2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2013年3月3日 - 2013年3月9日 | トップページ | 2013年3月17日 - 2013年3月23日 »

2013年3月10日 - 2013年3月16日

2013年3月16日 (土)

筍ご飯弁当

筍ご飯弁当
今日のお昼ご飯は「旬の筍ご飯弁当」ですー。箱自体が筍の形をしていてかわいい。

同じく旬のいかなごも入ってました。素材の味が良く生きていて、おいしかったです。皆さんにも好評でした(私が選んだわけではないですが汗)。

本日の会議、第一次ラウンドは無事に終了。第二次ラウンドは今晩。場所を別の場所に移して行われます。バタバタしていてじっくり内容を聞けていませんが、なかなか良かったです。

ただ今休憩中。これから晩は3つの会に分かれて討議が始まります。まだまだアタフタしますよー。

冬は上向きに

130227_203402

昨年の5月に購入いたしましたホームセンターコーナンのルーバー扇風機。この冬は大活躍いたしました。そう、写真のような向きにしてね。

上向きの風を送ってサーキュレーターの代わりにし、室内の空気を循環させていたんです。あんまり効果ないんじゃないの?と思ったそこのアナタ!全然違いますよ!この冬はエアコンの設定温度を19度にしていましたが、これを回しながら運転すると体感温度が全然違う。

なぜそれが分かるかというと、回し忘れたときに「あれ、寒いなぁ。エアコン付いてるのに」って思うくらいなんです。それくらい違うんです。最新のハイテクノロジーエアコンは風の向きの調節もできるようですが、賃貸の部屋にはさすがに付いていませんよね。それなりに下向きにはしてくれますが、やっぱり暖かい空気は上にいってしまいます。それを風を送って循環させるんですね。

風量は「弱」で十分。というか、弱じゃないと寒くなります。まぁ場所はとりますが、節電には十分役に立っていると思います。これだけかどうかはわかりませんが、今冬は昨年の冬に比べて平均20%の節電ができました(電気使用量のお知らせより)。

だんだん暖かくなっていって、そして暑くなったらこれを横に向けて涼みます。うーん、便利。

開放感あふれてます

20130312_195551

阪急梅田駅コンコース内、新装開店した阪急前うめだ本店前の吹き抜けの通り道です。とてもキレイで、かつ開放感にあふれています。良いですね~気持ちよく歩けます。

月2回、大阪は南森町のスタジオまで目で聴くテレビのリアルタイム手話通訳の収録の帰りに、地下鉄谷町線東梅田駅→阪急神戸本線梅田駅で乗り換えるのですが、今までは梅田の地下街経由でした。早いかと思っていたんですが、結構遠回りだったことが発覚。こちらの通りだとほぼ一直線ですし、何より広くて歩きやすいんですよね。

結局乗り換え時間もだいぶ短縮できました。たしか先月オープンだったかと思うので、もっと早くこちらに変えていればよかったなぁ…と。ま、帰る頃にはお店もほぼ閉まっていて酔っ払いだらけなんですけどね…。サクサク帰っちゃいます。

2013年3月15日 (金)

高速長田駅マクド閉店

長田駅マクド閉店
最近は随分行く回数が減ったマクドナルドさんですが、今日はもうぐったりしちゃって軽く食べて寝よう(明日明後日は一日会議要員でバタバタするし)←そんなもん食ってるからダメなんだというご指摘は甘んじてお受けします、ということで久々に自宅近くのマクドナルドさんに来ました。

3月末で閉店。

わぉ。

33年間ありがとうございました、とな。駅は高速長田駅なんですが、店名は「山陽長田店」なところが時代を感じさせますな。

不採算店舗に入っちゃったのかなぁー客層は確かに悪かったなぁ、駅直結だからテナント料が高かったのかなぁ…と妄想してしまいます。

というわけで、ますますマクドナルドから遠ざかるわけですが、健康にはこれでいいのかな?跡地にモスバーガーとか出来たら嬉しいな(西代のお店はつぶれてしまいましたし)。

ちゃんと栄養のあるものを食べましょう!(説得力なし)

ご不満の様子のつぶやき

いろいろと文句が多くなっております。良い傾向ではありませんね。よく言えば「問題意識を持っている」とでも言いましょうか。もう少し前向きな意識にしたいものです。ホント。ではつぶやきをどうぞ。ところどころ何か食ったりしてますw

(以下まとめ)

やばいの、やばいの。例の(めんどくさい方の)電子申請を今月末までにしなきゃいけないの。まだほとんど入れてないの。他にも仕事がたんまり…。遅くまで残ればいいんだろうけど…。サービスは今のところ1時間ちょっとまで。来週からはそうはいかないだろうな…。

しかしどんだけいろいろやればいいんだろう。何かおかしい。絶対におかしい。けど、それを変えよう!という気力はもうない気がする。粛々とするしかないか。

今週末土日と20日も仕事。代わりの休みを2日(代休じゃなくて有休だけど、事情はお察し)とったけど、それを返上したいくらい危ない。休んだらその分後が大変になるだけ。こうしてしまったのは自分のせいでもあるのだが…。

3月が終わったら一段落付くか…と思ったら全然。今度は決算作業。こちらもかなりタイトなスケジュール。みんな忙しい時期なので文句ばっかり言ってはいけないんだけど、けど、やっぱり偏ってる気がする。ちょっとは責任持って分担するくらいの仕組みを作って欲しい。

まぁ「激務」ってほどでもないんですよ。一般企業に比べてゆるいところもあるし。なんだろう、構造的にゆがんでいる気がするんだな。どうゆがんでいるか上手く説明ができないが…。

とりあえずこれから取り込んだ洗濯物を畳む。

仕事の優先順位としては(期限などいろいろ要素はあるが)、外部が絡む仕事、上から依頼された仕事、自分の仕事。上2つがどんどん増えると自分の仕事が進まない。自分の仕事は誰にも回せない。そうならないように時に図々しく自分の仕事をする必要がある。言い方がおかしいが。

最近、設置手話通訳者の募集を見かけるが、月~金のフルタイムで非常勤とか期限有りとかって、一家の大黒柱になろうとする人は絶対に働けない。どう考えても主婦層狙い!?その割に年齢制限があって…どうしたいのさ?ちゃんと待遇考えないと誰もなり手がいないよ!若い男はただでさえ少ないんだから。

高給にせぇ!って言ってるわけじゃないんですよ。普通に「手話通訳」の職業として正社員(正職員)で守られながら働ける環境がいっこうに増えない(最近は逆に減ったりも)のがおかしいんですよ。今は正職員でも何があるかわからないけどね。

そもそもの制度が「登録手話通訳者」に依存していて、その方たちの待遇が良くならない(それでも単価的なものは上がってきた。が、ひどいところはひどい)のを考えても、手話通訳というのはボランティアの延長線を抜け切れていないんだなぁと思うし、それを求められている面はまだ大きい。

手話通訳者の方も、その技術だけに甘えていないで「○○ができる手話通訳」という附加価値を高めていかなければならないと思うし、そのほうが需要がある。専門的な技術を兼ね備えるのは大変なことかもしれないし、手話ができたってぶっちゃけカネにはならないのだが。

カネカネいっとりますが、やっぱり仕事としている以上、生活をしなければいけないんですよ。「手話通訳」として今後ずっと生活していけるか、(自分のことはともかく)結婚して子育てができる生活設計ができるのか?一人だとしても蓄えができるのか?そもそも技術に見合った対価なのか?

そんなことをつぶやいていたらお好み焼きが焼けたのでとりあえず食べます。

行政も「人件費削減」を名目に設置通訳者を正規から非正規に切り替える動きが出てきている。どの職業から非正規へ…とは言えないが、少なくとも手話通訳者は非正規に切り替えるべきところではないと思う。他に成熟してルーチンワークした業種からしたらいいのに。

お好み焼きとしじみスープを平らげたのでこれから皿洗い。

基本的に福祉の予算、しかも障害者福祉の予算って単価が安いし規模も小さい。大都会ならいざ知らず、大きくても「数千万」規模。かと思えば変なもん作ったり妙な啓発したりするのにポンと「億」のお金が出てくる。ニッチ産業かもしれんが、もちっと陽を当ててくれい。

業界も業界で、身内から必死にお金を取ろうとするのはもうやめた方がいい。業界全体が疲弊してきている。活動にお金がいるのは十分わかっているのだが、目を外に向けないと抜本的な解決にはならないよ。

すごい!パパのニオイが!

Sugoi_2

すごい!パパのニオイが!

すごい!パパのニオイが!

すごい!パパのニオイが!

大事なことだから3回書いちゃいました。サントリーのセサミンの広告を紹介するのはこれで4度目でしょうかね。このキャッチコピーを考えているサントリーの人のセンスは素晴らしいと思います。

で、どんなニオイなんでしょうね。

2013年3月14日 (木)

栗?茶色?

今日、セブンイレブン・イトーヨーカドーなどを傘下に持つ「セブン&アイホールディングス」の合同入社式があったそうです。今年は1000人を超える新入社員がいるそうで。で、Yahoo!ニュースのトップに写真が掲載されていました。

「手話の接客練習をする新入社員」

Seven_2


ん?栗?茶色?

…。

あー「お待ちください」の「待つ」か!!!

一番前の方、ちょっと手の形が違いますよ~汗。でも頑張って覚えて聞こえない人にも積極的に接客をお願いします!手話のエキスパートになればろうのお客さんたくさんつきますよ!(実感済)

コーナン集合!

最近全体的に迷惑メールが増えていませんか?自宅アドレスでも職場アドレスでもいろいろと対策をしているのですが…非常に困っています。で、今日確認できたメール…。

件名: ホームセンターコーナン向日町大原野店に来て頂けますか?54歳の久子です。

◆〓[新着メール]〓◆

【タイトル】
ホームセンターコーナン向日町大原野店に来て頂けますか?54歳の久子です。

【本文:閲覧無料】

 
(以下省略)

実在する店舗のようです。しかしなぜここなのか…。他にも京都府内での待ち合わせを希望する方が2名。宝ヶ池と城陽だそうです。京都の業者か!?

【手話通訳】内閣総理大臣東日本大震災二周年記者会見‐平成25年3月11日

2013年3月11日に行われた安倍総理の東日本大震災二周年記者会見の模様を手話通訳しています。映像に字幕が付くようになったのは良いことですが、相変わらず手話通訳が映らない。そして政府インターネットTVに手話版 もあるのですが、そちらには字幕が無い。手話も字幕も見たいんだ~!なんともちぐはぐなことをしていますので、YouTubeにアップされた字幕版のものを手話通訳してみました(少しエラー表現があります。訂正してはいますがご容赦ください)。
(21分20秒)

内閣総理大臣東日本大震災二周年記者会見‐平成25年3月11日

【手話通訳】内閣総理大臣東日本大震災二周年記者会見‐平成25年3月11日

記者会見の内容(テキスト)はこちら をご覧ください。

2013年3月13日 (水)

3/12 報道ステーション リアルタイム手話通訳(下)

続いては明るいニュース!   
世界発!海底のメタンハイドレートからガス採取成功   
経済産業省が12日、愛知県・渥美半島沖の海底に眠るメタンハイドレートからガスを生産する実験に成功した。海底からの採取は、世界初の快挙だ。メタンハイドレートは、天然ガスの主成分であるメタンと水からなる氷状の物質で、氷が溶けるとガスが発生する。“燃える氷”とも呼ばれる所以だ。   
   
これから期待される国産エネルギー「メタンハイドレートガス」の採取に成功!まだ実用段階ではないのですが、それでも喜ばしいことです。「メタンハイドレートガス」…指文字でなめらかにできますか?このときは何とかできました。こういう固有名詞は字幕でもでるものの、一度はしっかり表現しないといけませんよね。関係者が興奮気味にインタビューに答えていたり、取材したアナウンサーが「うわぁ!氷が燃えてる!」というわざとらしいリアクションもしっかりできたでしょうか。日本近海にはおよそ100年分のメタンハイドレートガスが埋まっているそうで、その開発費に588億円かけてきたそうです。こういうのにはしっかりお金を使って欲しいと思います。原発依存からも離れられますしね。   
   
通訳的には「今回の生産実験も、経産省がJOGMEC(ジョグメック)=石油天然ガス・金属鉱物資源機構などに委託し、進められた」…いきなりそんな英語の団体名言われても…戸惑ってしまいました。画面に出てたのでアルファベットで何とかしましたが…。   
   
新宿の住宅街で火災、30代男性死亡   
12日午後5時50分ごろ、東京都新宿区で、木造モルタル2階建てのアパートから火が出て、隣のアパートなど合わせて3棟、400平方メートルを焼いた。この火事で、燃え移ったアパートの1階から30代の男性が運び出され、その後、病院で死亡が確認された。現場は都営大江戸線の牛込神楽坂駅のすぐ近くで、店舗や木造住宅が密集する地域だった。   
   
こういう痛ましいニュースは通訳をするのもつらいですが、しっかりとお届けしないといけません。困ったのは「木造”モルタル”」。モルタルとは「砂(細骨材)とセメントと水とを練り混ぜて作る建築材料」のことだそう。間に合わなくて表現できませんでした。Twitterにも書きましたが「現場は都営大江戸線の牛込神楽坂駅のすぐ近くで、店舗や木造住宅が密集する地域だった」。市の名前ではないですが有名な地名「神楽坂」「牛込」…この辺りはある意味どうしようもない面もありますが、漢字の借用で代用するしかないかと…。でもさすがに「牛込」→/牛/押す/じゃなかったですよね…。   
   
最後にもう一つ大変だった話題がこちら。   
“コンクラーベ”次期ローマ法王選び   
カトリック教会のトップにあたる第266代ローマ法王を選ぶ「コンクラーベ」が日本時間13日未明から始まる。バチカンは、聖職者による未成年者への性的虐待やマネーロンダリング疑惑など、さまざまなスキャンダルに揺れている。改革を進めるため、慣例を破り、ヨーロッパではない地域から次期法王が選ばれる可能性もある。名前が挙がっているのは、ブラジルのシェレル枢機卿やガーナのタークソン枢機卿などだ。ヨーロッパ外から法王が選ばれれば、シリア出身の第90代法王、グレゴリウス3世以来1300年ぶりとなる。    
   
コンクラーベ(根比べじゃないですよ)とは…「新しいローマ法王を選ぶ会議。世界中の80歳未満の枢機卿により、バチカンのシスティナ礼拝堂で行われる。投票の結果は礼拝堂の煙突から出る煙の色で知らされる。白煙は決定、黒煙は再投票」(ATOK大辞泉さんより)。ばっくりは知っていましたが…カタカナのオンパレードであぁもう追いつかない。特に「バチカンは…揺れている」のくだりはただ文字通りに表現すれば良いってもんでもないんですよね。悔しいことに枢機卿候補のお二方の名前は間に合わず手話で表現できませんでした…申し訳ないです。ニュース番組では固有名詞を表現することが大事だったりします。仮に手話ができていなかったとしてもテロップもあるし字幕もありますが、頼っていてはいけません。ここはもう反省です。「カトリック」や「枢機卿」など、宗教独特の用語も全部知っておく必要はないにしろ、ある程度は把握しておくべきものだと思いました。   
   
最後のスポーツ。WBC日本代表で工藤キャスターが解説していたのですが、日本の投手の「カーブ」が良いという話。一旦上にあがってから落ちたり曲がったりするこの球種は、外国人には珍しいそうです。この辺りの解説はもうCL使い放題。ピッチャーがボールを投げてからボールの動きはもう手の上下で、そしてすぐさまバッター目線に切り替えて…この辺を「聞いた日本語」でやろうとしたらもうムリですね。手話の特性を生かせられるなぁ(でも難しいんですよ)と実感。   
   
次回は3月第4木曜日の予定でございます。自分が通訳した映像もしっかりみて、さらなる改善をしていきたいと思います。ハイ。リアルタイム手話通訳だけじゃなくて全ての通訳(表現・読み取りにかかわらず)ですね。ひびしょうじんです。

3/12 報道ステーション リアルタイム手話通訳(中)

【特集】原発作業員の過酷な現状   
福島第一原発には、今も、毎日、約3000人の作業員が送り込まれ、事故の収束作業にあたっている。その最前線に身を置く彼らが、どのような待遇のもと働いているのか、あまり知られていない。求人情報サイトで募集に応じたある作業員。日給は1万3000円。道具の貸し出しや汚染検査という放射線量が低い仕事との説明を受けて向かったが、待っていたのは除染装置がある建屋。放射性物質が混ざった高濃度の汚染水を処理するところだった。最前線の作業だった。しかも、直接の雇用先は、5次下請け。彼は、これまでの疑問などを直接、1次下請けの企業社員にぶつけた直後、クビになってしまった。行き過ぎた多重下請け構造は、作業員の待遇を悪化させる大きな原因となっている。さらに、作業員の待遇が改善しないもう一つの原因、それは“危険手当”の額と基準が示されていないこと。危険手当にあたる額が公表されれば、不当な“ピンハネ”が阻止され、作業員の待遇改善が期待される。30年から40年後の終了を目標とする廃炉作業は始まったばかりだ。さらに多くの作業員が必要になるが、今の枠組みで大丈夫なのか。作業員たちが置かれている過酷な現状を、実際の作業員のインタビュー証言をもとに伝える。    
   
古館さんがある原発作業員(放送では名前も顔も出ていました。この方の勇気と決断は素晴らしいと思います)にインタビューをしたものをメインに構成されていました。一番危険なところで働く作業員の賃金が安い…。東京電力から下請け、二次下請け、三次、四次、五次、六次…下請けされる度に「ピンハネ」されて給料が減っていく。下請け会社は何もしないでお金を儲ける…番組でも「全てではない」と言っていましたが、こういう現状が明らかになりました。東京電力から”作業員本人”に支給されるはずの「危険手当」が本当に入っているのか…東京電力は「割り増しして元請けに払っている。私たちは民間なので金額は答えない」「下請け会社さんと従業員の契約についてはおまかせしている」…事故を起こし、大量の公的資金を導入してもらいながらこの有り様です。ひどい。さらに、「放射線の線量が低い仕事」のはずが、実際には違っていた。会社側の説明もあやふや、募集先と契約先の会社も違ったり…なんだかひどいものでした。   
   
ただの感想になってしまいました…。手話通訳の面から言えば、この「多重下請け」の構造を上手く図像的に示すことが重要となります。今回はなんせ六次下請けまであるわけですから、どこが何をしたのか?どんな対応をしたのか?これを間違えないようにしないとせっかくの特集を伝えられません。幸い、東京電力から元請け、六次まで、図で表示される画面が何回か表示されたので、そこを上手く使えばわかりやすくはなりました。そして国や東京電力の態度。編集もあると思うのですが、厚生労働省は「経済産業省に聞いてくれ」、経済産業省は「厚生労働省の管轄」と、まぁ縦割り。この辺の文字にはでない態度や言葉のニュアンス(「報道ステーション」の立場として言いたい内容)をくんで少し大げさめにやってみました。手話通訳は中立中道が基本、何も足さない、何も引かない。その原則を守りつつ、話し手(番組)が言いたいことはなんなのだろうか…ただのニュースではなく、この辺はジャーナリズムの通訳をするときには考えなければいけないことだなぁと改めて思いました。   
   
しかしこんなに下請けばっかりで、「原発バブル」なんて言葉もあるそうで、汚い金儲けを考える人はいるんですね。東京電力から直接発注…いやいや、国や行政が一元管理して作業員の労働環境を守るための対策が早急にされるべきだと想います。

3/12 報道ステーション リアルタイム手話通訳(上)

先ほど動画でもアップしましたが、昨日報道ステーションのリアルタイム手話通訳に行ってきました。昨日は古館さんが福島県の広野町から生中継ということで、いつもと少し違ったテイストでした。さっそく個々の内容について振り返ります。   

「TPP反対」JA全中などが大規模集会      
      
TPP=環太平洋経済連携協定の交渉参加を阻止するため、JA全中などによる大規模な集会が12日、東京の日比谷野外音楽堂で行われ、主催者発表で4000人が集まった。…来ましたよ、初っぱなからTPPです。政府の交渉参加表明まであと数日と言われているのでいろんな動きが活発になっています。今回は反対派の集会の様子を取り上げていました(「JA」は/J/A/ってやったあと/農業/協会/とやりました)。集会に参加した(交渉賛成派の)石破議員のコメントのぼかし方がまぁなんとも政治家っぽかったです。仮にTPPの交渉参加表明したとしても、米や牛乳・砂糖など、例外項目を作って守るところは守る、と発言されていましたが、果たしてどうなるのか。      
      
そして自民党内での方針を取りまとめるための会議の様子が映し出され、反対派と賛成派の議員がほぼケンカしているようにしか見えない場面が。これどーやってやろうかな、と思ったのですが、(「何だよ!」みたいな字幕も出ていましたし)画面を見てもらえればわかるので、控えめに表現しました。せっかく元の画面があるのですから、そこは有効活用しないといけませんね。で、最後のコメンテーターさんは「結論はもう決まっていて条件交渉→カネのばらまきにならないか」的な発言。なるほど、そういう見方もあるんですね。やっぱりちゃんと勉強しないとダメですね。      
      
朝鮮半島の緊張高まる、米は追加の制裁発動       
       
続いては北朝鮮の話。朝鮮中央テレビが夕方5時のニュースで金第一書記が各地を視察している写真を報じました。「これはいつでも韓国を攻撃できるんだよ」というアピールなんだろう。3年前にヨンピョン島をいきなり砲撃した部隊のところにもいったそうで、砲台(「砲台」って手話表現難しかったです)の準備もされたそうです。これがどのような意味を持つのか、北朝鮮はなぜ挑発的な行動を続けるのか…。       
       
今回の報道ステーションでは出なかったですが、上野動物園のパンダの交尾が確認されたという報道もありました。パートナーさんとも話していたのですが、「交尾」ってどうしましょうかねぇ。一応放送するものですから、あまりあからさまな表現もアレだと思うのですが…と悩んでいたのですが、話題に出ませんでした。これは検討課題ということで…。

【手話437】PM2.5と目で聴くテレビについて

最近飛んでます。飛んでますよ。PM2.5なのかどうかは見えないのでわかりませんが、各種測定情報をしっかり見て自己防衛しましょう。そして普段手話通訳でお世話になっている「目で聴くテレビ」についての話もしています。
(16分16秒)

【手話437】PM2.5と目で聴くテレビについて

動画でも話しておりました賛助会員について詳しくは下記をどうぞ。

「目で聴くテレビ 賛助会員入会案内・申込み書」をダウンロード

2013年3月12日 (火)

庭がないけど欲しい

日曜日だったか、ふとテレビのザッピング(チャンネルをパッパッパっと変えること)をしていたら、面白そうな商品が販売されているTVショッピングが。んでググってみたら楽天さんでも販売されているようなので下で紹介。

ぐんぐん伸びる魔法のホース「Xホース」というそうです。今までのホースだと重いし途中でグニャって折れてしまって水が出にくい…ということがありますが、これは水が入っていない状態だと5m、それが蛇口に繋いで水を出すとぐんぐん伸びて15mになるそうです。上記サイトから動画も見られますが、なんだこりゃ!と思いました。

見ている限りは便利そう。とっても便利そうで、欲しいなぁ~と思いましたが、ウメはご存じの通り一人暮らし。部屋に庭なんてありませんし、車を持っているわけでもありません。さすがに用途がないものを購入しても仕方が無い。でも本当にこうなるのかすごく興味があります。

「庭」といえば実家には庭がありますし、水やりなどにホースをよく使っているので購入して送りつけてやろうかとも思いましたが、おかんに「アンタまた変なもん買って」と言われそうなのでとりあえず止めておきました。問題は耐久性ですかね。

うーん、気になる。このホースのように伸びたり縮んだりする人生がいいですね!(よくわからない締め)

弱気のような強気のようなつぶやき

こうやって振り返ると気持ちが揺らいでおりますなぁ~i/fゆらぎ、とかいう扇風機あったなぁ、ということで昨日の分のまとめです。Twitterでお読みいただいている方は重複になります、ごめんなさい。でもブログが「まとめ」だけにならないように努力します。

今日はたくさん「昨日はお疲れ様」と言っていただいた。声をかけていただけるのはとてもうれしいしありがたい。次も頑張ろう!って思う。けど、これだけ言われると気恥ずかしい面も。みんな見てるんだなぁ~って。そりゃ~見られるためにやったんだけれども。

実は舞台に上がったときはとっても緊張しちゃって思うように手が動かなかったんですよ汗。もうちょっとスマートに、間違いなく、かつパワフルにやりたかった。うーん、経験不足か。けど、「わかりやすかった」という感想は正直にうれしい!

声の方は自分でもビックリするくらい口が良く回った気がする。きちんと文章になっていたかどうかは別にして(^_^;)。雰囲気、ちゃんと出せてたかなぁ。

仕事でも手話通訳でも運動でもプライベートでも、時折「自分の価値」ってどのくらいあるんだろう、ってとっても気になることがある。それをしっかり見てもらえているのか、でも、もし「価値」が無くなっちゃったらどうなるのか…という不安も常につきまとう。正直に生きたいもんだ。

個人的にはFacebookには投稿をしない。Facebookにはブログ更新記事とツイートを流すだけにしている。そこで分けられないのと、基本的にはどなたにでも見てもらえるようにしたいと思ってるから。コメントはどこにでも大歓迎!

手話通訳者は「偉い」訳ではない。手話学習者からみたら雲の上の人で「すごい」かもしれないが、それで立場が上下することなんてないと思う。でも通訳者を見ていると明らかに勘違いしている人がいる。周りも持ち上げてばかりだから仕方がないのか。でもそこは謙虚にならなきゃ。

同じように「ろう者」が偉いわけでもない、「聞こえる人」が偉いわけでもない。特に上下関係が起こりやすい団体や仕事などではゆがんだ関係になることが多い気がする。もちろん、上司や先輩は敬うべきものではあるが、それは決して無条件なものではない。

手話やろう者に関わって長いが、未だにわからないのがろう者の人間関係。悪い!と言いたいわけではない。自分たち聞こえる側とは違うんだな、と思いそれ以上踏み込まないようにしている。それもまた礼儀。たまに「私はわかる!」とかいう雰囲気出して土足で踏み込んでいくアホな聞こえる人がいるが。

それと同じく、ろう者には聞こえる側の人間関係に理解できないところがあるのだろう。で、ややこしいのが手話通訳者同士だったりする。ただでさえ大変なのに両側から土足で踏み込まれるともう大変。逆に通訳者側も固まって変な方向に突き進む場合も。

あと全体的に感じるのが「地元(地域)」の強さ。そこのろう者(通訳者)と仲がいいから、サークルがあるから、そこで育てられた(育てた)から…良いところもあるが、弊害も生んでいる。それがイヤで離れていく人もたくさん。時代が合わなくなってきたのか。

自分自身は「どこの地域に」育ててもらった、とか(手話関係で)長い間そこにずっといた、というのが無いから逆に動きやすいのかも。元々あんまり気にしない方ではあるが。

2013年3月11日 (月)

トクホンさん

トクホン
ちょっと前に肩が痛い〜肩が痛い〜と言っていたころ、買いました。トクホン→湿布。

小さめで貼りやすいんですよね。貼った瞬間からスゥーッとなるわけですよ。基本的に対処療法になるので治る、という訳じゃないのですが。

お陰さまで肩の痛みは取れてきました。ただ今後もこういうの来るんだろうなーちゃんとストレッチして水泳に行かなきゃな〜。

このトクホンさん。ダイコクドラッグで798円(120枚入り)でございました。デカイ湿布も「ザ!湿布!」って感じで好きなんですけどね。

震災から2年

今日は2013年3月11日。

どこのメディアでもやるかと思いますが、東日本大震災から2年が経ちました。一応2年という区切りの日ではありますが、被災された皆様には日にちでの区切りにどれだけの意味があるのか…、と思ってしまいます。亡くなった方の3回忌でもありますが。

これをきっかけに震災のことを忘れない、そして支援の手を続けることが大事です。まだまだ現在進行形、このことを覚えておくこと。これをまずはしっかり心にとどめておきたいと思います。

医療費23万円ですが

年に1回、職場が加入している「協会けんぽ」から「医療費のお知らせ」が届きます。ウメダスでもたぶん1年に1回記事にしているかと思います。その目的は

健康保険で診療を受けられたご加入者の皆様に、健康保険に対する関心を高めていただくことを目的とし、定期的に「医療費のお知らせ」を発行しています。このお知らせを受け取ったことにより、特に手続き等の必要はありません。確定申告(医療費控除)の際の明細書や領収書としては利用できませんのでご注意ください。

だそうです。回りくどい言い方をしていますが、要するに「1年でこれだけ健康保険のお世話になってるだぞ!健康になれよ!」ということです。で、平成23年10月から平成24年9月までの医療費合計は

237,670円!

あら大変。そのうち保険適用して健康保険から7割の166,369円。自分の毎月の給料から健康保険の金額がどのくらい引かれているのかすぐにわかりませんが、健康な方の分からありがたく頂戴しております。国民皆保険ってとっても大事な制度だと思います。保険料はきっちり納めましょう。

なんでこんなに医療費が高いのかというと、月に1回ほど心療内科に定期通院をしているんですよね。2005年の夏に「パニック障害」を発症して以来ずっと通院中です(このブログでもパニック障害のことについてはいくつか書いていますので、もし興味の有る方は左側の検索窓から検索してみてください)。おかげさまで今は日常生活に何の問題もありませんが、薬だけは飲み続けています。こういう系の薬って直ぐに止めるわけにはいかないですし、またこの薬が高いんですよね。

毎度毎度3割負担だと月1回でも結構大変なので、国の自立支援医療(精神通院医療)を申請し、自己負担は1割に。さらに神戸市独自の制度のおかげで1医療機関につき600円が上限となっています。診療と処方が別なので最大で1200円。助かっています。

その他にも風邪の治療で内科にもかかっているくらいで大病・大けがはしていません。おかげさまで入院もしたこともありません。パニック障害の症状も出ていないのでこのまま静かにやや地味に不健康なまま生活できれば…いいかな、と思っています。肩の痛みも治まってきました。ふぅ。

2013年3月10日 (日)

【手話通訳】面白いかどうかは別問題。これが究極のノー編集一発撮りだ!

いつも編集にすごく凝っている瀬戸弘司さんが練習無し!撮り直し無し!編集無し!の動画をアップされていたので、ウメもそのまま練習無し!撮り直し無し!編集無し!で手話通訳してみました。ウメの手話動画や手話通訳動画はたまに練習、撮り直しはだいたいアリ、編集は無しです。
(元動画:5分1秒)

面白いかどうかは別問題。これが究極の「ノー編集一発撮り」だ!

【手話通訳】面白いかどうかは別問題。これが究極のノー編集一発撮りだ!

やっぱりノー編集でも瀬戸さんの話し方は面白くて引き込まれます。ホントに。

いかなごのくぎ煮

いかなごのぐぎ煮
神戸の春の風物詩「いかなごのくぎ煮」の時期がやってまいしました!神戸のスーパーではくぎ煮コーナーやタッパーコーナーができたりしています。

写真のものはウメが作った…わけではなく、お世話になっているろうのおばばに譲っていただきました。長田の港に水揚げされたいかなごを炊いた手作りの逸品。

今年のいかなごは水揚げ量が少ないそうで、値段も少し上がっているみたいですね。

ただし!味は絶品!いかなごのくぎ煮は家庭によって作り方や味が全然違い、それもまた良かったりするんですが、譲っていただいたものは山椒がピリッと効いていてとってもうまい!

これと白ご飯、味噌汁(さらに野菜の炊いたの)があればりっぱな健康食ですよね!

とてもおいしかったので、実家にも送ろうと思ってコレとは別にたくさん譲っていただきました。昨日着いたみたいで「おいしい」と喜んでいました。

これから私もおいしくいただきます。ありがとうございます!

手話通訳と運動の意味をつぶやいてみた

またまた昨日思いついたのでまた連続つぶやきしました。

みんな「手話通訳者の身分保障を!」と声高に言いながら、実は本気で改善する気がないとうがった見方をしてしまう。通訳者に払う謝金が上がっちゃったら気安く使えないし、そこまでの技術じゃないと思われてる。ま、そこまでの技術じゃない人もたくさんいるけど。だいたい団体や施設の職員ですら…。

そんなことを言うと「カネ目的で汚い」「運動がわかってない」「だったら止めれば(辞めれば)」と言われる。専門技術を安く使っておいてよく言うよ。ま、本当にイヤなら止める(辞める)しかない。そうやってやる人が減って、担い手がいなくなったら困るのは誰なのか考えた方がいい。

まぁ、安易に金儲けできる分野ではないしお金がない人から取るわけにはいかないから難しいんだけど。だからこそ好意や現状に甘えていないで知恵を出して改善する動きが必要。それが全くと言っていいほど見えない。行政に頼るのにも限界がある。聴覚ばかり優遇するわけにはいかないんだから。

手話通訳に、手話で話すのにお金がかかる、通訳者の交通費まで負担しなければいけない、そもそも派遣してもらえない…こんな状況を許していい訳じゃない。ただ、これまでのやり方は通じない。

ただ「差別だ!」「理解がない!」と訴えるだけでは効果は少ない。なぜ、そうなってしまったのか、そこにある原因と背景は何か、そして「わからない」人に対する理論武装をきっちりする必要がある。ダメなもんはダメ、ではなんのこっちゃわからんと思われて終わり。

今はあからさまな差別は気づいてもらいやすくなった。けどそれを拾い上げられているか、上辺だけでなくきちんと解消されているか(言われたから引っ込める、になっていないか)、をしっかり見極める必要がある。「うるさいから今回は…」と思われたら意味ないどころか逆効果だ。

さっきのつぶやきは例の新潟県の障害者職員採用にか変わる動きで強く感じた。「条約(法律)に反する」「差別だ!」…確かに間違ってないけど、なぜこの時代にそんなことが載ってしまったか、そこにいたる過程がどうだったか、考えたことがあるのか。お詫びされて撤回されたからそれでいいのか。

出てきたものを叩いているだけでは根本的な問題は解決できないし、奥底に潜ってしまう。そして見えないところで繰り返される。それで良いのだろうか。差別的な事例が起きない土壌づくりの方が大事ではなかろうか。法律を整備すると言うことだけでなく。

ここまで来ると個々(集団)の人の思想や心理に関わってくるところも大きくなるのでとたんに難しく、手を出しにくくなる。この状態で理解をしてもらうにはどうしたらいいか。「運動」の鍵になってくるのはココだと思う。個人的な思いではあるが。

« 2013年3月3日 - 2013年3月9日 | トップページ | 2013年3月17日 - 2013年3月23日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: