2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 震災から1000日 | トップページ | 左鼻内側荒れ中 »

2013年12月 5日 (木)

緊張しっぱなしは良くない

皆さんはどんな時に緊張しますか?ウメは周りからはあまり言われませんが、結構緊張しぃ(あがり症とはまた違う)です。実は。いろんな場面でビビってます。で、「緊張」を辞書(ATOK大辞泉)で調べてみました。   
   
「緊張」   
1 心やからだが引き締まること。慣れない物事などに直面して、心が張りつめてからだがかたくなること。「―をほぐす」「―した面もち」   
2 相互の関係が悪くなり、争いの起こりそうな状態であること。「―が高まる」「―する国際情勢」   
3 生理学で、筋肉や腱(けん)が一定の収縮状態を持続していること。   
4 心理学で、ある行動への準備や、これから起こる現象・状況などを待ち受ける心の状態。
   
   
例えば大事な時や仕事をするとき、自分で言えば手話通訳をするときは適度な緊張感というのはとっても大事ですよね。それと同時に、何にも無いときはリラックスするのが一番です。ちなみに緊張の反対語は「弛緩」とか「安堵」とかいう意味になるとのこと。   
   
き、急に何を書くのだろうか、と思った人もいるかも知れませんね。いわゆる短いスパンでの緊張状態というのはすぐ終わるかも知れませんが、何だろう、緩やかな緊張(日本語としておかしいなぁ…)というか、弱い緊張状態が続いてしまう時ってないですか?特に自分は持病の関係で時々そんな状態になったりします。そうすると不安になったり、体調が悪くなったり。何かをしていれば気は紛れるんですよね。たいてい何にもしてないで、余計無いことを考えるとそんな状態になります。   
   
うまく伝えられません。どこかに「不安」があるから緊張しちゃうのかもしれませんね。それは悪いことばかりじゃ無くて、人間生きてれば不安なこともありまして、なんでしょう、緊張しっぱなしじゃなくて、好きなことを考えて、リラックスするのがいいですね。はい。

« 震災から1000日 | トップページ | 左鼻内側荒れ中 »

ウメのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 震災から1000日 | トップページ | 左鼻内側荒れ中 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: