。

やることは善意だろうし口出しする権利もないんでしょうが、情報保障に携わる者としてはいろんな意味で腑に落ちません。

つまり、「何とかしながら手話」ってのに無理があるのかもしれない。

「助けてもらって当然」「権利」という態度の人は良い気がしない。障害者に限らずね。やっぱり助ける側も人だからいい気持ちでありたい。自分も助けてもらうことはたくさんあるけど、出来るだけ気を使うようにしている。謙虚でいろ!と言いたいわけではないんだが、上手く言えない。

じゃあずっと遠慮し続けて、時にはどうしようもない差別を受けながら生活しなきゃいけないのか!という極論になるのは違うと思う。そこはお互い様。正直言えば自分は(たいていの場合)いわゆる健常者だから障害を持っている人の気持ちは分からない。わかろうとする方がおこがましいと思う。

そういう人が圧倒的多数になっちゃっている今の社会のなかで、どうやって暮らしやすくしていくか、が大切。法整備なのか、啓発なのか、個人の意識に訴えるのか。そこを重点に考えていかないと話が進まない。仮定や理想論では意味がない。

どんな人にでも「社会的に弱い立場」になることはあると思うんです。自覚があるかどうかはともかく。その時に周りにどう対応されているのか、助けてもらっているのか、そうでないのか。皆がそこに敏感になれば、少しは配慮しあえるんじゃないかと。

おっしゃる通りだと思います。が、音楽に乗せながらやる手話が楽しめるとかたのしめないかの前に、それが「言葉としてわからない」ということになるのが問題なんだと思います。そこは音楽、というよりは言語の問題かと。

当人同士が楽しむことをどうこういいたいわけではなく、手話、という言葉に対して誤解を受けるのが不安、という意味です。手話やろう者のことを良く知らない人が、「手話歌」通じあえる、と思っちゃったらどうかな、と。

誰にでも、とは言いませんが、多くのろう者に通じる手話歌がろう者自身によって作られたら、それは一つのジャンルになるでしょうね。今は確かにそれとは違うものです(やるな、とは言いませんが)。

今日は打ち合わせ二件。頭が疲れましたな。なので早めに帰宅して休憩(^_^)ノ

久しぶりに明るい時間に家に帰った気がする。日がのびたのともともとの定時が18時だからかな。

細々した仕事は残ってたんだけど明日に回しちゃった。明日明日。明日やろう~。

2013年5月22日 (水)

レーザー複合機が来たよ

先日ファックスを新しいのに買い換えた(その1その2)という記事を載せました。それと同時にプリンタも新しくしております。

Brother1

ででーん。こんな感じで届きました。デカイ。さすがにレーザー複合機はデカイ。これでも大分小さい方なんですよ。家電製品って電気屋で見る大きさのイメージと自宅に持ってきた時の大きさのイメージがだいぶ違いますよね。あぁ、デカイ。でもいいんです。前のも同じくらいでかかったので。

機種はブラザーのDCP-7065DN。自動両面対応モノクロレーザープリンター、ADF(自動紙送り機能)付きカラースキャナー、ネットワーク標準装備。はい、これの3つの機能があって(ADFはなくても良かったのですが)一番安いもの…となるとこれになりました。ブラザー万歳!先日の記事の通りファックス機能は分離させたので今回の複合機には不要です。

さっそく箱を開けて(ぶっ叩いて畳んで)、発泡スチロールをとって(ぶっ壊してゴミ袋に入れて)、テープを外して、所定の位置に設置!

Brother2

こんなんでました。まぁ、シンプル。ボタンが少ないです。左に見えるのはパソコンデスク用のライトでございます。真ん中に見えるのが紙が出てくるトレイです。正直心許ないですが、安いので仕方がありません。

お値段を言うのを忘れていましたね。ソフマップ・ドットコムで18,800円(くらい)でした。2万円しないんですよ~安いですね~。送料無料です。貯めに貯めたポイントを思い切って使用して無料で手に入れました。

レーザープリンターはやっぱり印刷が速くていいですね。気軽に印刷できます。最初に付いているトナーは700枚しか印刷できない(それでも700枚)のですが、その後はリサイクルトナーを買えば2,000円ほどで2000枚対応になります。というか、そんなに印刷することは出てくるのでしょうか…まとまったものといえば通訳資料くらいでしょうかね。

しかも両面印刷ができるので紙もムダにしない、下段には250枚紙が入るカセット付き(今まではトレイだったのでホコリが…)。これで快適印刷環境も手に入れました。んでもって35枚対応のADFでスキャンし放題。先日購入したファックス機で手書き原稿をFAX送信するときにも使います(一度PDFにして、専用ソフトで変換して送信)。

もうインク詰まりから解放されたぞーーーーーーー!でも印刷はほどほどにしておきます。

「きまい」のつけ麺カレーうどん

Kimai

神戸中央郵便局裏手にあります本格派讃岐うどん店「きまい」さんに久しぶりに行ってきました。職場から近いのは近いんですが微妙に歩くのでなかなか行く機会がないのですが、美味しい讃岐うどんが食べたい!ということで。

以前の記事「巨大かき揚げ」「讃岐うどん2連発!」でも紹介させていただきました。ここはとにかくかき揚げが大きくて美味しい&うどんにコシがあってかなり本格派なのですが、今回はちょっと変わり種で「つけ麺カレーうどん」をオーダー。

うどんは冷やしで、カレーは温かく。このカレーが絶妙な甘辛さ(だしがちょっと甘めなのかな)で、お肉がたっくさん入っているんですよ。これにうどんをつけてチュルっていただいたらもう絶品でございます。分量も十分なのですが、個人的にはこれに竹輪天をトッピングするかおにぎりを1つ追加すればお腹いっぱいでしたね。いや、腹八分目にしましょう。

店長さんのお人柄もいいんですよ。じっくりお話ししたことはないのですが、見るからに良い人。そしてうどんに情熱を込めてるな…と。さらに讃岐うどんのこだわりを守りながら新しいことにもチャレンジされています。うどん店なのに公衆無線LANとかあったり、ジャムが売ってたり。

うどん好きの方には是非一度訪れていただきたいお店です。郵便局員さんや国道2号線を走るトラックのお兄さん・おじさまにも大人気ですよ。あ、先日結婚式に参列した夫婦の奥様がうどん大好きだから、今度神戸に遊びに来たときに連れて行こう!絶対!(ご主人、またうどんでごめんなさいね)

久しぶりの手話サークル

昨日、ひっさしぶりに地元の手話サークルに行ってきました。本当に久しぶり。1年は空いているような気がします。立派な幽霊会員だったのです(立派ではない)。

言い訳をすると、手話ど真ん中の仕事をしていると、仕事が終わってからも手話の集まりに…というのはなかなか気が重かったりしちゃって、さらに若い男で手話通訳の資格があるからどうしても目立っちゃって(今のサークルはそれでも快く迎えてくれますが)気を使ってしまって、なかなか足が向かなかったのも事実。

でも今日はふと、「仕事も早く終わったし、行ってみようかな」と思い、会場まで足をのばしました。久しぶりにもかかわらず、皆さん笑顔で迎えてくれました。「来た!」「珍しい!」「明日は雨か!」などなど…。初めての人も居ましたが、どうぞどうぞ…と。会長さんからはずっと「忙しいだろうけど来てね」と言ってもらって、申し訳ないなぁと思いつつも…だったのですが、そこには笑顔がありました。

ろう者は6人、総勢では15人にも満たない少ないサークルですが、ギスギスした雰囲気は全くない和やかなサークルです。今日は日本語の文章を手話にするとどうする?のお勉強会でした。資料をもらったので載せます。

Ccf20130521_0000

講師役のろう者が作ってきてくれたもの。これを一つずつホワイトボードに書いて「どう表現する?」の一問一答形式。まずは手話学習者にやってもらって、たまに慣れている人がやって、ろう者が表現して…ろう者どうしても「違う」「わからん」「こうした方が良いんじゃないか」など…んで話があっちゃこっちゃいって…そんなゆるーい感じで進んでいきました。

「学ぶ」という感じじゃなくて話をしながら覚える、って言うんでしょうか。うーん、うまく言い表せないですけど、手話通訳やろう者との会話で”見る”ことはあっても、自分では表現することがないだろうろう者独特の手話がたくさん出てきて、それについてゆっくり解説してもらえて、勉強になりました。

長田の手話サークル(「若葉」と言います)はこの独特の味のある雰囲気が良いんですよね。基本的に小難しいことはおいといて、和気あいあいとやりましょう!的な。こんな良いサークルに所属しておきながら幽霊部員だったなんて…と怒られそうですが、そこはうまくバランスを取りながらやっていきたいな、と思います。

また気が向いたときに、今度は間隔をできるだけ詰めて、楽しんでいきたいと思います。

2013年5月21日 (火)

【手話通訳】ついにコンプリート!ドラえもんフィギュア 最強イケメン四天王を集めてみた!

前編からの動画です。それにしてもスペアの顔が付いてくる…というのが良いですね。瀬戸さんの紹介もとってもユニークで面白いです。それがちゃんと手話通訳でお届けできているか…きっと足りませんね、ごめんなさい。
(元動画:5分33秒)

ついにコンプリート!ドラえもんフィギュア 最強イケメン四天王を集めてみた!

【手話通訳】ついにコンプリート!ドラえもんフィギュア 最強イケメン四天王を集めてみた!


次は何を集めていただけるのでしょうか…。って瀬戸さん、俳優さんですよね(^_^;)

さて、他にもこの動画を手話通訳して欲しい、というリクエストがありましたら管理人ウメまでお知らせください。記事へのコメントでも結構です(ただしURLは貼れません)。著作権に違反していないもの(個人のものですと一応許諾もいただかないといけませんので公式チャンネルとかがいいですかね)・その動画が営利目的ではないもの・ブログへの埋め込みが可能な動画(できればYouTubeが良いですかね)で、できそうなものならやってみます(歌はごめんなさいm(_ _)m)

【手話通訳】ついに入手!「美男子のび太」フィギュアがやってきた!前編 メディコム・トイ

瀬戸弘司さんがついに、ついにドラえもんフィギュア四天王をコンプリートしました!トリを飾るのは「美男子のび太」です!いやーすごいですね~。この情熱は素晴らしいです。動画は前後編に分かれていて、前編には面白いエピソードもあります。人のつながりって素敵ですね。というわけで、時々のび太(美男子じゃない方)に似ていると言われるウメが手話通訳をおとどけします。
(元動画:7分53秒)

ついに入手!「美男子のび太」フィギュアがやってきた!前編 メディコム・トイ

【手話通訳】ついに入手!「美男子のび太」フィギュアがやってきた!前編 メディコム・トイ


後半に続きます。

20,000Tweet記念?まとめ

久しぶりにTwitterのつぶやきをまとめたいと思います。いつも手動でやっております。手話とか手話通訳とか、なんだか後ろ向きな発言とか、自分はどうなんだい?と言われることが多そうですが、そこな何卒ご寛容のほどよろしくお願いいたします。

20,000Tweetって多いんですかね。Facebookもやっておりますが、Twitterとブログの記事を飛ばしているだけでございます。この辺りの使い分けというか、独自性もちょこっと考えないとなぁ~と。

(以下まとめ どっからしようか迷いましたがとりあえず2013年5月分の中から適当にピックアップ)

帰ってきてすぐにやったことがU-35のメール、次に手話動画1本と手話通訳動画2本の撮影、んでもってやっとこさ今からご飯作る。今日も焼くだけのお好み焼き(モダン)。もう10時だよ~こんな時間に食べたら太っちゃうよ~あ、明日は休みだし夜更かしすればいいんだ!(違う)

っていうかこんなにブログ更新して、ツイートして、客観的に見たらヒマですよねぇ~。別に特段の時間を割いているわけじゃないんですけどね。テレビ見なくなったのが大きいのかな。本はもともと読まないですし。

説明しよう!「ネットワークスピークス」というのは、家庭用のFAX機でありながら、LANに繋げて受信したFAXをメール転送できるという画期的機能を搭載したモデルなのです!なのに数年前に生産終了(涙)買っておけばよかった…。

京都ヨドバシなう。受信FAXをメール転送できる機械めっけ。パナソニックのAndroid搭載FAX。Androidとかはいらないんだけど、コンパクトだしよさそう。問題は値段だなぁ。

京都駅周辺で手話で会話する人を二組を見かけた。見ちゃいかんのだろうがつい見てしまう。

結婚式って本当にいい気持ちになれる。お似合いで素敵だったなぁー。

帰って来て~壊れたプリンタを燃えないゴミに出して~新しいプリンタの場所空けて~そしたらホコリがすごくなって掃除して~レーザープリンタをソフマップドットコム(送料無料・ポイント使用で本体代金も無料)で注文して、CCレモン飲んで~ジャパネットたかたつけて~一休み~。

やっぱりブログに手話のネタを書くとアクセスが増える。(守秘義務とかそういうのを除いても)ネタになることはたくさんあるんだけど、一つ一つ記憶に残らないんだよなぁ…逆にそれだけ生活に浸透しているということかな。

無理矢理ネタつくっても仕方ないし、書きたいことを書いていけば、いいか。

ごめんなさい…あなたのこと、甘く見てたの。便利ね…。菜箸。

今日は午前と午後に会議が1つずつ。どちらも進行役。あぁ~疲れた~。会議終了後も仕事をあれこれやって…決算作業が終わってもなかなかホッとしない。

仕事で疲れて帰ってきたのに、ブログ記事に1時間(4件)かけて、Tweetして、ショップチャンネル見て…他に趣味はないのか!高尚な趣味は!!!w

「解像度が高い」の「高い」の手話をお金の「高い」でやってしまった。すぐ「違うやろ~」と指摘してもらった。こうやって日常的に鍛えてもらえる環境にいるのは幸せ。で、この場合の高いは「キレイ」「細かい」「(普通の)高い」、どれで表現しましょ。

近いうちに平日にどーんと休みを取ってお金をかけずに貧乏旅行がしたい。旅行、というよりいろんな友達にあって話したい。話し相手になってくれる人~(^^)/

今日は仕事での通訳2件。電話通訳は…えーと、何回あったかな。毎日がこんな感じです。その他に資料作りやら電話応対やら来客対応(ごめんちょっと忙しいと言っちゃったり)やら本の発送やら会計入力やら…

自分の声をレコーダーに保存したのを確認のために聞いたけど、やっぱり気持ち悪い。ろう者の場合は自分の手話を撮影されたものを見るのは違和感を覚えますか?

4月から異動で担当者が代わり、要領を得ない電話をかけられ、対応に右往左往。ななななんなんだ。

明日は雨だし朝は定期通院もあるので自転車通勤はお休み~。電車に乗るの久しぶりだ。明日は診断書もらわなきゃ。自立支援医療継続の。これがないと負担が…。

そうそう、今年もメンズファッションはあの丈が少し短いツンツルテンみたいなパンツが流行るんですかね。もうちらほら見かける。

そうそう、今日職場にソリューション関係のセールスが来た。包み隠すことなく現状を満面の笑顔を話して予定がないことを伝え、にこやかな笑顔で撃退してみた。すいませんね~おすすめされたことはだいたい済んでるのよ~Windows7への移行とか。

福祉の団体職員だからITに詳しくないだろうと思って来て、自分がガッツリ説明して驚きつつ撤退する営業のパターンを今年になって数回経験。邪険にはしてないのさ、ちゃーんと説明して見込みがそれほどないという事実を伝えているだけ。でももし何かあればの時に名刺は保存しておく。

わからない振りしてしばらく聞いてあげてからの落とし、なんて対応もできるが、最近はそんなことをしている時間も無い。せっかくおいでいただいたのでそこは丁寧に、常識的に。ビジネスでね。

あ、電話でこちらの対応も聞かないまま延々としゃべり出すようなのは、しばらく聞く→大反撃をする。この前タチが悪いのがあったので一つ一つおすすめを「済んでます」「こういう理由で不要です」「こうじゃないですか?」と反論した。知らないと思ってなめてるんじゃないよ~。

でも今お世話になってる会社も元々は飛び込みセールスのチラシを見て連絡したのがきっかけ。良い営業さんだったということもありますが、何があるかわかりませんからね。営業の皆さまは本当に大変だと思います。

今日の「にほんごであそぼ」で紹介された種子山頭火の俳句「蜘蛛は網張る 私は私を肯定する」が心に刺さった。深いなぁ~。せっかくいい番組なのに字幕がないのが大変残念。

電気屋はそこそこにumieのファッションゾーンをブラブラ。アベックが多いぜバカやろう。

H&Mでジャケット買ったーワーイワーイ(^_^)ノ

短パンはいてボーダーの服着て髪を七三分けでもみ上げが長めのEXILEにいそうでなりきれてない男子を少なからず見かけた。

サブで使っているXperia Zをいろいろ設定。Facebook、Twitter、ドコモのメール(SPモードメールではない)、などなど。そしてLINEも。ただし番号違うから別のアカウントになるけど。

件の総会資料は今朝無事に印刷会社さんへ旅立っていきました。フォントの埋め込みに苦労しました…。

今日のおしごと。総会資料用PDF修正、書籍発送・注文、ハガキ両面850枚印刷、電話応対、来客対応、日曜日の集会販売用本準備、電話通訳三件くらい、質問に対する回答案作成…あと何やったっけ。

細々したことをサクサクこなさないといけないので、頭の中でできちんと整理しながら準備を進めるのが重要ですな。優先順位をつけて、忘れないようにメモして…。

一つのことをずーっと集中してってことは協会の事務職ではあまりないかな。

講演より。福祉の人間は批判されることになれていない。ふむふむ。

ストーリーを持って福祉的発発想から抜け出すことが大事、これは共感できる。

ショップチャンネルは好きですが、もう一方の雄、QVCも見ます。ただ今渡辺美奈代さんプロデュースのファッションブランドデビューショー。出てくる商品が次から次へと完売になっていくのが何か面白い。QVCはサイズと在庫状況が色別になってわかりやすいのだ。

売り切れになったサイズ・色が出ると「チリリリリン」となって、全部売り切れると残念そうなファンファーレが鳴る。この流れも結構好き。

何だか身体がだるい感じ。風邪引いたか?疲れが出たか?うぅーん。

最近新しい靴に履き替えた。「安物だろ」と言われた。ええ、安物ですよ。しかもしばらく寝かせてたら値段忘れましたよ。靴を買うとしばらく寝かせるのが癖になる。まだ出番のない新品靴が数足(笑)

最近ショップチャンネルに嶋田ひろしさんが出てこない。さみしいなぁ。

ひさしぶりの三宮。明日アニメイトが移転オープンらしい。かなり大きそう。いや、行かないけど。

いつもの電気屋巡り終了。何も買わなかったーこれでもストレス解消になるのだ!

洗脳って言うんじゃないんだろうけど、感覚がずれているのを見ると怖い。ただただ怖い。

ムジカピッコリーノ、この世界観結構好き。

ひつじのショーンにも字幕が付いているのですが、「メェ」「オゥ」とかしかないという。

世界ふしぎ発見!を久しぶりに見たらの一部のコマーシャルに字幕がついていた。

洗濯機の容量以上に洗濯物を詰め込み過ぎた。しかもポッケにレシートが入っていたらしくボロボロの紙が洗濯物に…。5kgじゃ足らないなぁ…新しいのが欲しいなぁ。ティッシュとか紙を検知してお知らせしてくれる機能が付いた洗濯機とか…さすがに無いよなぁw

速報!速報!一緒に洗ったのはレシートではないことが判明。被害が大きい模様!

マンションの入り口に管理会社からのお知らせが。見ると携帯電話会社へ電波改善の要求をしてくれたらしい。エントランスや屋上での電波が悪くなったという連絡があったからだそうな。そこまでしてくれるのかいな、うちのマンションの管理会社。すごいなぁ。

ジャパネットたかたターイム!

docomo夏モデルのパンフレットでもやっぱりツートップの機種が推されている。シャープのAQUOS PHONEとかPanasonicのELUGAとか富士通のARROWSとか良い機種増えてきたのに。月々サポートも少ないみたいだし…。このやり方はどうだろうなぁ…。

YouTubeで「手話」を検索し、再生回数が多いものから並べ替えると手話ソングばっかりなのねん。

ブログで手話動画やり始めてから結構経つけど自分ばっかりじゃなくて掛け合いやゲストに出てもらった方が変化があって楽しいんですよね。ミスターX…じゃなくて怪人Xさん以来ゲストがいなくて…ネットに顔出しはやっぱり抵抗があるんでしょうかね。

手話通訳も今はブログの記事に動画を2つ埋め込むというやり方だけど、これだとスマホでは見られないんですよね。本当は合成とかしたほうが良いですし、字幕も付けたいのは山々なのですが。

字幕と言えばテキストを用意しての自動同期する動画を上げていないなぁ~何か情報保障としてでも活用できる事例があればいいんだけど…。自分の声で読み上げても良いし、モヤさまでおなじみのSHOW君に読み上げてもらってもいいし。

どんどん新しい試みをしていきたいとは思っております。ってネットばっかり相手しているなぁ。リアルのつながりも増やさなくては。

でもネットからリアルにつながることもたくさんありますよね。事実ブログを始めてからたくさんの方に「見てます」と言っていただいています。その一つ一つが大事な出会いです。

自分ができているかどうかはさておき、手話通訳者は自分の手話が本当にろう者に通じているか?を考えなきゃいけないと思う。逆にろう者が手話で話していることを音声にできているか、内容は正確か、そこを第一に置かなければいけない。

文法とか語彙とか、大事なことはあるけどまずは通じるかどうか。通じるために技術や知識を学ぶんだけど。鶏が先か卵が先か…。

手話通訳が終わった後、いろんなことが気になるが、やっぱり「自分の手話が通じていたかどうか」「話し手の手話を正確に伝えられたか」が一番気になる。単語の間違いやら何やらよりも一番。あとは通訳者として、というか、そこにいる人としての振る舞いがきちんとできたかどうか。

そういう気持ちを持った手話通訳者ってどれくらいいるのだろう。特にベテランの人に聞いてみたい。「そんなの当たり前」って口では言うかも知れないが、端から見てて全然できていないことも多い。通訳者は自信は持たなければいけないが、驕りを持ってはいけない。意識的にも、無意識にでも。

かといって極端に謙虚になる必要も無い。専門的職業として、プロとして、与えられた仕事を過不足無くこなして、信頼を得ていく。ろう者にも聞こえる人にも。口でいくらいってても、態度をしっかりしていないと説得力はまるでない。

手話通訳…とまでいかなくても、手話を学習する人は「伝えたい」「話したい」という気持ちがあるからこそ学ぶんだと思う。その辺りの気持ちを手話通訳者が学ばなければいけないことはたくさんあるはず。「手話まだまだだから」と軽く見てはいけない。

通研でも何でも、手話学習者など聞こえる人が集まる団体だと「手話ができる」「手話通訳ができる」「通訳歴が長い」人の発言権がどうしても強くなる。そうすると若い人や経験の少ない人は言いたいことも言えないかもしれない。そこはお互いが配慮し合う必要があるんじゃないか。

えー突然ですが20,000Tweet達成!

こっちも何だかんだで張り切って続けております。悪の部分もありますが、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

(おわり。ちょっと多かったですね(^_^;))

2013年5月20日 (月)

手話条例 石狩市でも

聴覚障害や手話に関するニュースを時々検索しているのですが、今日発見したのがこちら。

石狩市 手話条例制定へ 全国初 学ぶ環境整備進める(北海道新聞)

【石狩】石狩市は聴覚障害者が暮らしやすい環境をつくるための理念などを定めた「手話基本条例(仮称)」制定を目指し、16日に聴覚障害者団体代表や有識者らでつくる検討会を発足させた。6月下旬まで条文づくりなどを行い、市は9月開会予定の定例市議会に条例案を提出する。可決されれば手話に関する全国初の条例となる。
 条例は、手話を「通訳の手段」ではなく「言語」と位置づけ、聴覚障害者も市民も手話で会話ができる社会づくりを目指す。聴覚障害者が社会参加するための環境づくりも柱に据える。
 市は20年ほど前から手話講習会を開き、1996年からは市役所に非常勤職員の専任手話通訳者を配置してきた。市によると、市内の聴覚障害者は約300人、このうち手話ができる人は推定で約50人いるという。<北海道新聞5月18日朝刊掲載>

手話条例といえば鳥取県で検討を開始したといううれしいニュースが入りましたが、それに続くものですね。全国初、というのは市町村レベルで、という意味でしょうか。何でも早けりゃいいってもんでもないでしょうけど、良いことを先駆けてしていただくのは素晴らしいです。

内容がどういうものになるか、気になりますね。「手話が言語」と位置づけられているのは障害者権利条約、改正障害者基本法の理念に基づいているということでしょう。

けどちょっと気になるの。手話通訳者としては。

1996年からは市役所に非常勤職員の専任手話通訳者を配置してきた。

「非常勤」かぁ~条例作るんだったらそこもしっかり正規職員でしてほしいですね。手話を言語として守るのなら、その通訳をする人のことも守って欲しいです。これ、かなり切実です。ただ、他の市町村では設置すらいない…いても週1回とか…全国的にもなかなか改善されません。むしろ正規職員だったのが非常勤・嘱託・人材派遣に変わってしまったり…と、人件費カットの波にのまれてしまっている気がします。

行政の予算も限られていますし、厳しいのはわかりますが、それはどうなのか…非常勤職員で手話が守られるのか、今一度、業界に関わっている人もそうでない人も考えて欲しいと思います。

240日間よけるぞ

Mushiyoke

昨日スーパーで購入してベランダに設置しました。5月19日から240日間だから…

2014年01月13日(月曜日)

まで効く計算でございます。ちょっと前までは100日とか120日用でも長いなぁと思ったのですが、倍ですよ。夏どころか秋まで超えて、来年の年明けまでずーっとよけ続けてくれます。とはいえマンションの4階&大きな道路のそばで蚊などもあまりいないのですが。ここに引っ越してきてからあの夜の「ブゥォ~ン」→かゆい→目が覚めるのイヤーなパターンを経験していません。

ですが、念には念を入れて、ね。240日。お値段は近所のスーパー「ライフ」で880円。240日が経つ前に風などで飛ばされないように、見守ります。去年は100日タイプのを購入して7割くらいのところで風で飛ばされてベランダの床で蚊をよけ続けてくれました。

これが切れるころには…結婚…(全然関係ない)←ないです。

35,800円の扇風機

Fan

最近よく見る「ショップチャンネル」さんより。シャープのプラズマクラスター搭載のスリムイオンファン→扇風機。羽根のない扇風機。

35,800円。

32段階風量調整、DCモーターで省エネ、やわらかな風、高濃度プラズマクラスター25000、温湿度センサーで見張り機能…。

35,800円。

繰り返しますがエアコンじゃなくて扇風機です。羽根はありませんけど。

シャープさん、もうちょっと他のところ頑張った方がいいと思います。経営、あぶないんでしょ。

2013年5月19日 (日)

被害状況のご報告

えー先ほど洗濯物を干すと言いましたが、やらかしてしまいました。シャツのポッケの中に長田フェスティバルのチラシを入れたまま洗濯機を回してしまった模様。A3 1枚の紙なので被害が大きくなりました。   
   
higai1   
   
higai2   
   
↑ダニではありません。洗濯物を干すときに一時置き場にしているベッドの上と、干してあるベランダの床の被害状況です。細かくなったチラシさん達が散乱しております…。服にもかなーり付いておりましたので、振り払いながら干しました。いつもより2倍の労力と時間が…。んでもっておっちらかしたこのチラシさんたちは掃除機で一気に吸い込みました。あぁ、服にもまだ付いているだろうなぁ…もう少し乾いてきたらまた掃除機さんで吸わなくては…。   
   
皆さまもご注意ください。久しぶりにやらかしましたよ…。ポケットティッシュよりはマシだったのが不幸中の幸いでしたでしょうか…。

いつもの日曜日

今日は第43回神戸まつりが三宮のフラワーロード周辺で開催されています。兵庫の放送局サンテレビでは約6時間にわたってその模様を生中継しています。まだ人ではそんなにいないようですね。お天気がどうなるか心配ですが…。最初のパレードは婦人会の皆さん1300人の盆踊りでした。結構壮観でしたよ。もしお時間がある方は是非お出かけください。サンテレビが映る地域の方はそちらでもどうぞ。ちなみに一応録画しておきました。   
   
ウメの家の周りはいつも通り。右翼の街宣車が時折家の近くを通ります。軍歌を流しているわけですが、さっきは何故か必殺仕事人の曲でした。あれ?こうやって時々くるのも日常。   
   
今朝は職場の取引先(車は扱ってない)さんから購入した車(何故か弟が使っている)の調子が悪くて営業さん2人とウメで困っているときに同僚が走って電話の子機を持ってきて電話を取り次いでもらった、というところで目が覚めました。何の電話だったんだろう。怖い。その後しばらくベッドからでられずぐうたら。   
   
やっとこさ起きてとりあえずシャワーを浴びて、洗濯機のスイッチを押して、掃除機かけて、野菜ジュース飲んで、ブログの記事を更新して、これから洗濯物を干します。今日は曇り・雨なので、乾きが悪そうですね~。んでその後休憩とかいいつつ昼寝して…あーあ、いつものパターンです。一人暮らしってこんなもんですかね。遊びに行くって言ったって特に約束があるわけでもないですし、友人は少ないですし(あまり自分から誘わないタイプ)、何しろお金かかっちゃいますからね~。ま、いいんです。昨日一日出かけいて疲れが残ってるのでね…もう体力が…w   
   
何だかんだであっという間に夕方になって、笑点を見る時間になって、明日から仕事ですよ。ねーこうやって時間はあっという間に過ぎていくんですね~。なんかどどん!と変化が欲しいですね~。婚活?めんどくさいなぁ~。   
   
さ、洗濯物を干します~。

舞台の上ではこれでもかと大きめに

先日、久々に登録の通訳に行ってきました。仕事では毎日のように手話通訳をしていますが、登録しているところからの依頼で行くのは数ヶ月に1回。多くて1か月に1回くらいでしょうか。平日はそもそも難しい、土日も何か予定が入っていると受けられない、ということであまりお役に立っていない登録通訳者ですm(_ _)m   
   
さて、先日の通訳は講演会。舞台上で講演者の隣に立って通訳をするという、典型的なパターン。会場の広さは200人くらいが入れるところでしたでしょうか。そこで約1時間半の講演と司会との掛け合いや質疑応答などを通訳します。今回の現場は舞台が少し高いところでした。   
   
対象者→つまりろう者が何人いるかはわかりませんでしたが、さほど多くはない様子。それでも200人ほどの人が手話通訳を見ることができます。そういう意味では全員が対象者と言っても良いでしょう。   
   
最近心がけていることですが、こういうところでは特に手話を大きくするようにしています。幸い(という言い方が適切かどうかですが)今回は話し方がゆっくりの方でしたので、手話を大きくしても情報を落とすことなく通訳をすることができました。これは物理的というか何というかわかりませんが、手話の動きを大きくするとどうしてもスピードを速めることができませんよね。まぁ、速けりゃいいってもんじゃないんですが。   
   
どうしても手話通訳をする時って手話が小さく、小さく、自身がなさそうになっちゃう人、多いです。内容をしっかりきちっと通訳できていても、見ている方も「大丈夫かなぁ」と思ってしまいます。そういう意味では堂々とした態度(偉そうなのとはまた違う)でやるのが必要ですね。仮に手話が分からない人が見ていても、「手話通訳ってすごい」→「必要なんだ」と思ってもらえることが大事です。啓発運動っていうんでしょうか。   
   
なので、個人的にはやや大げさなくらいに大きくしているつもりです。それが見ている側からしたら「普通」になっているかもしれませんけどね(^_^;)。あとは話し手の気持ちに沿ってちゃんと表情を出す、ということも大事です。堅い話なら真面目そうに、悲しい話なら悲しそうに、うれしい話ならうれしそうに、通訳中は必死で大変かも知れませんが、能面ではいけませんね。表情で伝わる部分って大きいんですよね。その辺りを心がけて、一つ一つの手話通訳をこなしていきたいと思います。

« 2013年5月12日 - 2013年5月18日 | トップページ | 2013年5月26日 - 2013年6月1日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: